7315137 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

東村山グルメ日記

PR

プロフィール


マサ@東村山

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カテゴリ

楽天カード

ニューストピックス

2007年02月14日
XML
カテゴリ:焼き鳥・串焼き
 これからの人生についてちょっと悩んでいた私。あれこれ1人で考えても仕方がないので、誰かに相談しようと思い、ある人を「飲みませんか?」と誘った。平日だったので、午後9時半に東村山駅の改札前で待ち合わせし、向かったのは先日行ったばかりの串焼き店「かちかち山」

 まあ、とりあえず乾杯しましょう……ということで、生ビールを注文。

キンキンに冷えたジョッキで出てくる生ビールとお通しの生野菜

 これこれ! キンキンに冷えたジョッキに注がれた生ビール。お通しはこのお店の“お約束”である生野菜。
 では、乾杯! グビグビ……カーッ、旨い! 

鳥刺

 いろいろ頼んだツマミの中で、最初に出て来たのは「鳥刺」。いやあ、キレイだねぇ。ワサビを少し乗せ、醤油を付けてからパクッ。へぇ、食感も味も何だかマグロに近い。旨いなぁ。

左からしそ巻、トマト巻、にら巻

 続いて出て来たのは巻物串焼き。左から「しそ巻」(2本300円)、「トマト巻」(2本300円)、「にら巻」(2本360円)。どれも旨そうだねぇ。

しそ巻

 シソって何にでも合うよね。旨いなぁ。塩加減も絶妙。ビールがクイクイ進んじゃうねぇ。

トマト巻

 前回も食べた「トマト巻」。食べたことない人は、「何、これ」と思うかもしれないけど、これはバカ旨。だまされたと思って一度食べてみて欲しい。

 で、どうして「にら巻」のアップ写真がないかというと、ピンボケで失敗しちゃったからなんですよね。旨かったからバッチリ撮って紹介したかったんだけどなぁ。

鳥レバ刺身

 お次に出て来たのは、“このお店に来たら必ず頼むべき一品”である「鳥レバ刺身」(600円)。この鮮やかなチョコレート色! たまりませなぁ。ニンニク醤油で食べると、

う(◎o◎)ま~~~!!!

 いろいろ悩みを話しながら飲み食いしているんだけど、この旨さは悩みを吹き飛ばしてくれるね。

鳥わさ

 こちらは「鳥わさ」(500円)。軽く炙った鶏肉をブツ切りし、わさび醤油で和えてモノ。旨いなぁ。「鳥刺」とはまた全然違う味わいだ。

鳥煮込

 最後に出て来たのは、9月から3月までの期間限定メニューである「鳥煮込」(550円)。真ん中に見える丸いモノはキンカン(殻付きの玉子として出てくる前の玉子)。写真では見えないんだけど、底には大きなつくねが2個入っている。ちょっとスパイシーな味付けで、これも旨い。


 旨い料理を食べつつ悩みを話していると、だんだん霧が晴れていくような感じで、気持ちがラクになってきた。
 気が付くと閉店時間の午後11時を過ぎ、いつの間にか暖簾が店内に片付けられていた。前回、チラッと話したが、このお店の大将がスゴいんだ。ついこの間、「65歳になった」と言うんだけど、見た目がまず若い。体つきも「鍛えている」って感じ。それもそのハズで、毎週末、山に行っているのだという。
 65歳で「山に行ってる」と言われたら、高尾山とかその辺の山でハイキングしているイメージを抱きがちじゃないですか。違うんですよ、この大将は。単独で南アルプスやら北アルプスなどに行って、平気で7時間も8時間も、あまり人の歩かないルートを2万5000分の1の地図とGPSを持って歩いているのだ。
 若い頃には、亡くなったあの冒険家・植村直己さんと一緒に登ったこともあるのだとか。大将の“武勇伝”を聞いていると、何だかスゴく元気になってきた。

 大将とついつい話し込んでしまい、お店を出たのは午前0時半。でもお陰で、「よし、頑張るぞ!」とヤル気満々になった。気分は「ファイト一発!」だよ。つい3時間前まで悩んでいたのがウソみたいだ。
 悩みを聞いてもらったのもよかったけど、旨いモノを食べ、頑張っている人の話を聞けたのもよかった。このお店にしたのはたまたまだったんだけど、このお店にして良かったよ。
 ありがとう、大将。また飲みに行くね。


【DATA】
住所:東村山市野口町1-23-23
電話:042-395-2006



【このお店に関する過去の記事】
2007年02月07日「激旨!超オススメ!鳥レバ刺し」






最終更新日  2007年10月15日 01時01分15秒
コメント(6) | コメントを書く
[焼き鳥・串焼き] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.