7338924 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

東村山グルメ日記

PR

プロフィール


マサ@東村山

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カテゴリ

楽天カード

ニューストピックス

2007年11月22日
XML
カテゴリ:寿司
 いつものように地元ブログやグルメブログをチェックしていたら、久米川駅北口の寿司屋「ダイヤ寿司」若大将のブログ「ヌーヴォーのご案内」という記事を発見。このお店ではボジョレーではなく、南フランスの「シャトー・ロスピタレ」のヌーヴォー(新酒)を出すのだという。
 記事によると、今年のヌーヴォーは「ベリー、さくらんぼやイチゴがはじける感じの香り。味わいはとにかく柔らか」とのこと。樽の香りが強い赤ワインは苦手だけど、「これなら行って飲んでみたいなぁ」と思い、カミさんに話すと、

「行くしかないわね」

とカミさん。食べることに関しては迷いがないんだよなぁ。ということで、例によって子どもたちを義父母に預け、3時間限定で「ダイヤ寿司」へ夫婦で向かった。

南仏のヌーヴォー

 ほほう、これが南フランスのヌーヴォーですか。おっ、爽やかな香りだねぇ。それではひと口……ああ、飲みやすいなぁ、コレ。フルーティーな味わいで、私好み。カミさんも気に入ったみたいだ。

素敵なお通し

 と、そこにお通し登場。素敵だねぇ。左はカキの燻製。これが旨いんだ。

寿司屋とは思えないが、手ぬぐいが和風

 ワインボトルをこうやってワインクーラー冷やしてくれるなんて、とても寿司屋とは思えない。まぁ、手ぬぐいがかろうじて和風なんだけどね。

生ガキ

 やっぱこの時期はカキでしょう……ということで、生ガキを注文。濃厚な味で旨いねぇ。ワインが進んじゃって困るなぁ。

さり気なく出されるお新香の盛り合わせ

 さり気なく大将がお新香の盛り合わせを出してくれた。料理の合間につまむお新香がいいんだよね。

ホッキ貝の炙り

 次に出て来たのは「ホッキ貝の炙り」。ホッキ貝の刺身を頼んだら、大将に「生にしますか? 炙りますか?」と聞かれ、迷わず「炙り」にしたのだが、これが大正解。甘味が凝縮されて、旨いこと、旨いこと。

イワシの刺身

 こちらは私のリクエストで、イワシの刺身。身がプリプリしていて旨かった。

カキの土手蒸し

 これ、何だと思いますか? 「カキの土手蒸し」なんですよ。焼くのでも煮るのでもなく、蒸す。去年、若大将のブログ記事を見て以来、どんなモノなのか食べたくて仕方なかったんだよね。

だしで溶かした味噌を付けていただく

 鍋の底には少しだけだし汁があり、それをカキ殻に入れ、特製の味噌を溶かす。そこにカキを付けて食べるのだが……旨いなぁ。ガツンと来る旨さじゃなく、しみじみ感じる旨さ。この特製味噌がまた旨いんだ。

コハダのキュウリ巻

 ここで私の中での“このお店の定番”である「コハダのキュウリ巻」が登場。このサッパリとした味わい。たまんないなぁ。


 アレレ、もうワイン、空いちゃいましたか。どうしようかなぁ。次は何を飲もうかなぁと迷っていると……。

「日本酒のヌーヴォーはどうですか?」と若大将。出して来たのがコレだ。

鳳凰美田の新酒

 栃木県小山市の小林酒造の「鳳凰美田」。しぼりたての新酒で、「吟醸無濾過かすみ生」と書いてある。つまり少しだけ濁っているのだ。口開けということで、上澄みを少しだけ別グラスに注いでくれたのだが、とても日本酒とは思えないほどフルーティー。
 瓶をゆっくり振ってから注がれたのが、枡に入ったグラスの方。よく見ると、ほんのり濁ってるでしょ。これが上澄みとはまた違った味わいで旨い。ワインのヌーヴォーもいいけど、日本酒のヌーヴォーもいいなぁ。

真鯛のカルパッチョ

 これは「真鯛のカルパッチョ」。日本酒にピッタリだったけど、これならワインでも合うだろうな。

サザエの壷焼き

 こちらはカミさんリクエストの「サザエの壷焼き」。貝が大好きだから、必ず頼むんだよね。「どれどれ、私もひと切れ……」と思ったら、もうなくなっていた。

またもオシャレのツマミが登場

 若大将に「チーズが欲しいなぁ」とワガママを言ったら、こんなオシャレなツマミを出してくれた。真ん中はいつものスモークチーズだが、左はモッツァレラチーズの西京漬け。これがバカ旨。こんなモノを出されるから、飲みすぎちゃうんだよなぁ(なんて、言い訳、言い訳)。

マグロと玉子 〆サバと赤貝

「そろそろお寿司を食べない?」とカミさんに言われ、いろいろと注文。

赤貝のヒモを使ったヒモキュウ

 握った赤貝のヒモをキュウリと一緒に巻いて出してくれた。うれしいねぇ。写真を撮らなきゃと思ってカメラを出そうとすると、「あら、美味しそう」とカミさんが1つ取ってパクッ。おいおい……。

穴子はユズ塩で 寿司の〆はアジ

 穴子はツメではなくユズ塩でいただき、お寿司の〆はアジ。いやあ、さすがにお腹いっぱいだよ。

本日のデザートでごちそうさま

 と言いつつも、「本日のデザート」を頼んじゃうんですけどね(笑)。この日はきな粉の入ったアイスだった。

 ワインから始まって、アイスで終わる……とても寿司屋とは思えないけど、こういう意外性がこのお店の魅力なのかも。もちろん、寿司屋としても旨いから、意外性も生きるんだけどね。
 今回も本当にごちそうさまでした。


【DATA】
住所:東村山市栄町1-16
電話:042-393-0162
営業時間:午前11時~午後3時(ランチタイム)
      午後5時~11時(ディナータイム)
定休日:水曜
駐車場:2台分あり
ホームページはこちら
若大将のブログ「鮨とお酒とハーブの日記」


【このお店に関する過去の記事】
2005年11月24日「これは絶品!季節限定のいくら親子丼」
2005年12月31日「満足度120%の寿司ランチ」
2006年11月28日「旨くて満足感いっぱいの寿司ランチ」
2006年12月28日「夫婦で美味しく楽しく忘年会」
2007年02月18日「夫婦で至福の魚介三昧!」
2007年03月13日「またもや満足度の高いランチが登場」
2007年04月10日「ご近所さんと魚三昧」
2007年05月01日「飲みまくり食べまくりの贅沢な息抜き」
2007年05月11日「旨いお酒と肴にKO」
2007年05月22日「話の弾む寿司ランチ」
2007年07月12日「変わったお酒と旨いツマミ」
2007年08月14日「気になる日本酒を出す寿司屋」
2007年10月05日「初めて食べた贅沢なにぎり」
2007年11月14日「3つの味が楽しめる穴子丼」



★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。






最終更新日  2007年11月22日 05時12分48秒
コメント(4) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.