7340515 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

東村山グルメ日記

PR

プロフィール


マサ@東村山

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カテゴリ

楽天カード

ニューストピックス

2009年04月06日
XML
カテゴリ:寿司
 久しぶりに訪ねて来てくれた友人が「最近、日本酒を美味しいと思うようになってきたんですよ」と言うので、それなら旨いお酒をより旨く飲ませるお店に行こうかと、私は久米川駅北口の寿司屋「ダイヤ寿司」に連れて行った。ちょっと変わった日本酒が揃っているし、飲ませ方もいいし、一緒に食べるツマミもいいからね。

春らしいお通し

 カウンターに座って、何を飲もうか迷っていると、早速お通しが出て来た。ホタルイカなど春らしいツマミがキレイに並んでいる。

飲みたかった「尾瀬の雪どけ」

 さて、友人とともに1杯目に選んだのは、群馬県館林市にある「龍神酒造」の純米吟醸「尾瀬の雪どけ」。さらっとした程よい甘さというか、旨味が口の中に残る、とっても飲みやすいお酒。女性向きと言っていいかも。飲みやすくて危険な感じだ。

 このお店では、日本酒を出す際には必ず、別グラスに仕込み水を入れて、一緒に出してくれる。これをチェイサーとして飲みながら日本酒をいただくと悪酔いしなくて済む。もっとも量を飲んでしまえば、どんなにチェイサーと一緒であろうが二日酔いしてしまうのだが……。

アジの刺身と玉子

 さてさて、ツマミとして頼んだのは、アジの刺身と玉子。玉子は友人のリクエストだ。

穴子

 続いて出て来たのは、穴子。これを手前にあるワサビ、つめ、柚子塩の3種類のお好みで食べるワケだ。「オススメは柚子塩だよ」と言うと、友人は「これは旨い」と柚子塩で食べまくっていた。

赤ワインにチェンジ

 日本酒が空いたので、私は赤ワインを頼むことにした。というのもこの日は、ボルドーワインフェアということで、グラスワインがオール500円となっていたからだ(ボルドーワインフェアは現在は終わっています)。
 飲んだのは「シャトー・オー・ピカ」というワイン。全然重たくなく飲みやすいけど、味わいはシッカリしている。旨いんだけど、さて問題はツマミだ。
 私は若大将に「このワインに合う料理をいただけないかなぁ」とワガママを言ってみた。すると若大将はちょっと考えてから厨房へ。

赤ワインに合うツマミということで…

 とばらくして出て来たのが、コレだ。マグロの頬肉をちょいコッテリ味付けしたモノ。それにサラダが添えられている。「ワガママ言って申し訳ないなぁ」と思いつつ、マグロの頬肉を食べ、赤ワインをグビリ……旨いなぁ。ワガママ言ってよかったよ(笑)。

行者にんにく わらび

 このあとは、行者にんにくやわらびをつまみながら、旨いお酒を飲みつつ、友人と四方山話。ここのところ、ちょっと気持ちが殺伐としていたから、久しぶりのんびりすることができたよ。約1年ぶりに会いに来てくれた友人にも感謝だけど、お酒を引き立てる旨い料理を出してくれた大将と若大将にも感謝、感謝だね。



【DATA】
住所:東村山市栄町1-16
電話:042-393-0162
営業時間:午前11時~午後3時(ランチタイム)
      午後5時~11時(ディナータイム)
定休日:水曜
駐車場:2台分あり
ホームページはこちら
若大将のブログ「鮨とお酒とハーブの日記」


【このお店に関する過去の記事】
2005年11月24日「これは絶品!季節限定のいくら親子丼」
2005年12月31日「満足度120%の寿司ランチ」
2006年11月28日「旨くて満足感いっぱいの寿司ランチ」
2006年12月28日「夫婦で美味しく楽しく忘年会」
2007年02月18日「夫婦で至福の魚介三昧!」
2007年03月13日「またもや満足度の高いランチが登場」
2007年04月10日「ご近所さんと魚三昧」
2007年05月01日「飲みまくり食べまくりの贅沢な息抜き」
2007年05月11日「旨いお酒と肴にKO」
2007年05月22日「話の弾む寿司ランチ」
2007年07月12日「変わったお酒と旨いツマミ」
2007年08月14日「気になる日本酒を出す寿司屋」
2007年10月05日「初めて食べた贅沢なにぎり」
2007年11月14日「3つの味が楽しめる穴子丼」
2007年11月22日「寿司屋でヌーヴォー」
2007年12月13日「Wマサ、旨い日本酒と肴に大いに酔う」
2008年03月08日「うれしいサプライズがあるお店」
2008年07月06日「いろんなサービスがうれしいお店」
2008年10月24日「料理の旨さについつい飲みすぎてしまった夜」
2008年12月27日「あぶく銭の使い道」



★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。






最終更新日  2009年04月07日 12時15分47秒
コメント(4) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.