000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

東村山グルメ日記

PR

プロフィール


マサ@東村山

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カテゴリ

楽天カード

ニューストピックス

2010年05月28日
XML
 前回、行くには行ったんだけど、ほとんど記憶になく、デジカメに念写が残っていたお店を“リベンジ取材”するべく、私は友人を誘って行ってみた。それが今回紹介する久米川駅南口のダイニングバー「焼酎とワインBAR19」だ。

焼酎とワインBAR19

 場所はウイング通りの1本北側の通りにある。ちょうど駐輪場の裏手にあるビルの2階だ。店名に「19」と入っていることから、すぐにピンと来た人もいると思うが、このお店は居酒屋「一休」の系列店。だから、お酒もツマミもお手頃価格になっている。

赤ワインで乾杯

 まずは赤ワインで乾杯。量的に少なく見えるかもしれないけど、グラスが大きいので、割と量は入っている。

セロリの浅漬け

 おすすめメニューの中から軽いツマミとして、まずは「セロリの浅漬け」(390円)。私はセロリが好きだから、これは旨かったなぁ。

合鴨のぱすとらみ

 続いて頼んだのは、「合鴨のぱすとらみ」(490円)。やっぱり赤ワインだから、肉系を頼まないとね。

地鶏三種食べ比べ

 これは「地鶏三種食べ比べ」(490円)。左から秋田県の比内地鶏、愛知県の名古屋コーチン、鹿児島県の薩摩地鶏。「どれも同じなんじゃないの?」と思っていたけど、食べ比べてみると、結構、違いがあるもんだね。食べた中では、個人的には比内地鶏が好きかな。

四種のチーズ盛り

 続いて頼んだのは、「四種のチーズ盛り」。ハードタイプからマイルドなものまであり、これはいい盛り合わせだと思うなぁ。

 今回は焼酎を頼まなかったけど、焼酎も種類が多く、価格もリーズナブルだった。ワインはボトルの価格がすべて1900円で統一されていた。3人以上で行くなら、グラスよりボトルを頼んだ方がいいかもね。


 軽く飲んでサッと帰ろうとした瞬間、「マサさん」と後ろから声がかかった。たまたま1人で飲みに来た友人がこちらに気づいて声をかけてくれたのだ。久しぶりだったから、一緒に飲もうということになり、一度立った席にまた座り、結局、家に帰ったのは深夜2時。夜遅くまで営業しているお店も考えものだね(笑)。



【DATA】
住所:東村山市栄町2-30-9
電話:042-391-3819
営業時間:午後7時~翌朝5時(ラストオーダーは4時30分)
定休日:無休
駐車場なし
詳しい情報はこちら



★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。






最終更新日  2010年05月29日 12時45分50秒
コメント(2) | コメントを書く
[バー・ダイニングバー] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.