000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

『マーチと愉快な仲間たち♪』

PR

X

カレンダー

コメント新着

 ペット総合サイト@ アクセス記録ソフト 無料 楽天 アクセス記録ソフト! http:/…
 ペット総合サイト@ アクセス記録ソフト 無料 楽天 アクセス記録ソフト! http:/…
 ペット総合サイト@ アクセス記録ソフト 無料 楽天 アクセス記録ソフト! http:/…
 ペット総合サイト@ アクセス記録ソフト 無料 楽天 アクセス記録ソフト! http:/…
 ペット総合サイト@ アクセス記録ソフト 無料 楽天 アクセス記録ソフト! http:/…

カテゴリ

お気に入りブログ

Sasaki Style 燃える闘魂ササキさん
心と体と家計の健康 ejakuwaさん

プロフィール


マーチとおかしな仲間たち

2006年11月10日
XML
カテゴリ:日々思うこと
こんにちは、店長の小笠原です。

 青森県にも文化の風が強く吹いてきました。

最近、自分が興味があるせいか美術館ばやりの気配。(地方には流行は遅れてやってくる?!)

青森市には県立美術館(青木淳氏設計)が出来たし、
(青森市には安藤忠雄氏設計の国際芸術センターもある)

十和田市には、(仮称)アートセンター(西沢立衛氏設計)が建設中。

どちらも有名建築家だというのが素晴らしい。

 だいぶ前に青森県立美術館へ行ってきました。アレコでとても盛り上がっていた時。

どこへ行ってもそうなんだけど、展示されている絵を見るのは当然として、

床の素材、壁の素材、開口部の納まりなど等、不自然に開けられたスリットを屈んで覗きこんだり、

壁をたたいてみたり撫でてみたり、トイレのドアを何度も開け閉めしてみたり、

という僕の行動に、一緒に行く人は少々恥ずかしくなるかもしれない。

でも、触って分かる事は沢山あって、

例えば、薄い木の板で出来ているように見える、いかにも座ったら壊れそうなベンチが、

叩いてみたらコ~ンと鉄板の音がして、鉄板とこの小口の木はどんな接着剤で

くっついてんだろうとか、トイレの小さな特注のコートフックが壁の真っ白いタイルに

カメレオンばりに付いてたりと、

ここまでやるかという発見も目白押で、

隅々まで神経を巡らせて作るとはこういう事だろうなと、物思いにふける。

 しかし残念なのは、展示品を触れないこと。(良い子の皆は知ってるルールだよね)

特に彫刻なんか触ってみなきゃ肌の質感が分からんだろっ!!!

と、半ギレで触りたくてウズウズしてたり。(子供みたいですみません)

あっ・・・だから余計に建物を触るんかなぁ・・・

 ずっとウズウズしている事は、

青森県立美術館にある「あおもり犬」(弘前出身の奈良美智氏の作品)

が、雨だれで黒い筋が無数に走っているので、

「光触媒塗料」を塗りた~い!!(小さな親切大きなお世話???)

これであおもり犬もシャンプーいらずっ!(学芸員の心労が減るかもよ)

 美術館の関係者の方、万が一いや億が一このブログを見たらぜひご検討下さい。

満足いくだけ触ったあとで、しっかり塗装させていただきます。

見積りは無料ですのでお気軽にご用命下さい。














最終更新日  2006年11月10日 20時52分39秒
コメント(4) | コメントを書く
[日々思うこと] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


 触りすぎに注意!   燃える闘魂ササキ さん
私も顔に似合わず美術館は好きですね。
現実からはなれている感じが魅力です。
都会に行ったとき時間を見つけて行くぐらいですが
青森は行ってみたいですね~。
奈良美智のブックエンド日曜日東店に持って行きます。 (2006年11月10日 21時55分06秒)

 Re:触りすぎに注意!(11/10)   小笠原 さん
燃える闘魂ササキさん
コメント早っ!さっきアップしたばっかりなのに。
ときどき会話の節々で思ってましたが、結構好きそうですよね。青森はなかなか面白いですよ。トイレは白過ぎてグラッときますけど。ぜひ、グラッと感を味わってみて下さい。
 ブックエンドいつ来るかと楽しみにしてました。首を長くしてお待ちしております。
(2006年11月10日 22時09分42秒)

 白一色。   ohmori さん
私も美術館へ行きました。
プレオープンとシャガール展の時と、2回ほど。
思わず壁の方へ寄って、手触りを確認したり
トイレに行っては造作された手洗いに感動し、写真とりまくったり、
と、もはや職業病の域ですね。

トイレの「白」に対する拘りは圧巻。
というか、ここまでやるか!という感じを受けました。

要所要所で考えられてるなーと感じますが、
サインがとても分かりづらい!と思いました。
トイレはどこだろう?とか、
この部屋へ行くにはどういったらいいんだろう?って
思わず立ち止まって、キョロキョロしてました。
デザイン性と分かりやすさは、相反する時が多々あり
どちらを優先させるか迷う部分でもあります。
よぉーく分かります(しみじみ)。
それが建築の難しさであり、楽しい部分でもあり
永遠のテーマなのかな。
(2006年11月11日 08時55分47秒)

 Re:白一色。(11/10)   小笠原 さん
ohmoriさん
そうそう職業病。
確かに動線は分かりにくいところはあるね。でも、場所が分からなくて視線が泳ぐことまで計算されてるかもよ。
十和田のアートセンター計画案を見るととても面白そうだよ。あの建築でさらに官庁街の品が高くなるね。完成が楽しみだよ。
(2006年11月11日 09時40分08秒)


© Rakuten Group, Inc.