268467 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

乳がん治療日記

全4件 (4件中 1-4件目)

1

仕事

2015.06.14
XML
カテゴリ:仕事
復職して2ヶ月目の状況

■わりと弾丸なプロジェクトにアサインされ、2週間で徹夜4回もしてしまった・・・

TS-1の3週目、4週目にそれぞれ2回ずつ徹夜する羽目になりましたが、体調的には意外とイケました。
(良い子は真似しないで)
ま、この産業医の残業規制なんて無理ゲーだよねー、最初からわかってたけどw

■残業規制解除

その後、残業規制解除されました。
これで、気兼ねなく社畜として万進してまいります

■コーヒーを飲むとフラフラになる

カフェインは貧血になる人がいるそうで、もともとTS-1で貧血気味だったので、カフェインで追い打ちをかけて貧血になってるのかもしれません。
椅子から立って2分ぐらいは、全身がボワーンと力が入らず、感覚がないのです。
でも飲みます、なんとなくコーヒー飲まないと気合いが入らないので。

■TS-1ですが、3クールで終了

以前主治医からは「4クールをめどに」と言われていたのですが、ビルビリンの数値が基準値を超え始めたのでやめることとなりました。

■今週からノルバデックスとリュープリン

更年期障害の症状がどのぐらい来るのかちょっと心配ではあります








最終更新日  2015.06.14 10:20:25
コメント(0) | コメントを書く


2015.05.17
カテゴリ:仕事
復職して1ヶ月がたちました。
引き続きTS-1(1日120mg×24週連続+2週休薬で1クール)を服用しながらのフルタイム就労となります。
相変わらずTS-1の副作用で

・疲れやすさ
・立ちくらみ

等に常に付きまとわれるものの、基本大したことなく、元気にやっております。

復帰直後の1ヶ月は残業禁止令が産業医からでておりましたが、1ヶ月経ったところで2時間までの残業が産業医から許可されました。
この残業制限がなかなか守れないんですよねぇ・・・まぁ最初から無理ゲーな気がしてたけどw

産業医の指導に基づき会社の方で指定された残業制限内に業務が収まるよう、休職前よりある程度仕事をセーブしてもらってますが、なんだかんだ言うても仕事が終わらなかったり、トラブルや緊急対応したり、プロジェクトの中で前工程の遅れを自分のところで吸収せざるをえなかったりで、制限されてる時間にだいたいいつもプラス1~3時間の残業をしてしまうことが多いです、ひそかに・・・でもまぁ特に体調に影響なく元気にやってます。

みんな産業医からの指示によって残業制限がある人ってどうやって時間やりくりしてるんですかねぇ?自分的には、最初から無理ゲーな気しかしてなかったので、守れてる人尊敬します。






最終更新日  2015.05.17 17:40:08
コメント(0) | コメントを書く
2015.04.18
カテゴリ:仕事
8ヶ月の休職を経て、ついに先週から復職しました。
休職前と同じ部署の同じチームに戻ることに。

■治療しながら就業、いわゆるがん就労に突入
(TS-1最低4クール、放射線5週間、ホルモン5年以上残ってる)

■産業医面談の結果、ひとまず最初の一ヶ月は残業なしのフルタイム出勤

■私がいない間に色々炎上してて、チームがほぼ崩壊してた(爆)

■休職前はリーダーだったが、リーダー職はハードワークなであり、残業規制があるので平社員になったが、別に個人的にはなにも不満はない。
(ま、うちの会社はそもそも役職と給料は比例しないし)

■厳密には現在リーダー職ではないが、チームがほぼ崩壊してており、なおかつ現リーダーが失踪中(?)という状況のため、ほぼ自分がややリーダーみたいな感じになりつつあるが、毎日ちゃんと18時には帰れてて、とても健康的な生活。

■復職したらいろんな人に歓迎された、ありがたし。

■私がいない間にいろんな地雷(何)ができてて、しばらく毎日リアルマインスイーパーな日々。
(Windowsのマインスイーパーじゃなくて、最近のWindowsには入ってないし)

■TS-1の副作用(だるさ)が一番ひどいはずの服用27日目から復職したが、仕事してると適度な緊張感からか、だるさが吹っ飛ぶので、いい感じです

■ウィッグ暑い、邪魔。横髪が垂れてきて、ラーメンが一番食べづらい(社食で一番好きなのがラーメンなので困る)

■「復職してきました」って言ったら「おめでとうございます!私も息子いるんですよ~」と言われ、どうやら勝手に産休だと思われた(笑)

■3ヶ月後ぐらいに放射線治療(5週間)があるが、その際の出勤体制は現在検討中






最終更新日  2015.04.18 12:56:12
コメント(0) | コメントを書く
2015.03.25
カテゴリ:仕事
去年あたりから話題になってますよね?“がん就労”
(本当に世間的に話題になってるのか、自分ががんだからついついがん関連のニュースが目についちゃうだけなのか、自分でもよくわからなくなってきてますがw)

おそらくこの波は、去年あたりから厚生労働省の“がん就労”関連の取り組みが本格化してきたことによるものかと思います。
そんななんともタイムリーなタイミングで乳がんになってしまったワタクシ。
世間で少しずつ“がん就労”を後押しする風潮が出始めた中、そのタイミングで乳がんになったワタクシはラッキーだったのかもしれません。

もうすぐ職場復帰します。
治療はヘビーなのはもう終わったけれど、まだTS-1、放射線治療、それからその後はホルモン療法が残っていますので、治療しながらの就労となります。
TS-1とホルモン療法は(私の場合)ちょっと体が疲れやすくなるので、復職という選択は決して楽な道のりではないです。
放射線治療は副作用はほぼないものの、5週間連続で午前中が潰れる(へたすりゃ午後も)ため、フレックス等の制度がないうちの会社の場合、現在会社と調整中となってます。
会社にとっても、がんで休職したり、がんの治療をしながら働くケースと向かい合うのがおそらく初めてなのではないかと推測されるので(平均年齢が若い会社なので)、前例がないところを1つ1つ決めていくことになるのだと思います。

ってことで、今後はこのブログで、がん就労の実際のところを当事者目線で随時(ただし書ける範囲で)書いてゆき、同じ境遇の方のご参考までにお役に立てれば幸いです。


あ、そうそうさっき見つけたんですけど、日経ビジネスでこんなコンテンツが立ちあがってました
がんと共に働く 知る・伝える・動きだす
自分も早速会員登録しよー






最終更新日  2015.03.25 16:34:35
コメント(0) | コメントを書く

全4件 (4件中 1-4件目)

1

PR


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.