548239 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Nintendo Switch Japan & <糖質制限ミノザップ>

PR

全3件 (3件中 1-3件目)

1

ThinkPad/PC

2017.09.29
XML
カテゴリ:ThinkPad/PC
あぶねー。SEのXだとアレじゃんね。
なので、4インチ新型iPhone XSEとしましょう。

残念デザインのiPhone8とiPhone Xは布石。
iPhone SEX じゃなかった。iPhone XSEの出番です。


理想はiPhone3GSのガワで4インチディスプレイ
次点はiPod touchのまんまにSIMをさせるiPhone。
このどっちかがいい。
3GSは持ちやすいし小さいのがメリット。
iPod touchは薄くて持ちやすいのがメリット。

さて。そのiPhoneXSEです。
iPhoneSEとの比較画像付きです。


rblog-20170929103905-00.jpg



ダメなら。
iPhone5CかiPhone4をベースとしてほしい。
5Cは持ちやすいのがメリット。
4は小さいのがメリット。やや持ちにくい。


iPhone5 iPhone5S iPhoneSEは角ばってて持ちにくいから、正直微妙。




iPhoneなんて裸族で使わないとカッコよくないので、ケースつけてる人みると

うーん、なんだそりゃ

と感じます。




rblog-20170929101441-02.jpg
iPhone XSEは2018年3月発売
になるといいのになぁ。






最終更新日  2017.09.29 10:39:07
コメント(0) | コメントを書く


2016.05.29
カテゴリ:ThinkPad/PC


キーボードの王者 究極のアルティメットキーボード、ThinkPad 2010年~2012年の一定モデルにのみ実装されています。
実装されているのは、
T400s アスペクト比16:10
T410 アスペクト比16:10
T410s アスペクト比16:10
T510 アスペクト比16:10
T420 アスペクト比16:9
T420s アスペクト比16:9
T520 アスペクト比16:9
X220 アスペクト比16:9
X220i アスペクト比16:9
のみです。

※ワークステーションのW系にも一部実装されています

X220

 

楽器の操作性。「鍵盤」や「弦」です。
PCの操作性。「キーボード」です。7列のキーボードかつ打キーが最高で、トラックポイントがあることです。

楽器の音色。「音」です。アウトプットされるものです。
PCの音色。ビジネスの場合(WordやExcel)は「使いやすいディスプレイのアスペクト比 4:3~16:10」です。
PCの音色。遊びの場合(ネットやドキュメントや漫画」は「使いやすいディスプレイのアスペクト比 4:3 譲っても16:10」です。
PCの音色。動画を見る場合は「見やすいディスプレイと音 アスペクト比16:9とHDMIでのデジタル出力」です。
タブレットの音色。作るよりも「見る・触る・遊ぶ」ことをメインとするには「動画や漫画やネットのやりやすいアスペクト比。4:3 譲っても16:10」です。

 


さて。キーボードについて。
Macが売れたので、アイランドキーボードを採用する会社が増えました。
これは、Appleの罪です。
Macのキーボードとトラックパットは、バランスが取れているので、あれはあれでいいのですが、ThinkPadのキーボードとトラックポイントの組み合わせを超えることはできていませんでした。過去形です。
今の新型モデルでの比較は、Macのほうがいいと思います。
ThinkPadの最近のモデルは。中途半端なキーボード、中途半端についているだけのトラックポイント、排除するに排除しない一般受けを狙う邪魔なトラックパット。
IBMがThinkPadを持ち続けていたならば、王者のキーボードは「成長」していたでしょう。
上記のアルティメットキーボードを作ったのもLenovoではありますが、アルティメットを捨てたのもLenovoです。これはLenovoの罪。

そりゃ、「操作性」が悪ければ人は離れます。違う楽器を探します。もしくは昔の楽器を使い続けます。
私は後者。

 


次。アウトプットデバイス ディスプレイについて。
Macはバランスが取れていて、16:10を採用している。ネットやドキュメント作成に適している縦幅は、最低限を確保している。
PCとして使いやすいバランスからは外れないようなサイズを採用し続けている。
16:9を採用しているPCは、正直ダメだと思う。動画を見るとか、横幅を使うことをメインとする作業は少ない。ビジネスだと16:9はダメだ。最低でも16:10。
16:10=4:2.5、16:11=4:2.75、16:12=4:3。3:2=15:10=3.75:2.5
あと、テカテカディスプレイはダメね。グレアディスプレイ。蛍光灯や照明が画面移りするし、作業している際に自分の顔が映ったり、いいことナシ。
店頭で動画を流しているときにかっこよく見えるだけがメリット。
アンチグレアのほうが目にも良いし、光も拡散するので扱いやすいです。

そりゃ、「ビジネスの音色」が悪ければ人は離れます。違う楽器を探します。もしくは昔の楽器を使い続けるか、あきらめます。
私は後者。 昔の楽器を使い続ける です。


ThinkPad T420s、X220、X220i、T420sは、「良い操作性」と「微妙な音色」です。安物の扱いやすい楽器です。
ThinkPad T400s、T410sは、「良い操作性」と「良い音色」です。自宅で愛用している、使い慣れたピアノのようなもの。
ThinkPad T410、T510は「良い操作性」と「良い音色」ですが、やや重量級です。上物のコントラバスのようなもの。
ThinkPad T420、T520は「良い操作性」と「微妙な音色」かつ重量級です。安物のコントラバスのようなもの。

DisplayPortについては、モノによりますが、X220についてはSony Bravia 2014年 2015年モデルに対しては映像も音も1本で送れますので、扱いやすいです。
T500については、音がアウトプットされないといったうわさもありますし、バージョンによっては音が飛ばせないというダメ仕様のものがあるので、情報収集には気を付けるか、人柱になるつもりでどうぞ。

T410s、T400sは1.8kg程度のため、X220の1.57kgと比べると重めですが、アスペクト比が16:10のため最上級品ともいえると思います。
X220のディスプレイが、額ギリギリの縦幅サイズであれば、13.5~14インチくらいの16:11比率のアスペクト比になるのではないでしょうか。
また、ThinkPad X220はアルティメットキーボードの横幅をギリギリに実装しているので、見ているとうっとりします。

 

 t410s

ThinkPad T92に求めるもの。
アルティメットキーボードかつX220と同等の横幅。またX220と同じパームレストまでの縦幅かつトラックパット無し。
アスペクト比は16:10~16:12のディスプレイ。サイズからすると13.5~14インチくらいになると思うが、X220サイズでアスペクト比から逆算してくれればよい。
重量は900g~1.4kg。扱いにくくなるのであれば重量を無理に減らす必要は無い。
USB Type-Cのポートを3つ程度。フルサイズUSBは不要(ドングルやUSB→UBS Type-Cの変換ケーブルで対応すればよい)
NICポートについても不要。VGAも不要。カードスロットも不要。すべてドングルで対応。
ファンレス。
HDMIかDisplayPort。両方でも可能。ミニサイズでもフルサイズでも可能。音と映像が送れるモノ。
ウルトラベイを1つ。
メモリスロットを2つ。交換が容易のもの。
msATAのSSDコネクタを1つ。交換が容易のもの。
バッテリーは取り外し可能のものを1つ。交換が容易のもの。
ドッキングコネクタないし、外部用ポートを1つ。
AC用のコネクタ形状は天地無用、なるべく丸型のものないしUSB Type-Cの形状のもの。
ラッチはマグネット方式。

ということで、X220をベースとしたモノをスーパーアップグレードしてもらえればよいです。
T410s・T400sは最上級で、X220はモバイルの使いやすい品ということで、SSDを実装すれば今でも現役マシンとして使えます。
というか、今の最新機種のThinkPadよりも使いやすくて、それらより上だと思っています







最終更新日  2016.06.08 22:56:19
コメント(2) | コメントを書く
2016.04.10
カテゴリ:ThinkPad/PC
2016年4月。
「今更」ThinkPad X61 (アスペクト比4:3)という2007年6月のモデルを購入する。

■Lenovo ThinkPad X61
CPU Core 2 Duo T7300 2Ghz
メモリ 2GB
OS Windows7 32bit
HDD 80GB → 自宅にあったSSD 80GBに換装(換装方法は後半に記載)


購入の動機はこんな感じ。
1.漫画を読むための電子ツールがほしい。
2.最低限、iPad Air 9.7インチ以上、かつアスペクト比4:3であること。
3.5万円以内。できれば3万円以内であること。
4.インターネット(ブラウザが扱いやすい)もできるデバイスであること。

アスペクト比4:3は非常に重要であり、最近のアスペクト比16:9などのようなテレビや動画向けのものとは違うのだ。
変なこだわりと言われるかもしれない。
縦が4に対し、横は3。縦が16で計算すると、16:12の比率だ。
これは、漫画を読む際の黄金比であると言える。

最近のPCは残念なことに16:9の製品が多い。
ディスプレイメーカーもその比率で作っているので、PCを作る側のメーカーとしても16:9にならざるを得ない状況だ。



そこで。最近の4:3のデバイスで優秀な物を調査すると出てくるのはiPadである。
9.7インチのiPadは漫画を読むためのデバイスであると言っても過言では無いくらい親和性が高い。

iPad Airは、2016/4現在、初代モデルが認定の整備済み商品であれば33000円(税別)だ。税込35000円程度。


iPad Airを買うのもいいけど・・・
・35000円も出してメモリは16GB、漫画をそこまで入れることができない。
・デザインはいいよね、デザインは。目的はデザインじゃないけどね。

そこで、アスペクト比16:12もとい4:3のデバイスで、私が使い慣れているデバイスを考えると。
ThinkPad しか無いのだ。しかも、2007年よりも前のもの。


道をそらすが、4:3のディスプレイはこんな特徴がある。
・漫画を読みやすい比率。
・インターネットをするにあたり、画面表示されるのに程よい比率。
 最近の16:9は横が余ってたりしますよね。
 あと結局、横スクロールのWebサイトは流行らず、縦スクロールのWebサイトしか無い状況。
・動画を再生するとなると、上と下に黒い幕ができてしまう比率。
 最近の動画に限っては16:9のほうが見やすい
・テキストやWordといったドキュメントについては縦幅があるほうが書きやすい比率。
 Excelの特定のモノに限っては横幅があると便利であるが、4:3ファンも多いはず。

プライベートで私が使うものと言ったら
・ネット
・動画
・漫画
程度です。

ヤフオクの中古ですが、送料などコミコミで10000円弱です。
運良くコンディション良好のものでした。




-------------Disk To Diskのイメージバックアップについて-----------------
さて。
HDDではさすがに9年前のPCなので遅いので、SSDに換装して現役同等にしてあげる必要があります。
以前はAcronisなどを使ったことがありますが(過去記事参照)
SSDを外付けUSBで接続してコピーをするのに今回使ったのは
EaseUS Todo Backup Free 9.1
http://jp.easeus.com/backup-software/free.html
無料ですw

[インストール] → [起動] → [クローン] → 「ソース」でハードディスク0を選択して[次へ] → 「ターゲット」にはUSB接続しているSSDを選択して[次へ]
ここまで実質、5分から10分程度である。
あとは実行して1時間程度待つだけで、内臓しているHDDのクローンとして、SSDが誕生してくれます。
実行が完了したらシャットダウンして、HDDとSSDを入れ替えて起動・・・・できる!
起動後、EaseUS Todo Backup Free 9.1のアンインストールがスタートメニューに出てくるので、気になる方はアンインストールして終了です。
ease



Windows OSやアプリケーションの起動が劇的に早くなり、PCを振り回してもディスク破損にならない(なりにくい)のはSSDのメリットです。
iPadといったタブレットと違い、PCになるのでお気軽感がなくなる方もいるかも知れませんが、SSDのPCであればタブレットと似たような安定性もあるのでお勧めです。
あと、漫画を読むときにキーボードがあると何かと便利だったりします。






最終更新日  2016.04.10 16:04:27
コメント(0) | コメントを書く

全3件 (3件中 1-3件目)

1


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.