2008.07.01

性格ってワイン造りに出る??

(2)
カテゴリ:カテゴリ未分類
「兄弟、姉妹でも性格がぜんぜ違う」というのは、

よく聞く話ですが、兄弟が別々でワインを造っている場合、

性格がぜんぜん違えば、その性格とおぼしきものが

ワインに味わいも出るものなのでしょうか????

その一例として、あの有名なグロ兄弟をあげたいと思います。

10.jpg

兄のミッシェルは、名門ジャン・グロからの直系。

弟のベルナール・グロは彼の親戚グロF&Sを引き継いでいます。

よくワイン誌に、ミッシェルは温厚で実直、

ベルナールは明るく外向的、などと書かれていて、

赤ワインの味わいは性格と似たようなニュアンスの

コメントが載っています。

では、彼らが造っているオート・コート・ド・ニュイの白では、

どうなるかと05年のものを、アンヌ・グロの同銘柄を加えて

3種ブラインドで試してみました。

ミッシェル・グロは派手さはないが、

酸を基調にして、骨格がきっちりあるバランス重視のもの。

グロF&Sは、香りがたってボリューム感が十分ある

外向的なタイプ。

結果は・・・・・やはり、

性格が出ているとしか思えませんでした。

他の造り手では試していないのですが、

比べ飲みのチョットしたヒントになれば・・・・・


            ときどき登場する 間野





TWITTER

Last updated  2008.07.01 15:42:37
コメント(2) | コメントを書く