2008.07.03

世界のブドウ栽培の意外な事実

カテゴリ:ワイン
世界のブドウ栽培の意外な事実

昨年(2007年度)の世界のワイン用ブドウ栽培面積の発表がありました。


1.jpg



あくまでも栽培面積で収穫量では無いのですが(収穫量は減反等により政治的に上下し、正確な数字がでてきません)意外な事実に驚かされます。

第一位はスペインで、第二位はフランス、第三位はイタリアでここまでは順調です。

第4位は以外にもトルコ、第5位は何と中国で、第六位はアメリカと続きます。

統計の取り方により順位は入れ替わりますが、何にしても中国の躍進は素晴らしく、僅差の第四位へのジャンプアップは時間の問題と思います。

私の持っている1991年発刊のヒュージョンソン著「ワインアトラス」には中国のワイン用ブドウ栽培面積は、日本とほぼ同等で、栽培量は僅少で不明となっていましたが「ワインアトラス」に中国の名産地が何ページにもわたって取上げられるのもまじかと思われます。

(ちなみに1991年時点での第四位はソビエトでしたが、ワインの取れる地方が次々と独立した為、今では順位を落としています。)


 樋口 博一






TWITTER

Last updated  2008.07.03 17:41:05
コメント(0) | コメントを書く