2008.07.15

スクリューキャップって嫌いですか????

(3)
カテゴリ:カテゴリ未分類

13.jpg

コルク抜きを使わなくても簡単に開けることができ、

ブショネ(木製コルクに由来するワインの不具合)の心配もない、

スクリューキャップ。

でも・・・

あのコルクを抜く一連の動作をしないとワインらしくない。

何か安っぽく見える。

そう思っている方もいらっしゃるのでは・・・

そんな思いとは関係なく、

スクリューキャップのワインは確実に増えています。

最初はオーストラリアやニュージーランド

のそれ程高くないものに多く見られましたが、

デイリークラスでは、

チリ、アルゼンチン、アメリカ、南アフリカ、

スペイン、ドイツ、もちろんイタリアやフランスにもあります。

ニュージーランドでは3000円近いものに、

フランスでもシャブリやブルゴーニュ・ブラン、

低価格のボルドーなどで採用しているワイナリーもあります。

料飲店でお客様にボトル売りのする際には・・・

という場合は仕方ないですが、

ご家庭で飲まれる時にスクリューキャップを敬遠すると、

ご自分で選択肢を狭める結果となってしまします。

これから先は、ますますそうなると思います。

近い将来、「デイリークラスでコルクのワインって珍しいネ」と

言うような時代がくるのでしょうか???

      ときどき登場する 間野





TWITTER

Last updated  2008.07.15 19:23:55
コメント(3) | コメントを書く