ひいちゃんにっき(発達障害とともに・・・)

光への手紙 2

光への手紙 2

『おとうさん おとうさん』
君はいつもそう呼んでしたってくれる。

『おとうさん だいすき』
そのことばだけで、父さんは満たされるよ。

おなじ歳の子よりもじょうずにしゃべれないけど、
一生懸命、君のことばではなしてくれるよね。

いつか父さんが自分の用事をしているときやってきて、
なにかを作ってって言ってきたよね。

君は懸命に説明するんだけど、父さんよくわからなくて
いらいらしちゃって、つい君につらくあたってしまった。

そんな父さんなのに君はにっこり笑って、
『おとうさん、ありがとう』って言ってへやをでていった。

父さんそのあとすごく後悔したんだ。
自分の用事なんてあとまわしにして、
もっとしっかり君と向き合えばよかった・・・

ごめんよ。
言いたいことが伝わらなくて、はがゆい思いをしているのは
君のほうなのに。

父さんは今、壁にぶちあたっています。
押しつぶされそうです。

君の大好きなウルトラマンのように、
優しさも、強さも、勇気もありません。

すぐ怒っちゃう父さんでも、好きですか?
弱い父さんでも、好きですか?
いくじのない父さんでも、好きですか?

いつか君が、父さんの子でよかったって
おもってくれる、そんな父親になりたいです。


ひかり7




Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.