ひいちゃんにっき(発達障害とともに・・・)

ノーマライゼーションってなに?

★ ノーマライゼーションってなに?


ノーマライゼーションって言葉を聞いたことがありますか?

僕も最近まで、聞いたことはあるけど、良くは知りませんでした。
簡単に言うと、

障害者や高齢者など、社会的に不利を受けやすい人々が、他の人々と変わらず平等に生活し、そして活動できる状況が、社会として本来あるべき姿であるという思想、考え方のことを言います。
もっと広い意味で言えば、男性、女性、貧富の差に関係なくってことも含まれます。

デンマークで起こった運動が発端と聞いています。
1950年代、知的障害者は施設(コロニー)に押し込められ、中で多くの人権侵害が行われていたようです。それを知った障害者の親の会がこの状況を打破し、改善しようとしたのがことの始まりだそうです。

でも、日本でも過去同じようなことをしてきてはいませんか?
障害者と健常者を区別し、福祉施策も施設入所を中心にしてきたんじゃないかなぁ。
それに、施設入所って言うと聞こえはいいけど、対処に困ったり世間体を気にした結果、そこに追いやったっていう、人権を無視したやり方もあったと思うし・・・
無責任なことを言ってはいけないと思うけど、もしかしたら表に出ないだけで今現在もあるのかもしれません。

でも本当に求められるべきは、ノーマライゼーションの理念、思想に基づき人権を第一とした施策だと思うんです。

それから、ノーマライゼーションには、
ノーマル(正常・普通)な状態にするという意味もあります。

ここで、とっても大切なことがあると僕は思うんです。
それは、みんなが心に持ってる正常、普通っていうのがバラバラであってはいけないんじゃないかってこと。
心のバリアをはずし、真のバリアフリーを目指していくことも大切なんじゃないでしょうか。


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.