ひいちゃんにっき(発達障害とともに・・・)

.

  • コピー.jpg
 

        ひいちゃんからメッセージ

 ぼくには、「発達障害」という障害があります。

 ぼくの障害名は、「ADHD(注意欠陥多動性障害)」と、

 「高機能自閉症」です。

 小学校に入ってからいじめが多くなりました。

 からかわれることもありました。

 「ガイジ」ともよばれました。悲しかったです。

 泣いて帰ることもありました。

 そんな時、お父さんは、

 「発達障害を持っていることは悪いことではない。

 悪いのはいじめる方だ」

 と言ってくれました。

 お父さんは、発達障害のある子供のことを、

 「こんぺいとうキッズ」と呼ぶことがあります。

 形も色も様々で、良いところ

 苦手なところのデコボコがいっぱいあるけど、

 そこがまたみりょく的だからこんぺいとうなのです。

 ぼくは、聞いただけで何かをするのは苦手ですが、

 目で見て何かをするのは得意です。

 だから、パズルや迷路は大得意です。

 忘れっぽいですが、

 思い立ったらすぐに始める行動力はあります。

 運動は苦手ですが、

 挑戦する心はあります。


 発達障害のない人たちへ。

 発達障害の人に、

 「かわいそう。」とか「変わっている。」

 などと言わないで下さい。

 とても悲しい気持ちになります。

 発達障害がある人たちへ。

 みなさんのところでいじめはありますか。

 いじめは自分のせいだと思っていませんか。

 決してそうではありません。

 いじめる方が悪いのです。

 まだみんなに発達障害だと伝えていないのなら、

 みんなにそのことを伝えてみよう。

 友達が増えるかもしれないよ。

 自殺なんかをするよりも、

 今の自分のいいところを探してみよう。

 時間というものは味方、

 そして発達障害は天からのプレゼントです。

 プレゼントなんだからきっといいものにきまっています。

        (作文「ぼくの人生こんぺいとう」より抜粋)


TOP画像
 

     特別なプレゼント

 ひいちゃんが生まれてきたとき

 ひいちゃんと一緒にプレゼントが添えられていました。

 素敵な包装紙なんかじゃなくて

 どこにでもあるふつうの紙に包まれていました。

 でも 細いリボンがかけられていたので

 これはプレゼントなんだなと思いました。


 ひいちゃんと一緒に長い旅をして到着したのでしょうか。

 しわしわのくちゃくちゃの包装紙で

 開くのに苦労しました。

 ていねいにていねいに 開いてみました。

 ゆっくりゆっくり 開いてみました。

 大切に大切に 開いてみました。

 中にキラッと光るものがありました。

 ひいちゃんを送ってくださってありがとう。

 キラッと光るプレゼントは

 いまはひいちゃんの中でキラキラしています。

//////////////////////////////////////////////////////// リズムダンスの様子を 『ムービー』 にアップしました。 //////////////////////////////////////////////////////// ★・゜ ★・゜ ★・゜ 見えないけど『雪』 /////////////////////////////////////////////// ハート ハート ハート ハート ハート ハート ハート ハート /////////////////////////////////////////////////// ///////////////////////////////////////////////////

ぼくのなまえは、光(ひかり)。 もうすぐ1年生になります。 みんなよろしくね。
////////////////////////////////////////////////////  
雪(ゆき)
雪  
光(ひかり)
光  
祈(いのり)
祈
おしまい
/////////////////////////////////////////////////////
H15 11/25 実結ちゃんの作文UP H16 1/7 ムービーとアルバムUP
/////////////////////////////////////////////////////// ここに、このように本文を入れましたり、画像を表示するタグを貼りつける事が出来ます。 ////////////////////////////////////////////////// 縦書き

天高く パパ肥ゆる秋 やってきた 息を吐き出し ホックをとめる

///////////////////////////////////////////////////////// momo ///////////////////////////////////////////////////// ////////////////////////////////////////////////////// さくら さくら さくら さくら さくら さくら ////////////////////////////////////////////////// 更新したよう! ///////////////////////////////////////////////////////
わたしの手      二年 田中 愛菜 先生、 私の手には おもいでがあるんだよ。 あかちゃんのときね、 「グーとチョキとパーが どうして できないの」 といったの。 みんなの手とちがうの。 それでも これがわたしの手。 ともだちのとかえられない。 だいじに したい。      (「しなのこども詩集」より)
//////////////////////////////////////////////////////////////////
 ここに日記を書く 
///////////////////////////////////////////////////////////////////
癒やし系音楽 音楽 ON
////////////////////////////////////////////////////  
リーダーさん
リーダーさん
KATUMIさん
KATUMIさん
なかちゃん
なかちゃん
SHUNくん
SHUNくん
うだちゃん
うだちゃん
///////////////////////////////////////////////////////////// ベスト2 ベスト2 ベスト2 ////////////////////////////////////////////////////////////////
ぼくの名前はひかり。1年生になりました。

//////////////////////////////////////////////////////////////
最新更新記録
    H15 11/4 叱責は○か×か UP

    H15 11/25 実結ちゃんの作文 UP

    H16 1/4 いい子ってどんな子? UP

    H16 1/7 ムービーとアルバム UP

    H16 2/14 保護者の皆さんへ UP

    H16 2/14 障害を持つ君へ UP

    H16 3/13 特別支援教育 ここが? UP

    H16 4/12 お薦めの本 UP

    H16 5/12 光あふれて・・・☆ UP

    H16 5/15 学級崩壊とADHD UP

    H16 8/22 歌 『光への手紙』 UP

//////////////////////////////////////////////////////////////
拍手ボタン   このサイトを応援してあげようという方はポチっとお願いします。
///////////////////////////////////////////////////////////////

ひいちゃんにっき

///////////////////////////////////////////////////////////////////
 

ぼくのなまえは、光(ひかり)。

今小学1年生(7歳)です。

みんなよろしくね。

//////////////////////////////////////////////////////
 

きょうダビデの町で、
あなたがたのために、
救い主がお生まれになりました。
この方こそ主キリストです。
ルカ2章11節

////////////////////////////////////////////////////////// /////////////////////////////////////////////////////////
 

~ 光へ ~

光・・・
きみは今まで何度も父さんを泣かせてきました

たとえばきみが、
『ぼく、ふつうじゃないの?』
って、父さんに聞いたとき・・・
父さんそのとき、あわてちゃって何も言えなかった
今のきみは、自分に障害があることを
知っているのでしょうか・・・

たとえばきみが、
泣きながら
『ぼくをすてて!』
って言ったとき・・・

くやしかったんだよね
もどかしかったんだよね
”できない”じぶんがかなしかったんだよね
心・・・
いたかったね
でもそのとき、父さんの心もいたかったよ

いいんだよ光、そのままで
父さんはそのままの光が大大、大好きです

  でも、ひとつだけお願いがあるんだ

もう
『ぼくをすてて!』
なんて言わないでほしい

/////////////////////////////////////////////////////////
光の詩 「とうさん」

////////////////////////////////////////////////////////  
雪光祈
485245463244414036383020161541
次に、発達障害が現在の障害者福祉施策の谷間に落ちてしまっていて適切な支援が行われていないこと、それをきちんと理解されているでしょうか。  現在の障害手帳制度では、手帳がないと支援が地域で受けられません。高機能自閉症、アスペルガー症候群、LD、ADHDの子供や成人に対する公的支援をどのような形で行っていくつもりなんでしょうか。精神障害者福祉手帳などの手帳の認定も受けられない発達障害者について、現行の手帳制度を変えるつもりがあるのか、地域で必要なサービスが受けられる仕組みづくりについて伺いたいと思います。 ○塩田政府参考人 現在、発達障害につきましては、御指摘ございましたように、既存の障害者福祉法制の対象に正面からはなっていないということ、それから、障害としての認識が社会一般に必ずしも広がっていないということで、その障害の発見でありますとか適切な対応がおくれがちであるということ、また、この問題に関する専門家が少なくてきちんとした対応がとりにくいといった課題がありまして、発達障害を持つ方々あるいはその家族の方々が地域での支援がなくて大きな不安を抱えていると認識をしているところでございます。こういう発達障害を持つ方々が地域の中で暮らしていけるためには、幼児期から障害の特性に応じたさまざまなサポートが必要だろうと思っているところでございます。  その意味で、この法律ができることによりまして、例えば自閉症・発達障害センターを初めとする相談支援体制を充実することができるとか、あるいは人材の養成のきっかけとなって早期発見とか、保育や教育、いろいろな現場での支援が広がることが期待できると思っております。また、就業・生活支援センターなど、福祉と雇用の連携ということもこれから広がっていくのではないかと考えているところでございます。  今後、この法律に基づきましてさまざまな取り組みをいたしまして、現行制度では、御指摘がありましたように、手帳を持っている方にはそれぞれの法律に基づくサービスが提供されておりますけれども、手帳を持たない方にとっては個別のサービスが受けられないという現状にございます。この法律に基づいてさまざまな取り組みをいたしまして、手帳を持たない方も含めて、発達障害を持つ方々に対するサービスのあり方、あるいは支援体制のあり方ということを検討いたしまして、今後の課題になりますけれども、そうした方々へのサービスの制度的位置づけについても検討してまいりたいと考えております。 ○小宮山(洋)委員 法律をつくっただけで実質的サービスが受けられなければ何もならないわけですから、この法律、随分いろいろ協議して修正を重ねてまいりましたけれども、最初は、思想はいいけれども、実際のサービスが受けられないんじゃないかという指摘もいろいろありました。そういう意味でも、今のような手帳を持たない人に対してもサービスが受けられるようにするという言葉だけではなくて、実際にどういうふうにして行っていくかをぜひしっかり詰めていってほしいと思います。また委員会でも、どのようになっているか質問を、後ほど、次の国会でもさせていただきたいと思います。
 NHK教育 「きらっといきる」出演 動画を こちら から視聴できます。
 NHK教育 「ハートをつなごう」出演
 NKH教育 「みんな生きている」出演




Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.