ひいちゃんにっき(発達障害とともに・・・)

私と仕事

クー2 ひいちゃんパパが日記に書いてるように、私、最近仕事に行き始めました。

フルタイムで、朝は8時過ぎに出勤。帰りが7時は当たり前。
(6時半頃には帰社しますが、その後の残務処理的なものが、不慣れな為、
 どうしても手間取ってしまいます。)
体力的、時間的には、結構ハードです。
でも、家で、苦手な家事をやってるよりは、はるかに充実しています。

営業職なのですが、やってみて初めて気がついたんだけど、
私って、この手の仕事、案外向いてるみたい・・・。
自分でもビックリ。(☆o☆)
まあ、ちいとやっかいな障害を抱えてますので、多少の苦労はつきまといますけどね、やっぱし・・・。

(なくてはならない薬なのに、飲み忘れてしまうとか・・・。)
(どうしてもウラが読めず、人の言動を鵜呑みにしてしまうとか・・・。)

ま、ある程度は覚悟してます。
これは症状というか、ADDの特性なんだから、あまり自分を悪く思って、事態をさらに悪化させることのないように、”最近は”気をつけてます。
ADDで最悪の症状は、極端なまでの自己イメージの低さに、他ならないんですから。

アニネコアニネコアニネコアニネコアニネコ

夜遅く仕事から帰るたびに、家の中がみるみる片付き、きれいになっていっています。
ひいちゃんパパの方が、はるかに主婦の、(もとい、主夫の、)才能あるなあ・・・・。すっご~い!
と、日々に実感。 :-O お!
それと、今までの、我が家における人材配置は、適所適材じゃなかったんだなあ、とも・・・。

ひいちゃんパパは、仕事に行きながらでも、きっと家事をこなせるんだろうな~・・・。

私の目から見れば、ソツなく家事をすべてこなし、お客さんなんか呼んで、いっしょにお茶飲んでおしゃべりしたり、ショッピングにでかけたりする、ほかの奥さん方なんて、まるでスーパーウーマンか宇宙人に見える!(◎_◎)
何でそんなことができるの~?

しかし、人から見れば、私は違う意味で、宇宙人に見えるらしい・・・。

気球ネコ

そんなワケで、私はずっと、自分は無能なんだと思ってきました。
「あたしなんて、何をやったって、どうせダメだよ・・・。」

でも、そう感じてたのは、自分がもっとも苦手とする分野を、仕事にしてたからだったのか・・・。
(独身中は、お茶汲み、雑用を仕事にしてたことも、ありました。
 毎日毎日、無能感にうちひしがれていました。)

私にも、自分の特性というものを、生かすことができるんですね。

なんだか、目からウロコ、です。



Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.