728180 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

この青く美しい星へ

2017年08月13日
XML
カテゴリ:平和
地球の自然環境はあと5年~10年しかもたないと言われているそうです。
だから、環境保全研究所では「5年以内に地球の環境を元に戻すのだ」とその目的を、関わる人の共通理念として全員が持っています。

絵空事ではなく、久米島で出た結果を元に計算すると、日本人の5%、600万人の人がこのエネルギーを海に流す生活をすると、世界中の海が蘇るのだそうです。


蘇った久米島のサンゴ礁


豪グレートバリアリーフの白化「過去最悪」!

もちろん、海だけではありません、土も空気も奇麗にしてゆく。
それは土中や空気中の化学物質を消して浄化する事が出来るからだそうです。

オー、そしたらケムトレイルももう怖くないです。
多少の汚染物質は、無害化できるようです。

色々勉強していると、「化学物質、農薬は良くないから使わない方がいい」
という事は言われません。
今まで生活の中で使っていた物をすぐに使わないようにするのは至難の業です。
洗剤にしろ、食品添加物にしろ、すでに入っているものを摂らないようにするのは、ほとんど不可能ですね。
農薬も使いたくなくても、野菜に虫がついて野菜が枯れてしまったり、隣の人の畑に虫や雑草を入って行かせる訳にもいかなくて、殺虫剤を使ったりとか…

でも、もう心配はいらないのです。
それらを摂り込んだら出せばいい、
消せばいいのだから。

だから、だれも責めなくていいのです。


私はそこがとっても気に入っています。

ある時ふと、
「今の時代はいいね。
 コンビニという便利な場所があって。
 こういう仕組みを作ってくれた人に感謝やね。」
と思いました。
でも、実際はお弁当などに入っている防腐剤とかあまり人のために良くはないのですが、
「仕組みはいいよね。」って。

だから、「良い所は良いと認めて、感謝して、悪いものは責めずに消してしまう」とは何て理想的な魔法のようなプロジェクトでしょうか!

人を責めなかったら、自分の魂も汚れないし、
自分が同じ文言で責められる事もないのです。

プレアデス人のアラーエは言っています。
「あなた方がこの惑星に住んでいるのは、そんな否定的な世界にいてすらも、肯定的でいる方法を学ぶためなのです。」
「あなたの中の否定的な感情をすべて消し去って下さい。
肯定的な感情に集中して下さい。
少なくともやってみて下さい。」


中々、否定的な感情を出さない、言わないことは難しくて、
特に政治的な事はみんなの人生や生活、幸せに関わる一番の問題なので
苦しい立場の人をさらに苦しめるような政策を打ち出す人物や党に対して
どうしても否定して来ました。
でも、アラーエはそれをなくして、「肯定的な感情に集中して下さい」
と言っています。

話はそれますが、山本太郎さんが今年の1月25日、初めての代表質問で
安倍首相へ「今日は否定ではなく、褒め殺しぎみに質問致します」と安倍首相の行った政策の本質をズバズバ明かしていました。
彼も「否定するばかりではいけない」と思う所あったのでしょう(^_^.)
でも折角ならイヤミではなく(←これも否定)、「肯定的な感情を」なので
国民の幸せを実現する自分なりのプランをちりばめて発表したら、安倍さんとの違いを強調出来て良かったのではないかと思いました。




そのように、今は否定しないように心がけています。

話は元に戻りますが、そんな時に「非難をしない」「否定をしない」
というスタンスの環境保全研究所関連のスタッフさん達。
なんか通じてるんですよ(*^_^*)

自信があるから否定しなくていい。
「今ここ」から変わればいい。
過ちは誰にでもある、道は正せばいい。

そんな大きな包み込むような心、愛のあるこのプロジェクトに関わるにつけ
ビーワン商品を使うのが楽しくなって来ました。

台所の排水口のベタベタ汚れがあと20%程は残っていますが、以前とは比較にならない位きれいになっています。度々ハイターでヌメリを取るお掃除が必要だったのに、今はしなくてもいいレベルなのです。不思議です。
お風呂も、湯船にトリニティセラミックボールを入れています。
湯気でお風呂中に浄化が行きわたるのか、天井も汚れないし、タイルの目地が白くなってきたし、お風呂マットの裏やフロ蓋の裏はすぐヌルヌルなっていたのに、段々ヌメリが無くなって来ました。
何より、気持ちがいいのです。
ヌメリのない生活って、何だか清浄です。

これが、高次元のエネルギーによる浄化なのですね。

私たちがこうやって使えば使うほど、エネルギーはそのまま働き続けて、海へ流れ着き、地球の海は少しづつ元の美しい海へ戻って行くのですね。

でも、100人や1000人が使った位では、地球中を浄化するにはまだまだ足りない。
自然環境が危ないのは5~10年だそうですが、この今の文明は明日をも知れないと思っています。


ここ数日、北朝鮮がアメリカを挑発しまくり、トランプ大統領は人が多く死ぬのは北朝鮮の方だ。と核攻撃を示唆する発言もしています。

やっと、家の姑も「戦争になるね」と、危機感を持つようになりました。
恐れる事はないけれど、「戦争になどなるはずがない」と自民党政権を信じてきたし、今も信じているのでしょう。

それにしても、北朝鮮の血気盛んな若き指導者と、同じく血気盛んな壮年のトランプ大統領です。彼らに愛を振りまいて上げましょう。
ビーワンのトリニティーゼットは霧吹きなどで振りまくと、空気中の化学物質が消され、人の心が穏やかになるという。



生活で使った生活排水に含まれた高次元エネルギーが、川を下り、海へ流れ、空気中に蒸発し、雲になり雨となって、地表に浄化の雨を降らせる。

人々の敵対する感情が穏やかになり、対話し、共に生きる地球市民と誰もがなれるかもしれない。あの清浄な空気に触れたらよこしまな心に変化が起きるかもしれない。
そんな期待をしていますが、ちょっと時間がなさ過ぎみたいです。
何だか、まとまらない話になりましたが、「高次元エネルギーにふれると心が変化する」と言う事を言いたかったのでした。






最終更新日  2017年08月13日 03時17分54秒
コメント(0) | コメントを書く

PR

カレンダー

日記/記事の投稿

バックナンバー

フリーページ

サイド自由欄

お気に入りブログ

皆既日食の影響で今… 鹿児島UFOさん

キーワードサーチ

▼キーワード検索

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.