167551 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

光が丘ひろっぱプレーパーク

冒険遊び場(プレーパーク)

合言葉は『自分の責任で自由に遊ぶ』

始まりは1943年デンマーク。

「子どもは、きちんと造成された公園より、

 廃材が散らばっているような所でいきいきと遊ぶ」

という気づきから誕生した遊び場が、 ヨーロッパ各地に〈プレーパーク〉として広まり、

日本では75年に〈冒険遊び場〉として、世田谷から始まりました。

現在全国で200以上の団体があり、練馬区でも石神井公園、立野公園、三原台などで活動が行われています。

冒険遊び場は、住民が行政や公園管理者と話し合い、

通常の公園にある禁止事項をなくすことで、

“子どもたちが自由に遊びを創り出せる場所”となりました。

だからこそ、『遊びのなかで起きたケガや事故は自分の責任』という考えを

参加者の一人ひとりが認識することが基本です。



Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.