054967 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

行列のできる?! 引越相談所!

「恐怖のマンション」
いつものように女性の声でお見積りの依頼がありました。 場所は町の繁華街のマンションでした。伺うと、婚約者の仕事が順調でもう少し大きな部屋へ移るの、それにこのあたりは風紀の良いところではないからとの事でした。

そしてご契約を頂き、引越当日作業開始は午後から。 スタッフ3名でマンションの近くへトラックを止め、まずはお客様のところへとエレベーターに向かうと、「チーン」とエレベーターが開き、中から黒のスーツ姿の4名の怖そうなお兄さんに囲まれ、ミンク風のコートを着たチンチクリンなおっさんが!真っ直ぐこちらに向かって着ました!人目でヤクザの親分さんとその子分と分かり、私たちは軽く会釈をしてホストのウエーターがお盆を下げるイメージでサァーと道を空けました。

その一行をやり過ごしエレベーターの中へ、みんなで顔を見合わせ「怖~!まるで映画のワンシーンだったなぁ」と話しながらいざお客様宅へ ちょっと2枚目の婚約者さんも見え、まずはご挨拶をしていざ作業へと取り掛かりました。

荷物もそんなに多くなく、まずはお部屋からトラックへ荷物を運び始めると、当然マンションですから、入居者の方もエレベーターを使用します。そんな時は必ず入居者優先を心がけて行います(^◇^)

そして一人目の入居者の方が、エレベーターへ入ってきました。「髪の毛は日本髪、下は洋服?!」人目でお水系のお仕事の女性、それも「チーママ」みたいな雰囲気で、さすが繁華街のマンションお昼過ぎですから、お仕事の前の美容院か食事かな?と考えながらも私たちはお仕事お仕事!。

次に現れたのは、青汁のCMで「まずいもう一杯」と言っていた俳優さん(名前が分かりませんが)みたいな人目で「堅気じゃない」とわかるご一行が3名様,当然私たちも笑顔で「どうぞお先に」とエレベーターを譲ります。

作業が進むと、次は身長180cm以上ある細身のお兄さん、ラフなジャンパースタイルですが、少し派手で胸にはベルサーチ風のマーク、靴はラメています。こいつも「堅気じゃない」と感じつつエレベーターのスペースを空け「すみません」とご挨拶(^。^)

次に現れたのは、松方弘樹か梅宮辰夫風の方が子分2名ときれいな女性をひきつれ6名様で、時計は金縁ロレックスで文字版は前面ダイヤ!これも「どうぞお先に」とやりすごしました。

あらためて駐車場をみると、前面スモークガラスのベンツ・シーマ・セルシオで黒・黒・黒、そうなんです、このマンションは 「ヤクザさんか風俗関係のかたばかりのマンション」なんです! お客様へ恐る恐る聞いてみると「分かった~!このマンションね、ほとんどヤクザ屋さんかその関係なのよ、だから私たちもでるのよ!子供が出来たりしたらダメでしょ」との事。

普通マンションを賃貸で借りる時て、会社の在職証明と保証人さんが必要だけど、ヤクザ関係の方はそれが無理なわけですよ。そこに目をつけたマンションのオーナーさんはヤクザ屋とも仲がよく、力と金があり気軽に入居をOKして口コミで広がり(当然ヤクザさんの中で)そんなマンションになったようです。

当然オーナーさんも力と金があり、入居している方も「家賃滞納」もできないし、「マンション内でのトラブル禁止」は普通のマンションの比ではないでしょうネ!(^◇^)

じゃぁなぜこのお客さんがここに入居していたかと言うと、じつは婚約者の方のお仕事は「ダイヤルQ 2」でこのマンションのオーナーさんがお金を出してくれた関係でこのマンションに入居したそうです。 お金も貯まったので、ここを出ることにしたそうです。次のお部屋でもしっかりお仕事する部屋がありましたけど、将来の事考えるなら、そのお仕事も考えないとね。


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.