140504 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ひまちゃんの陽だまりの部屋

PR

X

全19件 (19件中 1-10件目)

1 2 >

社会の出来事

2007年07月27日
XML
カテゴリ:社会の出来事
朝、家のチャイムがなった。
出てみると、かっきのクラス担任だった。
急なことでビックリしたのだが、実は昨日からニュースや新聞を賑わせることがあり
そのことで緊急保護者会を行うということのお手紙を各家庭に配って回ってるとのことだった。
私は全然知らなかったが、先生の表情を見るととても深刻な様子で、とってもショックを受けているようだったので
とにかく先生には元気を出して欲しいことを伝えて、ネットで検索をして見ました。

飲酒運転である担任が免職処分になったとのことでした。
三重県教育委員会では昨年末に飲酒運転での処分を受けた職員は免職にすると決められ、
その第一号が我が校の先生だったようだ。
してしまった本人はもちろんなんだが、その周りにはベテラン教員が3人同席(この3人は1ヶ月の定職だが…)していたことで
かなり子どもたちにも影響が(目に見えることも、精神的にも)ありそうだ。
客観的に見れば、4人とも悪い。
当然の処分なのだが、とてもいい先生方だということも知っているので
本当に悔やまれてしょうがない。

今日は該当クラスの親だけが説明会があり、私を含め、残りの父兄には月曜日とのこと。
本当にどうなってしまうんだろうか。

飲酒運転は危険行為です。
自分だけでなく、他の人の命を脅かす行為ですから、絶対にしてはいけません。
これだけは、車を運転する人にも、一緒にお酒を飲んでいる人にも忘れないでほしいです。

心配です。






最終更新日  2007年07月27日 23時01分10秒
コメント(5) | コメントを書く


2007年04月15日
カテゴリ:社会の出来事
12時19分。
ここ、三重県中部を震源とした大きな地震がありました。

私は朝から子どもたち3人を連れて、近鉄(近畿日本鉄道)のイベントに電車に乗って行っていました。
運転手の制服を着せてもらったり、操縦体験、電車模型を見たり、不要になった車両部品や小物を見て回って購入したりして、
次は電車の床下探検に行こうと並んでいた時のことでした。
あと、2組でうちの番というときに、足元がグラッと揺れ、一瞬何が起こったのかわからなかったのですが
上を見上げた時に空が大きく横に揺れているような気がしました。
横を走る電車の架線もユラユラとゆれているのを見たとき、「地震だ!!」と怖くなり
子どもたちを抱きかかえるようにしてとにかくその場にしゃがみこみました。
目の前では、電車の下に潜り込んでいた人たちが少し驚いた表情で駆け出してくるのが見えました。
当然電話は繋がらなくなり、かなりドキドキしていましたが、災害情報のメールは届くので周りの人たちと、心配しつつも何事もなくてよかったと話し合っていました。
みんな、ちょっと引きつった顔をしたりもしましたが、大騒ぎをして取り乱す人がいなかったことや、イベント会場の放送もわりと行き届いたこと、天気もよく時間帯もまだまだ明るかったこと、目の前には大きな公園があって、子どもたちもただ待たされるのではなく、遊びながら時間つぶしが出来たことなどで、大きな混乱が起きなかったのが不幸中の幸いでした。

震度5弱。
電車はストップしてしまい、大勢の人が帰宅できない状態になりました。
線路上でストップした電車も多くあったため、はじめはあちこちの遮断機が下りたままになり
道路の方もやや混乱があったようだとの情報もありましたが、
最寄り駅までゆっくりと動いて電車が待機できるようになってからは
車での迎えにきてもらえる人も多くなったようで、ホームや駅周辺の混雑も徐々に解消されたようです。
私たちは、とにかく電車運行の再開を待つこと、昼ごはんが食べれていなかったので食事の確保を優先しました。
といっても、幹線道路からも外れている場所でコンビにもなければ、駅周辺の商店も日曜は閉店が多いようでした。
公園でたまたま地元の方を見つけたので、「何かないか?」と聞き、とにかく駅の反対側に行ってみると
おにぎりなら作れると言ってくれる店を見つけることが出来たので、何とか腹ごしらえも出来ました。
食料調達の間は子供を連れ歩くのも大変だろうから、かっきと打ち合わせをし、3人を公園に残して、ひまちゃんはダッシュでした。

なんだかんだで3時間近く経った頃、名古屋方面の電車が動くという放送があり、駅に行き、
各駅停車に乗り込んで何とか無事に帰宅した。。。というわけです。

いや~、今だから言えるけど、怖かった~!!
子供を前に親がとりみだすわけにもいかないので頑張りましたが
本当に怖かったです。
これが東海地震だったら。。。と思うと本当にぞっとします。
子供3人を抱えての非難は、思っていた以上に大変だということを改めで実感した気分です。
もっともっと真剣に、地震の備えをしたほうがよさそうです。

主人には何度かメールを入れたのですが、返信なしです。
今彼は、施設の保守点検や何よりも従業員、お客様の安全を確保する役目についているので
大忙しなんだろうと思います。
たぶん地震が起きた時間にちょうど会社に着いた頃だと思うので、本当に大慌てだったのでは・・・と想像しています。

非常時の場合、彼は家庭もことよりも会社のことを優先する立場であることは、前々からわかってはいるのですが、(阪神大震災のときも、彼の元上司は家が半壊の状態でも1週間帰できなかったと聞いています)、やっぱり今日は心細かったです。
あ~あ、地震のない国にはならないんだよね。。。ぜったい。。。

県内では被害にあわれた方もいらっしゃるようです。
お大事にして欲しいと思います。






最終更新日  2007年04月15日 17時18分25秒
コメント(6) | コメントを書く
2006年10月18日
カテゴリ:社会の出来事
ここ三重県では、「尾鷲市の産婦人科医がいなくなる・・・」
というニュースが今年に入ってから何度もニュースになっていました。 詳しくはここ
もし、いなくなれば最短でも45キロ離れた病院でなければ出産ができないと言うのです。
その45キロも平たんな道ではなく、大変険しい峠道で、降水量の多いこの地区では
大雨の度に通行止めにもなるそうです。

今までの医師も大変過酷な労働条件でした。
病院で寝泊りし、この一年でこなした出産は152件。
休日はたったの2日間。
いくら報酬が高くても、昼夜を問わない労働で本当に大変だったと思います。

産婦人科医の不足、お産のできる病院の減少は日本中で問題になっていますね。
実際、私がマチャを出産した病院も、今はお産はできなくなりました。
私の母も総合病院で長く産婦人科の看護師として勤めていることもあり、
とても無関心ではいられない問題と受け止めていました。

その、尾鷲市の病院に、明日から産婦人科医が勤務することになったと言うニュースを聞き
とても嬉しく思いました。
さらに、来年にはもう1人医師を確保し、二人体制にすると言うので、本当にホッとしました。

このニュースを聞いていたかっきが「こんなに困っているなら、俺がなろうかな」と言ったのにはビックリしました。
勉強はまだまだこれから頑張れば・・・何とかなるかな?
なる、ならないはまあいいとして、
こんな風にニュースを見ながら会話ができるようになったことに
成長を感じつつ、喜びを感じた1日でした。






最終更新日  2006年10月19日 19時46分14秒
コメント(2) | コメントを書く
2006年10月08日
カテゴリ:社会の出来事
M・シューマッハがまさかのリタイア。
残念です。

でも、スーパーアグリチームは初めて2台完走を果たしました。
これからに期待したいです。

TOYOTAは前日までのぶっちぎりの好調が生かせず、表彰台は逃してしまいました。
昨日のタイムを見て、他のチームのクルーも必死になったんでしょうね。

HONDAも4位と検討したものの、表彰台まで後一歩。
残念でした。

それにしても、TV中継でのレースクィーンばりの女性陣、私には目障り、耳障りで…(^_^;)







最終更新日  2006年10月09日 07時53分32秒
コメント(0) | コメントを書く
2006年07月31日
カテゴリ:社会の出来事
かっきやユーチが英語のレッスン中、時間つぶしに時々行く市役所前の公園が
立体駐車場建設のためにしばらく使えなくなるようだ。
すぐ近くのマンションにユーチのお友達が住んでいて、
よくここで遊んでいるので、私たちも一緒に遊ばせてもらって結構お気に入りの場所なのだが
8月末から工事に入るという。
2月末までと書いてあるのを見て「半年もかぁ」とママ友とぼやいていたら
子どもたちが「もっとだよ」と突っ込んでくる。
よくよく見ると、駐車場は半年で建設のようだが、公園整備は2008年2月までとなっている。
駐車場が半年でできて、どうして公園整備に(ネコの額くらいしかない広さなのに)
それから1年もかかるのだろう?
お気に入りが減ってしまうのは残念なことだ。







最終更新日  2006年08月01日 17時56分42秒
コメント(0) | コメントを書く
2006年06月23日
カテゴリ:社会の出来事
朝、4時15分に目が覚めて、飛び起きました。
すぐにテレビをつけると、日本ピンチな場面!!
でも、川口のナイスセーブで救われたところでした。
ワールドカップ第3戦の相手は強豪ブラジル。
決勝リーグにすすむには2点差以上の勝ちが条件というのは、ちょっと過酷だけど、
とにかくいい試合を見たかった。

玉田のゴールは素敵でした。
目も覚めるシュート!! 
早起きしてよかったと思った瞬間でした。
でも、その後はブラジルも本気になりましたね。
魔のロスタイム1分。
やっぱりというか、なんというか・・・ロナウドのヘディングで同点に追いつかれ、
後半になったら、もうブラジルの思うがままでした。
まるで、ブラジルのための調整練習に付き合っているかと思うくらい・・・(T_T)。

今となっては、やっぱり初戦の負け、それも3点も取られたというのは大きかったですね。
でも、でも、力は出し切れなかったかもしれないけれど、
精一杯やった選手たちには胸を張って帰ってきて欲しいです。
そして、また次に期待したいです。
頑張れ!!日本!!






最終更新日  2006年06月23日 10時04分49秒
コメント(2) | コメントを書く
2006年06月12日
カテゴリ:社会の出来事
いよいよ、ワールドカップサッカーが始まりましたね。
日本の初戦の相手はオーストラリア。
平均身長差を見てビックリしたけれど、実際にピッチに立つ姿もやはり一回り違っていました。
オーストラリアのゴールキーパーなんて、立っているだけでゴールの上に手が届きそうなんだもんなぁ。

前半、中村俊輔が決めたゴール、ラッキーな部分もあったけど
日本の選手がよく動いて、相手を翻弄したからこそうまれた1点。
でも、その後の1点がチャンスを生かせず取れなかったのが見ていても残念でした。
終了10分前から、あっという間に同点から逆転、さらに追加点。。。
試合直後の宮本キャプテンのインタビューを見ていても、涙が出そうでした。
ずっとディフェンス陣がいい動きをしていたのに。。。
けが人が1人いるというのも、辛いですね。
試合中に足を押さえて倒れる選手を見るたびに、ヒヤヒヤしながら見なくてはいけなかった。

悔しいよ~!!

次こそ、いいプレーをいっぱい見せて欲しいです。
いけるかも!!という雰囲気で、ブラジル戦に持っていって、
最高の試合を見たいのになぁ。







最終更新日  2006年06月13日 12時33分55秒
コメント(4) | コメントを書く
2006年05月16日
カテゴリ:社会の出来事
昨日から愛・地球博記念公園の『サツキとメイの家』の観覧予約(現在は7,8月分)が始まりましたね。
(詳しくは愛知県公園緑地課のページをどうぞ)

どのくらいの人が予約をしているのでしょうか?
とりあえず4日分(5日分のつもりが、はがき1枚を間違ってしまった)を申し込んでみました。
当たりますように。。。

観覧はツアー形式で30分くらいで終了、入れ替えのようです。
本当は午前中に行きたかったけど、時間までは選べません。
9時半に組まれてしまうと、集合時間はその45分前までなので、家から行くにはちょっとねぇ(^_^;)
午後の部で申し込みました。

外からの見学は予約なしで、自由のようです。






最終更新日  2006年05月18日 09時33分07秒
コメント(2) | コメントを書く
2006年03月22日
カテゴリ:社会の出来事
実家からメールが届いた。
ユーチの卒園の報告と写真を送った返事だった。
ところが、最後にビックリする一文が・・・。

私の育った土地の町名が隣の町との合併で変ったというのだ。
(ちなみにどちらかの町名をとらずに、新しい町名だった)
ちょっと前に同じ郡内の町が隣の市と合併したりして
ちょっとややこしい、取り残されたような郡になっていると聞いてビックリしたけど
町同士の合併は聞いていなかったので本当にビックリした。
ニュースなどで合併で馴染んできた地名がなくなるのは寂しいというコメントをよく聞いていたが
実際に自分の身近な所でそうなってしまうと、本当に寂しいなぁと感じている。






最終更新日  2006年03月23日 10時03分36秒
コメント(0) | コメントを書く
2006年03月10日
カテゴリ:社会の出来事
ニュースや新聞で
『育児にパパが積極的な家庭ほど第2子が誕生している』というような
統計結果が報道されていた。
だから、もっと男性が育児に参加できるように育児休暇の充実を…ということも聞いた。
確かに、それもそうだろうけど、少なくとも私が二人目を望んだ経過には
ぜんぜん当てはまらないなぁと思いながら聞いた。

主人は子供のことは大切にしてくれるし、育児のことについてもちゃんと話を聞いてくれる。
無関心なわけではないが、仕事はとにかく忙しいので、育児参加とは縁遠い。
とくに、かっきだけしかいなかった頃は、休日の前夜は徹夜で仕事をし、
朝1番の電車で帰ってきて…ということも多かった。
当然、休日は寝かせてあげたいので、私はかっきと二人で邪魔にならないように公園で1日過ごすような状態だった。
かっきを主人に預けて、私1人で出かけるといったら、
3,4ヶ月に1度、2時間弱の美容院くらい。
それも、かっきをお昼寝をさせて、その間に…という感じだった。

そんな中、私が第2子を望んだのは、
このままでは家の中ではかっきと私の二人っきり。
私がかっきに干渉しすぎて、お互いが息が詰まるかも・・・。
家庭の中でも、私以外にかっきの遊ぶ相手、話す相手がいたほうがいいなぁと感じたからだ。

育児休暇を男性でもとれるようにとか、
産後に女性が会社に復帰しやすいようにとかいう制度も
いいことだとは思うけれど、実体は伴ってないと思う。

保育園、幼稚園に通いやすくするとか、小児科をもっと充実させるとか
小さい子供を連れてでも参加できる映画館や劇場を多くするとか
子連れでも気軽に利用できるような電車やバスの座席を作るとか
育児に母親を縛り付けて家にこもらせるような社会じゃなく
社会にもっと受け入れてくれるような方法を充実させて欲しいなと思う。









最終更新日  2006年03月12日 07時03分55秒
コメント(2) | コメントを書く

全19件 (19件中 1-10件目)

1 2 >


© Rakuten Group, Inc.