000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

全19件 (19件中 1-10件目)

1 2 >

音楽/演劇/落語など

July 28, 2008
XML
●どようび・その1●
 夕方は、長唄三味線ユニット「伝の会」ライブ in 新宿。

 http://www.dennokai.com/

 たいとる
 

 今回は20人ほどのこじんまり、しかし濃ゆい会場。
 このくらいだと、本当に近くで見れて、舞台と客席でつくりあげる
 「ライブ感」があって、お得感があります(*^_^*)
 オリジナル曲の「鬼ごっこ」、聞くのは2回目だけど、
 とっても好きだなぁ~~♪♪


●どようび・その2●
 夜は、弟バンド「37.2℃」ライブ in 横浜。
 マイミクのけろよんさんと行って来ました~

 http://takenoko.ddo.jp/~372c_guitar/

 たいとる
 
 photo by けろよんさん♪

 先日、長年バンドをささえてたベースのyasuさんが脱退。
 (この日はご家族で客席に来ておられました♪)

 新ベース・カツさん加入後の初ライブ。
 yasuさんとはまた違った音作りで、プレイスタイルも、
 アグレッシブだったyasuさんに比べ、どっしり構えてる感じ。
 なかなか新鮮で良かったです。
 これからの化学反応がまた、楽しみであります!!


●にちようび●
 夕方から、長唄三味線ユニット「伝の会」ライブ in 新宿の
 2日目。。。そう、今回は2days両方、行っちゃいました!
 曲目も違ったし、やっぱりいい感じのコンパクトなライブ、
 堪能しました。

 演奏の合間の、おふたりのお話も凄く楽しい伝の会。
 トークでちゃんと盛り上げ、すぐにその場でがらっと演奏モードに入る、
 もちろん、演奏は演奏で、ビシッとちゃんとキメる、、、
 という事は、こちらで思う以上にかなり難しさがあるそうですが、
 どちらもほんとに楽しませて頂きました!!!

 しかも、、、
 打ち上げにも参加させて頂き、楽しかったです!
 そこで参加したお客さんと仲良くなったら、実は吉井和哉ファン、
 他にも一致する趣味が色々、、、って分かって嬉しかったり、
 歌舞伎や落語、着物などに詳しい方々や、お弟子さん、舞台監督の方、
 などなど、とても楽しいお話を沢山お聞きできました。


●げつようび●
 会社を定時にあがり、渋谷へ映画を見に。
 ロシアの人形童話「チェブラーシカ」+同時上映「ミトン」。

  たいとる
 

 http://www.ghibli-museum.jp/cheb/

 実は今日、リベンジ(再挑戦?)だったんです雫

 前売りを事前に買っていて、初日の19日、初回の30分ほど前に、
 劇場に到着したらば、ものすごい炎天下晴れ、屋根の無い歩道に、
 すっごい行列が~!!!うわ~、なんじゃこりゃぁ?!

 係の人に聞いてみたら、たとえ前売りを買っている人でも、
 あらためて整理券を受け取り、その順番に入場するシステムとか!

 その長~い行列は「整理券を受け取るための列」。
 しかも、その時点ですでに最後尾はラストの19:30~の回!!

 で、、、その日はその後、別の予定があったのであきらめたのでした。
 (下北沢・スペーススプラウトさんへ、友人作家さんが参加してる
  グループ展「海のモノ展」を見に行っていたのでした~。)

 で、まぁ前置きが長くなったけど、今日はぜんぜん大丈夫だったよ!w
 普通に整理券もらって、さらりと入れました。

 動かない写真だけ見ていたときより、やっぱ動くと可愛いなぁ♪
 しかし素朴で可愛らしいだけでなく、どっかシュールさもあって。
 「えっ?!これで終わっちゃうの?」とか「これって、、、
 微笑ましいって言うより、やばくない?!」みたいな部分があったり。
 面白かったです。

 パンフレットが、名場面ミニポスター集みたいで、それも良かったです♪






最終更新日  July 29, 2008 01:03:24 AM
コメント(0) | コメントを書く


May 30, 2008
YAMAHA「TENORI-ON」。

公式サイト>http://www.yamaha.co.jp/tenori-on/

なんか面白いよ!!
いろんなミュージシャンに使ってもらった
パフォーマンスムービーも楽しい~~。

じゅうにまんえんで抽選予約販売。わはは。

もちろん、私には宝の持ち腐れなので買えませんが、
デモ曲ダウンロードして聞いてます。
「okinawa pattern」よいです(^∇^)

開発ブログ>http://tenorion.exblog.jp/

で紹介されてる彼女もすごいなぁ~。

http://uk.youtube.com/watch?v=-CWBgm_-Ggs






最終更新日  May 30, 2008 12:58:15 PM
コメント(0) | コメントを書く
March 9, 2008
本日は夕方まで陶芸教室でした。
そんでもって、夕方からは、高田馬場へ移動して、
大阪からやってきた「ぐんきち」のライブを堪能して参りました!!!

ぐんきちの高田馬場ロマンス~音曲と落語の会~

  〈出演〉

  ●元祖お囃子カントリー ぐんきち

   バンジョー・フィドル=宮村群時

   落語・篠笛=桂しん吉

  ●蒲生四丁目フィルハーモニー管弦楽団

   ギター=げんさん

   http://www.geocities.jp/ohayashi_country/

歌と演奏あり、落語あり、演奏の合間のかけ合いにも笑いました~♪
「書生節」とか「ブルーグラス」とか、生演奏で聞くのは
はじめてなジャンルでしたが、楽しかったなあ。
バンジョーとギターで伴奏がついて、演者みずからも横笛を交えつつの
落語一席、、、ってのもあって、これがまた、見事にまとまってましたよ
(しかも前半はブルースのコードに乗って、、、だったりw)

書生ルックでフィドル(ヴァイオリン)やバンジョーをかかえ、
独特の声と表情で歌う宮村群時さん、渋くてクールなギター弾き・げんさん、
はつらつ&生き生きした若々しい落語の桂しん吉さんは、歌声も、
横笛の演奏も(そして、水入れたティーポットを笛にしての演奏も!)
お見事でした音符

たいとる


 ↑ティーポットの笛に、100均の行平鍋+うちわで作ったバンジョー(!)


しん吉さんが、かなりな「鉄っちゃん(乗り鉄!)」だそうで、
鉄道ネタが随所にw
途中駅まで並走して走り、途中ルートから別れてしまう路線の電車たちを、
恋人同士に見立てて繰り広げられる、ちょっと色っぽい、
涙と笑いの楽曲とかねw

その後の打ち上げにも参加させて頂き、楽しいときを過ごしました!

きっかけは、宮村さんの相方さんである「ひりこさん」が、
大阪で「無花果」ってお店(ご飯食べれて、作家作品が見れて、ライブ聞けて、
ワークショップとかもやって、、、ってな楽しいお店♪)をやってらして、
ひめにゃんグッズを出しませんか?とメール頂き、展示してもらったのが最初。

で、大阪のお店にお伺いしたり、映像作家さんたちの上映イベントを
東京でやられた時にもお伺いしたり、、、そんなこんなで、今回も
お誘い頂いたわけなのでしたスマイル

う~~ん、世の中には、まだまだ、みたことない面白い事が、
いろいろあるんだなぁ~~。。。
また、東京遠征があったら、見に行きたいです。楽しみにしてますよぅ~♪♪






最終更新日  March 10, 2008 02:41:20 AM
コメント(0) | コメントを書く
February 1, 2008
なんか漢字ばっかりな題名だな雫

----------------------------
映画「魍魎の匣(もうりょうのはこ)/京極夏彦原作」の
公開を記念致しまして、
"魍魎饅頭"を期間限定販売する事となりました。
明治元年創業の老舗和菓子屋"宝来屋本店"さんによる、
紅白の魍魎饅頭です。
----------------------------

この"宝来屋本店"さん、今の会社のすぐそばなのです。

タイトル


歴史を感じるたたずまいですね。

で、、、この"魍魎饅頭"、1月いっぱいの販売という事でしたので、
自宅お茶菓子にと、買って参りました。
(映画はDVDで、、、と、見に行ってないのにね)

タイトル


いやしかし、「紅白」って言うけど、この「紅」は、、、
どっちかっつうと「マゼンタ(自然に無さそうなピンク)」だよ!
「魍魎」だけに、、、体に悪そうな色だよ!

しかし、本来の丸い饅頭でなく、ちょっと角が四角くなるほど
匣に「みつしり」と詰まってる様子は、思わずニヤリ。
(原作読んだ方なら分かりますよね?)

タイトル


1個がものすごく大きくて、むっちゃ食べがいがありました。
お味はおいしかったですよん


【おまけ】その頃のひめにゃん。

タイトル


近づき過ぎ。。。

タイトル


毛繕い~(相変わらず、片足あげっぱなし、、、)






最終更新日  February 1, 2008 01:55:36 PM
コメント(2) | コメントを書く
January 26, 2008
さて、1月30日~の梅田阪急・ねこグッズ展への納品を終え、次は
2月4日からのラゾーナ川崎への納品準備。
今日はブックカバーやティッシュケースを1枚1枚、PP袋につめる作業とか
してましたが、、、夕方から再び渋谷へ。

今日は、マイミクのゆみこちゃんのダンナさんのバンド、
マーガレットズロース企画のイベント「薮こぎ」の25回目。
今回は京都の片山ブレイカーズ&ザ☆ロケンローパーティとの2マン。

楽しかった~~~。
マガズロさんは、最初の方、少し固かったような気もしたけど、
中盤から後半にかけ、どんどん盛り上がって良かった♪
「遊びの王様」のアレンジが結構、変わってて、新鮮だったな~。

片山ブレイカーズさんは、はじめて観たんだけど、、、好きだ~~!
マガズロ平井くんがMCで言ってた言葉に、私も激しく共感。
「片山ブレイカーズは『かっこつけてる』とこがいい」。。。

なんかね、観てる方としてこういう風にカッコつけて欲しい、って風な
ツボを押さえつつも、関西ノリのサービス精神も。。。
ボーカルに、ギタ-2本+ベース1本のフロント4人ともが、
どどんと前に出て来て、全員がモニターに登って客席あおって来た時にゃ~、
ゾクゾクきましたヨw
ボーカル片山君の独特の声も良いし、短歌や昔の歌謡みたいな、
「日本語の和風な歌詞」も面白く、、、

CD買ってしまいました~(*^_^*)
2月9日に、下北沢でワンマンもやるらしいので、行っちゃうかもです♪

さ~~、今日もエネルギーもらったから、またイベント参加準備、
がんばろうっと。(そして、明日は陶芸教室だ!)






最終更新日  January 28, 2008 12:09:45 AM
コメント(0) | コメントを書く
January 25, 2008
でした。
ギリギリになって、どうにかチケットを確保して頂く事が出来、
ラッキーにもこの大人気の公演を見る事が出来ました。。。
本当に、、、感謝!!!!

そして、ほんと、志の輔さん、すごい。
堪能しました~~~!!

マクラから、流れる様につながった噺の、その内容、
そして噺と噺の間のちょっと凝った演出までが、
「ああ、あれがあそこに繋がってたのか!」とか、感心しちゃって、
面白い推理小説の、よくできた伏線に気づいたときのような、
小気味よい「してやられた!」感がありました!(*^_^*)

落語自体も面白いし、間の演出や、最後のしかけ(?)や、、、
も~~、エンタテイメントです。
ああ、あれやこれもいいたいけど、ネタバレだから、、言えない、、、

鼓と唄と笛と三味線の「松永鉄九郎社中」のみなさんも、良かった!
噺とお囃子と、全体を通して、すごく「ひとつの世界、ひとつの作品」が
出来上がっていた感じ。

特に今回、初体験の杵屋三七郎さんの唄声が、すごく良かったなぁ。。。
ちゃんと歌詞に「志の輔ぇ~らく~ご~」とか入ったスペシャルな感じで、
はっきりした発声と聞き取りやすいことば、すっとした姿勢、、、
良いお声でしたわ~。

ここしばらくがんばって、無事に今朝、大阪便のグッズを送り出し出来、
プチご褒美な日でした♪♪

テツクロさん、こま☆さん、このたびもお世話になりました!
そして、しらたま姐さん、かっこよかったっす!!!(*^_^*)






最終更新日  January 27, 2008 12:39:27 AM
コメント(0) | コメントを書く
September 13, 2007
志の輔らくご ひとり大劇場(於・国立劇場大劇場)に、
急遽、行って参りました!!

マイミクになって頂いてる三味線方のテツクロ(松永鉄九郎)さんと、
そのお弟子さんの女性デュオ、スクイーズ☆ハジキーズの
こま☆(鉄駒)さん&しらたま(鉄六)さんが、出囃子を
やってらっしゃる関係で、毎日あがる日記を拝見して、
これは、、、行きたい!!と我慢できずw

実はずっと並んだのに、当日券が8枚しか出なくて、
私の一人手前までで無くなってしまい、、、
あきらめきれずにキャンセル待ちで並んでいたら、
お友達が来れなくなったという女性が「買ってくれませんか?」
と声をかけて下さり、、、ラッキィなことに、1階席で
見る事が出来ました!!!!

志の輔さんの噺を生でお聞きするのははじめて。
そしたらもう、のっけから安倍首相退陣ネタ、社会保険庁、
朝青龍などの時事ネタと、「これまでの2日間、この楽日の
皆様のためのリハーサルをしっかりしました」な導入で
客席どっかん!!! で、すっかり引き込まれ、、、

●一席目:バールのようなもの

マクラの「エイはどこからがヒレなのか」が可笑しい。

良くニュースで取り上げられる「バールのようなもの」とは?
「ようなもの」ってどういう意味?
大家さんが男を説得する色んな例が、いちいち「なるほど~」
と思ってしまう私はどうなのよ?w
言葉遊びと言うか、普段考えもせず使われてる言葉遣いの意味を
考えさせられるというか、、、

●場面転換:ぐるりと回り舞台で、太鼓と笛のお二人とともに、
 三味線のお三方、登場!
 
横1列に座って、楽器を弾きつつ回ってらっしゃいました。
ん~~、毎回思うけど、三味線って「かっこいい」!
BGM的にしか聞いた事無かったときは分からなかったけど、
生で聞くと、結構アグレッシブなんだよな~~♪

そして、前回の「らくごぺら」で説明聞いたので、
「あ~、この笛も、音をわざと不安定にさせる鉛が
中に入ってるのかな~?」と思ったり。

●二席目:八五郎出世せず

こちらは、八五郎が「出世する」落ちの「妾馬」って噺が元
らしいんだけど、志の輔さんのは「出世せず」。

で、その出世せずな理由が、マクラでおっしゃってた、
志の輔版「美しい日本」に繋がってるんだろうな~。
良い悪い、粋だ無粋だ、じゃあないのだけど、何とも言えない、
よい気っ風を持っていた、昔の下町の愛すべき職人さん、
なんだね、八五郎兄さん!!!
飲みっぷり&酔っぱらいっぷりが素敵でしたww

●15分の休憩を挟んで。。。

●三席目:政談.月の鏡(×TWENTY FOUR)

落語と言うのは、色んな方が持ちネタにする噺と、
作ったは良いけど、その後再演がされない、、、
つまり、あまり面白くならない噺とがある、らしいのですが、
この「月の鏡」は、名人・円朝の作ながら後者だそうで、、、

でも、志の輔さん、その噺に果敢に挑戦、です。
しかも、、、なんと、あの「24」とのコラボで!
落語にはなかなか無いと言う「サスペンス」噺に挑むという。
落語とジャックバウアーのミックスですよ?!

というのがどんな事かと言うと、、、
決まった主人公が1人居て、その人物をずっと丹念に追って
描写し、噺の筋もず~っと1本なのがこれまでの落語。

しかし、今回の「月の鏡」では、
「噺の『縦軸』が何本も平行して同時進行し、ところどころで
横に移動する」という「24」の手法を生かし、
同じ時間に平行して進む、複数の人物&場面を、細切れに
次々見せながら進む、と言う趣向。

『いったい、本当は何が起こってるのか?』
『あの謎はどうなった?どこに繋がるのか?!』
『あれがここに繋がるのか!』

と、まさにサスペンス!!

マクラでの説明がちゃんとあったので、場面と登場人物が
短いスパンでどんどん変わる、複雑な構成でも、
「あ、これは『縦軸』が変わったんだな」とついてゆける。
そして、この脳みそをフル回転してついてゆこうとする事で、
ハラハラ・ドキドキ感がさらに高まる、という感じ。

しかし、、、すごいな。
24は映像で、複数の俳優が演じてる訳だけど、こっちは
座布団の上だけで、ひとりの人間が複数を演じてるのに、
ちゃ~んとそれぞれの人物が違って見える。

途中途中で、舞台の電気が落ち、背景に例の『画面が分割し、
平行する縦軸の場面それぞれを見渡して整理する』映像が
投影され(これがまた良く出来てたw)、バックにはもちろん、
あの秒数を刻むBGMが、、、(*^_^*)

いや~~、もう、やられたぁ~~。
推理サスペンスとしても、ちゃんと完結してて、そんでもって、
ちゃんと落語だった!!

すごいね、志の輔さん!!!またぜひ、見たい!!
面白かったぁ~~~~!!!
とコーフンしつつ、、、ずうずうしくもこの感動を伝えたく、
楽屋までおじゃまさせていただき、松永鉄九郎社中の皆様に
ご挨拶をさして頂く。(こま☆さん、しらたまさん、綺麗だったぁ♪)

したら、そこへいらしたテツクロさん、私の肩を持って、
「ほら」と、くるっとからだを後ろへ向けると、、、
うわぁ!すぐそこの通路に志の輔師匠がぁ~~~(@o@;)
心臓一気にバクバクして、思わず「面白かったです~っ!!
また絶対、見に来ますっっ!!」とか口走ってしまい、
(しかも右手を小さく降りながら、、、!(>_<)
お三方にあきれられてしまった、、、とほほん(汗)

ということで、、、
いろいろ無理矢理な予定だったけど、思い切って来て良かった!!
志の輔さん、ぜひぜひ、また聞きに行きたいです~(*^_^*)

テツクロさん、こま☆さん、しらたまさんのおかげです。
どうもありがとうございました!!(^O^)/






最終更新日  September 16, 2007 01:39:08 AM
コメント(0) | コメントを書く
August 25, 2007
会社あがってダッシュで六本木へ。
はじめて訪れる東京ミッドタウン!

ミッドタウン


しか~し、じっくり観光する暇はない!

21_21 DESIGN SIGHTにて、
『小米朝落語の世界~らくごぺらモーツァルトin 六本木~』
最終日に、ぎりっぎり駆けつけました。

ミッドタウン


ミッドタウン


「自分はモーツァルトの生まれ変わり!」と信じてやまない
上方落語家・桂小米朝さんは、各地でオーケストラと共演し、
オペラと上方落語の合体「らくごぺら」という新分野を確立。

モーツアルトの「フィガロの結婚」を、関西弁の落語に仕上げて
噺すことでも有名なのです。

今日はオーケストラでなく、邦楽器と組むと言う、初の試み。
(落語に邦楽器といえば普通なんですが、題材が洋風、って訳)

まずは現代の東京は六本木に、モーツアルトが降り立ちます。
(扮するは小米朝さん。でっかい白いカツラに水色の上着、
 音符やスパンコールが散って、すっごくキュートな衣裳♪)
その魂を、地上に引き寄せたのは、気になる音色。
マイミクになって頂いてるテツクロ(松永鉄九郎)さんと、
杵屋邦寿さんの三味線ユニット「伝の会」と、
お琴、笛の女性ふたりが奏でる「きらきら星」です。

そんでもって、モーツアルトさんが自己紹介をはじめると、
「モーツアルトさんがその曲を作った頃に、日本にはこんな曲が
 あったんですよ~」
と、邦楽の曲を披露。「でもこういうのは無理だろう」と
モーツアルトが挙げた「フルートとハープのための協奏曲」を
邦楽の笛と琴で演奏!というような流れ。
(このモーツアルトと邦楽奏者の((主にテツクロさんの!))
 かけあいが、ボケ&ツッコミぽくて笑った~~)

邦楽器は、洋楽器ほどまっすぐどーんとした音が出せない、
わざと不安定になるところに風情のある楽器だそうで、
(笛なんて、音を不安定にするために、あえて中に鉛を
 入れてるのだ、っていう説明もありました)
その音色を想定していない洋風の曲を奏でるのはかなり技術が
いりそうです。
でもね~、なんかこれはこれで、しっくり聞けてしまって。。。
邦楽用のアレンジも上手なんだろうな~~。

さて後半は、「フィガロの結婚・らくごぺら版」です!
モーツアルトとは一人二役、って形で、本来の桂小米朝として、
和服に着替えてきた小米朝さん。さすがは上方落語家。
いきなり「フィガロ~~、どないしよ~?」とか
「アルマヴィーヴァのオッサンがどないしたって?」とか、
奥方を「ごりょんさん」て言ったり、ま~、面白かったです♪

落語ですから、座布団に座って上半身の動きのみで表現する
わけですけど、からだの動きが滑らかで大きくて、
登場人物も多く、オペラで3時間以上のものを25分(!)に
縮める駆け足だったにもかかわらず、うま~くまとめてはったなぁ、
という感じ。
私はフィガロの結婚て内容を知らなかったけど、
ああ、こんな風なお話なのねと25分でも楽しめましたよ。

途中、台詞しゃべりながらだんだん、オペラ調に歌うシーンもあり、
そこにちゃんとオペラの曲が、邦楽器で伴奏されていましたが、
全然違和感無く、すっかり馴染んでおりました。

琴の音色はほんと、ハープみたいできれいでした。
基本は13弦のところ、22弦あるということと、
邦楽の「つまびく」感じじゃなく、ハープっぽく両手の5本の
指を駆使してしゃらららんと弾くので、キラキラと夢の様な音。

笛の方は、一番音が不安定な楽器で難しそうでしたが、
いろんなモーツアルトの曲もこなされてました。
特に姿勢や手の動きの所作に、美しさを感じたなぁ~~。
笛を口元にもってゆくときの左手の使い方とか、、、♪♪

伝の会のお二人は、今回、前半の邦楽披露のところでは
謌も聞かせて頂いちゃって、邦寿さんの声量と声のつややかさに
惚れてしまいましたよ。
そして怒濤の二人椀久!曲の後半は、ものすごいテクニックの
ギターソロを聴いて、うわ~~っと盛り上がってくる感じだった!
(いままでロックバンドばかり聞いてたので、こんな表現で
 申し訳ない~~(^_^;)
どんどん畳み掛ける様に音が詰め込まれ、テンポが速くなって、
うわ~~って引き込まれちゃいました。

なんかね~、短かった!!
フィガロももうちょっと観たかったなぁ~~。
そして、もうちょっとこのメンツで、何日もやって発酵した
状態のものも観たかったかな。。。
他のオペラも、この形式でやって欲しいですなぁ(*^_^*)

というわけで、駆け足で内容&感想でございました。
演者のみなさま、スタッフの皆様、お疲れさまでした(^O^)/






最終更新日  August 25, 2007 12:16:23 PM
コメント(0) | コメントを書く
August 3, 2007
http://takenoko.ddo.jp/~372c_guitar/


私の弟がメンバーのロックバンド、37.2℃(サンジュウナナドニブ)、
ドラムス脱退でしばらく休止していましたが、めでたく後任の
ドラマーさんが決まって、復活ライブです(*^_^*)

8月4日(土曜) 横浜・日ノ出町/桜木町
ライブバー「guppy

午後7時頃開店・8時頃開演、
2バンド中2番目で9時前後~の出演予定。

でございます。ワタクシも観にゆきます。
もし、お時間ありましたら、ぜひお越し下さいまし~~






最終更新日  August 3, 2007 07:15:18 PM
コメント(0) | コメントを書く
June 2, 2007
↑前半は漢字ばっかり、後半はカタカナばっかりですが(^_^;)


『講談社ノベルス25周年記念講演会』というのに、
申し込んだら当たった~~!!ので、護国寺の講談社まで、
行って参りました。それというのも。。。

森博嗣さんという作家さん、ワタクシ、ファンなのですが、
その森先生が記念講演をなさる、と言う事だったんです♪
初・生・森先生!!!!←ミーハー(^_^;)

↓森博嗣の浮遊工作室
http://www001.upp.so-net.ne.jp/mori/

講演内容はブログなどに書かないで下さいね、ってことで
ナイショですが、、、満足満足(*^_^*)

そんでもって、その後おこなわれたオフ会にも、
初めて参加させて頂いちゃいました(^O^)/
今までまわりに森ファンがいなくて飢餓状態だったので、
とても嬉しゅうございました!!


さて、、、オフ会会場を出て、次に向かったのは新宿。
今度は、、、ライブです♪♪

イエローモンキーカバーバンドイベント、
「LOVE LOVE MONKEY SHOW Vol.2」 !

↓プッチモン公式サイト
http://pucchimon.net/

こちらもまた、楽しく、カッコよいひとときでした♪
うん、やっぱイエローモンキーはいい!!
そして、カバーバンドの皆さんも、キャリアある方々で
安心して曲に身を委ねられました(*^_^*)

さて、、、打ち上げも参加したかったんだけど、
色々連ちゃんで疲れてしまってて、参加者もたくさんで
気疲れしてしまいそうなのとで、イベント打ち上げは断念し、
Masumi姉さんとご飯食べて帰りました。


ということで、駆け足で今日の日記でしたっ!

あ、そうそう、昨日やっと、我が家のでっかいCRTモニタを
液晶に変えましたの事よ(^_^;)






最終更新日  June 3, 2007 01:23:30 PM
コメント(0) | コメントを書く

全19件 (19件中 1-10件目)

1 2 >

PR


© Rakuten Group, Inc.