036059 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

1ヶ月10万円生活☆65歳までにしておきたいこと☆今日が記念日となりますように♪

全82件 (82件中 41-50件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 >

読んだこと☆聞いたことメモ(書き残しておきたいこと)

2020.01.22
XML





あわれみを示す

私たちの咎を踏みつけて、
すべての罪を海の深みに投げ入れてください。
ミカ書7:19

エリック・フィッツジェラルド牧師は言いました。「悲劇が起こり深く傷ついたとき、あわれみを示すことと恨みを晴らすことと、どちらか一方を選べます。私はあわれみを示すことを選びました。」彼の妻は、帰宅途中に疲れて居眠り運転をしていた消防士が起こした事故で亡くなりました。検察官に実刑を望むかと尋ねられ、牧師は、自分が説いてきた赦しを実践することを選びました。そして驚いたことに、ふたりはやがて友人になりました。

フィッツジェラルド牧師は、自分のすべての咎を赦してくださった神のあわれみを実践しました。その行為は、預言者ミカの賛美をこだましています。彼は怒りを持ち続けずに咎を赦してくださる神を賛美します(ミカ7:18)。そして、神は「私たちの咎を踏みつけて、すべての罪を海の深みに投げ入れ」ると、視覚的に表現しました(19節)。消防士はあの日、自由という賜物を得て、神に近づきました。

どのような困難に直面しても、神は両手を広げて、愛と守りの腕の中に飛び込みなさいと招いてくださいます。神はいつくしみを喜ばれます(18節)。神は、ご自分の愛と恵みを受け取る人に、自分を傷つけた人たちを赦す力を与えてくださいます。

フィッツジェラルド牧師の話をどう思いますか。
あなたには赦せない人がいますか。
もしそうなら、神に助けていただきましょう。

父なる神よ、
あなたの愛は絶え間なく、
あなたを求めるなら
喜んで赦してくださいます。
あなたの愛で包んでください。
私を傷つけた人たちを
恨まないように助けてください。

2020年1月22日のデイリーブレッド





デイリーブレッドのホームページです。
1日の初めにおすすめします。






聖書を読んでみませんか。


聖書新改訳 小型スタンダード版(2017) 引照・注付 [ 新日本聖書刊行会 ]






最終更新日  2020.01.22 07:12:13


2020.01.20
きよい器

憎しみは争いをひき起こし、愛はすべてのそむきの罪をおおう。 箴言10:12
米国の第41代大統領、ジョージ・H・W・ブッシュ氏の葬儀で弔辞を述べたアラン・シンプソン元上院議員は、憎しみは己を入れる器を蝕むと語りました。そして、公私両面で憎悪にとらわれず、愛やユーモアを大切にしていた親友を偲びました。彼の言葉は、私たちにも当てはまります。憎しみにとらわれてしまうと、自分が壊れていきます。

否定的な感情に固執したり怒りを爆発させたりすると、健康に悪いことは、医学的にも分かっています。血圧や心拍数の上昇、精神的な落ち込みなど、器である身体が蝕まれます。

ソロモン王は「憎しみは争いをひき起こし、愛はすべてのそむきの罪をおおう」(箴10:12)と語ります。当時、憎しみに誘発された争いは、人種や部族の違う人たちの血で血を洗う抗争に発展しました。憎悪は復讐心に火をつけ、相手を卑しめ、互いの接点を見えなくします。

一方、神の愛は、すべての罪をおおいます。これは間違いを指摘せず、悪人を放置するという意味ではありません。相手が心から悔い改めたなら、過去は水に流すという意味です。一方、謝らない人については、自分の気持ちを神に告白して、恨みから解放されましょう。慈しみ深いお方を知っている人たちは、熱心に愛し合うべきです。なぜなら、愛は多くの罪をおおうからです(Ⅰペテ4:8)。

憎しみのきっかけは何でしょう。 
強い敵意は、どのように人から喜びを奪い、
世界から平和を奪うのでしょう。

神よ、
すべての罪をおおう主の愛に、
我が心を
明け渡すことができますように。
私をあなたの愛が宿る
きよい器にしてください。

2020年1月19日のデイリーブレッド



デイリーブレッドのホームページです。
1日の初めにおすすめします。






聖書を読んでみませんか。


聖書新改訳 小型スタンダード版(2017) 引照・注付 [ 新日本聖書刊行会 ]






最終更新日  2020.01.20 09:45:41
2020.01.18




もしあなたの敵が飢えたなら、
彼に食べさせなさい。
ローマ12:20

宣教師のジム・エリオットと4人の同僚が1956年、ワオラニ族に惨殺された後、驚くべき決断をした人たちがいました。ジムの妻エリザベスは、幼い娘を伴い、もうひとりの被害者の姉とワオラニ族の村に移り住んだのです。彼女たちはそこに数年間住んで言葉を学び、聖書をワオラニ族の言語に翻訳しました。この女性たちの赦しと優しさはワオラニ族の人たちに神の愛を確信させ、多くの人たちがイエスを救い主だと信じました。

エリザベスたちの行為は「悪に悪を報いることをせず…良いと思うことを図」るというみことばの素晴らしい模範です(ロマ12:17)。使徒パウロは、神が自分を変えてくださったことを自らの行動を通して示すようにとローマの教会の人たちを励ましました。それは、復讐したいという自然の欲求を抑えて、敵に水や食料などの必需品を与えることで愛を示すという意味でした。なぜでしょう。

パウロは旧約聖書の箴言「もしあなたの敵が飢えたなら、彼に食べさせなさい。渇いたなら、飲ませなさい」(ロマ12:20、箴25:21-22)を引用しました。彼は、キリスト者が敵に親切にするなら、相手の心をつかみ、悔い改めの心に火をともすかもしれないと考えていました。

イエスは、敵を愛せよ
という戒めをどのように
実践されましたか。
あなたを傷つけた人に
神の愛を示すために、
今日、何をしますか。

天の父よ、
自分の力で人を愛することは難しく、
不可能でさえあります。
敵を愛せるように助けてください。
その人を神に導く器として、
私を用いてください。

👆2020年1月18日のデイリーブレッド




デイリーブレッドのホームページです。
1日の初めにおすすめします。






聖書を読んでみませんか。


聖書新改訳 小型スタンダード版(2017) 引照・注付 [ 新日本聖書刊行会 ]






最終更新日  2020.01.18 08:57:43
2020.01.16
すると、イエスは言われた。
「それを、ここに持って来なさい。」
マタイ14:18

ある日、空腹の男が村にやって来ましたが、だれも食べ物をくれません。すると男は水と石を鍋に入れて火にかけ、かき混ぜました。村人は興味津々で見ていましたが、そのうちに、ひとりがジャガイモを入れました。別の人がニンジン、次の人は玉ねぎ、そして大麦、と、誰かが何かを入れ、最後に農夫が牛乳を入れ、ついに美味しいチャウダーが出来上がりました。

これは「石のスープ」という昔話で、分かち合いの意義を教えます。また、些細な物でも自分にある物を差し出すことの大切さも説いています。ヨハネの福音書6章1-14節を読むと、大勢の中で食べ物を持って来たのは、ひとりの少年だけだったと分かります。弟子たちは何の足しになるだろうかと言いましたが、イエスはそれを増やして、5千人の群衆を満腹にされました。

私は以前「5千人に食べさせるのは、あなたのすべきことではない。あなたのすべきことは、自分のパンと魚を持っていくことだ」というメッセージを聞きました。イエスはひとり分の食べ物を使って、想像を絶するほどの食事を作られました(11節)。主は、私たちの才能や頑張り、奉仕も同じように受け取られます。イエスはただ、私たちが自分にある物を自ら進んで差し出すことを望んでおられます。

神に差し出すことを
ためらっているものは何ですか。
それを差し出すことは、
なぜ難しいのでしょう。

イエスよ、
自分にあるものを
あなたにゆだねられるように助けてください。
あなたはそれを幾倍にもされるのですから。

2020時1月16日のデイリーブレッドより




デイリーブレッドのホームページです。
1日の初めにおすすめします。






聖書を読んでみませんか。


聖書新改訳 小型スタンダード版(2017) 引照・注付 [ 新日本聖書刊行会 ]






最終更新日  2020.01.16 06:20:48
2020.01.09
BBN 聖書放送より

先程、聞いた放送からメモ覚書

聖霊に満たされなさい
とは
量の問題ではない

聖霊に支配されなさい‼️
ということ





聖書を読んでみませんか。


聖書新改訳 小型スタンダード版(2017) 引照・注付 [ 新日本聖書刊行会 ]






最終更新日  2020.01.09 11:35:06
2020.01.05
2020年01月05日(日)

「・・わたしたちも、
いっさいの重荷とまつわりつく罪とを捨てて、
私たちの前に置かれている競争を
忍耐をもって走り続けようではありませんか」
ヘブル12:1


マラソン競技を走り抜くために、
登山用の重い荷物を背負っていたらどうだろう。
そんな競技者はいない。
スポーツ着も靴も、レースのために出来るだけ軽装にするだろう。
私たちも信仰人生を走るために、
重荷があれば走れないと言っている。
重荷とは、様々な思い煩いや心配事、
不安でたまらない事柄だ。

それは目の前に起きている事態だけでなく、
過去の事、将来に関する事に対してもだ。
どうにも出来ない過去の事を、
あの時ああすれば、
この時こうしていたらと、
くよくよと思い煩う。
まだ起きていない先の事を、
ああなれば、こうなればどうしようと
不安で不安でたまらない。
最悪のシナリオを描いて、
落ち込んでしまう。

思い煩いは、信仰を大きく損なってしまう。
思い煩いを捨てる必要がある。
持ったままでは信仰によって歩めない。
「何もいっさい思い煩うな」と言われている。
一つ一つを主に告げて、主に任せよと。
又、まつわりつく罪がある。
前に走ろうとすると、
足にまつわりついて走れない。
誰かへの赦せない思い、憎しみ、妬み、
富への執着、名誉、地位、
人からの賞賛への欲、
主から離そうとする
まつわりつくものは何だろう。

「まつわりつく罪を捨てて」とあり、
絶えずからみついて来る、
薄々気づいている捨てるべきものを、
祈りに持って行こう。
自分では出来ない事が、主には出来る。
私たちを、主は取り扱い、
捨てる事ができるように助けて下さる。
その時、信仰に前進して行ける。

・・・・・・・・・・・・
どれも、自分では捨てる事ができない。
自我は執着する。
しかし今のままではいたくない、
信仰に進みたいとの
意志を主に向ける時に、
主は取り扱い、
主が重荷とまとわりつく罪を
捨てさせて下さる。



日々のことばより






聖書を読んでみませんか。


聖書新改訳 小型スタンダード版(2017) 引照・注付 [ 新日本聖書刊行会 ]






最終更新日  2020.01.05 13:04:31
2020.01.04





ちょうどよい

わたしが地の基を定めたとき、
あなたはどこにいたのか。
あなたに悟ることができるなら、
告げてみよ。 ヨブ記38:4

地球は太陽の熱の恩恵を受けるために絶妙な距離にあると科学者たちは語ります。少しでも近ければ金星のように砂漠化し、遠ければ火星のように凍ります。地球はまた、ちょうどよい重力を生む大きさです。小さすぎると月のように無重力になり、不毛の地に、大きすぎると、過大な重力のため有毒ガスが木星のように溜まり、生命体は窒息します。

私たちの世界を構成している複雑な物理学、化学、生物学の相互作用は、洗練された設計者がおられる証拠です。神はヨブに「わたしが地の基を定めたとき、あなたはどこにいたのか」と尋ねられました。「あなたは知っているか。だれがその大きさを定め、だれが測りなわをその上に張ったかを。その台座は何の上にはめ込まれたか。その隅の石はだれが据えたか」(ヨブ38:4-6)と。このみことばは、神の卓越した職人技の一端を垣間見せます。

「海がふき出て、胎内から流れ出たとき、…戸でこれを閉じ込め… 『ここまでは来てもよい。しかし、これ以上はいけない』」(8-11節)と言われたお方に、大海原はこうべを垂れます。私たちは大自然の不思議を垣間見て驚きつつ、夜明けの星とともに歌い、神の子たちとともに喜び叫びます(7節)。なぜなら、この精巧な世界は、私たちが、神を知り、このお方を信頼するために造られたからです。

神の驚くべき被造物である自然を見て、
今日、どのように主を賛美しますか。
自然はどのように創造主を映し出していますか。

創造主なる神よ、
私たちのために造ってくださった、
この精巧な世界を感謝します。


2020年1月4日の
デイリーブレッド
より







聖書を読んでみませんか。


聖書新改訳 小型スタンダード版(2017) 引照・注付 [ 新日本聖書刊行会 ]






最終更新日  2020.01.04 09:42:15
2020.01.03




神は待っておられた

それゆえ、主はあなたがたに恵もうと待っておられ、
あなたがたをあわれもうと立ち上がられる。
主は正義の神であるからだ。
幸いなことよ。
主を待ち望むすべての者は。
イザヤ書30:18

わずか12歳。デニス・レヴァトフが、詩人として大成するずっと前のことです。大胆にも、数篇の自作の詩を偉大な詩人T.S.エリオットに送り、返事を待っていました。すると何と、彼から便箋2枚にわたる手書きの励ましの手紙が届いたのです。レヴァトフは、詩集『流れとサファイア』の序文で、彼女の作品は自身の不可知論からキリスト信仰への変遷をたどっていると述べています。後期の作品『受胎告知』では、マリヤの神への服従を感動的に歌っています。恐れず喜んで神の御子を宿すように、聖霊が取り計らわれたと述べています。その詩の中心には「神は待っておられた」という言葉が輝いています。

レヴァトフは、神が自分を愛し、待っておられると気づきました。神は何も押し付けず、ただ、待っておられました。預言者イザヤは「主はあなたがたに恵もうと待っておられ、あなたがたをあわれもうと立ち上がられる」(イザ30:18)と述べています。主は、彼らを恵みたかったのですが、彼らがそれを望むまで、じっと待っておられました(19節)。

世界の造り主、救い主、聖なるお方が、私たちを待っていてくださるとは驚きです。造作なく圧力をかけることのできる神が、へりくだって忍耐し、あなたを待っておられます。

神はあなたの何が変わるのを待っておられますか。
あなたが喜んで神に服従するとは、
どのような形になりますか。

神よ、あなたが
待っていてくださるとは驚きです。
それを知って、
ますますあなたを信頼します。
どうか、みこころを示してください。


2020年1月3日の
デイリーブレッド
より




聖書を読んでみませんか。


聖書新改訳 小型スタンダード版(2017) 引照・注付 [ 新日本聖書刊行会 ]






最終更新日  2020.01.03 07:30:24
2020.01.02
あなたのために良い

知恵もあなたのたましいに
とっては、そうだと知れ。
それを見つけると、
良い終わりがあり、
あなたの望みは断たれることがない。
箴言24:14

世界中の人々は2016年に推計で約10兆円をチョコレートに費やしました。膨大な数字ですが、チョコレートは美味しいのですから、驚くには値しないかもしれません。その上、アンチエイジング作用や心臓病予防効果のあるフラボノイドを含んでいて健康に良いと分かったのですから、世界中が喜びました。これほど受けの良かった処方箋が、かつてあったでしょうか。(但し、食べ過ぎには気をつけましょう。)

ソロモンは、別の「甘いもの」を示し、それに投資する価値があると語ります。彼は息子に「蜜を食べよ。それはおいしい」(箴24:13)と勧め、その甘さを知恵に例えました。聖書に記された神の知恵を人生の糧とするなら、それがたましいに甘いだけでなく、教えと訓練に有益で、私たちが生きて成就すべき「すべての良い働き」にふさわしく私たちを整えてくれます(Ⅱテモ3:16-17)。

知恵とは、賢い選択をさせてくれたり、自分を取り巻く世界を理解させてくれたりするものです。知恵は、それを得るために労力をつぎ込んだり、ソロモンが息子に受け継がせようとしたように、大切な人たちと分かち合ったりする価値のあるものです。聖書をよく読んで神の知恵を十分にいただく益に味を占め、その楽しみを制限無く味わうことを、神は勧めておられます。神よ、みことばの味を感謝します。

今日、どんな知恵が必要ですか。
神の知恵が甘いとは、
あなたにとって何を意味しますか。

神よ、
あなたの知恵で私たちを養ってください。

2020年1月2日の
デイリーブレッド
より






聖書を読んでみませんか。


聖書新改訳 小型スタンダード版(2017) 引照・注付 [ 新日本聖書刊行会 ]






最終更新日  2020.01.02 08:14:30
2019.12.20




私たちの敵がみな、これを聞いたとき、
私たちの回りの諸国民はみな恐れ、
大いに面目を失った。
この工事が、私たちの神によって
なされたことを知ったからである。
ネヘミヤ記6:16

米国の公民権運動家スーザン・B・アンソニー(1820年-1906年)は、女性の平等な権利のための辣腕な活動家で「失敗はありえない」と語りました。絶えざる批判、不法投票による逮捕、裁判、有罪判決にもかかわらず、女性参政権という大義は正しいと信じて、決してあきらめないと心に誓いました。彼女は自分の働きの実を見ることなく他界しましたが、その信念が正しかったことは歴史が証明します。1920年、合衆国憲法修正第19条の批准により、米国の女性は投票する権利を獲得しました。

失敗がありえないのは、ネヘミヤも同様でした。神という力強い助け主がおられたからです。エルサレムの城壁の再建という大義を祝福して欲しいと神に祈り、ネヘミヤとバビロン捕囚から帰還した人々は、壁の再建のために働きました。人々を敵から守るために城壁は必要でした。反対勢力は策略や脅迫という形で攻めて来ましたが、ネヘミヤは屈しませんでした。彼を狙う者たちには「私は大工事をしているから」と言って会わず(ネヘ6:3)、「ああ、今、私を力づけてください」(9節)と神に祈りました。不屈の忍耐の結果、工事は完了しました(15節)。

神は反対に屈せずやり遂げる力をネヘミヤにくださいました。あきらめかけていることがありますか。頑張るために必要なものを祈り求めてください。

対立するものを通常、どのように扱いますか。
どんなに手ごわい敵でも、
何のためになら闘えますか。

神よ、
あなたに与えられた働きを
続けるために、
どうか助けてください。


12月20日の
デイリーブレッド
より





聖書を読んでみませんか。


聖書新改訳 小型スタンダード版(2017) 引照・注付 [ 新日本聖書刊行会 ]






最終更新日  2019.12.20 08:31:54

全82件 (82件中 41-50件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.