038611 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

1ヶ月10万円生活☆65歳までにしておきたいこと☆今日が記念日となりますように♪

全84件 (84件中 51-60件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 >

読んだこと☆聞いたことメモ(書き残しておきたいこと)

2020.01.02
XML
あなたのために良い

知恵もあなたのたましいに
とっては、そうだと知れ。
それを見つけると、
良い終わりがあり、
あなたの望みは断たれることがない。
箴言24:14

世界中の人々は2016年に推計で約10兆円をチョコレートに費やしました。膨大な数字ですが、チョコレートは美味しいのですから、驚くには値しないかもしれません。その上、アンチエイジング作用や心臓病予防効果のあるフラボノイドを含んでいて健康に良いと分かったのですから、世界中が喜びました。これほど受けの良かった処方箋が、かつてあったでしょうか。(但し、食べ過ぎには気をつけましょう。)

ソロモンは、別の「甘いもの」を示し、それに投資する価値があると語ります。彼は息子に「蜜を食べよ。それはおいしい」(箴24:13)と勧め、その甘さを知恵に例えました。聖書に記された神の知恵を人生の糧とするなら、それがたましいに甘いだけでなく、教えと訓練に有益で、私たちが生きて成就すべき「すべての良い働き」にふさわしく私たちを整えてくれます(Ⅱテモ3:16-17)。

知恵とは、賢い選択をさせてくれたり、自分を取り巻く世界を理解させてくれたりするものです。知恵は、それを得るために労力をつぎ込んだり、ソロモンが息子に受け継がせようとしたように、大切な人たちと分かち合ったりする価値のあるものです。聖書をよく読んで神の知恵を十分にいただく益に味を占め、その楽しみを制限無く味わうことを、神は勧めておられます。神よ、みことばの味を感謝します。

今日、どんな知恵が必要ですか。
神の知恵が甘いとは、
あなたにとって何を意味しますか。

神よ、
あなたの知恵で私たちを養ってください。

2020年1月2日の
デイリーブレッド
より






聖書を読んでみませんか。


聖書新改訳 小型スタンダード版(2017) 引照・注付 [ 新日本聖書刊行会 ]






最終更新日  2020.01.02 08:14:30


2019.12.20




私たちの敵がみな、これを聞いたとき、
私たちの回りの諸国民はみな恐れ、
大いに面目を失った。
この工事が、私たちの神によって
なされたことを知ったからである。
ネヘミヤ記6:16

米国の公民権運動家スーザン・B・アンソニー(1820年-1906年)は、女性の平等な権利のための辣腕な活動家で「失敗はありえない」と語りました。絶えざる批判、不法投票による逮捕、裁判、有罪判決にもかかわらず、女性参政権という大義は正しいと信じて、決してあきらめないと心に誓いました。彼女は自分の働きの実を見ることなく他界しましたが、その信念が正しかったことは歴史が証明します。1920年、合衆国憲法修正第19条の批准により、米国の女性は投票する権利を獲得しました。

失敗がありえないのは、ネヘミヤも同様でした。神という力強い助け主がおられたからです。エルサレムの城壁の再建という大義を祝福して欲しいと神に祈り、ネヘミヤとバビロン捕囚から帰還した人々は、壁の再建のために働きました。人々を敵から守るために城壁は必要でした。反対勢力は策略や脅迫という形で攻めて来ましたが、ネヘミヤは屈しませんでした。彼を狙う者たちには「私は大工事をしているから」と言って会わず(ネヘ6:3)、「ああ、今、私を力づけてください」(9節)と神に祈りました。不屈の忍耐の結果、工事は完了しました(15節)。

神は反対に屈せずやり遂げる力をネヘミヤにくださいました。あきらめかけていることがありますか。頑張るために必要なものを祈り求めてください。

対立するものを通常、どのように扱いますか。
どんなに手ごわい敵でも、
何のためになら闘えますか。

神よ、
あなたに与えられた働きを
続けるために、
どうか助けてください。


12月20日の
デイリーブレッド
より





聖書を読んでみませんか。


聖書新改訳 小型スタンダード版(2017) 引照・注付 [ 新日本聖書刊行会 ]






最終更新日  2019.12.20 08:31:54
2019.12.18
あなたのしもべらの子孫は住みつき、
彼らのすえは、あなたの前に堅く立てられましょう。
詩篇102:28

作家C.S.ルイスは『キリスト教の精髄』の中で「神が時間の中にいたまわぬことは、まず確かである。神の生は相継起する瞬間から成り立ってはいない…10時30分は―そして世界の初め以来のあらゆる瞬間は、神にとってはつねに現在なのである」と語ります。とは言え、永遠に待っているかに感じる時があります。しかし、時間の創造主、神を信頼することを学ぶにつれ、己のもろい存在は、神の御手で守られているという現実が分かってきます。

詩篇102篇の作者は、自分の人生は夕影やしおれゆく青菜のようにはかないと認め(11節)、 苦しみで疲れ果てながらも、神の御名は代々に及ぶと賛美します(12節)。神の御力とあわれみが、世に表されると語ります(13-18節)。彼は絶望の中でも(19-24節)、創造主の御力に焦点を絞りました(25節)。被造物は滅びますが、神は永遠に変わりません(26-27節)。

少しも好転しないと感じるとき、神を責めたくなります。忍耐できず、いらいらします。神が各々のために一つひとつ選んで計画しておられることを忘れてしまいます。しかし、神は守り主。神のご臨在の中を信仰で生きるとき、神とともに今を歩むことができます。

願う時に願うことが起こらないとき、
時間の創造主は神だと認めると、
どのように助けられますか。
今を生きることで、
どのように平安を得られますか。

愛する神よ、
あなたが常にともにいると
約束されているので、
明日を心配せず、
今日を生きていけるように助けてください。

👆12月18日のデイリーブレッドより


デイリーブレッドのホームページ


聖書を読んでみませんか。


聖書新改訳 小型スタンダード版(2017) 引照・注付 [ 新日本聖書刊行会 ]






最終更新日  2019.12.18 11:22:34
2019.12.13




主は私の切なる願いを聞かれた。
主は私の祈りを受け入れられる。
詩篇6:9

夫が癌だと診断され、癒やしのために、どう祈るのが正しいのだろうと考えました。世界中には、戦争、飢饉、貧困、自然災害など、深刻な問題を抱えている人がたくさんいるのです。そんなある朝、夫の謙虚な祈りが聞こえてきました。「主よ。どうか癒やしてください。」単純な祈りですが、心の叫びでした。神は人の切なる願いを十分にお分かりなので、複雑な言葉を語らなくてよいと再確認させられる祈りでした。

ダビデも「帰って来てください。主よ。私のたましいを助け出してください。あなたの恵みのゆえに、私をお救いください」(詩6:4)と簡潔に願っています。

彼は霊的な混乱と絶望の渦中にいました。詳細についての説明は、ありません。しかし、「私は私の嘆きで疲れ果て」と書かれています(6節)。彼の率直で必死な申し立てには、神の助けと回復を求める深い願望が表れています。

罪を含め、己に限界があったとしても、神に願い求めることをダビデはやめませんでした。それによって、彼は神の答えを得る前でさえ「主は私の泣く声を聞かれたのだ。…主は私の祈りを受け入れられる」と喜びました(8-9節)。

私たちに混乱や不安があったとしても、神は私たちの率直な訴えを聞いてくださいます。神を最も必要としている時ならなおさら、私たちの叫びに耳を傾けてくださいます。

神に助けを求めることを
じゃまするものは何ですか。
今日、何について、
助けてくださいと願い求めますか。

愛する主よ。
私たちの心をきよめ、
勇気をください。
主が聞いて応えてくださると信じ、
神の助けを求められるように。

デイリーブレッド


聖書を読んでみませんか。

​​​​​​






最終更新日  2019.12.13 12:27:04
2019.12.12
ある者はいくさ車を誇り、ある者は馬を誇る。
しかし、私たちは私たちの神、主の御名を誇ろう。
詩篇20:7

その男性は32年間、恐れに支配されていました。罪を犯し、逮捕を恐れて納屋に隠れました。どこへも行かず、誰にも会わず、母親の葬儀にさえ出席しませんでした。64歳になった時、実は被害届が出ていなかったと知りました。刑務所行きの可能性は確かにありましたが、それに対する恐れが、彼の人生を支配したのです。

同じように、ペリシテ人とエラの谷で対峙したとき、恐れがイスラエル人を支配しました。敵のゴリアテは3メートルの巨人で、鎧は57キロもありました(Ⅰサム17:4-5)。脅威は事実です。彼は40日間、朝な夕なに、挑発しました。しかし、その挑戦を受けて立つイスラエルの兵はいません。そこにダビデが来ました。そして、この様子を見聞きすると自分が戦おうと申し出ました。

イスラエルの誰もが、ゴリアテはすごすぎて戦えないと思っていました。しかし羊飼いの少年ダビデは、神にとって、すごすぎる者はいないと思いました。彼は「主が…救うことを知るであろう。この戦いは主の戦いだ」と言いました(47節)。

怖くて動けないとき、ダビデを見習って神に注目し、正しい視点で問題をとらえましょう。脅威は現実かもしれませんが、私たちとともにおられ、味方してくださるお方は、それ以上のお方です。

あなたが直面する恐ろしい戦いとは何ですか。
生きて働かれる神から目を離さないために
意識的にできることは何でしょう。

神よ、
あなたは人生に起こる
どんなことより大きいので
私は安心しています。
あなたを信頼し、感謝します。

今日の
デイリーブレッド
より




聖書を読んでみませんか。


聖書新改訳 小型スタンダード版(2017) 引照・注付 [ 新日本聖書刊行会 ]






最終更新日  2019.12.12 13:29:40
2019.12.10
Soli Deo gloria

ただ神にのみ栄光がありますように

今日の
BBN聖書放送

聖書と福音
のメッセージの中で
聞いた言葉

先程、紹介したブログのタイトルでもありました。

早速、調べてみたら

ただ神にのみ栄光を
という意味だそうです。

主役不在の
クリスマスイベントが続く季節です。

すべての人のためにこられた
イエスキリストを
すべての人が知ることができますように。

BBN聖書放送
では、
今の時期、
クリスマス音楽をたくさん放送してくれています。
無料のインターネットラジオ放送です。
ぜひ、お聴きくださいませ。



聖書を読んでみませんか?


聖書新改訳 小型スタンダード版(2017) 引照・注付 [ 新日本聖書刊行会 ]






最終更新日  2019.12.11 20:47:45
2019.12.08
キリストの平和が、
あなたがたの心を支配するようにしなさい。
そのためにこそ
あなたがたも召されて一体となったのです。
また、感謝の心を持つ人になりなさい。
コロサイ3:15

私の住む地域は冬が厳しく、雪も降りつづきます。ある日、極寒の中、嫌々雪かきをしていると、郵便配達員が足を止めて声をかけました。私は「大雪つづきで、ぐったりだ」と答え、「こんな天気では、君も大変だね」と言うと、彼は「ええ、でも私には仕事があります。仕事の無い人もたくさんいますから、働けて感謝です」と答えました。

彼の姿勢に、己の罪を指摘されたように感じました。不快な状況に置かれると、感謝すべきことがたくさんあるのに、簡単にそれを見落としてしまいます。

使徒パウロはコロサイのキリスト者たちに「キリストの平和が、あなたがたの心を支配するようにしなさい。…また、感謝の心を持つ人になりなさい」(コロ3:15)と述べました。また、テサロニケの人たちには「すべての事について、感謝しなさい。これが、キリスト・イエスにあって神があなたがたに望んでおられることです」(Ⅰテサ5:18)と書きました。

深い悩みに苦しむときでも、神の平和が心を支配してくださいます。その平和の中で、私たちはキリストにあって与えられたすべてのものを思い出します。そして、心から感謝するのです。

ついつい文句を言ってしまうことがありますか。
今日、神に感謝すべきことは何ですか。

神よ、私は、ちょっと都合が悪いと、
すぐ文句を言ってしまいます。
ごめんなさい。
あなたが良くしてくださっていることを
見落とさないように助けてください。
絶えず感謝する心を与えてください。


今日のデイリーブレッドより






最終更新日  2019.12.09 23:33:21
2019.12.07
「招待される者は多いが、
  選ばれる者は少ないのです」
       マタイ22: 14


王が、王子の結婚の披露宴を設けた。
しかし招待した客は、皆、断って来た。
神の事、永遠の事より、
今の地上の事柄が心を占め、
目の前の事に心を奪われてしまう。
王や王子の祝宴など二の次であって、
大切なものが、畑であり、商売であり、
この世の事だ。
ましてや他の者たちは
王の使いを殺してしまった。

招いた者たちはふさわしくなかったので、
王は、大通りに出て行き、
出会った者を誰でも招くよう命令した。
片っぱしから呼んで来たので、
宴会場はいっぱいになった。
ところが、そこに
婚礼の礼服を着ていない客が一人いた。
王は怒って、外に放り出した。
大通りで、突然呼ばれるわけで、
誰も礼服など持ち合わせていない。

この礼服は、すべて主催者側で用意されていた。
だから放り出された人は、
王の礼服を故意に着用せず、
意識して拒否したことになる。
自分の服の方が良いと思ったのかも知れない。
彼は、大通りで招かれ、招きは拒まず、
やって来たのだが、王の前に出る「礼服」は
自らの意志で拒んだ。
「招待される者は多いが、
 選ばれる者は少ない」
この客のようだろうか。

自分の服で、自分を着飾りたい。
どこまでも自分の力、自分の功績を捨てない。
捨てたくない。自分の良い行ないで、
自分の力で義と認められようとする事だ。
主の考えより、自分の考えを正しいとするなら、
主を拒否する事になる。
それは礼服を拒む事だ。
王の礼服、義の衣、主キリストを受け入れ、
自分の身に着て、主と一つとなり従って行こう。
そして披露宴の大きな喜びと楽しみにあずかろう。

・・・・・・・・・・・・・
狭い門から入れと。
ただただあわれみによって
救いに入れられた事はどんなに感謝してもしきれない。
又、私たちは救いを着せて頂いたが
「気にもかけず」自分の楽しみや利得へと、
畑や商売に忙しいだろうか。
気づかされ、
主の祝宴の食卓の溢れる喜びにあずかろう。

日々のことば






最終更新日  2019.12.07 18:49:04
2019.12.06
今日の
デイリーブレッド
より

「見よ、処女がみごもっている。
そして男の子を産む。
その名はインマヌエルと呼ばれる。」
(訳すと、神は私たちとともにおられる、という意味である。)
マタイ1:23

こんな昔話があります。ニコラスという人が、貧しい父親について耳にしました。3人の娘たちに十分食べさせることも、婚礼の準備もできません。そこで、秘密裏に助けようと、金の入った袋を窓から投げ入れました。するとそれは、靴や靴下を乾かしていた暖炉の床に落ちました。その人は聖ニコラス(紀元270年生まれ)と呼ばれます。後のサンタクロースのモデルです。

天からの贈り物という話は、天の父なる神を連想させます。神は人を愛しあわれまれたので、奇跡の誕生を通して御子を地上に下らせました。旧約聖書は、処女がみごもって男の子を産み、その子は「神がともにおられる」という意味のインマヌエルと呼ばれると預言しています。マタイの福音書は、イエスがその預言の成就だと語ります(1:23)。

ニコラスの贈り物は素敵ですが、御子は、それ以上に最高の贈り物です。イエスは、天を後にして人となり、死んでよみがえられ、ご臨在の神となられました。悲しいときには慰めてくださり、くじけそうなときは励ましてくださいます。世にだまされないように、真実を現してくださいます。

今日、イエスをどのように分かち合いますか。
あなたの持っている時間、知恵、愛などを
誰かに与えるために、イエスのご臨在は、
あなたをどのように導いてくれますか。

主イエスよ、
天から下り、
しもべとなってくださり感謝します。
あなたがともにおられて当たり前などと
思いあがらないように助けてください。






最終更新日  2019.12.06 08:33:16
2019.12.03
落とし物

自分の宝は、天にたくわえなさい。
そこでは、虫もさびもつかず、
盗人が穴をあけて盗むこともありません。
マタイ6:20

親戚の家から戻る途中、セルフで給油していて、落とし物に気づきました。汚れた分厚い封筒で、中には100ドルが入っていました。この瞬間にも、誰かがそれを探しているはずです。私は店の人に自分の電話番号を教えて、警察に届けましたが、なしのつぶてでした。

その人は、お金をなくしてしまいました。地上の宝とは、そういうものです。紛失したり、盗まれたり、浪費してしまうかもしれません。投資商品選びに失敗したり、自分ではどうにもできない金融市場の下落に巻き込まれたりして、財産を失ってしまうかもしれません。しかし、イエスのうちに積み上げた天の宝、つまり、神との回復された関係、永遠のいのちの約束は、決してなくなりません。どこにいてもなくすことはありません。

ですから、キリストは、宝を天にたくわえるように言われたのです(マタ6:20)。良い行いに富み(Ⅰテモ6:18)、信仰に富む(ヤコ2:5)、つまり、親切に人を助けたり、イエスのことを話したりして、天に宝を積みましょう。神は、助け導いてくださいます。主と永遠をともにする未来を仰ぎつつ、天に宝をたくわえましょう。

永遠という視点に立って意味がある、
と言えることが、今週、何かできますか。
どうすれば、あなたの地上の宝を
より良く投資して御国のために使えますか。

主よ、お金や自宅や、
この世でくださった、
すべてのものに感謝します。
天に宝をたくわえられるように
導いてください。
地上の宝を握りしめすぎないように
助けてください。

今日の
デイリーブレッド
より


聖書新改訳 小型スタンダード版(2017) 引照・注付 [ 新日本聖書刊行会 ]






最終更新日  2019.12.03 07:39:59
このブログでよく読まれている記事

全84件 (84件中 51-60件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.