000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

姫路おでん探検隊

姫路おでん探検隊

姫路おでんの起源

姫路おでんの起源

 姫路おでんの起源については、現在調査中です。

 戦中・戦後の食糧難の時代に煮込みすぎ、味が抜けてしまった 
 おでんの味を補うために生姜醤油をかけるようになったという説
 (闇市発祥説)がこれまで一番有力でしたが、

 調べていくと少なくとも昭和10年頃には
 生姜醤油をかけていた事が分かってきました。
 
  ・70年以上続いているかどや食堂さんでは、甘く濃く煮込まれた
   関東煮(かんとだき)の上から生姜醤油をかける
   スタイルで提供されています。

  ・複数の昭和一ケタ生まれの方から、屋台のおでん(煮込み田楽)
   には戦前から甘味噌か、生姜醤油をつけて食べていたという
   証言を頂いています。

  ・姫路おでんの発祥は浜手にある...という説を聞いたことが
   あります。

 かどや食堂さんや、姫路おでんの発祥地とされる
 浜手の関東煮(かんとだき)は、かなり甘辛い味付けに
 なっているため、ひょっとすると生姜醤油で味を調整したの
 かもしれません。
 

 これからも調査を続けていきますので、何かご存じの事がありましたら
 ぜひぜひ、情報提供をお願い申し上げます。


© Rakuten Group, Inc.