122856 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

★姫先生のだいありー★

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


gokusen

カレンダー

日記/記事の投稿

フリーページ

お気に入りブログ

技術や物に魂を込める ワンネス☆Sさん

『コアから生きる日… アンドロメダ葉月さん
シーズ・キャリアリ… シーズ・キャリアリサーチさん
REAL BEING DATCHIさん
Heart is won by hea… 英(ひで)さんさん

コメント新着

バックナンバー

2022.05
2022.04
2022.03
2022.02
2022.01

購入履歴

カテゴリ

2006.10.09
XML
カテゴリ:講演活動など
10月22日に行う子育てほっとワークセミナーが、中日新聞で紹介されました。
 【日時:平成18年10月22日(日)13時30分~16時30分 会場:名古屋市市政資料館 第3集会室 受講料  2000円 (定員40名)】 


 子育てについて、ちょっとした視点が欲しい方、子育てのストレスから解放されたい方、ぜひ、ご参加ください。

 私は、中学校養護教諭の立場から、次のようなことをお伝えします。

【受講メリット】

1 優先的に使っている感覚(視覚.聴覚・体感覚)があることを知り、子どもに合わせた話し方、接し方をすることで、子どもの感覚を大切にしたかかわり方を知ることができる。

 ・最新の脳科学では、人には、優先的に使う感覚が大きく分けて「視覚タイプ」「聴覚タイプ」「体感覚タイプ」があることが分かっています。
 親と子どもの優先的な感覚がちがうことが、お互いのミスコミュニケーションの原因になっていることがあります。
 特に、親が「視覚」「聴覚」タイプ、子どもが「体感覚タイプ」の場合、親から見てわが子が「物分りが悪い」「ぐずぐずして自分の意見をことばにできない」などと思ってしまい、知らないうちに子どもたちに「じぶんはできない子」という劣等感を植え付けてしまいます。
 セミナーでは、実例をもとに説明し、子ども達の感覚を尊重したかかわりを考
えます。

2 思春期の子ども達のようすを知ることで、5年先、10年先を見越した子育てに
ついて考えます。

・長年の学校現場で、子どもたちの心とからだを支援してきた立場から、子ども達がどんなことばを支えとしてがんばることができるのかを、最新心理学の理論をもとにお伝えします。

・子どもを思う気持ちからでたことばが、子どもを勇気付けたり、逆に自信をなくすことになったりします。セミナーでは、具体的にどんなことばがけがよいのかを、ワークで学びます。

3 子どもの意欲と自己肯定感を高めるための話の聴き方を知ることができます。

・「聞く」と「聴く」のちがいを、ワークを通して楽しく学ぶことができます。
これによって、子ども達が自分で答えを導き出す話の聴き方や問いかけの方法を知ることができます。

メイン講師、愛和人さんのお話を聴くメリットは、以下に書いてあります。
http://heart-muscle.com/contents/koza%20annai.html#kosodate

申込みは
http://www.formpro.jp/form.php?fid=3300
 ※フォームが立ち上がらない場合は、
 hime21@tcp-ip.or.jp まで。
 氏名 連絡先をお忘れなく!!!






最終更新日  2006.10.09 20:49:35



© Rakuten Group, Inc.