000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

★姫先生のだいありー★

PR

全7件 (7件中 1-7件目)

1

姫の読書記録

2006.09.09
XML
カテゴリ:姫の読書記録
小林正観さんにこっています。

はじめて名前を聞いたのは、岐阜の東洋医学&リーディング勉強会に参加したときです。
「ありがとうバンダナ」とか「友を呼ぶ財布」とか、小林正観グッズとかすごくたのしいものがあることも知りました。

それで、はじめて読んだの「宇宙を味方にする方程式」

宇宙を味方にする方程式

宇宙の真理とかっていうのは、NLPにも通じるものがあると思っています。
大きな字で書いてあるので、いちにちでよめちゃいます。

**********************************
Blpgランキングに登録しました。みなさまの応援クリックよろしくお願いします。人気blogランキングへ
ブログランキング ********************************* 






最終更新日  2006.09.12 00:58:23


2006.03.23
カテゴリ:姫の読書記録
 保健室には、私の趣味で集めた本がたくさんあります。

 その中でも、最近人気の本があります。
  → ココロ美人

 イラスト入りの本で、女の子が喜んで読んでいます。
 恋愛というより、人間関係にも応用できる天も受けているようです。

 生徒いわく「わかりやすい!!」

 生徒が好む本から、生徒達が求めているものがわかりますね!!


**********************************
Blpgランキングに登録しました。みなさまの応援クリックよろしくお願いします。人気blogランキングへ
ブログランキング ********************************* 








最終更新日  2006.03.23 20:49:49
2006.01.06
カテゴリ:姫の読書記録
 **********************************
Blpgランキングに登録しました。みなさまの応援クリックよろしくお願いします。人気blogランキングへ
ブログランキング ********************************* 




 このところ,重めの本を読んでいました。あまりに的をついていて,ちょっと苦しくなってしまって(潜在意識の抵抗?)小休止。ことば」ってイメージが浮かびました。
  
 それで今読んでいるのが,まるかんの斉藤一人さんの本。(というか彼自身が書いた本ではなく彼のお弟子さんみたいな人が彼について書いているっていうもの)
 なんか大切なことをさらりと日常生活の中に溶け込む情景で書いてあって入り込みやすいです。なんかほっとする人情を感じる。
 「人情」ってことばが今,ふと浮かんで,そしたら「日本人だからね」って浮かんだ。そうです。やはり日本人なんだなぁ。私田舎モンだし。けっこう,寅さんとか義理と人情とか・・・スキかも。
 外国本を読んでいてなぜかつかれるのって翻訳されているからかな。その国その国の文化みたいなものがなんか染み付いているのを,他の国ことばに書き換えちゃうからかな?
 そこで,なんかがけずられているのかもしれない。よくわかんないけど。

 あったかいですよ,斉藤さんについて書かれた本。気取ってないし,重くない。でも,すごく大切なこと書いてある。
 最近,ひとつのことを考えすぎているのか,どんどん深みにはまっていく感じでしたが,本の中のことば,ステキだったの紹介します。

「おれの楽しいは,モノでもテクニックでもない。考え方なんだ」

 こんなこと,どの成功本にも自己啓発の本にもかいてるあたりまえのことだけど,この人のことばだとけっこうイイ。
 このところ,重くなりすぎて,「楽しむ」ってことを忘れかけていた。
 何かをつかむんだって必死になりすぎて,楽しんでなかったなあと気づきました。

 必死になっているって,その成果をいそいでいるっていうか,結果を出すぞって思ってるって言うか。
 今,自分が替わろうとしていることを,もっともっと楽しまなきゃっておもちゃいました。






最終更新日  2006.01.06 23:55:41
2005.12.23
カテゴリ:姫の読書記録
 冬休みになりました。今日から3連休。26日~28日は通常勤務です。(学校の先生は,子どもと一緒に休みだと思っている人もいるみたいだけど,ちがうからね。うちらは,残業手当もないし,ほんまがんばってまんねん)

 この冬休みは,とにかく本を読み漁ろうと思っています。
 今日は,「診察室に来た赤ずきん」という物語療法の本を読み始めました。精神科医の先生が書かれた本ですが,面白いです。

 一ヶ月引きこもりをしていた青年と3年ねたろうの姿を重ねた話が書いてありました。
 その中で,印象に残ったところがありました。
(以下引用)

 人は,一生の間,内省的な時期と行動的な時期を交互に繰り返す。そのたびに人生に区切りをつけ新しい人生を歩むのです。(中略)多くの人が悲しい目にあうと,日常の活動でそれを紛らわそうとします。内省的であるべき時期に行動に走ろうとするのです。(中略)人は,新しい人生を生きるために時に内政的になる必要があるのです。失恋の後や親しい人の師のあととは限りません。思い切った飛躍が必要な時は,いつものその飛躍に備えなくてはならないのです。それは,美しい蝶として飛び立つ前に動かぬさなぎの時期を過ごすようなものです。
(引用終わり)

 学校にこれなくなってしまった生徒もいます。
 学校に来るからいい,こないからいけないという 二面的な判断ではなくこうした視点からも,彼らを見ていくことって必要だと思います。

 そして,この視点から,自分の人生をみても,新しい飛躍の時をめざして,今は土の中でじっと芽を出すその時期をまっている,そんな時期なのかもしれないとふと感じました。

*********************
Blpgランキングに登録しました。この記事面白いじゃんって思ったら,『人気blogランキングへ』の文字をクリックしてね。
人気blogランキングへ
********************************** 






最終更新日  2005.12.23 22:01:57
2005.12.19
カテゴリ:姫の読書記録
**********************
Blpgランキングに登録しました。ご訪問くださった方,『人気blogランキングへ』の文字をクリックしてね。
人気blogランキングへ
********************************** 

書店でふっと目に泊まり買いました。
 
 CDもついていますが,まだ聞いていませんが,本の中に書かれていた「嫌いな人を許そう」というタイトルで書かれていた内容が,ココロにじわぁぁぁっと入っていきました。

 その中のことばを引用します。

 あなたは,「自分が言われたから悔しくて」といっているけど,あなたは本当は相手のことを考えているんじゃないよ。自分のことを考えているの。人間って四六時中自分のこと考えているものなの。
「アフリカで100万人餓死者が出た。」っていうことより,自分の奥歯が痛い時は,その奥歯のことだけを考えているんだよ。・・・・・・

普通の人間が相手を恨むと相手には届かないけど,自分に届くんだよ。自分が一番近くにいるから。


 世の中の最大の敵は,やはり自分自身の中にいるようです。






最終更新日  2005.12.20 22:58:42
2005.10.21
カテゴリ:姫の読書記録
 12月にメディアリテラシーのミニ講座をすることになりました。
どんな話を・・・なんて考えていると,ちゃんと,シンクロニシティが起こるんですね。
 いい本に出会いました。


あなたの話はなぜ「通じない」のか

 まだ,ほんの一部しか読んでいませんが,まさに読みたかった本という感じでぐいぐい引き込まれています。

「もしも,これから話そうとすることに自分の気持ちや生き方がついていかないのなら,思い切って内容を変えるか話さないという手もある。あなたが話そうとすることのねっこにある思いは何か?エゴなのか?恐れなのか?感謝なのか? 
逆に言うと根本思想はそれだけ強いものだからこそ,根本思想と言葉が一致した時非常に強く人の心を打つ」

とありました。(プロローグ)

自分自身がメディアであることや,通じ合わないつらさ,自分の内面に基づく相手とのつながり・・などなど。自分の心にヒットヒットヒット!!!!
 
 読破したら,また,そこでの思いをつづりたいと思います。






最終更新日  2005.10.22 00:04:06
2005.10.16
カテゴリ:姫の読書記録
幸せインストール

幸せインストールという本を読みました。
ムッチャ良かったです。

読む本 読む本が NLPで学んだこととリンクします。

◆今の自分は,過去の体験があったからこそ存在する。

「自分が変わらなきゃ」「もっと成果を出さなきゃ」「積極的で魅力的にならなきゃ」と自分をがんじがらめにすると,からだは心のままに,スムーズに動かなくなる。
 「人生は,自分がすべて選んでいた。今の自分の周りの環境はその結果に過ぎない」

◆「思考のパワーは,奇跡を起こす」
  心は,鋳造と想像の達人である。人は心であり,思考という道具を用いてさまざまなものをつくり,幾多の喜びも悲しみも作っている。人は,ひそかに考えてそのとおりのものとなる。人の環境は,彼を映す鏡に過ぎない(ジェームズ・アレン)

 
 この本の副題が,「いいことが起こり出す5つのアプリケーションソフト」となっています。前書きが,コンピュータソフトにたとえられていて,とても興味深く思いました。
 人間の脳は,スーパーコンピュータですよね。






最終更新日  2005.10.16 21:22:42

全7件 (7件中 1-7件目)

1


© Rakuten Group, Inc.