4624722 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

himekyonの部屋

全5863件 (5863件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

2021/09/24
XML
カテゴリ:信州の四季
2021-09-23
1年ぶりに再会した花友さんとアオキランを探しに出かけて
3年ぶりにアオキランに出会うことができ
近くにはトリカブトが咲いていました。

トリカブトといえば猛毒の紫色の花
と思いますが、この地域には白いトリカブトがあります。
花が終わりかけだから色あせたということではないようです。



白いトリカブト(鳥兜)
























薄い紫色のトリカブト(鳥兜)



















Last updated  2021/09/24 07:30:51 PM
コメント(1) | コメントを書く


2021/09/23
カテゴリ:日本の野生蘭
2021-09-23

この蘭は外せない!
アオキラン
3年振りの出逢いです
しかし、花友さんが下見に行ってからhimekyon の都合で2週間がたっているので、
もう咲き終わっているだろうなと思いつつ・・

なんと咲き残りというよりか、ちょうど見頃に咲いていました。
感激!!


アオキラン(青木蘭)
日本の自生蘭は地味なものが多いですが、特にこのアオキランは地味な花です。




なんとか咲いているよ
でも前から比べたら少なくなったね




最初に訪れたところは数を減らしてましたが、
2ヶ所目に訪れたところでは、4本固まっていたり、11本も固まって咲いていたりと
感激の出逢いでした。






















今年は、コロナ禍?の影響で
思うように蘭の花を見に行くことができませんでしたが、
来年は何種類の自生蘭にであえるでしょうか






Last updated  2021/09/24 07:41:32 PM
コメント(2) | コメントを書く
2021/09/22
カテゴリ:信州の四季
2021-09-20
一度、泊まってみたいと思っていたランプの宿高峰温泉
夜は星空観察会がありました
翌日が8年ぶりの満月の中秋の名月、明るすぎてせっかくの星がはっきりと見えませんでしたが
3台の望遠鏡を使って星座の説明
観察会の最後は1日早い望遠鏡からの月をオーナーさんにスマホで撮っていただきました。
スマホでもきれいに撮れるんですね。
撮り方教えてもらうの忘れました。



満月の中秋の名月の一日前の月
ほぼ満月ですね




星空観察会







月が明るすぎて星がかすんでしまいました








月の明かりで天の川がはっきりとみえません











高峰温泉は早朝の野鳥観察 昼間の植物観察、夜の星空観察とイベントがあるようで
また泊まってみたいところです。
ただし、一人での宿泊は事前予約ができません。
できれば前日、早くても2日くらい前に電話で空室があれば泊まれるという
ちょっと予定を立てづらい宿ではあります。









Last updated  2021/09/22 10:17:20 PM
コメント(2) | コメントを書く
2021/09/21
カテゴリ:山歩き大好き

浅間山(前掛山)山頂

以前、一人で登ろうとした時に、濃霧が晴れず、時間切れで諦めたことがありました。
噴火警戒レベルが1に下がり、今回改めて登ってみたいと思いましたが、登山復活はできたものの、年齢的にも無理はしたくなかったので、北岳登頂の時のガイド・群馬県水上町の松田さんにお願いしました。


外輪山の黒斑山から一周してから浅間山へ

朝、5時半出発して黒斑山、蛇骨岳、仙人岳、Jバンドを歩き、浅間山に登って16時15分に下山、休憩入れて10時間45分、35000歩
でした。
お天気は終日快晴で360度の大展望、最高な登山日和でした。






Last updated  2021/09/21 07:49:34 PM
コメント(2) | コメントを書く
2021/09/20
カテゴリ:山歩き大好き
2021-09-20

長野県高峰高原 ランプの宿高峰温泉に来ています。一人だとなかなか泊まれない宿です



2000m雲上の露天風呂



内風呂は
右側が源泉36度、左側が加温40度
先日の那須・北温泉に石鹸、シャンプーがなかったけど、こちらもありません。
水道水ではない創生水という水で、洗い方が貼ってあり、飲用水であり、体も髪も顔も全てこのお水できれいになるとか。




食前酒はガマズミを30度のリカー漬け(薬の匂いが・・)
前菜は花豆、枝豆豆腐、ズッキーニの鰹節和え、刺身こんにゃく 




信州豚の陶板焼き



鴨の治部煮



鮎の塩焼き



天ぷら 
葛の葉 山独活 麓の菱野温泉地区で採れる菱野南蛮(たまに辛いのがあるそう) 林檎 




リコボウ(ジコボウ)の味噌汁
ハナイグチの別名で信州地方ではよく食べられています。
こまかく刻んであるのか、固形物が入っていませんでした。




麓、小諸の林檎(夏乙女)




食事の後は星空観察会




スマホでお月さまをとっていただきました。




らんぷの宿
あちらこちらにらんぷが
今は電気で



暖炉の火はメタンガス




朝、4時半の星空スマホです








昨日はヒメのお墓参りの後に花探しで23000歩、今日は山歩きで26000歩、明日は何歩かなぁ






Last updated  2021/09/22 11:12:57 PM
コメント(1) | コメントを書く
2021/09/19
カテゴリ:日本の野生蘭
今日は愛犬ヒメのお墓参り、
いつもだと寄り道は自然公園ですが、
今日は探したい花があって、電車とバスと乗り継いで隣の市へ
残念ながらそこでは見つからず、またバスを乗り継いで別の市へ
そこでマラやんとサガミランを見ることができました。


マヤラン(摩耶蘭)
7月ごろと9月ごろ、年2回咲くマヤラン
7月には何本か咲きましたが、秋は花が咲いたのはこれ1本だけ
7月に咲いたのも実がならなかったようです



サガミラン(相模蘭)
今年7月、久しぶりにこの場所にでました。
そのときはまだ芽がでたばかりだったので花が咲いたかはわかりませんが
実のついた茎は残っていませんでした。
今回は花が咲いていました。











こちらは芽がでたばかりでまだ花芽はついていないようです。









Last updated  2021/09/19 09:16:28 PM
コメント(2) | コメントを書く
2021/09/18
カテゴリ:栃木の四季
2021-09-21
那須で出会った花
花の時期もそろそろ終わり、実の季節に移行しています。


エゾリンドウ(蝦夷竜胆)



エゾリンドウ



エゾリンドウ



エゾリンドウ



エゾリンドウ



ツルリンドウ(蔓竜胆)



ツルリンドウ




ツクバネソウ(衝羽根草)




シラネニンジン(白根人参)?




シラネアザミ(白根薊)?




ゴマナ(胡麻菜)




ゴマナ




ヤマハハコ(山母子)




ヤマハハコ




ミズヒキ(水引)




キンミズヒキ(金水引)




キンミズヒキ




ヒヨドリバナ(鵯花)
ほぼ終わりですが、咲残りがありました




白っぽいヒヨドリバナ




ヒヨドリバナ




ノコンギク(野紺菊)




ノギラン(芒蘭)
触ってみたら粘らないのでノギランです
蘭とついても蘭の仲間ではありません




ハナニガナ(花苦菜)
ニガナの変種シロバナニガナと同じ品種で
ニガナは花弁が5枚ですが、こちらは8枚
見分け方に葉っぱの付き方に違いがあるようです。次は葉っぱも撮ってみなければ




トネアザミ(利根薊)/別名 タイアザミ かな?




トネアザミ?




テンニンソウ(天人草)




ウラジロタデ(裏白蓼)雄花




ウラジロタデ 雌花




ウツボグサ(靭草)




アキノキリンソウ(秋の麒麟草)




アキノキリンソウ
高山には茎の先に固まって咲くミヤマアキノキリンソウがありますが
これはアキノキリンソウだと思います。




オトギリソウ(弟切草)
那須の花の本にはオクヤマオトギリ(奥山弟切)と載っています。




オトギリソウ




ヤブレガサ(破れ傘)




ボケボケでしたが
マイヅルソウ(舞鶴草)の実




ホツツジ(穂躑躅)




ホツツジ




ホツツジ




ハナヒリノキ(鼻嚔木)
難しい漢字はくしゃみという字です。
葉っぱの粉が鼻にはいるとクシャミがでることから付いたのだそうです。
花が終わり実になっていました。葉っぱも紅葉が始めっていました。



ミヤマガマズミ(深山莢蒾)?




ナナカマド(七竈)の実
赤く色づいていました。




アカミノイヌツゲ(赤実犬黄楊)




シラタマノキ(白玉の木)の実
つぶすとサロメチールのような匂いがします




シラタマノキ




クロマメノキ(黒豆の木)の実
食べるとおいしいそうで、浅間山近辺ではアサマブドウと呼んでいます。



ガンコウラン(岩高蘭)の実
これも蘭の仲間ではありません
安易につけすぎますよね。どこか蘭に似ているのかな?
目に効くといって積んでいたおばさんがいました。
常緑小低木




クロヅル(黒蔓)の実
花が終わって実になっていました














Last updated  2021/09/18 09:53:58 PM
コメント(3) | コメントを書く
2021/09/17
カテゴリ:栃木の四季
2021-09-12
思い立って那須へ
明日は天気が回復しそうだし、どこか登れる山はないかな
久々に那須に行ってみよう



新幹線車窓から故郷の山
日光連山




高原山



今日登る那須連山



那須ロープウェイは約4分で山頂駅へ





ロープウェイから朝日岳





ロープウェイ駅山頂駅からスタート






茶臼岳山頂へ
ロープウェイ山頂駅を降りてから山頂まで40分









三角点






山頂が見えてきました



茶臼岳山頂



那須岳神社山頂祠



茶臼岳山頂標識




お鉢巡りの標識があったのでこれが火口跡?




ニセ穂高といわれている朝日岳
下のほうに峰の茶屋あと避難小屋がみえます











峰の茶屋跡避難小屋




剣ケ峰
峰の茶屋あと避難小屋から朝日岳へ向かいます。






剣ケ峰から振り返って茶臼岳を










恵比寿大黒




恵比寿大黒
向きが変わるとまた違う形に






鎖場を過ぎてまもなく稜線
手前の鎖場は大渋滞で写真は撮れません
意外に小さな子供たちが怖がらず元気に歩いていました。



朝日の肩






うっすらと紅葉が始まってます




朝日岳山頂(標高1896m)
ニセ穂高といわれる朝日岳
鎖場は大渋滞で写真を撮ることはできませんでした
それでも小さな子供連れの家族が多く、子供たちも頑張って登ってました。



朝日岳山頂から茶臼岳
茶臼岳の下のほうに斜めに見える白っぽいのは
ロープウェイを使わずに峰の茶屋あと避難小屋へ登る登山道



朝日岳からロープウェイ山頂駅



三本槍岳へ向かう熊見曽根から1900m峰の稜線



熊見曽根



1900m峰



振り返って朝日岳山頂






清水平
なぜか清水平から三本槍岳への写真を撮っていなかった



三本槍岳・北温泉への分岐
北温泉まで5.1キロは長い
山頂往復は1時間、この時期4時過ぎの下山では遅すぎなので三本槍岳はパス
ベンチで休んでいたカップルも山頂へは行かず
北温泉へ下山するとのことで、ホッとする



19年前の2002年8月には、
三本槍岳も登って北温泉へ下山しているけど、
その時の下山した時間が書いていないけど
温泉に入らずにバスに乗ったのかな
記憶がありませんが
それだけ若かったということかな・・・




北温泉への下山道・中の大倉尾根からの朝日岳と奥に茶臼岳



スダレ山標識




この標識以前からあったのかな?



少し色づいてきています



まだ1/3しか歩いてない
歩く人が少なく一人だと不安だけど、今日は前をカップルが歩いているので
熊の心配もしなくていいので安心して
付かず離れずで歩いています



大きな看板が
初めて歩いたのは19年前、
その時は登山道は赤土が深くえぐれていて滑りやすかったのが
3回目ぐらいに歩いたときは、改修されて石で埋められてワイヤーで固定されていたが
これが非常に歩きづらい道になっていました。



ワイヤーで固定された道が終わり、森に入りました。




ダケカンバからブナの森へ
この先でカップルが休憩中
ここから先、himekyonが先を歩くことに
ブナといえば熊の好物、熊が出ないことを祈りながら
早くカップルが追い付いてくれますようにと先を歩きます。



中大倉山



マウントジーンズスキー場との分岐
あと2キロ
ここからは6月のころにシロヤシオの花で真っ白になるところ



熊除けの鐘
ブナが多いところで熊もでるところ
2ヶ所も設置されている
カップルがなかなか追い付いてこないので
不安で鐘を鳴らして熊さんにご挨拶したり、歌をうたったり、ザックについている笛を鳴らしたり・・
そうそう今日は熊鈴を忘れてしまったので笛を鳴らしているのでした。



マウントジーンズスキー場との分岐
6月は大勢の観光客で熊さんもでてこれないでしょう




やっとあと500mまで来ました。
もう一息



下山しました
下山口でやっとカップルが追い付いてきた



北温泉



バス停まであと1.4キロ
最終バスが4時42分
3時に下山したので温泉に入って、また汗を拭きながらバス停まで歩きました。


バス停から茶臼岳ロープウェイ山頂駅




バス停から朝日岳
ここからはスッキリした山容ではないですね



新幹線車窓から
夕焼けの高原山

今回の歩数は31,419歩











Last updated  2021/09/18 07:12:47 PM
コメント(2) | コメントを書く
2021/09/16
カテゴリ:千葉の四季
今日は午後から用事があってお出かけ
帰りに先日の夕方様子を見に行ったら蕾だったヒガンバナのある所へ
寄り道してみたらほとんどが白いリコリスでした。
その後、公園を歩きながら帰宅
公園のあちらこちらにもヒガンバナが咲いていました。

道すがらのお宅の庭にはキンモクセイが咲きだしていました。
スマホ撮影

キンモクセイ(金木犀)















今日もヒガンバナをUPします

10日ほど前に蕾だったヒガンバナ
ほとんどが白いリコリスでした



















公園に咲いていたヒガンバナ



公園に咲いていた白いリコリス



紅白の花



















エンジェルトランペット







Last updated  2021/09/16 10:32:43 PM
コメント(1) | コメントを書く
2021/09/15
カテゴリ:千葉の四季



ヒガンバナ(彼岸花)/別名 マンジュシャゲ(曼殊沙華)
秋のお彼岸のころに咲くからが由来

先日、寄り道して探したヒガンバナ、やっと芽が出始めたところでしたが
今日は、別の場所で、


















しろいリコリス

白いリコリス






近くにタマスダレがさいていました。

タマスダレ(玉簾)




タマスダレ









Last updated  2021/09/18 07:43:19 PM
コメント(2) | コメントを書く

全5863件 (5863件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >


© Rakuten Group, Inc.