3773207 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

himekyonの部屋

全5352件 (5352件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

2020/04/03
XML
カテゴリ:千葉の四季
今日の帰り、団地の桜を撮ってみました。
スマホだと月がきれいに撮れませんでした。







カラスノエンドウ(烏野豌豆)



シロバナカラスノエンドウ



カラスノエンドウ(烏野豌豆)とシロバナカラスノエンドウ(白花烏野豌豆)




カラスノエンドウ(烏野豌豆)とスズメノエンドウ(雀野豌豆)



スズメノエンドウ(雀野豌豆)




スズメノエンドウ
















Last updated  2020/04/03 10:51:43 PM
コメント(2) | コメントを書く


2020/03/31
カテゴリ:栃木の四季
今更ですが
奥鬼怒日光澤温泉
2日目


朝起きたら外はまさかの吹雪




まさかの雪
風もありふぶいています。


中庭のイワナの養魚場?
ここも吹き荒れています。



窓からも吹雪いているのがわかります。



朝食




朝、わさびちゃんがいました。
噛むのであまり表にださないそうな



左の耳がたれているのがさんぼくん
昨日はずっと寝ていて起きなかったので具合が悪いのかな?と思っていたら
今朝は外へでたら一緒に出てきてくれました。



出発前、お見送りに出てくれたさんぼくん



赤い洋服はお母さんのチャングちゃん
さんぼ君はおかあさんと一緒で元気になりました。



では出発します。
吹雪いているので気を付けていきましょう。














加仁湯も吹雪の中



八丁の湯で宿泊の子供が造っていた雪だるま
雪が積もってフクロウ?幽霊?






サルオガセにも雪が積もっていました。







前日遊んだ河原は吹雪いています。
積雪で水の流れがわからなくなっているため
帰りは夏道を通ります。






鬼怒の中将の乙姫橋まで戻ってきました。









無事に登山口に戻ってきました。



駐車場も雪が積もっていました。



吹雪で食事ができなかったので、
駐車場に戻って車の中でお弁当のおにぎりを食べました。



帰りの車窓からの川俣湖



そと女子スタイル参加のノベルテイ
毎回はちべえさんの手作りグッズです


  
看板犬がかわいかったのでTシャツを購入しました。



娘のわらびちゃん  母親のチャングちゃん  息子のさんぼ君


初めての参加でしたが、若い女子に交じって
楽しくて笑いどおしの2日間でした。







ーーーー番外ーーー

川治温泉のお肉屋さん「坂文肉店」
ここのコロッケが評判で、訪れる客があとをたちません。
himekyonは川治温泉には何度も訪れているのにまだ食べたことがありませんでしたが
今回、参加者みんなで買いに行きました。


実は、ネイチャープラネットさんのご実家で
ガイド・コロスケさんのお父さんです。

先月は、テレビの番組
「ザキヤマが〇時〇分、そこ行きます!ロケスケ流出ふれあい旅」のロケで
ザキヤマと共演してました。

 
コロッケおいしかった          鶏肉もおいしかった
冷めてもおいしかった


お店に飾ってあったひな人形



こちらは手作りのひな人形のようです。



帰りの特急列車の中でひとつ食べちゃいました。























Last updated  2020/03/31 08:21:59 PM
コメント(2) | コメントを書く
2020/03/30
カテゴリ:栃木の四季
昨日は千葉にも雪が降りました。
この冬は雪が少なかった奥日光も大雪になったことでしょう。
​​
今更ですが

2月22日23日
川治温泉にあるネイチャープラネットさん企画
「そと女子スタイル」ツアーに初参加しました。

この企画は70歳を過ぎたhimekyonには無理だろうなと思っていました。
1月12日の​鬼怒川源流・栗山ツアーの奥鬼怒ノシ滝スノートレッキング に参加したときに、
ガイドのはちべえさん(女性)に
「そと女子スタイル」って若い人の集まりですよねって聞いたところ
ぜんぜん大丈夫、70歳だって女子ですよ
2月22日23日に日光澤温泉に泊まるツアーがありますからぜひ参加してください。
 ・・・で、その気になったhimekyonでした。

今回、参加者の皆さん、顔出しOKなので
himekyon婆さんの不細工顔もだしちゃいました。

1日目


夫婦渕温泉駐車場
ガイド・あずきさんのコース説明
スノーシューでの予定でしたが、ほぼ雪がないとのことで
アイゼン歩行での行程となりました。
(ネイチャープラネットさん提供の画像もあります)











奥鬼怒歩道の出発点
まったく雪がありません。



階段を登り切って山道に入ります。
雪が出てきましたが、凍っているのでアイゼンをつけます。
実はこの場所、猿の糞だらけ、人間と同じく臭いらしいので
踏まないように気を付けながらアイゼン装着です。






日光澤温泉まで4.5キロ、
ひたすら歩けば1時間20分ですが・・
急ぐ旅ではないのでのんびり行きましょう~
とはいえ、若い人たちはさっさと歩くのにhimekyonは遅れます。












苔がきれい
胞子がでているのかな?



下りきると鬼怒川にかかるつり橋があります。












新しいつり橋
鬼怒沼伝説に登場する機織り姫にちなんでつけた名前のよう
昔、村の若者が鬼怒沼で機織りをしている姫にであい、
命からがら逃げかえったら3年もたっていて家では3回忌が執り行われていたという



つり橋から冬道へ
夏道は右の山道、冬道は下へ降りて鬼怒川の川岸を歩きます。






去年の台風で川の流れが変わってしまったそうな



猿の足跡があちこちに



今年は去年の台風で流れが変わって
雪も少ないので渡渉が多くなっているそうな









古い温泉小屋がありました。



温泉が湧き出ていて湯気が立っています。



温泉ボコボコ



熱めの温泉が湧き出ていました。






こんなところも渡ります。



夏道と合流です。



崖からつららが



はちべえさんがカワガラス(川烏)発見



去年、奥日光戦場ヶ原・泉門池でカワガラスが水に潜るときの画像が撮れましたが
眼に白い幕が閉じるんですね。






小さな滝が凍っています。
通過後 後ろからドーンと音がしました。
解けてつららが落ちたようです。









階段がガリガリに凍ってます。
アイゼンでしっかり踏ん張って慎重に上がります。











はちべえさんが大好きなサルオガセ
この橋の欄干にたくさんついていました。
参加者のKさんは栗山大好き、日光大好き、地衣類大好き女子です。



広い河原にでました。
青空が広がっています。
ここでゆっくり昼食休憩を取ります。






himekyonは朝早かったので、鬼怒川温泉駅でおにぎり弁当を買いました。というか
これしか売っていなかった。















昼食が終わり
丸太を担ぎ上げなにやら始めたあずきさん
重量挙げですか~



はちべえさん、
丸太を軽々担いじゃうんですね。












himekyonは意味不明



丸太をえいやっーっと突き立てちゃえ~


​​​​









あずきさんのジャンプ凄!



母娘ジャンプも



みんな次々にジャンプ






himekyonも必死に飛んだけど・・・



休憩が終わり、ふたたび日光澤温泉に向けてまた歩きます。



トチノキ(栃ノ木)の冬芽と葉痕






サワグルミ(沢胡桃)の冬芽と葉痕
猿の顔には見えないかな?






熊の爪痕



イワガラミ(岩絡み)のドライフラワー



セッケイカワゲラ(雪渓川螻蛄)みつけました。









またもや渡渉
でもこれは問題なし



八丁の湯に到着



八丁の湯


青空が消えて雨がポツポツ・・
もう少し、日光澤温泉までもってくれますように






1月12日にきた加仁湯



川沿いのカーブの先が日光澤温泉です。
少し濡れるくらいに降ってきました。



日光澤温泉
無事到着です。
部屋で一息ついて温泉へ



女性専用風呂(透明ではないですね)
男性用風呂は混浴で露天風呂もついていて勇気があれば入れますが
夜7時から9時は、女性専用になります。



談話室の薪ストーブ
あったかい~
食事までの時間、はちべえさんの民話の読み聞かせを聞いてくつろぎました。








夕食
イワナの塩焼き、頭からしっぽまで全部食べられておいしかった
もちろん、食事すべておいしかったです






食事のあとはコーヒータイム

歩いている時も、談話室でもお風呂でも、食事が終わってコーヒータイム時も
他の宿泊者から河原で楽しそうでしたねと声をかけられた
「そと女子スタイル」のガイド・あずきさんとガイド・はちべえさんと参加者









はちべえさんお手製の消しゴムはんこの
看板犬・チャング・わらび・サンボが飾られていました。






夜8時を過ぎて(画像は翌朝、食事のすぐあと男性客がいないのを見計らって撮りました)
女性専用時間帯になった男性風呂へ
内湯は女性用より大きくて濁り湯、窓を開けると広い露天風呂が
雨が降っていて寒い!
急いで露天風呂へ
だんだん雨からみぞれに変わって頭が濡れる、痛い
あそこに洗い桶があるわ
頭にかぶれば濡れないよ
みんなで洗い桶頭にかぶって大笑い

いい湯だな♬


朝の男性用風呂



男性用(混浴)露天風呂



階段の上にも露天風呂があります。



露天風呂から見える景色








Last updated  2020/03/30 07:12:29 PM
コメント(2) | コメントを書く
2020/03/29
カテゴリ:千葉の四季
新型コロナウイルス感染予防で不要不急の外出自粛規制が出ている千葉
今朝、10時過ぎ、夕べから降りだした雨が雪に変わり、あっという間に家の前の公園芝生が白くなってきました。
昼過ぎには止む予報ですから積もることはないのではと思っていますが



ベランダ側の小さな公園
10時過ぎに雪に変わって




みるみる芝生が白くなってきた



ファミレス側の駐車場は満車状態

北側の部屋からは、国道14号線沿いの
2軒のファミレス、珈琲専門店、しゃぶしゃぶや、カラオケボックス、携帯ショップ、中古DVDショップが建ち並んでいるのがみえます。



珈琲専門店の駐車場は空いていますがそれでも10台くらいは止まっているかな




千葉市では不要不急の外出自粛規制が出ていますが、次々と車が入ってきます。
特にファミレスは満車状態です。
土日だけしか用事を済ますことができない人が多いんですかね~

幸い、会社では感染者が出ていませんので、今のところ出勤停止は免れていますが
送迎バスにも乗るし、工場では多くの人との接触があります。万が一感染したら「濃厚接触者」としての対応がせまられます。

先日、電車の空いている時間帯にhimeのお墓参りと自然公園ウォークをしてきましたが、JR千葉駅
周辺は人がいっぱい、人ごみを避けるようにはしていましたが、やっぱり行くべきではなかったかと反省!2週間の潜伏期間がやはり気になります。

スーパーへの買い物も心配ですけどね。
先日、お米とお水がなくなるので買いに行って驚き、スーパーの棚にトイレットペーパー、納豆、麺類、牛乳、パン類がまったくないんです。なぜかほしかったお酢、調味料などもないんです。
でもお米とお水はあったのでホッとしましたが、これは買いだめではありません。

しばらくは、休みの日は、himekyonはおとなしく家に引きこもります。
なにしろ高齢者ですからね。感染リスク、重症化が高いですからね。






2時前には雪も止んで、近所の父子の作った雪だるまが残りました。






Last updated  2020/03/30 12:47:19 AM
コメント(4) | コメントを書く
2020/03/26
カテゴリ:千葉の四季
今日のウォークはカタクリ群生地
もちろん、近くにはないので 
通勤時間が過ぎた比較的すいている時間に電車に乗りバスに乗り継ぎ
バスはもともとすいています。
愛犬himeのお墓参りをしたあとに群生地に立ち寄りました。


年々少なくなっているような・・
終盤できれいなカタクリがありません。























































Last updated  2020/03/26 09:48:37 PM
コメント(2) | コメントを書く
2020/03/25
カテゴリ:野鳥大好き
もう1日野鳥の画像を



カワラヒワ(河原鶸)
飛び立つところを狙っていたけど
運動神経が鈍いと一瞬が追い付かない
辛うじて画面に入った



飛び立つ前のカワラヒワ




アオジ(青鵐)








アオジとアカハラ




アカハラ(赤腹)







ヒヨドリ(鵯)




キジバト(雉鳩)








一眼レフカメラを持っていても使いこなすことができない
カメラが泣いていますね・・・










Last updated  2020/03/25 10:23:25 PM
コメント(3) | コメントを書く
2020/03/24
カテゴリ:千葉の四季
ウォーキングで出会った野鳥たち
今年はなかなか野鳥に出会えていないのでこの子達に会えてうれしい




コサギ(小鷺)
黄色い趾(あしゆび)で見分けがつきます。
頭から伸びる長い冠羽(かんう)とふわふわの毛は夏毛




































ヒドリガモ(緋鳥鴨)
















コガモ(小鴨)












マガモ(真鴨)雄




カルガモに似てるけどマガモの雄と歩いていたので
マガモの雌かな?




カルガモ(軽鴨)








カモメ(鴎)かな?
飛んでいるので特定ができませんが








カワウ(川鵜)かな?




カワウとウミウの見分け方はくちばしの基部だそうです。




オオバン(大鷭)
白塗りの鉄仮面のような













Last updated  2020/03/25 09:54:47 PM
コメント(2) | コメントを書く
2020/03/23
カテゴリ:野鳥大好き
今日のウォーキングは18000歩
山歩きをしている時くらいは歩いたような
佐倉の病院帰り、用事があって京成実籾駅へ
用事を済ませて電車で帰ろうかと思ったけど
時間も早いし、歩いて家まで帰ってみよう








京葉高速道路下り線幕張SAの桜の花にいたメジロ



















習志野市実籾付近を源流とする浜田川が幕張新都心で東京湾に流れ込む
源流部はほとんど暗渠になっているそうで、県立実籾高校近くから浜田川沿いに歩いてみた。
途中でちょっと藪っぽくなってきたので、橋を渡って川をそれて歩いたら
なんと京葉高速道路武石インター近くの下り線SAにぶつかった。
ついでに裏から入ってトイレを拝借して
SA外周を回って、また川に沿って歩いたらJR幕張車両基地付近で暗渠になっている。

並行するJR総武線、京成ちはら線の長い跨線橋を渡って住宅街に入ると
暗渠だった浜田川がふたたび幕張の住宅街に姿を現して東京湾に流れ込む
先日歩いた県道にでたところで浜田川と別れて自宅へと

知らないところを歩くのはちょっとワクワクして楽しい~








Last updated  2020/03/24 09:37:41 PM
コメント(1) | コメントを書く
2020/03/22
カテゴリ:千葉の四季
歩道の縁石の隙間などから顔をだして咲くスミレ


ヒメスミレ(姫菫)
背丈が3cm~8cmほどの小さなスミレ
タイワンコスミレの亜種とされる帰化植物
近くのマンションの塀の隙間にびっしりと咲いていました。

※亜種:生物がなにかの原因で隔離されたりしてその地域で生活していくうえで変化したもので
同じ遺伝子を持ち、種として分けるほどではなく、変種でもないもの















ノジスミレ(野路菫)
昔ながらの古い町並みの幕張を通る県道の歩道縁石の隙間から顔をだしていました。
「スミレ」かな?と期待しましたが葉柄に翼がないのでノジスミレのようです。

※ スミレ:〇〇すみれを総称してスミレといいますが、ややこしいことに
スミレには「スミレ」という名前のスミレもあります。
在来種ではなく朝鮮から中国まで分布しているそうです。
学名のmandshuricaは旧満州にちなんでいるそうです。











家の近くのコンビニのそばに咲いていたノジスミレ(雨風で汚れていますが)




ノジスミレ(野路菫)
出勤の5時半にはまだバスが走っていないので
国道14号線にかかる歩道橋を歩いて渡らなければなりません。
暗くて気が付きませんでしたが、夜明けが早くなり
足元が確認できるようになったら
スミレが咲いています。
これは、帰りも歩いて帰らなければ・・・




ノジスミレ




ノジスミレ




こちらは色の白っぽいスミレ
アリアケスミレ(有明菫)のような




アリアケスミレ



毎日歩いている歩道橋にこんなに咲いているとは気が付きませんでした。




こちらのアリアケスミレは
先日、夜のスミレをUPしたときのスミレ
昼間みたら葉っぱに斑が入っていました。









タチツボスミレ(立壺菫)
葉っぱの筋が赤いので(赤斑立壺菫)に近いですが、右側の葉っぱには筋がありません。
これは民家の塀の隙間から顔を出していました。









Last updated  2020/03/22 07:27:18 PM
コメント(2) | コメントを書く
2020/03/20
カテゴリ:千葉の四季
3月19日
新型コロナウィルスの流行で休みに遠出ができないまま、家でうだうだ
じっとしているのも憂鬱で、お昼からウォーキングにでかけました。
ウォーキングといってもhimekyonのは、寄り道ばかりで運動にならないウォーキングです。。

ここ2日ほどの暖かさで
桜・ソメイヨシノの花が咲きだしました。



































こちらは、コシノヒガンザクラ(越の彼岸桜)の名前札がかかっていました。
少し小ぶりの花が咲いていました。
















Last updated  2020/03/20 10:52:23 PM
コメント(3) | コメントを書く

全5352件 (5352件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.