3865423 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

himekyonの部屋

全227件 (227件中 21-30件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 ... 23 >

花が大好き

2018/03/02
XML
カテゴリ:花が大好き
今朝は目覚ましが鳴らずで危ないところで遅刻するところでした。
スマホ目覚ましと置時計の目覚ましを2つかけていましたが、
目覚ましの時間よりも早く目が覚めるのでスマホだけにしていました。
(昨日は残業で遅くまで仕事があったので疲れていたのかな?)
そろそろ時間で目覚ましが鳴るころかなと時計を見てびっくり、すでに家を出る時間を2分過ぎている、
今日から派遣先の現場が変わるというのに間に合わない、遅刻だ!
家から駅まで6.7分、急いで5分、いつもはゆっくりみて10分前に出ている
とにかく行くしかない
顔も洗わず洋服に着替えたままで家を飛び出して、走って走って駅に着いたら、いつもの電車に間に合った。
やればできるもんなんだと我ながらびっくりしました。
コンビニでサンドイッチを買って送迎バスの待ち時間に食べて会社に着いてから、歯磨きと顔を洗いました。
スマホの目覚ましはいつもは登録済みの画面が出るのに確認していなかったのが、間違いの元、
やっぱり置時計の目覚ましも掛けておかなければ・・・


前置きが長くなっちゃった

今日はフラサバソウ
外来種です。




フラサバソウ
ユーラシア原産
フランスの植物学者 フランシェ、サヴァチェの2人が
長崎で発見したので2人の名前がつけられました。




パッと見た目には、オオイヌノフグリと似ていますが
花は小さく、毛がたくさんあります。





















オオイヌノフグリ




オオイヌノフグリ








Last updated  2018/03/03 06:14:08 AM
コメント(2) | コメントを書く


2018/03/01
カテゴリ:花が大好き
今日から弥生3月
春ですね
とはいっても北海道は猛吹雪だそうですが・・




♪つくしだれの子スギナの子♪












ニホンタンポポ(日本蒲公英)




総萼片が反り返っていません。




セイヨウタンポポ(西洋蒲公英)
右上の花の咲き終わったものの萼片は反り返ってます。




オランダミミナグサ(阿蘭陀耳菜草)








カラスノエンドウ(烏の豌豆)








ニホンサクラソウ(日本桜草)
芽が出はじめました。









アマナ(甘菜)




ノウルシ(野漆)










Last updated  2018/03/02 11:11:38 PM
コメント(4) | コメントを書く
2018/01/25
カテゴリ:花が大好き
園芸種のフウセントウワタですが、
去年の晩秋のころ、実が割れて冠毛(綿毛)が飛び出すところに出会えました。




フウセントウワタ(風船唐綿)の花
南アフリカ原産の園芸種でガガイモ科でしたが、新植物分類法でキョウチクトウ科になりました。




































こちらはトウワタ(唐綿)・アスクレピアス
こちらも園芸種で、アフリカ、南北アメリカ、西インド諸島原産、江戸時代に渡来
同じトウワタですが、実は鞘状です。












Last updated  2018/01/26 06:30:23 AM
コメント(6) | コメントを書く
2018/01/21
カテゴリ:花が大好き
ここ何年か、毎年のように花は見ているのに実に出会えていない

去年はたくさんのガガイモの花に出会うことができ、実がついているのもありました。

今度こそは実が弾けるのをみてみたいと。

実の弾ける時期に行ったことがなかったので、去年はじめてその時期に訪れてみました。

これでもか、これでもか、こんなにあったのというくらいたくさんのはじけた実をみることができました





ガガイモ(蘿藦)の実
ガガイモの仲間はガガイモ科でしたが
近年、新植物分類法が変わり、ガガイモ科はなくなりキョウチクトウ科になりました。




実の形も大きさも種につく冠毛(綿毛)もキジョランによく似ています。
実のかたちは、鬼女蘭はツルっとした感じ、ガガイモはごつごつした感じです。





ガガイモの種についている冠毛(綿毛)は絹糸のような細い毛がびっしりという感じ





鬼女蘭は常緑の多年草で冬でも緑色の葉っぱですが
ガガイモはほとんど枯れた状態でした。


























風に乗ってどこまで飛んで行くのかな~


























やっと念願のガガイモの弾けた実をみることができました。









Last updated  2018/01/22 06:52:52 AM
コメント(6) | コメントを書く
2018/01/07
カテゴリ:花が大好き
早いもので今日は7日、幕の内も今日で終わり、七草粥です。
日本の五節句の一つで人を大切にする「人日の節句」というそうです。

1月7日 人日の節句
3月3日 上巳の節句
5月5日 端午の節句
7月7日 七夕の節句
9月9日 重陽の節句

昔からの日本の「若菜摘み」の風習と中国から入ってきた新年の運勢を占う行事で、7日の人の日に
7種類の野菜を入れた汁物を作ることから7日を七草粥の日にすることになったそうです。
6日までに準備して7日の朝に炊くそうですが、himekyonは夜になりました。
土鍋でつくるとおいしいそうですが、
2年ほど前までは、残りご飯のおじや風でしたが、今は炊飯器で炊いちゃいます。

ところで、初詣は神様、仏様どちらにお詣りされたのでしょうか。
himekyonは神仏混合の高尾山でしたから両方でした。

神様仏様にお供えするものに榊と樒がありますが、
去年は初めて榊の花を見ることができました。






サカキ(榊)別名/ホンサカキ(本榊)マサカキ(真榊)
神社の境内に白い花が落ちていましたが、
ヒメシャラ(姫沙羅)にしては小さいし、エゴノキの花にしては長い花柄がないし・・
葉っぱをみてもしかしてサカキ?
花を見たことがなかったので、家に帰って調べてみるとサカキのようです。





高い木に咲いていたので望遠レンズでやっと撮れました。





関東以西に自生するそうで、関東以北の東日本では調達できないので
ヒサカキを代用するそうです。
毎月、1日と15日に新しいサカキを神棚にお供えしますが、
関東でも売っているのはほとんどがヒサカキのような



~~~~~





ヒサカキ(柃)の雌花
雄花はたくさん見られるのに、雌花には出会えていませんでしたので
やっと去年出会えました。

サカキよりも葉が小さいので姫榊でヒサカキという説もあるそうです。
毎月、1日と15日に神棚にサカキを飾りますが、
そういえば、関東でも売っているのはほとんどがヒサカキです。


















ヒサカキの雄花











ハマヒサカキ(浜柃)
冬に花が咲くヒサカキの仲間です。
植栽ですが、去年初めて出会えました。ブロガーさんから教えていただきました。


~~~~~




シキミ(樒)
仏様の木でお寺に植栽されています。
有毒ですが、実が中国料理の八角の実に似ていることから中毒事故が起きたことがあるそうです。














ミヤマシキミ(深山樒)
こちらは昨日載せたミヤマシキミ
山に自生しますが、同じ字を書いても似ても似つかない別の種類です。






















Last updated  2018/01/07 08:29:28 PM
コメント(4) | コメントを書く
2018/01/06
カテゴリ:花が大好き
2012年に「縁起物の植物」​をUPしていますが、
今現在も閲覧をしていただいているようでうれしく思っています。
6年ぶりに去年出会った「縁起物の植物」を




マンリョウ(万両)-自生
関東地方以西に自生しますので、出会うことができます。
















マンリョウの花と蕾は植栽のものです。





センリョウ(千両)-植栽
東海地方以西に自生しますので関東では植栽です。





キミノセンリョウ(黄実千両)









センリョウの花




センリョウとヒャクリョウ




カラタチバナ(唐橘)/別名 ヒャクリョウ(百両)-植栽





ヒャクリョウ-自生
茨城県・新潟県以西に自生とあります
自生に逢いたくて以前葉っぱを見つけた東京郊外の里山で出会うことができました。









シロミタチバナ(白実橘)-自生
白実、黄実は園芸種となっていますが、
高尾山でであった女性に教えていただきました。
他にも1ケ所見つけました。
野鳥さんが種を運んできたものでしょうか?










ヤブコウジ(藪柑子)別名/ジュウリョウ(十両)
4つも実がついたのは珍しい?














ジュウリョウの花










オオアリドオシ(大蟻通し)別名/ニセジュズネノキ)-自生
神奈川県で見つけて、アリドオシ/別名イチリョウ(一両)と思って撮ってきましたが調べたら
鋭い棘が葉っぱよりも長いのがアリドオシのようです。
せっかくなので同じ種類として載せます。






房総にもアリドオシがあります。
今年行けたら写真を撮ってきて比較したいと思います。










アリドオシよりも大きいからとありましたが、確かに木が大きいです。


※※※※※

去年初めて知ったのですが、山でよく見かける
ミヤマシキミ(深山樒)
別名が億両だそうです。
???って感じがするんですが
樒といえば仏様の木、でも似ても似つかないし
有毒植物でもあります。



ミヤマシキミ(深山樒)別名/オクリョウ(億両)





ミヤマシキミの蕾








Last updated  2018/01/29 09:51:10 PM
コメント(6) | コメントを書く
2017/11/29
カテゴリ:花が大好き
あと1日で11月も終わり

今日は早々に忘年会があるために休みを1日ずらして参加

昼間はちょっとだけお出かけしてきました。

日本水仙が咲きだして、蝋梅もほんの少しだけ咲いていました。




日本水仙














































ロウバイ(蝋梅)

夕方5時過ぎでISO感度を上げてやっと1枚だけ撮れました。






咲き残りのツワブキ(石蕗)









Last updated  2017/11/29 11:57:04 PM
コメント(4) | コメントを書く
2017/10/26
カテゴリ:花が大好き
昨日の日記で、今年はセンブリ以外見に行くことはできないだろうなと書きましたが

もしかしてと今日、行ってみました。

草むらの中に数株咲いていました。
 
 

PA260062.jpg

イヌセンブリ(犬千振)
 
苦味が少なく、薬としてやくに立たないからが由来です。
 
 
 
 
 
 
 
DSC_9551-1.jpg






DSC_9556-1.jpg









DSC_9557-1.jpg









PA260054-1.jpg









PA260055-1.jpg









PA260058-1.jpg









PA260059-1.jpg






PA260061.jpg




PA260063.jpg


















Last updated  2017/10/26 08:56:14 PM
コメント(4) | コメントを書く
2017/10/03
カテゴリ:花が大好き
どこにでもあるような雑草と言われる花も近づいてみると



PA020016-1.jpg



チヂミザサ(縮み笹)

葉の形が笹の葉に似て縮んでいるからが由来です。

と書きながら・・・
 
葉っぱは撮っていなかった
 




PA020018.jpg












PA020017.jpg









PA020019.jpg









PA020020.jpg









PA020021.jpg









PA020022.jpg









Last updated  2017/10/03 09:08:59 PM
コメント(4) | コメントを書く
2017/09/29
カテゴリ:花が大好き
久しぶりにシロバナユウガオの花に出会いました。

いつであったか忘れてしまうくらいかなり前だったような




P9280057.jpg


ヨルガオ(夜顔)/別名 ユウガオ(夕顔)
 
正式には干瓢の原料になる野菜を夕顔というそうで
 
園芸種の花は夜顔というそうな 
 
その中で白花をつけるのがシロバナユウガオ(白花夕顔)
 
赤い花をつけるのが赤花夕顔で茎に突起があるので別名ハリアサガオというそうだけど
 
まだ見たことがありません。 




P9280059.jpg





 
 
夜顔は、アメリカ原産で明治時代に観賞用に入ってきたもので 
 
源氏物語にでてくる夕顔は、干瓢のほうの夕顔だそうな





P9280060.jpg





 
夕方から咲きだして翌朝には萎んでしまいます。
 
純白の大輪が甘い香りを放って夕暮れに咲いているのには目を奪われます。
 
 
 
 








P9280058.jpg












P9280068.jpg







P9280070.jpg
 
 
 
 
 
 






Last updated  2017/09/29 11:08:10 PM
コメント(1) | コメントを書く

全227件 (227件中 21-30件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 ... 23 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.