3764374 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

himekyonの部屋

全222件 (222件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 23 >

日本の野生蘭

2019/10/08
XML
カテゴリ:日本の野生蘭
先日出かけた場所でマヤランに出会うことができました。



マヤラン(麻耶蘭)六甲の麻耶山で発見されたことからが由来
葉緑素を持たないので光合成ができない菌従属栄養食物で
地下にある菌類から栄養をもらって生きています。





夏のころと秋の2回花を咲かせます。
いつもは佐倉の里山でみかけるのですが、夏に見かけた後
最近探しに行ってみるとその場所は測量されたのか
赤い杭が何メートルかおきに入って
マヤランの姿がありませんでした。
毎年同じ場所というわけではありませんが、少しづつずれて芽をだしたりしますので
また来年、芽が出てくれるといいのですが・・





この場所のマヤランの株の多さにびっくりです。
こんなにたくさん咲いているのをみたのは初めてです。











左橋の緑色の細長いのは、花が終わって実にりはじめた株です。












Last updated  2019/10/09 07:33:10 AM
コメント(8) | コメントを書く


2019/09/19
カテゴリ:日本の野生蘭
今日は赤い帽子ウォークの会で秩父へ行く予定でしたが
体調はだいぶ戻ってきたけど、まだ遠出は無理かなと参加を取りやめて
少しだけ、近所を歩いてみました。
夕方、かなり暗くなっていたけど農家の庭先の梅の木になにやら白い花が
えっ、今頃セッコク?



セッコク(石斛)
着生蘭で3月~6月ごろに咲く、
高尾山では5月末から6月初旬のころに見られます。





返り咲きとでもいうのでしょうか
間違いなくセッコクでした。








Last updated  2019/09/19 10:19:56 PM
コメント(6) | コメントを書く
2019/07/24
カテゴリ:日本の野生蘭
久々の出会いです。
一人ではなかなか探し出すことができないhimekyonは、いつも他力本願です。
今回ももしかしたらここで逢えるかもしれないねと話ながら、
前を歩いていた同行者から「ありましたよ~」
うれしい~
感動の出会いでした。
10年ぶりぐらいの出会いかなと調べてみたら、13年も前の尾瀬。
でも正しくは7年前にも尾瀬で終わりかけをみていたようだけど、
7年前のことはまったく記憶がありませんでした。






ショウキラン(鍾馗蘭)
葉緑素を持たない菌従属栄養植物
共生菌から栄養や水分をもらって生きている、他力本願の生き方、まるでhimekyonと同じだわ‼️でもhimekyonは賢かないわ





























花花花花花






アリドオシラン(蟻通蘭)
この蘭は3年ぶりくらいになるかしら
小さくてなかなかみつけられない蘭、この蘭も他力本願での出会いでした。
初めて出会ったのは、18年前、一人で箱根を歩いていて、登山道の脇でみつけた白い花
不思議な形の花、何だろう?
帰ってから、図鑑を調べて調べてやっと名前がわかった蘭


























Last updated  2019/07/25 08:17:09 PM
コメント(3) | コメントを書く
2019/07/20
カテゴリ:日本の野生蘭
誕生日登山で出かけた尾瀬
たくさんのお花にであうことができました。
一番出会いたかった花には出会うことはできませんでしたが、
何種類かの野生蘭にであうことができました。



コケイラン(小蕙蘭)
久しぶりのであいですが、尾瀬では初めての出会いです。
以前、尾瀬で何度もご一緒していただいていた、尾瀬のガイドさん・あっちゃんさんから
情報をいただいて出会うことができました。
当時は仕事の休みの日にボランティアでガイドをされていましたが。
6年たった現在は、プロの尾瀬専属ガイドさんになられていました。
今回はお忙しくお会いすることができませんでしたが、
またいつの日かお会いできればと。




ポツポツと降りだした雨が
雨脚が強くなり写真を撮るどころではなくなってしまいました。












イチヨウラン(一葉蘭)









ノビネチドリ(延根千鳥)
















ハクサンチドリ(白山千鳥)




ハクサンチドリ




ハクサンチドリ




トキソウ(朱鷺草)
淡いピンク色の花が朱鷺に似ているからが由来です。

















このいったいはほとんどピンク色が抜けて白に近い花でした。













サワラン(沢蘭)/アサヒラン








サワラン
花は全開しないはず・・だけどかなり開いていました。




オニノヤガラ(鬼の矢柄)
生まれたて~のような細くてヒョロっと下のが2本
花もこれから開くみたいです

















キソチドリ(木曽千鳥)?
樹林帯で出会ったのでキソチドリだとおもうけど・・








この蘭たちは名前が確定しない蘭たちです。
この時期、咲いているのは、ホソベノキソチドリ、マイサギソウとか



















Last updated  2019/07/20 09:56:21 PM
コメント(1) | コメントを書く
2019/07/18
カテゴリ:日本の野生蘭
今年もマヤランの季節になりました。

今日は会社の健康診断、去年は時間ばかりかかったのに
今年はスムーズに終わり、いつもの里山へ寄り道
カメラを持参していないのでスマホでの撮影です。



マヤラン(麻耶蘭)
神戸の麻耶山で発見されたのが由来
葉っぱも根もない、葉緑素を持たない菌従属栄養植物(腐生蘭)です。
ベニタケ科、イボタケ科、シロキクラゲ科などのキノコから栄養や水分をもらって生きています。
そういえば、今年は雨が多かったので、まわりにたくさんのキノコが生えていました。
そのキノコたちから栄養をもらっていたんですね。
でもそのわりには、去年は何本もみられたのに、
今年は去年と同じ場所には1本だけ
10mほど離れたところに2本のみでした。
菌があるところにでるから神出鬼没なのかな

※ 数年前、多摩丘陵でマヤランの仲間のサガミランに出会った時、
近くにシロキクラゲが出ていたのを思い出しました。
生育と関係していたのですね。


日本の野生蘭シュンランや、西洋のシンビジュームと同じ仲間だそうです。
























去年と同じ場所にはこの1本のみ
でも去年は、1ケ月ほど間をあけて行くと近くに新しい株がでて
花を咲かせていましたので、今年もまだでるかもしれません。
期待してみよう






Last updated  2019/07/18 09:58:36 PM
コメント(2) | コメントを書く
2019/07/10
カテゴリ:日本の野生蘭









































Last updated  2019/07/10 08:00:16 PM
コメント(2) | コメントを書く
2019/07/09
カテゴリ:日本の野生蘭
何年も通って初めて咲き始めのかわいらしい布袋蘭に出会えました。
今年の異常天気で咲き始めが遅かった












































































































Last updated  2019/07/09 08:00:16 PM
コメント(1) | コメントを書く
2019/07/07
カテゴリ:日本の野生蘭

今年はちょっと行くのが早すぎてやっと一輪だけ咲き始めたカキラン(柿蘭)





初めて出会った時は、何株もあったカキランだった場所には
今年は、1株も見あたらなかった・・・




ヤマサギソウ(山鷺草)
今年新たな場所で出会えました












ムヨウラン(無葉蘭)




















Last updated  2019/07/07 08:03:32 PM
コメント(3) | コメントを書く
2019/06/27
カテゴリ:日本の野生蘭
6月17日
田代山~帝釈山
お花の山として知られているふたつの山
アクセスが悪いうえにわざわざ梅雨の最中に登るのは、オサバグサが咲く季節だから、
もちろんhimekyonも楽しみにしていました。

それにもまして感激したのが、イチヨウランでした。



イチヨウラン(一葉蘭)
葉っぱが1枚だからが由来ですが、全体の写真を撮りそこないました。
今回、花に詳しく次々と探し出してくれた参加者がいて
このイチヨウランも見つけてくれました。
日本の野生蘭は地味な色が多くて華やかさもありません、
周りに同化してhimekyonにはとても見つけ出すことはできません。
せっかく見つけてくれたのにボケボケでした。








ガイドのコロスケさんも見つけだしてくれました。
初めてみた花だけど、もう覚えましたよ。
さすがです。

途中、小休憩していたら
3人組の男性の一人が遅れて登ってきました。
下のほうで、葉っぱが1枚の蘭を見つけたけどなんという蘭かな
イチヨウランですか
そうそうそれ、4本あったね
最初に見つけた参加者の方が、えっ4本あったんですか
悔しい~って

秋田のマタギが付けるという音色が響く熊鈴を鳴らして
前の2人はただ歩くだけ、私は花を探しなららゆっくりだよといいながら
あっという間に登って行ってしまいました。










Last updated  2019/06/27 11:02:12 PM
コメント(2) | コメントを書く
2019/06/13
カテゴリ:日本の野生蘭
,咲きたてのホヤホヤのオニノヤガラに出会うことができました。



オニノヤガラ(鬼の矢柄)
これでも野生蘭です。
































こちらは咲き進んでいる株







こちらはそろそろ咲き終わりかな



咲き終わり、実になりつつあります。







アオテンマ(青天麻)の咲き終わり
実になっています。残念1週間遅かった。
腐生植物は毎年同じところに出るとは限りません。
アオテンマは神出鬼没のようです。





アオテンマは、咲き終わっても茎が青いまま

オニノヤガラとアオテンマ、名前は違いますが、花や茎が緑色を帯びるものをアオテンマ
花も茎も淡黄白色をシロテンマといいます。他には小さなナヨテンマ、ヒメノヤガラがあります。








Last updated  2019/06/13 11:13:28 PM
コメント(3) | コメントを書く

全222件 (222件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 23 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.