3777720 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

himekyonの部屋

全389件 (389件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 39 >

高尾の四季

2020/01/17
XML
カテゴリ:高尾の四季
高尾の冬の風物詩といえば、キジョランの実とシモバシラの氷華
残念ながら、年末に引っ越しをして
シモバシラの氷華を見る機会を逸してしまいましたが、
キジョランの実と綿毛は、なんとか間に合うことができました。




キジョラン(鬼女蘭)の実
蘭とついてもまたまた蘭の仲間ではありません。
以前、ガガイモ科だったものが、キョウチクトウ科になりました。
種を遠くへ飛ばすための長い綿毛が、髪を振り乱す鬼女に似ているからが由来です。





キジョランは、東南アジアまで渡る蝶、アサギマダラの食草になっています。
葉っぱの裏に幼虫を見かけることがありますが
今回は見つけることはできませんでした。
キジョランには毒があり、幼虫が体内に毒をもつことにより、
成蝶になって、海を渡る際に鳥に食べられないようにするためです。





















すでにほとんどの種が旅立ったあとの実










晴れてはいたものの光線が少し弱かったので
虹色の輝きがみられませんでした。









キジョランのつぼみ
地味な花ですが、花が咲いてから大きな実が割れて
長い綿毛が飛び出すまで2年かかります。
花には目もくれないのに、実になってはじけるころになると
実を盗ってしまう輩が何人?もいます。


今年は遅い時期ながら、3ケの実を見つけることができて感動しました。

以前、幼虫、さなぎを見つけることができましたが、
いつか、羽化するところに出会えたら・・・








Last updated  2020/01/17 10:49:32 PM
コメント(5) | コメントを書く


2020/01/04
カテゴリ:高尾の四季
1月2日に出かけた高尾山
寄り道大好きhimekyon、さっそく寄り道です。



ロウバイ(蝋梅)
もしかしてと探してみると、まんまるつぼみ
ちょっと早かったかなと奥のほうをのぞいてみたら
やっぱり咲いてました。




















去年の咲き終わってできた実









Last updated  2020/01/04 11:25:54 PM
コメント(3) | コメントを書く
2020/01/03
カテゴリ:高尾の四季
昨日の初詣で
早くも紅梅の花に出会えました。




紅梅
この場所はいつも早くから咲きだすところですが
お正月にはこの場所を通ったことがなかったのでびっくりです。



















Last updated  2020/01/03 09:14:52 PM
コメント(1) | コメントを書く
2020/01/02
カテゴリ:高尾の四季
昨日は、仕事始めの出勤でしたので
改めて新年おめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。
引っ越しの片付けもほぼ終わり、落ち着きを取り戻し、
平常の生活に戻りつつ新年を迎えることができました。

今日は2ヶ月ぶりの高尾山へ初詣&山歩き
久しぶりに1号路の表参道を歩いて薬王院へ参拝
と思ったら長蛇の列、
出遅れて12時少し前に着いたので、並んでいたら日が暮れそう、帰りに寄ることにして山頂へ





高尾山口駅からの参道




酒饅頭を食べて出発





今日は1号路を歩きます。




山門の手前からの長蛇の列で規制されています。
1時間ぐらい待ちかな?
素通りして先に山頂へ行くことにします。




山頂




やはり、午後からでは富士山は雲の中でした。高尾からの富士山は午前中でないとなかなか見ることができません。
親子連れがワー、富士山うれしいーと写真に収まっていましたが、、、あれは丹沢の山なんですけど、、、




帰りはスムーズにお参りできました。





薬王院はお寺さんだと思っていましたが
鳥居もあります。















ご本尊飯縄大権現の
烏天狗




昼間の山門と違い静かになりました。





浄心門も静かになりました。




霞台からの遠望





ケーブルカー待ちの人波
歩いて下山することにします。





ケーブルカー乗車待ち




リフト乗り場もいっぱい




金毘羅台からの夜景
スカイツリー方面




スカイツリーも光っています。














高尾山口に戻ってきました。
大分、日が長くなりましたが、さすがに下山は真っ暗、ヘッドランプを付けての下山になりました。





下山してからお蕎麦を食べました。


去年は山歩き復活の年と位置付けしたはずでしたが、後半はエアコン故障から体調崩したり、
白内障手術、引っ越しと続き、山歩きどころではありませんでした。
体力は衰えてきていますが、少しでも復活できればと思っています。






Last updated  2020/01/05 11:53:28 AM
コメント(5) | コメントを書く
2019/11/23
カテゴリ:高尾の四季
大好きな高尾山も体調を崩したり、台風被害があったりと出かけられなくて
花の時期を逸していまったものがたくさん、

晩秋の11月3日に出会った花たちです。



リンドウ(竜胆)

















ノハラアザミ(野原薊)





トネアザミ 別名/タイアザミ





アキノタムラソウ(秋の田村草)?
咲き残り













コウヤボウキ(高野箒)
高野山で箒の代わりに茎を束ねて箒に利用したから











リュウノウギク(竜脳菊)
茎や葉っぱが竜脳のにおいがするから




チャノキ(茶の木)





アキノキリンソウ(秋の麒麟草)
咲き残り





ヤクシソウ(薬師草)








ホトトギス(杜鵑草)
咲き残りです。




フユノハナワラビ(冬の花蕨)
花でも蕨でもありません。
シダの仲間で蕨のようにみえるから
花に見えるのは胞子葉






フユノカンアオイ(冬の寒葵)














シラネセンキュウ(白根川芎)










マツカゼソウ(松風草)
もうとっくに終わっているはず・・・









ヤマホオズキ(山酸漿)












ツルリンドウ(蔓竜胆)の実





トキリマメの実





テイカカズラ(定家葛)の実





この木の名前がわからない
最近、薬王院の参道に植栽された木が赤い実をつけました。
サカキかな?と思ったけど赤い実はならないようです。
ミヤマシキミでもないような?
どなたか教えてください。




~小さな紅葉~
今年の紅葉は遅れて、訪れたときは紅葉している木はありませんでした。
もう11月後半
高尾も色づいていることでしょう









Last updated  2019/11/23 11:14:06 PM
コメント(2) | コメントを書く
2019/11/22
カテゴリ:高尾の四季
間があいてしまいましたが、11月3日に歩いた高尾の花です。
出会いたかった花は、先日UPしたキッコウハグマとセンブリでした。
時期的に終わってしまったかなと思いましたが、
台風19号直撃で大きな被害がでた高尾山へは、行くことができないでいました。




センブリ(千振)
千回振りだしてもまだ苦いからが由来
センブリは、ゲンノショウコ、ドクダミとともに
三大民間薬として昔から利用されてきました。

先日、NHKの「ちこちゃんに叱られる」で
「なんで薬は苦いの?」をやっていました。
薬は胃ではなく小腸で吸収される、
小腸の内側は、水や水に溶けやすいものを吸収しないように油の膜に覆われている。
苦み成分は水に溶けにくいので、小腸で吸収される。

だそうです。
センブリも同じなのかな?




花弁が5枚





















花弁4枚が混じっている





花弁4枚





花弁4枚が多い株















Last updated  2019/11/22 06:57:37 PM
コメント(8) | コメントを書く
2019/11/08
カテゴリ:高尾の四季
11月3日
季節は晩秋です。
北海道からは、雪の便りが届いてきていますが、今年は猛暑が続いて紅葉が遅れている高尾です
なぜか、鮮やかな色のスミレが咲いていました。




葉っぱにに切れ込みがあるのは、エイザンスミレだけど
ちょっと葉っぱが違うような感じ・・・
花の色も随分と濃う感じ・・
花の形も・・・

どなたかお分かりの方
教えてください。









Last updated  2019/11/08 10:38:39 PM
コメント(6) | コメントを書く
2019/11/05
カテゴリ:高尾の四季
11月3日 
3連休中日に訪れた高尾山
そろそろ咲きだしているかな?




キッコウハグマ(紀行白熊)
葉っぱが亀の甲羅のような形をしている。
花の形が、僧侶が使う払子や
武将の采配につける装飾のハグマに似ているから。
白熊は中国の動物ヤクの白い毛でつくった装飾品





花は3つの花が一つになって咲いている。
直径は1から1.5センチほどの小さな花


























葉っぱが亀の甲羅に似ている。






蕾がたくさんあるが、
すべて咲くわけではなく、閉鎖花で自家受粉して種を作ってしまう。





閉鎖花から実を結び、綿毛になって種を飛ばす。






オクモミジハグマ(奥紅葉白熊)が咲き残っていました。
葉っぱがモミジのような形をしている



















カシワバハグマ(柏葉白熊)
葉っぱが柏の葉のような形をしえいる。


















Last updated  2019/11/22 06:17:15 PM
コメント(6) | コメントを書く
2019/11/04
カテゴリ:高尾の四季
昨日は台風被害のあとの 初めての高尾山
3連休の中日、「もみじまつり」も始まって凄い人出でした。
肝心の「紅葉」は、ぜんぜん色づいていませんでしたが・・
今回は、被害の状況もわからないので、往復ケーブルカーを利用しました。
観光客が歩くところは問題はないようですが、
前回歩いた山頂から奥のほうの道は通行止め
他にも通行止めがありました。
朝のうちは富士山も見えたようですが、山頂に着いた時は
雲におおわれていました。




高尾山口駅から行列です。





ケーブルカー駅
まだ広場はいっぱいにはなっていませんでした。




11月1日から「紅葉まつり」がはじまって、
イベントをやっていました。





ケーブルカーは2回目の改札で乗れました。
紅葉ピーク時は広場まで行列ができます。




高尾山頂は599m
ケーブルカー麓駅「清滝」は201m




ケーブルカー山頂駅は472m
麓腋から6分間でつないでいます。





天狗焼
薬王院のご本尊は飯縄権現・天狗さまですから
あんこは小豆ではなく黒豆あん、しつこくなくておいしい
大体ケーブルカーで上がる時は買って食べながら歩いてます。





行列ができて、フル回転で焼いてました。

薬王院の写真は取ってませんでした。・・・




山頂は、人、人、人




この行列 山頂標柱で記念撮影する順番待ち





まだ人が通れる通路はあります。





富士山が右の木の後ろのほうに見えるはず・・・(涙)
午前中早いうちはまだ見えたようです。…






帰りのケーブルカー待ちの行列
アナウンスでは、最後尾は15分待ちなんて言ってましたが、
3回目の改札でした。





マロンタルト
これも高尾名物なのだそうですが、
himekyonはやっぱり天狗焼のほうが好き!



花探しがメインなので花以外はこれだけしか撮っていませんでした。
前回、城山まで行けなかったので、今回は行くはずだったけど
薬王院で、お花好きのおばさまに出会って
お花の話で1時間ぐらいおしゃべり、またもや城山までは行けませんでした。
そのおばさま、毎日登山しているそうで
健康登山手帳が50冊になったとか
(行くたびに300円で押印してもらい、21日間で1冊)
押印してもらったあとは、お花探し、
毎日来ているので、高尾の主さんたちと知り合いになり
貴重な花を教えてもらっているという、
貴重な花は人には教えてはだめといわれているから
写真だけでと・・
うーん、こういう人と知りあいになればいいのか・・
でも連絡先も聞いていない・・
それができれば、もっともっとたくさんのお花が見られるんだろうな・・




















Last updated  2019/12/16 08:03:20 AM
コメント(4) | コメントを書く
2019/10/21
カテゴリ:高尾の四季
10月9日
台風19号で大きな被害を受けた高尾
himekyonが歩いた裏高尾の林道はいまだひどい状態だそうです。
台風の前に出かけた高尾の花たちの続きです。




ヤクシソウ(薬師草)が咲きだしていました。







アキノキリンソウ(秋の麒麟草)はそろそろ終わりかな





キチジョウソウ(吉祥草)はもう少しで咲きだしそう





キチジョウソウ








サラシナショウマ(更科升麻)
少し、ピンクがかった花が咲いています。





センブリ(千振)ももう少し






ノコンギク(野紺菊?カントウヨメナ(関東嫁菜)?





カントウヨメナ?ノコンギク?





シロヨメナ(白嫁菜)






シロヨメナ






シロヤマギク(白や雨菊)









フユノハナワラビ(冬の花蕨)
これからの季節です。






ヤマホタルブクロ(山蛍袋)が咲き残っていました。





センボンヤリ(千本槍)の果穂
春に淡いピンクか白の花を咲かせますが、
秋に花の咲かない閉鎖花をつけます。
閉鎖花とは、花が咲かないで自家受粉して実になって綿毛を飛ばします。
この形が大名行列の奴隊が持つ毛槍に似ているからが由来です。





センボンヤリの綿毛





シュウブンソウ(秋分草)
秋分も終わり、花も終わりです。





ヤマウド(山独活)
花は終わり、実になっています





タマアジサイ(玉紫陽花)の花も終わりです。





タマアジサイの花






チャノキ(茶の木)が咲きだしました。


(完)

は冬









Last updated  2019/10/21 06:44:02 PM
コメント(0) | コメントを書く

全389件 (389件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 39 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.