3762457 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

himekyonの部屋

全25件 (25件中 1-10件目)

1 2 3 >

山歩き大好き

2020/02/16
XML
カテゴリ:山歩き大好き
今日はいつもお世話になっているネイチャープラネットさんの奥日光庵滝ツアーに参加してきました。





スノーシューのはずが、今年は暖冬で雪が少なく踏み固められた雪道が凍っていてアイゼンをつけての歩きになりました。
いつもなら念のためアイゼンを持参するのに今回は持参するのを忘れていて、メール確認もしていなかったためアイゼンとヘルメットをお借りすることになりました。


庵滝も全面凍結とはならず、中央部分が水しぶきをあげて流れ落ちていました。






Last updated  2020/02/16 08:42:48 PM
コメント(4) | コメントを書く


2019/09/30
カテゴリ:山歩き大好き
智恵子抄の一節
「東京に空はないという、本当の空を見たいと言う」


12年ぶりに智恵子のふるさとの山、安達太良山に行ってきました。

川治温泉ネイチャープラネットさん主催
期間限定トレッキング福島シリーズ全4回
最終回は安達太良山でした









お天気に恵まれ最高の登山日和でした。






Last updated  2019/09/30 10:38:56 PM
コメント(10) | コメントを書く
2019/08/19
カテゴリ:山歩き大好き

駒の池に映る会津駒ヶ岳


夕べは川治温泉に前泊して、ネイチャープラネットさん主催のトレッキング、早朝5時出発で、南会津檜枝岐にある、日本百名山の会津駒ヶ岳へ
天気予報は、雨だったけどポツポツときただけですぐにやみました。
確か10数年前に一人で登っていますが、記憶はほとんどなし、雨の中コンデジで花の写真を撮りまくっていて壊れてしまい、それがきっかけで一眼レフにしたことを覚えているくらいです。


会津駒ヶ岳山頂




中門岳山頂






Last updated  2019/08/19 07:30:01 PM
コメント(3) | コメントを書く
2019/08/16
カテゴリ:山歩き大好き
8月11日~12日
青春18切符は、日本全国、各駅停車・快速が乗り降り自由で1日2370円。
「青春18」の名前がついていても誰でも利用できて70歳の婆さんでも利用できます。
11日最寄り駅を5時に出発して、6回乗り継ぎして14時7分に近江長岡駅に着きました。
お盆休みで大混雑、沼津から豊橋まで2時間の長い区間が、冷房が効かない列車で最悪、
空席もなく立っていましたが、隣の男性の前が空いたらhimekyonに席を譲ってくれました。婆さんだと親切にしてもらえるのかな
駅に着いて登山口までのバスの時間を確かめたら、1時間半後、勘違いしていたようです。
以前登った時はそんなに苦労しなかったような気がして3時から登れば3時間くらいで
6時ごろには着きますねと宿に伝えてありましたが、4時に歩きだしたので、1時間のロス
バス待ちしないでタクシーで行けばよかった・・


伊吹山 登山口へのバスの車窓から


三の宮神社の鳥居をくぐって登山口へ




バスを降りて登山届を出して出発。






登山口





登山口から約40分やっと1合目に着きました。







2合目





ユウスゲが咲いています。夕方咲いて翌朝には萎みます。



3合目
やっと3合目に着いたのにすでに6時です。
宿に電話しようと電話番号を探したけど見つからない
登録を忘れたのか・・



あのてっぺんに何時に着くのだろう
夜間登山が盛んだというけれど、だれも歩いていない・・




きれいな夕焼け
琵琶湖が見えている。
写真撮る余裕がなくてかろうじて1枚


日没
真っ暗、かなり下のほうにチラチラと灯りがみえる
誰か登ってきているのがわかりホッとした。



8合目
ガレ場の足の置き場があちこちにあってどこを歩いていいかわからない
怖い!
そうだ、下から登ってくる人を待っていよう
山ガールが2人登ってきた、一緒と歩きだす。
すぐ先にベンチがあった。

9合目あたりで電話がなった。
宿からだった、やっぱり登録していたのに
なぜ見つからなかったのだろう
心配して山頂のすぐ下まで迎えに来てくれた。
3時間どころではなく5時間もかかってしまった。



昼間はおみやげやさん。
夏の間は仮眠所になっている。
お腹が空きすぎて舎利バテ寸前だった。
9時過ぎなのにカレーを作ってくれて少しづつお腹に入れて動悸もおさまってきた。
塩のかかったトマトがまるごと1つ、ものすごくおいしかった。





板の間に毛布2枚と枕で2000円。




山頂は強風とガスで真っ白
宿のご主人が案内してくれて、一瞬ガスが切れたところ
手前が大垣市内、奥の明るいところが名古屋




山の麓は関ケ原だそうだ




米原市街



翌朝もガスで真っ白










めったに開かないそうだ

























西遊歩道
荷物運搬の軌道が通っていて荷物を運んでいた。





鹿除けネット
すべてに張ってあるわけではないので鹿が入りこみ、ニッコウキスゲはほとんど食べられてしまって
どんどん植物が減っているそうだ



下山します。



鹿除けネットの入口をくぐります。

































伊吹山は石灰岩の山
岩がごろごろで歩きづらい


























夜、迷った8合目
すぐ近くにベンチがあったがわかりづらかった。



右下の低くなったところが道
himekyonは人が座っている前の細い道から上がってきた。






























ススキの穂が出始めた



1合目にたどり着いた時にダウン寸前、山頂で買った250円のお水を飲みほして
1合目の自販機では200円のお水、登山口までに全部のみほしてしまった。
とにかく暑くてあつくてよく熱中症にならずにすんだものだ



何とか無事に戻ってくることができました。

車だと山頂近くまで行けるげど、下からだと標高差1000m、こんなにきつい山だったかと、











Last updated  2019/08/29 12:09:51 AM
コメント(2) | コメントを書く
2019/07/22
カテゴリ:山歩き大好き
夕べは川治温泉に泊まって、朝5時集合のネイチャープラネットさん主催のトレッキングツアーに参加してきました。
先月は福島の山、田代山~帝釈山、
今回も福島の山、栃木那須連山の裏側にある流石山~大倉山、どちらも車がないと行けない山、三倉山まで縦走の予定でしたが、雨の予報でか参加者が2名で、下山口までの車の手配が出来ず、ピストンになりました。雨はパラパラ程度でしたが、ガスガスでほとんど景色は見えませんでしたが、たくさんの花が咲いていて感動、7時から歩き出して、途中地図に載っている鏡ヶ池に寄り道して下山は5時、歩きがいのある山でした。





那須三本槍岳

帰路の途中、会津田島で、祇園祭をやっていて、車が通れず、見学することにしました。




帰宅は午前0時過ぎになりそうです。






Last updated  2019/07/22 09:31:40 PM
コメント(3) | コメントを書く
2019/07/12
カテゴリ:山歩き大好き
20年前の6月、ツアーで初めて尾瀬をあるきました。
その時のコースが、鳩待峠-山の鼻ー牛首ーヨッピ橋ー元湯山荘泊ー三条の滝―御池
ツアー会社からの事前説明会があり、山用品販売店とタイアップしていて、山のガイドさんから山の歩き方などの説明の後、山用品の販売がありました。気軽に聞きに行ったはずが、あれが必要、これが必要とまんまと乗せられて、手持ちの現金ではとても買える金額ではなく、その足で千葉から新宿の販売店まで出向き、山用品一式○十万円をカードで買いそろえてしまいました。
たかが1泊2日のハイキングに?でも揃えたからにはがんばって歩かなくては・・・

当日、バスの中で添乗員さんから1枚の地図を渡されて鳩待峠で降ろされました。
「今日は自由行動で尾瀬ヶ原を歩いて時間までに山小屋に着くようにしてください。」
スポーツと名の付くものをやったことがない運動オンチ、おまけに高所恐怖症、
そんなhimekyon、いきなりの山道で怖気づいていたら
バスの隣の席に座っていた女性が、「一緒に歩きましょう」と声を掛けてくれて
遅れると立ち止まって待っていてくれたりしてなんとか山小屋にたどり着くことができました。
山小屋に泊まるのも初めて、水芭蕉のシーズンで1枚の布団に2人?のような見動きがとれないくらいの混雑で眠れませんでした。お風呂は石鹸はダメ、歯磨きは歯磨き粉ダメ・・・
翌日は、三条の滝へ、山道を登ったり下ったり、急な梯子があったり、直ぐ下がガケになっていたり、
小さな沢を渡ったり、もう恐怖が先にたってへっぴり腰で必死に歩きました。
そしてそのご褒美が、
轟音、轟かせて尾瀬の水を一気に落とす三条の滝でした。
苦労して自分の足で歩くとこんな素晴らしい景色に出会えるんだという感動、
花の名前も知らなかったけど、ミズバショウ、リュウキンカ、ミツガシワ、タテヤマリンドウ
その時にわかった花の名前。
自分の足で歩くとたくさんのお花にも出会えるんだ
その翌週から、ほぼ毎週山のツアーに参加するようになりました。
歩きなれてくるとツアーだと限界もあり、高尾山をきっかけにひとり歩きをはじめ、
山での出会いで友達が出き、ブログの出会いで友達ができ、O氏との出会いなど
たくさんの出会いがあって20年が立ちました。
運動オンチのhimekyonが20年も続けられたのは、
競争でなく、のろまの亀足でも自分のレベルで歩くことができる
いきなりの定年引き下げて5年前に定年、それからの5年間は
連休もとりにくい会社勤め、高い山へ行く機会が少なくなり、
ハイキング程度のお花探しの歩きになってしまいました。

また、誕生日登山も翌年の「浅草岳・守門岳」からほぼ毎年、日帰り、泊りのどちらかで、
日程があわないときはその前後の日で出かけています。
至仏山は、以前にも誕生日登山に選んでいます。
燧ケ岳に登ったのは1回、至仏山は6回目くらい
大好きな花の山、
今回、誕生日登山に尾瀬を選んだのは、山歩きの原点でもあり、
20周年でもあることからでした。






三条の滝(スマホ)7月10日










燧ケ岳(ひうちがたけ)(スマホ)7月11日朝











至仏山(しぶつさん)(スマホ)7月11日朝
シルエットはhimekyon







Last updated  2019/07/12 10:37:56 PM
コメント(2) | コメントを書く
2019/05/31
カテゴリ:山歩き大好き
5月9日
続き
PCの状態が悪く、UP寸前でエラーがでてコメントが消えてしまいました。
下書きのままのUPです。



中の丸展望台




中の丸からは、多摩川を挟んで、武田信玄が陣を張った拝島の街がみえます。




































































































































































































































Last updated  2019/05/31 11:32:34 PM
コメント(1) | コメントを書く
2019/05/30
カテゴリ:山歩き大好き
3週間も前になりますが、5月9日
O氏主宰の赤い帽子ウォーク第17回目、himekyonが初参加してから3回目になります。
狭山丘陵、多摩丘陵と歩いて、今回は加住丘陵、狭山丘陵、多摩丘陵は知っていましたが、加住丘陵の名前は知りませんでした。八王子市の北端、奥多摩三頭山を源流とする秋川と山梨県塩山・笠取山を源流とする多摩川が合流する南岸付近に連なる丘陵を指すそうです。
戦国時代、武蔵野国の守護代大石定重が滝山城を築き、北城氏第4代の弟氏照が養子に入り、
滝山城を再整備して居城としました。多摩川に削り取られた北側の断崖と南側の入り組んだ谷戸を利用した堅固な山城に武田信玄も本丸までは攻めきれず敗退しましたが、
より堅固な八王子城を築城し移り住みました。
豊臣秀吉の小田原攻めに破れ、兄北条氏政とともに切腹させられて滅びました。
滝山城址は残された遺構の保存状態がよく、
将来に残すため、東京都が所有者から買い上げて都立公園として管理しています。
滝山城址は新百名城にも選ばれています。


京王八王子駅からバスに乗り、道の駅八王子滝山からスタートしました。
谷地川沿いに歩き、滝山街道を横断して天野坂へ




滝山城入口天野坂に建つ石碑

「不許葷酒入山門」(くんしゅさんもんにいるをゆるさず)
何の意味?
禅宗・少林寺への参道になっていて
酒や匂いの強い精力の付く食べ物を食べると修行の妨げになるから禁止という意味らしい








金龍山 少林寺
北条氏照が開祖したお寺で、檀家7割が北城氏ゆかりの末裔とか
今回は立ち寄っていません。




ヤマツツジが満開







かたらいの路 滝山コース
東京都が武蔵野の路を参考にして多摩の丘陵地にある公園、史跡、緑地保全地域を結んで、
自然や歴史を学びながら老若男女が楽しめるレクレーションのための道。
いくつものコースがあり、滝山城址も草花・滝山コースの一部になっています。































木橋からの空堀



















空堀の説明をするO氏




真っ直ぐな空堀ではなく、楔形にジグザグしていて
敵が侵入するの時間稼ぎになる





屏風がた空堀
屏風をたてたようにまっすぐに進めないように、また登れないようになっている。






二の丸跡
二の丸の3ヶ所に馬出を設けて本丸、中の丸への侵入を防御した




出入口に設けた狭い空間



















千畳敷
滝山城の中で一番広い空間
村人たちが年貢を納めに来たりする場所






中の丸へ







時を刻んだ大木














中の丸で昼食休憩です。














Last updated  2019/05/30 08:39:25 PM
コメント(2) | コメントを書く
2019/05/27
カテゴリ:山歩き大好き
先日は久々の花探し遠征
というよりも山菜採りツアー?

毎年、春になるとフキノトウだけは、自ら採って
天ぷらにして食べるのが楽しみです。

20年も山歩きをしていると山菜の名前も多少は覚えましたが、
フキノトウ以外、自ら採ったことがありませんでした。

春の遠征時になると、山菜を採ってくれていただいてはいたのですが
自らは採ることができないでいました。
去年の遠征時、初めて「これがコゴミだから採ってごらん」っていわれておそるおそる・・
今年は、コゴミとタラノメを自ら採ることができました。
地元の人が教えてくれたのを採れば間違いはありませんからね。




今回の山菜
ワラビ、タラノメ、コシアブラ、コゴミ、ウコギ





ワラビとウコギ以外は全部天ぷら
ワラビの三杯酢





ワラビはそのままおひたしと三杯酢 重曹で灰汁抜きができるよって
コゴミは、天ぷら、胡麻和え、味噌汁、辛子マヨネーズもおいしいよって
ウコギは茹でて胡麻和えと茹でて塩もみをして刻んでウコギごはんがおいしいよって



ウコギ(五加木)
山形県米沢がウコギで有名。
上杉兼続が米沢に持ち込み栽培を始めたとのいわれ、
米沢のウコギはとげのあるヒメウコギで、9代藩主上杉鷹山が、
食料と守りを兼ねて生垣に植えることを推奨したそうな









Last updated  2019/05/27 07:59:45 PM
コメント(3) | コメントを書く
2018/08/31
カテゴリ:山歩き大好き
みみりん家族と1泊で出かけた信州・蓼科
初日は、平日とあって首都高速の通勤渋滞にあい、山梨の小淵沢インターを降りたのは11時過ぎ、
4時間半近くかかってしまいました。
まずは腹ごしらえ、と向かったのは、あれ、この道何度も通っているよ!
ネットで検索してくれた蕎麦屋「おっこと亭」でした。


rblog-20180831204310-01.jpg

おっこと亭
平日だから空いているみたいだね




rblog-20180831204310-04.jpg

ざるそばとてんぷら3点もり




rblog-20180831204310-02.jpg

箸やすめ
きゅうりとおみそが置いてありました。
パリパリ!



rblog-20180831204310-03.jpg

お座敷と手前にテーブル席、庭にはペットOKのテーブル席
がらがら~と思ったら
次から次から入ってきて待ち時間までできていました。
タイミングがよかったね~
おいしくいただきました。





玄関に咲きだしていた フジバカマ(藤袴)






八ヶ岳山麓のそば畑
あちらこちらに点在していたソバ畑



食事が終わって蓼科にある保養所へ
himekyonは別行動で途中下車
北横岳ロープウエィ乗り場で降ろしてもらいました。



rblog-20180831204310-05.jpg











ロープウェーで一気に2237mへ





北横岳に登ってみようかと思ったけど
お天気が心配で、時間もかぎられているので今回はパス
のんびりと坪庭散策です。




























縞枯山
以前訪れた時は縞模様になっていた記憶










南八ヶ岳連峰





坪庭遠望





立ち枯れの木
遠くからみるとこれが縞模様に見える













歩いているとスマホから茅野地区で豪雨注意報
もしかして、この雲の下が降っているのかな・・・

まだお迎えまでには時間がありそうだったけど
雲行きが怪しいので下山することにしました。

                                                 



降りてきて
北横岳方面の空は雨雲に覆われて・・
早めに降りてきてよかったような








Last updated  2018/08/31 11:58:39 PM
コメント(2) | コメントを書く

全25件 (25件中 1-10件目)

1 2 3 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.