3269747 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

himekyonの部屋

全42件 (42件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >

全て | 未分類 | 各駅停車の旅 | 家族 | 友達 | 富士山大好き | 富士山周辺の四季 | 花が大好き | 野鳥大好き | 蝶々 | 写真大好き | 自然が好き | 山歩き大好き | 誕生日 | 北アルプス | 南アルプス | 中央アルプス | 八ツ岳の四季 | スノーシューは楽しい | 高尾の四季 | 奥多摩の四季 | 尾瀬の四季 | 入笠山の四季 | 千葉の四季 | 栃木の四季 | 茨城の四季 | 群馬の四季 | 新潟の四季 | 埼玉の四季 | 神奈川の四季 | 東京の四季 | 東海の四季 | 信州の四季 | 山梨の四季 | 箱根路の四季 | 関西紀行 | 東北紀行 | 北陸紀行 | 日本の野生蘭 | プランター菜園 | この花に逢いたくて | 今日のこと | ブログ | 窓辺の花 | ペット | 食べた物 | つぶやき | クライミング | アマチュア無線 | 地震 | 雑記 | 静岡の四季

友達

2019/05/26
XML
カテゴリ:友達
長く続いた旧友とのツアーを利用しての信州旅行記もやっと最終回です。

御射鹿池ー上高地ー白馬泊ー番外・落倉自然園ー大出の吊橋ー鬼無里・奥裾花自然園ー戸隠神社中社

奥裾花自然園をあとにして向かったのは、今回の旅行行程の最後になる戸隠神社中社





戸隠神社中社大鳥居




男坂




女坂








拝殿















社務所
カメラを構えるち○るさん
美術大学卒業なので、絵も写真も素晴らしい
himekyonはただシャッターを押すだけです。





御神木 推定700年




拝殿裏の滝





三本杉




大きさがわかります。
大鳥居前の広庭に三本ある1本は幹が三つに分かれています。





三本杉の1本







三本杉の1本












参道に並ぶお蕎麦屋さん
どこのお店にも人が並んでいます。




西鳥居






駐車場への道に咲いていた立坪菫





車窓から飯縄山
全行程を終了して長野ー松本ー岡谷ー茅野と移動




浅川ループライン



   

お昼はオプションで白馬の古代米のお弁当
これはおいしかった~


   

帰りの夕食もオプションで
峠の釜めし
今はプラスチック容器があるんですね。


日本で3番目に広い面積をもつ長野県は広い、
往復を特急あずさを利用して、点と点を観光バスで移動
相当な距離を走ったのではないでしょうか
運転手さんに走行距離を確認すればよかったな


20数年前の会社の元同僚との久しぶりの旅行でした。
才一候補は人数が集まらず
歩くのはいやよと言っていたのに意外にも第二候補が今回のコースでした。
実はhimekyonは上高地以外は、どこも行っていないところだったけど
遠慮して候補にいれていなかったのでラッキー
でも残念なことにTさんは直前に重症の蕁麻疹でキャンセル
Kさんは直前に階段を踏み外して足首捻挫、病院へ通ってなんとか間に合ったけど
宿で湿布を貼りなおして、雪道も無事歩き、2日間歩き通しました。

今度は4人で行きましょう。


7月には、恒例のち○るさんの出身大学の県人会美術展があり
今回の旅行を題材にして描きだしているとか
どんな作品が出来上がるのか楽しみです。



(完)










Last updated  2019/05/27 12:07:30 AM
コメント(2) | コメントを書く
2019/05/25
カテゴリ:友達
5月5日5月6日 ツアーを利用して出かけた信州の旅

思わぬ出会いがありました。



「鬼無里(きなさ)のTシャツですね」
「きなさって読めない人の方が多いんですよ」
「5月1日からこの鬼無里で古民家の宿をやっているんです。
今日は、オープンして初めてのお客様を案内しているんですよ」

これだけの会話でした。

先日、netで「鬼無里 古民家の宿 オープン」で検索してみたら、



信州古民家の宿 (燕ーEN)​

がヒットしました。

写真の女将さん、確かあの時の方だわ

コメント欄があったので、メッセージを入れてみました。
Facebookと連動していたのですね。
すぐにお返事いただいて
Facebookでお友達になっちゃいました。




築140年の宿
古民家好きが高じて東京から移り住み、
ご主人は建築士さん、改修して宿をオープンしたそうです。
HPをみると、とっても素敵なお宿です。
Tシャツは、娘さんがデザインされたそうです。

himekyonも泊まってみたくなりました。
今年は無理かもしれないけど
きっと泊まりに行きます。


鬼無里のいわれ

鬼女紅葉伝説
昔、京から流されてきた美しく高貴な女性「紅葉」がいました。
京を懐かしむ紅葉を京にちなんだ地名を置いて、村人たちが紅葉を大事にしたのに、
盗賊たちと手を組み
旅人たちを襲ったり悪事を働くようになり
鬼女と恐れられるようになって
成敗されてしまいました。
それまでは、この地は水無瀬と呼ばれていたのが
鬼がいない里で鬼無里となったとか

一夜山の鬼
天武天皇は信濃遷都を考えて、候補地を探していたら
水無瀬の地が候補にあがりました。
それを知った鬼たちが、山を築けば来られまいと
一夜で山を築いてしまいました。
天皇は怒って鬼を退治してしまったので
鬼がいない里「鬼無里」になったとか













Last updated  2019/05/26 09:34:04 PM
コメント(2) | コメントを書く
2019/05/24
カテゴリ:友達
5月5日5月6日旧友とツアーを利用して出掛けた信州の旅
御射鹿池~上高地ー白馬泊ー番外落倉自然園ー大出のつり橋ー鬼無里ー奥裾花自然園

PCの調子が悪くて写真にコメント入れてUPしようとしたら固まってしまいやりなおし
変換も変な変換しかでてこなくて誤字脱字が頻繁・・
もう寿命かな




シャトルバスを降りて休憩舎まで10分ほど歩き、山道へ入ります。
熊さんの棲家へ人間が入って行くんだもの
熊さんがいて当たり前なのよね
もう冬眠から覚めて動きだしているんだろうね
観光客が大勢だから昼間は大丈夫だろうけど・・・




ここまで残雪があるとは~
観光センターで長靴150円で貸出してました。
ち○るさんとhimekyonはトレッキングシューズで行ったから大丈夫
Kさんは借りました。








ひょうたん池は残雪の坂道を降りるのでパス









白く点に見えるのが雪解けに顔をだしてきた水芭蕉













木道脇の水芭蕉















白い花びらに見えるのは仏縁苞
トウモロコシみたいのが花のあつまり






















弁天島








今池湿原を一周してきました。
この残雪では、奥のこうみだいら湿原、吉池へ行く時間はありませんでした。
雪解けから顔をだしている水芭蕉だけでもかなりの数がありましたので
最盛期に80万株は大げさではないかもしれませんね。




ブナの原生林の巨木があるそうだけど、
この残雪でブナ林のコースは通行止めでした。





今池湿原コース上にも巨木はありました。





ブナの実
熊さんの大好物





鬼無里は豪雪地帯
雪の重みで曲がっている木




雪解け水が冷たい‼️





サンショウウオ(山椒魚)の卵





木の名前が特定できないけどシデの仲間かな?
長いのは雄花




ネコノメソウ(猫の目草)の仲間





エンレイソウ(延齢草)





ブルーのキクザキイチゲ(菊咲一華)


































 











































 







Last updated  2019/05/25 05:27:55 AM
コメント(2) | コメントを書く
2019/05/22
カテゴリ:友達
5月5日6日、旧友との信州旅行
飛びとびでなかなか終わりません。。
御射鹿池ー上高地ー白馬泊ー番外・落倉自然園ー大出の吊橋

大出の吊橋見学後、鬼無里へ。



鬼無里街道を峠越(車窓から)
戸隠の連山が見えてきました。
長野から白馬への道は、オリンピック道路ができて峠越えの利用は少なくなったとか






鬼無里の集落(車窓から)
廃屋が多くなっているとか




(車窓から)




(車窓から)




奥裾花ダム湖(車窓から)




奥裾花ダム(車窓から)





奥裾花橋(車窓から)








奥裾花自然園案内図




奥裾花自然園
シャトルバス発着所
雪が残ってます。





自然園入口まではシャトルバスで

















続く









Last updated  2019/05/23 08:09:57 PM
コメント(2) | コメントを書く
2019/05/18
カテゴリ:友達
5月5日5月6日 旧友たちとツアーを利用して信州の旅。
御射鹿池ー上高地ー白馬泊ー番外・落倉自然園ー大出の吊橋

2日目宿を後にして大出の吊橋へ
吊橋というので谷間にかかる吊橋をイメージしていましたがちょっと違いました。




姫川の青流にかかる吊り橋




バスを降りたら目の前に吊橋が
えっ、これが吊り橋?
確かに吊り橋ではありますが、、、




正面にみえるのは白馬八方?かな











山は芽吹きを迎えていました。












五竜岳




武田信玄の家紋 武田菱の雪形の五竜岳

























茅葺と五竜岳





桃の花




桃の花





あちらこちらでみられる庚申塔





アケビ(木通)の花が咲きだしていました。



木々が大きくなって白馬三山は見られず
外れの方へ行けば全体が見られたかもしれませんが
20分ほどの見学で次の目的地へ出発です。












Last updated  2019/05/19 06:18:30 AM
コメント(2) | コメントを書く
2019/05/17
カテゴリ:友達
5月5日5月6日
「信州の秘境鬼無里と上高地5つの絶景2日間」ツアーを利用しての信州の旅
御射鹿池―上高地ー白馬泊ー番外・落倉自然園

宿のスタッフさんのお薦めの水芭蕉早朝散歩
満開の水芭蕉を堪能しました。




落倉自然園からの白馬三山
白馬鑓ケ岳 杓子岳 色馬岳
手前の西洋風な建物は別荘?
白馬三山を歩いたのは19年前の夏、大雪渓を歩いて白馬山荘に
高山病に苦しみながらも、翌日はは回復、白馬鑓ケ岳の槍温泉、天空の露天風呂に入ることができて感激したことを思いだしました。





白馬鑓ケ岳と杓子岳





白馬鑓ケ岳





肉眼ではみえる白馬三山から唐松岳・五竜岳へと続く山並





コブシ(辛夷)




タチツボスミレ(立ち坪菫)でいいのかな・・





リュウキンカ(立金花)





フッキソウ(富貴草)





フッキソウ
手前の大きな葉っぱはバイケイソウの葉





ショウジョウバカマ(猩々袴)





ユリワサビ(百合山葵)





ワサビ(山葵)





シダのの仲間





キクザキイチゲ(菊崎一華)












シロバナイカリソウ(白花碇草)





ニリンソウ(二輪草)





ツクシ

(土筆)



苔むした小さな祠



小さなお社





小さなお社




ホテルの前の道路は、昔の塩の道・千国街道(ちくにかいどう)
朽ちた石仏が
塩や海産物を内陸へ、内陸でとれたものを海辺へと運ぶ道
千国街道は、新潟県糸魚川から長野県大町を経て松本から塩尻に続く道
毎年5月の連休には小谷村、白馬村、大町市で「塩の道まつり」を開催
昔の足袋姿で歩くイベントで、
himekyonも20年前ほど前に
大町市主催のイベントに参加して仁科三湖を歩いたことがあります。




道祖神




ホテル





朝食
定番ですね~


2日目出発です。






Last updated  2019/05/17 10:47:10 PM
コメント(2) | コメントを書く
2019/05/16
カテゴリ:友達
5月5日5月6日
ツアーを利用して長野県へ旅行してきました。
御射鹿池ー上高地ー白馬泊
上高地から約3時間かけて、一気に白馬の宿へ
宿のスタッフから近くの水芭蕉が見ごろ、朝の散歩にぜひと
鬼無里の水芭蕉見学があるけれど、net検索するとまだ残雪があるとのことで
保険のつもりで朝早く起きて観に行こう~



落倉自然園の水芭蕉
花びらに見える仏縁苞が2枚あるのが特徴とか




まだ二人は寝ているので、窓のカーテンをそっと開けてみると
目の前は栂池スキー場
夜遅く着いて景色がわからなかったのでちょっと感激




左奥に木に隠れた白馬三山



二人も起きたので早速水芭蕉を見に早朝散歩へ



落倉は以前、ち○るさんとスノーシューを楽しんだところ





清々しい森の中
見頃の水芭蕉がいっぱい


















さっそく2枚の仏縁苞をみつけました。
先を歩いていた方が、こっちにおおきいのがありますよ






チューリップみたい




1枚の並んでいました。









通常のミズバショウ




















































ザゼンソウ(座禅草)の葉っぱがたくさんあって
葉っぱが大きいからてっきり花は終わっているものと思いこみ
探すこともしなかったら、
かがみこんで写真を撮っている女性が
よく見るとザゼンソウが咲いている
奥のほうにもありましたよって言われちゃいました。
himekyonの不覚
思いこみはダメですね。


































熊さんは水芭蕉の実を食べます。
朝早くとか夕方は一人で歩いたら危険です。









Last updated  2019/05/17 07:02:31 PM
コメント(3) | コメントを書く
2019/05/15
カテゴリ:友達
5月5日から5月6日、
20数年前勤務していた会社の元同僚たちとツアーを利用して久しぶりの旅行を楽しんできました。




大正池からの穂高連峰





大正池に映る焼岳






















田代池

















田代橋で梓川右岸に渡ります。





梓川と明神岳





奥穂高岳






ケショウヤナギが芽吹き始めています。













ウエストン像














河童橋と穂高連峰




上高地を歩きたかったTさんは、直前にひどいじんましんになりキャンセル
Kさんも直前に階段を踏み外して足をねん挫していましたが、
大正池から河童橋まで無事に歩き通しました。
右からち○るさん、Kさん、himekyon









奥穂高岳




上高地を後にして宿泊地白馬へ
到着は7時半、荷物をおいてすぐに遅い食事をしました。
この宿は旅行社のランクでCクラス
期待していなかったのでそれなりでした。
最初に申し込んだ別のコースは人数が集まらず催行不可
宿はSクラス、期待していたので残念でした


  









Last updated  2019/05/16 12:43:09 AM
コメント(3) | コメントを書く
2019/05/14
カテゴリ:友達
5月5日5月6日、ツアーを利用しての久しぶりの旅行です。
御射鹿池を後にして向かったのは上高地




大正池で下車して河童橋まで歩きました。
釜トンネルを抜けると目に飛び込んで来るのは焼岳
噴煙はあがっていなかったような



雪解けしたばかりの夕舗装わきにはおいしそうなふきのとうがあちこちにみられました。
ここは国立公園、草木一本とってはいけないんですが、
あたまのないのがちらほらと・・・








猿がいるよ
前のほうから声がして見上げると木の上に猿が




先のほうには、毛づくろいをしている猿もいました。
以前、ひとりで上高地へ行ったとき、猿と遭遇したときは
すれ違った男性から危険だから目をあわせないように急いで通過するように言われたことがあったけど
今日は大勢だし大丈夫そう

ゴジュウkラ(五十雀)
頭を下に向けて移動できる唯一の野鳥






タチツボスミレ(立ち坪菫)
花の季節には早かった
咲いていたのはスミレだけ




ヒダボタン(飛騨牡丹)かな?
ネコノメソウ(猫の目草)の仲間





柳の芽吹き




















Last updated  2019/05/16 12:19:54 AM
コメント(5) | コメントを書く
2019/05/07
カテゴリ:友達

「信州の秘境鬼無里と上高地5つの絶景2日間」
ツアーを利用して旧友3人と久しぶりに旅行しました。
最初に訪れたのは、日本画家東山魁夷画伯が描いた御射鹿池
















































Last updated  2019/05/07 11:04:24 PM
コメント(3) | コメントを書く

全42件 (42件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.