4368215 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

himekyonの部屋

全14件 (14件中 1-10件目)

1 2 >

箱根路の四季

2013/11/20
XML
カテゴリ:箱根路の四季
11月14日

紅葉を期待して、山友STさん夫妻と歩いた箱根・湯坂路

箱根は標高差があるため、箱根湯本はこれからが見ごろになるようです。

昨日の続きです














ススキの中を進みます














リンドウが咲いてたらいいな

きょろきょろしながら歩いていたら

あった!!

うれしくなって

リンドウが咲いてるよ~

リンドウなら、散歩道に咲いてるから珍しくないよ














一輪見つけて大喜びしていたら

次々と見つかりました

箱根にリンドウがこんなにたくさん咲くなんて知らなかった















リンドウっていえば、亡くなった島倉千代子さんが

「りんどう峠」を歌っていたねと

3人で歌いながら歩きました

















リンドウ

















ススキの中に群生しています~

感動です




















アキノタムラソウ(秋の田村草)
















シラヤマギク(白山菊)とアキノタムラソウ



















ツリガネニンジン(釣鐘人参)

ほぼ終わりかけです













ツリガネニンジン

















ヤマラッキョウ(山辣韭)発見!

またまた感激!



















ヤマラッキョウ

あちこちに咲いています















サワヒヨドリ(沢鵯)?















サワヒヨドリ
















トネアザミ(利根薊)? 別名/タイアザミ
































マユミ(真弓)

















ムラサキシキブ(紫式部)

















マムシグサの実

















ナルコユリ(鳴子百合)?の実






























ノササゲの実
















ノササゲの実
















ノササゲの実

















シオデ(牛尾菜)の実

















アカネ(茜)の実

















木の根の階段です

















やっと石畳の道がでてきました

石畳は草鞋には歩きやすいそうですが

トレッキングシューズでは滑るし、デコボコだし歩きづらいです

雨の日の下りは特に気をつけないと危険だそうです



















暗い森の中、カンアオイ(寒葵)がさいていました


























湯坂城址

案内板がなければ通り過ぎてしまう湯坂城址

山城だったようで、どこがそうなのかなという感じ































手前が整列した石畳

奥が荒れた石畳















荒れた石畳

どうも猪が掘り起こしたようです

足の置場を探すのが大変、歩きづらいこと、

石の下にミミズがいるのかな・・


















登山道の右側は全部掘り起こされちゃってます














右、赤いミズヒキ(水引)と左、白いギンミズヒキ(銀水引)
















こちらは黄色のキンミズヒキ(金水引)
















箱根湯本側の登り口に着きました

下りとはいえ、標高差700mは結構大変でした













湯坂路入り口の脇にある

日帰り温泉、北条早雲足洗の湯「和泉」

今回はこの温泉に入りました

箱根湯本からバスで芦ノ湖方面に行くときにはこの道を何度も通っているのに

ここに温泉があるのを気がつきませんでした。

小さめだけど、露天風呂もあってよかったです












昔の横穴式源泉の跡




























早川を渡り、箱根湯本駅はすぐ


















 






小田原駅で「小鯵の押し寿司」を買い、列車の中で食べながら

箱根・湯坂路ハイキングは無事終了しました




(完)










Last updated  2016/01/26 03:02:26 PM
コメント(13) | コメントを書く


2013/11/19
カテゴリ:箱根路の四季
11月14日

山友STさんと歩いた箱根・湯坂路

紅葉を期待して行ったけど、蓬莱園への道すがら見られた紅葉だけで

箱根湯本まではまだまだ青い紅葉でした


千条の滝を後にして、浅間山(せんげんやま)へ向かいます。










千条の滝を後にして蛇骨川を渡り、

本格的な山道になります

湯坂路は、浅間山から鷹ノ巣山をこえて芦之湯温泉まで続いていますが

今回は浅間山から箱根湯本へ下ります











浅間山まで30分

頑張ろう~












うっすらと色づいてきましたが

もう少し













ミヤマシキミ(深山樒)?orツルシキミ(蔓樒)?













ミヤマシキミ?orツルシキミ?の蕾






写真: DSC_0074







紅葉はあと1週間くらいかな













ツルリンドウ(蔓竜胆)の実












ツルリンドウの実












フユノハナワラビ(冬の花蕨)orオオハナワラビ(大花蕨)?

ワラビと名前がついていても羊歯の仲間です

花のように見える胞子葉からつけられました














モミジガサ(紅葉傘)












猪のぬた場

何か所もありました

まだ新しいです、今朝のかな?















そろそろ30分になるんじゃない?

山頂はまだかな

亀足だから、あと10分かな

















あと5分だって~














この道はあまり歩く人がいないのだろうか

4人グループにであっただけ











山頂に着いたよ~















浅間山(せんげんやま)山頂に着きました。

登る人はいないのかと思ったら、鷹ノ巣山のほうからぞろぞろと、

結構広い山頂のあちこちに陣取ってお昼ご飯を食べていました。














三角点












箱根湯本への下山口

浅間山は804m 箱根湯本は108m

約700mの下山は大変です。

気を付けて降りようね















シラヤマギク














シロヨメナ(白嫁菜)?
















リュウノウギク(竜脳菊)













ノコンギク(野紺菊)













広い防火帯にでました

紅葉はもう少しかなぁ














ススキの原ですが、雲ってきて輝きがありません

天気予報があたったみたい












アキノキリンソウ(秋の麒麟草)














オミナエシ(女郎花)












キツネノボタン(狐の牡丹)?














ナツトウダイ(夏燈台)












ガンクビソウ(雁首草)にしては葉っぱが違うけど

これはなんだろう?ヤブタバコとも違うかな?














ノブキ(野蕗)













イヌトウバナ(犬塔花)orミヤマトウバナ(深山塔花)







写真: DSC_0115ワレモコウ






ワレモコウ(吾亦紅)






続く











Last updated  2016/01/26 03:03:07 PM
コメント(12) | コメントを書く
2013/11/18
カテゴリ:箱根路の四季
11月14日

快晴に恵まれて山友STさん夫妻と箱根・湯坂路を歩いてきました。














一昨年の9月「湯坂路を歩いてみたいんだよ」STさんからのメールで出かけたときは

当日は快晴だったものの、直前の台風で登山道が荒れていると、

観光協会のアドバイスで、急きょ取りやめて芦ノ湖東岸を歩きました。

去年は行く機会を逸していましたが、今年10月に行くことになりました

しかし、2度の台風接近で中止、今回も直前まで予報は雨

「どうも箱根は、相性が悪いらしい」とSTさん、

でも前日になって晴れ予報になり出発進行になりました

3度目の正直になりそうだね







車窓からの富士山




出発でハプニング

東海道線は、東京駅始発ながら通勤、通学の時間帯のせいか

早く並ばないと席が確保できません。千葉の奥から来るSTさん

発車ぎりぎりに着くために早めに東京駅に行き、先頭に並びました。

京葉線ホームから10分も歩かなければならないために

一番階段に近い2号車に乗る旨メールをしましたが返答無し

列車が入ってきて席を確保したものの本人たちが現れません

電話をしても留守電になってしまうし、メールしても返事はこないし・・・

降りるわけにもいかず、「小田原駅で待っている」とメールして出発

だいぶたってから「6号車に乗っている」と返事がきました。

なぜ?と思いながらも乗っていて一安心!

小田原駅で合流できました。

間違って隣のホームへ上がってしまい、ギリギリ6号車に飛び乗ったとのことでした











箱根登山電車で小涌谷駅へスイッチバックを繰り返して高度をあげています。

登ってきた鉄橋がみえてますが、紅葉はまだまだです










今回のスタートは小涌谷駅からです












まずは、千条の滝(ちすじのたき)を目指します

湯坂路は、徳川幕府が東海道を整備する前からあったとされる鎌倉古道です。

箱根湯本から芦之湯温泉へと続いていますが、

今回は、小涌谷駅~浅間山(せんげんやま)~湯坂城址~箱根湯本へと歩きました














舗装道路の坂道を歩きだすと

右半分がきれちゃってますが明星ケ岳、明神ケ岳、火打石岳、左奥に金時山も見えました












相変わらずさっさと歩く2人を写真を撮りながら追いかけます













ST夫妻が千条の滝分岐に着きました

待って、待って~




















まっすぐ5分ほど行くと紅葉のきれいなところがあるらしいよ~

寄り道しようよ















登山列車に乗っているときに乗客の話し声が聞こえてました。

「小涌谷には蓬莱園って紅葉のきれいなところがあるのよ」

分岐から5分、これを見逃す手はないでしょう

歩きだすとほどなく、どこかの会社の保養所に真っ赤な紅葉がありました





























燃えるような真っ赤な紅葉

これをみれば「蓬莱園」へ行かなくてもいいねといいながら歩いていると

蓬莱園に着きました





 






旅館の庭園として造られたものだそうですが、

今は箱根町が管理をしていて無料で入れるようです

今回は入り口まで、それでもきれいな紅葉を垣間見ることができました

満足です




















Uターンして千条の滝へ向かいます

ごめんね、この時間のロスはなんとか取り戻します
























生垣の白い山茶花は清楚です













山茶花といえば赤ですね、こちらもきれいです













キッコウハグマ(亀甲白熊)やっと一輪の花を見つけました

葉っぱが亀の甲羅に似ていて、動物のヤクの尾を、武将の采配や、僧侶の払子などに

使ったのがハグマで花が白熊に似ているからが由来です















キッコウハグマ

マクロレンズではないので小さい花を撮るのは難しいです






 




キッコウハグマの綿毛です

キッコウハグマは閉鎖花といって、蕾のまま自家受粉して花を咲かせずに

種を作ってしまうものが多いです













ガンクビソウ(雁首草)だと思います












ヒヨドリバナにしてはちょっと違うかな?













トネアザミ(利根薊)?













シロダモは、花と実が同時にみられる不思議な木です。

今年咲いた花は来年のこの時期に赤い実をつけます















箱根はススキが多くみられます

太陽に輝いてきれいです

























千条の滝へ道













紅葉というよりはまだ色づき始めたばかりです

水の音が大きくなり千条の滝に着きました




















蛇骨川から流れ出る滝です












富士山の麓や軽井沢にある「白糸の滝」を小さくしたような

溶岩の岩の間から流れ落ちる



















三脚を立ててじっくりと撮りたいところですが・・・

2人と歩くときは三脚など持てません















蛇骨川上流











ここから本格的な山道が始まります












「一人づつ渡ってください」

蛇骨川にかかる木橋は腐って穴が開いています

なるほど、いまにも抜けそう、危険ですね








蛇骨川を離れて山道を登っていきます。





続く













Last updated  2016/01/26 03:03:46 PM
コメント(16) | コメントを書く
2010/05/18
カテゴリ:箱根路の四季
昨日は、箱根路へ

ベニバナヒメイワカガミが咲き出しましたの情報をえて

久々にO氏と行ってきました。




箱根路 ベニバナヒメイワカガミ 077



4月の初め、お忙しいO氏に時間ができて、久しぶりに秩父路へ予定していましたが・・

楽しみにしていたはずが、himekyonの「一過性健忘症」で

約束をすっぽかしてしまって以来です。




箱根路 ベニバナヒメイワカガミ 154



集合地、東京駅に着くと携帯電話が・・・

中央道が集中工事の影響で、車が動かなくて東京駅に何時に着くかかわからないと・・・

急遽、集合場所変更

中央線で新宿へ京王線に乗り換えて調布駅へ

2時間遅れでようやく合流





箱根路 ベニバナヒメイワカガミ 100





一路、箱根路へ

前日からようやく気温が上がってきて、暖かくなったと思ったら

青空なのに、霞んで富士山はぼんやり・・・






箱根路 ベニバナヒメイワカガミ 049





12時になんとかたどりつき、食事のあと出発

火山ガスの影響で、登山道が通行止めになっていたのが解除され

直接登れるようになり、遠回りをしなくてすむようになりました

手軽に登れるようになったものの、結構急登で

滑りやすい火山性の土と大小の岩で歩きづらいです









箱根路 ベニバナヒメイワカガミ 093





ベニバナヒメイワカガミ

作家、田中澄江が書いた「花の百名山」に取り上げられています

イワカガミといえば、

山歩きをしていると、あちこちでみかけますが





箱根路 ベニバナヒメイワカガミ 118



なぜ、わざわざ箱根まで

山で見かけるイワカガミよりも

小さくて、とってもかわいいイワカガミです

大きな岩についた苔のうえにびっしりと生えています





箱根路 ベニバナヒメイワカガミ 068




しかし、咲き出したばかりで

写真に撮れたのは、ほんのちょっと・・

満開になったら、斜面一面がピンク色に染まることでしょう





富士山富士山富士山富士山富士山富士山





箱根路  036




頭を出した富士山

わかりますかぁ




箱根路  113





箱根路  028



噴煙上がる大涌谷と冠が岳




箱根路 ベニバナヒメコイワカガミ 148



冠が岳






箱根路  153





トウゴクミツバツツジが咲き出しました









箱根路 047




ミヤマシキミが斜面いっぱいに咲いていました




人気blogランキングへ  ←応援してね(*^_^*)









Last updated  2016/01/27 03:25:54 PM
コメント(10) | コメントを書く
2009/12/18
カテゴリ:箱根路の四季
昨日は、高速バスを利用して箱根外輪山へ、

乙女峠から丸岳~長尾峠~湖尻峠~深良水門~桃源台と歩いてきました。



人気blogランキングへ  ←応援してね(*^_^*)



リベンジ 箱根外輪山縦走 006
東名高速道・車窓からの富士山



11月26日の外輪山周遊ドライブでは、雲に隠れて富士山に出会うことができなかったので

今回は歩いてリベンジ




リベンジ 箱根外輪山縦走 012
乙女峠バス停からの富士山



バス停乙女峠でバスを降りると目の前に富士山が・・・

ワクワクしながら、歩き出して30分

乙女峠に立つとなんと・・・

すっかり雲に覆われてるではないですか




リベンジ 箱根外輪山縦走 027



乙女峠からの富士山は雲の中・・・

もうがっくり

それでも、雲が切れることを期待して・・・・






リベンジ 箱根外輪山縦走 037



降り積もる落ち葉をカサカサと、



リベンジ 箱根外輪山縦走 023



真っ白なシモバシラをサクサクと踏みしめながら

なんとか丸岳までたどり着きました。

・・がやっぱり富士山は雲の中



リベンジ 箱根外輪山縦走 069
芦ノ湖の右に連なる外輪山・・はたして芦ノ湖の奥・箱根町までたどり着けるのか・・・



丸岳では、公時神社から金時山を経由して歩いてきたという男性がひとり

熱々のカップめんをおいしそうに食べていました




リベンジ 箱根外輪山縦走 065
樹幹越しの金時山・・・拡大してみたら大勢の登山客が写ってました




先を急ぐhimekyonは、長尾峠へと歩き出すと

5mほど先を右から左へと横切る黒い物体が、続いて一つ、また一つ

なんとイノシシが三頭・・猪突猛進とはまさにこのことかと・・

あっという間の出来事でしたが、himekyonがあと数十秒早く歩き出していたら・・・

と思うとぞっとしてしまいました。




リベンジ 箱根外輪山縦走 091



途中の登山道には、真新しいヌタ場が二つほどあり、あちこち掘り返された跡もたくさんあり

熊鈴はつけていても、イノシシの場合はどうすればいいんですかね・・・







リベンジ 箱根外輪山縦走 079




芦ノ湖スカイラインとほぼ、平行して登山道があり、

箱根特有の箱根笹(いわゆる篠竹みたいな笹)が生い茂る中を歩きます。



リベンジ 箱根外輪山縦走 084




苔むした老木があちこちにみられます



リベンジ 箱根外輪山縦走 081




箱根に多いヒメシャラの大木





リベンジ 箱根外輪山縦走 102




富士見が丘園地までたどり着き、振り返ると多少雲が取れた富士山が鎮座していましたが

テンションが下がったhimekyonには、もう感動のことばがみつかりません






リベンジ 箱根外輪山縦走 107






リベンジ 箱根外輪山縦走 132



風を避けて、食事をすませ、シレットティーを飲みながら

最初予定の三国山へ登ろうか、湖尻峠から芦ノ湖へ降りようかと

三国山へ登るとなると箱根町へ下山するには2時間

テンション下がりっぱなしの単独行では、勇気がでません

湖尻峠から芦ノ湖へ降りることにしました。




チャメさんがUPされた三国峠からの富士山は次回に持ち越しです。




リベンジ 箱根外輪山縦走 149
断念  三国山まではもう一息・・・しかし箱根町は芦ノ湖の奥






乙女峠に降り立ったときには、リベンジ成功間違いなしと確信していたのに

自然の力はどうにもなりません、

再リベンジを誓って、富士山に別れを告げました。




リベンジ 箱根外輪山縦走 173
深良用水(トンネル)



江戸時代、現裾野市地区の灌漑用水として掘られたトンネル

火薬を使わずに、4年の歳月をかけて両側からひたすら掘り進めた難工事だったとか









リベンジ 箱根外輪山縦走 228



芦ノ湖西岸遊歩道を歩き、桃源台にたどり着きました。

休憩入れて5時間半

今度こそ、再リベンジを成功させなくては・・・



人気blogランキングへ  ←応援してね(*^_^*)



高速バスで新宿まで戻り、新宿・神宮表参道とイルミネーションのはしごをして

1日が終わりました。








Last updated  2016/02/04 10:25:05 AM
コメント(24) | コメントを書く
2009/12/11
カテゴリ:箱根路の四季
11月26日に出かけた箱根

東名高速道からは、姿を見せていた富士山

箱根側からは厚い雲に覆われて、とうとう顔をだしてくれませんでした。


東名道―箱根ターンパイク―大観山―芦ノ湖スカイライン―御殿場―平和公園



富士山が見えない

落ち葉の季節
平和公園の石像
スノードロップが咲いていた




箱根外輪山ドライブ 136




食事のあと

「今咲いている花・・・紅葉」

こんな看板に目がとまり・・・

「秩父宮記念公園」へ立ち寄ってみました。






箱根外輪山ドライブ 125




秩父宮両殿下が戦中・戦後を過ごされた別邸

勢津子妃殿下のご遺言により御殿場市に遺贈され

平成15年に記念公園として一般公開されました





箱根外輪山ドライブ 147




御殿場市内から移築された茅葺屋根の母屋

室内をバリアフリーに改築されお住まいになられたそうです




箱根外輪山ドライブ 143




お庭にある秩父宮殿下像

山歩きがお好きだった殿下

毎日、富士山をみあげておいでです




DSCF0363

上矢印

秩父三峰山・霧藻ヶ峰の秩父宮殿下のレリーフ

平成11年11月に登ったときに撮ったものがありましたので一緒にアップしてみました

今は、左隣に勢津子妃殿下のレリーフも埋め込まれているそうです





箱根外輪山ドライブ 148




両殿下が陶芸をされた三峰窯

富士山・愛鷹山・箱根山の三峰と、宮号の秩父の三峰にちなんでつけられたそうです。

母屋の室内は撮影禁止のため、両殿下の作品を撮影することはできませんでした。








箱根外輪山ドライブ 128




樹齢100年以上、高さ30mともいわれる「モミジバフウ」の紅葉




肺結核になられた殿下はこの別邸で10年ほど療養され、

一時回復された時には、自ら野良着姿で、畑仕事や家畜の世話をされたそうです




箱根外輪山ドライブ 149



皇帝ダリアの支柱が折れて

いまにも倒れそうでかわいそう・・・・





広いお庭には、四季折々のたくさんのお花が育てられています

春にはみごとな枝垂桜も咲くそうで

お花の咲く時期にまた訪れてみたいところです




人気blogランキングへ  ←応援してね(*^_^*)



期待した富士山には出会えなかったけど

おいしいお蕎麦を食べて、きれいな紅葉にも出会えて

楽しい時間を過ごすことができました。

お忙しのO氏とは、なかなかご一緒する機会がなくなってしまいましたが

またお会いできますように~










Last updated  2014/06/05 11:31:55 PM
コメント(18) | コメントを書く
2009/12/04
カテゴリ:箱根路の四季
11月26日、箱根外輪山周遊ドライブ




箱根外輪山ドライブ 108
仏舎利塔には、故インドネール首相から贈られた仏舎利が収められているという




芦ノ湖スカイラインから、御殿場のおいしいお蕎麦屋さんを目指して

御殿場インターチェンジ近くまで降りてきて、見つけた公園

観光バスが3台も止まってます






箱根外輪山ドライブ 104





御殿場出身の企業家が、私財を投じて作った「平和公園」

観光客のほとんどが東アジア系のひとたち

箱根観光の際の立ち寄り観光スポットになっているとか









箱根外輪山ドライブ 096












箱根外輪山ドライブ 099




東アジア各国の獅子やシーサーが置かれている

こちらは沖縄だったかな??









箱根外輪山ドライブ 092
山茶花の花びらが~





インドの獅子だったかな?





箱根外輪山ドライブ 082













箱根外輪山ドライブ 100







箱根外輪山ドライブ 117





この先に富士山がみえるはず・・・・

だったけど

残念ながら、曇りがちの晴でした・・・





人気blogランキングへ  ←応援してね(*^_^*)






 







Last updated  2016/02/08 06:02:51 PM
コメント(22) | コメントを書く
2009/12/03
カテゴリ:箱根路の四季
今朝は重くたれこめた雲、雨が降ってます

夕べはきれいな満月だったから、天気予報はほんとかなって思ったけど

ここんとこ、天気予報が当たってるようですね

今日は12月下旬の寒さとか

この時期、こんなにくるくる天気が変わるんでしたっけ・・・




人気blogランキングへ  ←応援してね(*^_^*)






箱根外輪山ドライブ 142





おでかけ中心に日記を書いているhimekyon

一向に書き進めないで、たまりに溜まっていますが

今日もまた・・・










箱根外輪山ドライブ 141




スノードロップ 

花のかたちから、和名で雪のしずく

別名がマツユキソウ(待雪草)


春を告げるお花のようだけど・・・



エデンの園を追い出されたアダムとイブのために

「寒い冬のあとには暖かい春がきますよ」と

天使が、吹き付ける雪を花に変えたという伝説があるとか







箱根外輪山ドライブ 127




実際にみるのは初めて

先日お出かけした箱根の帰りに立ち寄った御殿場・秩父宮記念公園に咲いていました

内側の花びらのハートの模様が印象的




イギリス・スコットランドでは、

お正月前にお花をみつけると、翌年幸せになるとか

himekyonにも幸せがきますように・・・





人気blogランキングへ  ←応援してね(*^_^*)




何が失敗撮って・・・

himekyonの防水仕様のコンパクトデジカメ、

お花マークがあっても、ピントが合わなくて

何枚撮ってもピンボケばかり・・・



コンデジってファインダーがついてないから、

下向きの花が撮れないので、

2枚目のお花

適当にシャッターを押したら

空ばかり撮れたり、ボケボケだったりで

1枚だけかろうじてお花が写りました。

それも右よりの・・・わざと撮ったわけじゃないんです(ーー;)


一眼レフカメラも難しいけど

コンデジも難しいですね。。

オートではなく、露出、ホワイトバランスなどを変えて撮っています。

ところが、スイッチを切ると全部もとに戻ってしまうので

その都度、設定を変えなければならないので面倒です

白飛びしないようにちょっと暗めの露出が多くなってます。













Last updated  2016/02/02 10:51:21 AM
コメント(24) | コメントを書く
2007/11/18
カテゴリ:箱根路の四季
フリーページに9年間の山行記録をUPしました。



またお出かけですか~?

って言われてしまうhimekyonですが・・

確かに休みのたびにお出かけしているかもしれませんね。



金時山~明神が岳 177



人気blogランキングへ  ←押していただけたらうれしいです


休みの日、ピーカンで家にいるとすんごく後悔するんです

休みが土日祭日と決まっていれば、必然的に出かける日が決まっているわけでして



金時山~明神が岳 058



himekyonのように、定休日なしの交代で週休2日の休みを取るとなると

なかなか思うように取れません(取ってるでしょって・・)

へへへ、結構わがままは聞いていただいてます、ハイ




金時山~明神が岳 047


そんなわけで、15日のお出かけも前日天気予報をみると曇りマーク無しのお日様ニコニコ

これじゃ、出かけないわけには行きませんよ

富士山大好きhimekyonだもの、富士山見えるところでしょう

さてどこへ行こうかなって




金時山~明神が岳 051


山行きたい病を発病してるhimekyonでして、富士山が見られて歩けるとこってどこ?

平日だから、一人でも行けところは・・・

箱根は今紅葉がちょうど見ごろらしい

ではでは金時山から明星ケ岳を縦走してみようかな

金時山だったら、小田急の高速バスで登山口まで行けるし・・・・

平日の強み、予約無しでも乗れそうだし、7時台は3本もあるから、どれかに乗れるだろう

いつもの前置きが長くなりました




金時山~明神が岳 036



さてさて、出発しましょうか

相変わらずお出かけの日は朝4時にはお目覚めでhimeのお散歩をして・・・

思惑通り、高速バスは空きがありました。

バスは東名をひた走り、御殿場インターから箱根路へ、

新宿を出たあたりの車窓からはぼんやりだった富士山も、

さすが近づくとすっきりくっきり・おぉ~やっぱり間近の富士山は迫力がありますね。。。。



金時山~明神が岳 043

車窓から金時山・お茶屋がみえます



金時山はいくつもの登山口がありますが、公時神社からの登山口は下山に使っただけ、

今回はここからスタートです。他の登山口からは一通り登ったかな。。



金時山~明神が岳 055



金時山~明神が岳 054 金時山~明神が岳 061



登山口に観光協会の腕章をつけたおじさんがいて、明星ケ岳まで縦走予定と話すと

日没が早いから、単独だと、宮城野までの樹林帯はちょっと危険ですよ。

明星ケ岳から宮城野へ降りたほうがいいですよ。確かに日没は早くなっているよね。

ではお言葉に従って、明神ケ岳から下山するとしよう・・・



さて、

金時山、おもしろい名前ですよね。

♪まさかりかついだきんたろう♪

そうなんです。あの金太郎さんのお山なんですよ

金太郎が生まれ、育った山だから金時山だそうな・・

平安時代の武将・坂田金時伝説はいたるところにありました。

まずは公時神社(神社の名前は公)にお参りを、鳥居の横には大きな「まさかり」が




金時山~明神が岳 060 金時山~明神が岳 063


登山道を歩き出すと今回はパスしましたが「金太郎の蹴落し岩」なるものがあるようです

「手まり岩」は知らずに通り過ぎました(勉強不足でした)

登山道を立ちはだかるように真っ二つに割れた大岩が現れます

これが金太郎と山姥が住んでいたとされる「宿り岩」です。


金時山~明神が岳 076
二つに割れた「宿り岩」


昭和に入り、真っ二つに割れたということで、神社を再興し、手厚く祭っているそうな

別の登山道には「金太郎のあそび石」なるものが・・動物たちと遊んだ岩だそうな

ちなみにhimekyonの長男のあだ名は「金太」

チビですが、大学でアメフトやってました。そのときに付いたあだ名です~って関係ないですか(爆)


金時山~明神が岳 107 金時山~明神が岳 095




金時山~明神が岳 109 金時山~明神が岳 094



杉の樹林帯の急登をひたすら上り詰めると稜線にでて、まもなく仙石からの登山道と合流です。



金時山~明神が岳 082


金時山~明神が岳 120
金時山山頂


ここからは金時山の山頂がみえるようになり、箱根最高峰の神山に大涌谷の噴煙が光ります。

芦ノ湖も満々と水をたたえた湖面が光っています。



金時山~明神が岳 139

神山・大涌谷からの噴煙と芦ノ湖、ほぼ中央に仙石原のススキ野



すべりやすいザレ場や岩場がでてきてちょっと歩きづらくなるのをがんばれば山頂です。

山歩きをしていない、にわかハイカーさんが大勢です。

あとどのくらいですか。

こんなに急なんですか

もう少し、ここをがんばれば富士山が見えますよ~

みなさん休み休み、がんばって歩いています。




金時山~明神が岳 131 



山頂に到着、登山口から1時間10分、

目の前にはすっきりくっきりの雄大な富士山が・・・




金時山~明神が岳 147 金時山~明神が岳 130


やあやあ、平日だというのに人、人、人、ざっと50人くらいはいるでしょうかね。

山頂には2軒のお茶屋がありますが、マスコミに取り上げられるのは

いつも金時茶屋の金時娘、三つあみにした70過ぎのおばあさん、いつまでも娘です。。。


金時山~明神が岳 184 金時山~明神が岳 185


はじめて金時山に登ったときには、「へーこの人があのテレビに出てた人か」ってね、

でも去年登ったときに、外のテーブルを見て愕然としてしまったんですよ。

「火気厳禁」・・小屋で注文しなければ駄目だってこと??

なんか商売気まるだし・・・って感じで


金時山~明神が岳 182






金時茶屋は繁盛してるのに、金太郎茶屋はがら透き・・

その前でコーヒー沸かしてまったりしてる夫婦発見

あれ、ガス使っていいんですか?って聞いたら、あのテーブルを使うなってことでしょう

そういうことですか、じゃあ、あっちへ行かないでここでやればいいってことですね


金時山~明神が岳 183





縦走だからゆっくりもできないけどhimekyonも隣にシート広げて、さっそくコーヒータイム

去年の12月、ち○るさんと歩いたときは「火気厳禁」をみて、矢倉沢峠まで降りて食事をした


んだよね。。。。山頂でゆっくりしたかったのにがっくりきちゃったよね。。


先は長い、ゆっくりするわけにいかず、富士山の写真を撮って金時山山頂をあとにする。











Last updated  2016/02/04 12:09:14 PM
コメント(16) | コメントを書く
2006/12/10
カテゴリ:箱根路の四季
ち○るさんと筑波山に登った帰りに
箱根のリゾートホテルに安く泊れるんだけど行ってみない?
富士山をみに行こうか、すんなり決まって・・

さて、どこを廻ろうか・・いろいろ計画してみたけど、どうもち○るさんとでかけると、お天気が・・・
どっちが○めお○な??

以前に、金時山や駒ケ岳~神山へ行っているから、
初日はテレビでよくみる芦ノ湖からの富士山がみてみたいね。
芦ノ湖西岸遊歩道を歩いてみようか。2日目は金時山から明神が岳へ縦走しようか・・・等など案がでて・・・
毎日の天気予報とにらめっこ、やっぱり・・・だんだん天気があやしくなってくる・・・

いつもなら箱根には、新宿から小田急線で湯本へと入り、湯本から登山電車やバスを利用するのだが、
どうもこの天気だと、初日の午前中に富士山を見るようにしないとだめかもしれない。
そうだ、新宿から高速バスがでている。それなら乙女峠に停まるから、
富士山をみられるチャンスはあるかもしれない。








乙女峠からの富士山
少し青空がのぞいて雲の上に富士山


平日ならば高速道路も渋滞はないだろう・・
高速バス予約センターに電話してみると、予約なしでも空席があれば乗車できるということで、

新宿7時発のバスに乗り込みOK!
連日寝不足のhimekyonは相変わらず、車に乗るとあっという間に夢の中、
目が覚めると御殿場インターチェンジ、
「あっ、富士山がみえるよ!」なんとか金時山まで見えていてね~


御殿場から乙女峠までは15分ほどの距離、意外に近かった。
バスを降りると目の前に富士山が・・・
富士山大好きのhimekyonです。もう感激、写真を撮りまくりです。












金太郎伝説の金時山
乙女峠には熊と相撲をとる金太郎さんが




さてさて、出発です。
金時山は今回で4回目、乙女峠のコースは初めてです。
ほとんど展望のない樹林帯の中を30分ほどで乙女茶屋に着きました。
ここからは以前逆コースを歩いているのですが、あまり記憶がない、
階段が刻んであるものの滑りやすく歩きづらい登山道を長尾山に到着
ちょっと平らになったなんの変哲もない山頂をあとに・・・










すべりやすい階段の道が続きます











標識だけの長尾山山頂












徐々に岩場が現れてきますが、しっかりした鎖がついています











右側には、大涌谷から煙をはく神山と右に芦ノ湖が見えます。
真ん中に黄色く見えるのが仙石原のススキ原、右のまだら模様はゴルフ場










富士山の頭には少しづつ黒い雲が現れてきました









長尾山からの岩場のあたりからは木の間越しに富士山がみえます








両側がところどころ開けて、左に富士山、右に大涌谷をだいた神山が見え隠れ、アップダウンの岩場がでてきて、
このあたりから木の間越しに金時山の山頂が見えてきます。滑りやすい足場をロープをたよりに登りきると山頂へ到着。
風が冷たく寒い!でも富士山は待っていてくれました。ありがとう、
のぼりは4人組のおじ様たちと行き会っただけだったのに、山頂には大勢の人が、殆どの人たちは仙石原から登ってきた人たちだろう。











山頂には大きな看板
標高1213m、12月13日には毎年イベントがあるようです。










富士山の頭には、傘雲ができつつあります




ちょっと早いけど食事にしようかと・・・山頂に2つある茶屋の金時娘(70過ぎのおばさん)がいる
小屋の前のテーブルには張り紙がベタベタ、「ガスは使用禁止」、「え、どういうこと??」
定番の鍋焼きうどんをもってきたのに食べられない、外では温かいものを食べるなってこと?小屋でうどんを注文しろってこと?なにか腑に落ちない張り紙にカチンときて、下のうぐいす茶屋で食べることにして早々に下山です。
富士山をみながら食事をしようとしたのに・・・
やはり仙石原から上ってくる人が圧倒的に多いようで、どんどんすれ違います。












下山路は岩場が終わると笹の開けたところがでて、大涌谷が目の前にみえますが、すべりやすいところでもあります







矢倉峠に立つうぐいす茶屋、
平日にしか行ったことがないので開いているのをみたことがありません
やっているのかな?






うぐいす茶屋につくと閉まっています。ここが開いているのを見たことがないのですが、土日はあいているのかな?奥まったところにテーブルがひとつあったので、さっそく鍋焼きうどんを・・・しかし、寒い、どうも風の通り道だったようで、冷えきった体にあったかい鍋焼きうどんがおいしかった。

空の雲も少しづつ厚くなってきて、これから明神が岳へ2時間あまりの縦走、お天気はもってくれるのかな???どうしようか・・・あまりにもhimekyonが寒い、寒いというので、ち○るさんが気を使ってくれたのか、結局縦走を取りやめてそのまま下山してしまいました。なんと1時、早すぎ










仙石原登山口
多くの人がここから登るか、バス停2つ先の金時神社口から登ります。







これからどうしようか・・・ぜんぜん考えてもいなかったことに戸惑ってしまいました。近場の観光でもしようか、花の時期だったら近くに箱根湿生花園があるけど、冬は閉園だし、仙石原の枯れススキでも見に行ってみようか・・ぶらぶらと歩き出すが意外と遠い、そのうちバスに乗ろうかなんて待っていたら、強羅行きのバスがきて、今夜の宿は強羅だから早めにチェックインしちゃおう、直行しちゃいました。











金時山の写真がありませんでした。






10月27日に行ったときに大涌谷のロープウェーから撮った金時山です





人気blogランキングへ  ←押していただけたらうれしいです








Last updated  2016/02/06 11:36:58 PM
コメント(16) | コメントを書く

全14件 (14件中 1-10件目)

1 2 >


© Rakuten Group, Inc.