4535216 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

himekyonの部屋

全230件 (230件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 23 >

この花に逢いたくて

2021/07/02
XML
北岳から無事下山しました。
今回、4度目の北岳でしたが
梅雨のさなかに登らなくてもと思われた方もおられたと思います。
3日間とも雨予報でしたが、1日目は降られずに白根御池小屋に
2日目は雨に濡れながら出発し途中で雨が止み、
北岳の登頂できましたが、そのあとまた降り出して
キタダケソウは雨の中、その後も目まぐるしく天気が変わり、
夕方にはきれいな夕日を見ることができました。
3日目の今日は朝から雨、10時ごろには雨脚も強まる予報で
ガイドさんが下山時間を早めて5時前に出発、
追いついてきた肩ノ小屋のスタッフさんから
降水量が多くなると道路が封鎖されるとのことで
10時発のバスが最終になると聞き
ガイドさんがhimekyonのザックを持ってくれて
小走りに歩き、ギリギリ間に合いました。

こんな思いまでして梅雨の時期に登ったのは、
6月中旬ごろから北岳だけに咲くキタダケソウに出会うためでした。
今回は一眼レフカメラも持参していません。
ほぼスマホで撮っています。

スマホ撮影

キタダケソウ(北岳草)
環境省絶滅危惧1B類(EN)
咲き終わりに近かったです。




キタダケソウと奥に咲くハクサンイチゲ

出発の日、タクシーの運転手さんが
昨日のお客さんで、キタダケソウを撮ってきたと見せてくれたら
ハクサンイチゲばっかりで、ようやく1枚だけ小さく写っているのがあったので
よかったねと言ってあげたよと








茎の長いのは、チシマアマナ







Last updated  2021/07/06 07:22:59 PM
コメント(10) | コメントを書く


2021/06/25
私はスズサイコ
太陽が大嫌い!
夜に咲いて、朝には閉じてしまいます。
早朝か、曇りか雨だと昼間でも咲いていることがあります。

昨日は現地に着いたら大雨。
この天気だったら咲いていてくれるかな

去年、1輪だけ咲いていたのを撮った画像を間違って消してしまいました。
翌日撮り直しに行ったら花が落ちてしまっていてがっくり
今年はリベンジです。


スズサイコ(鈴柴胡)



なかなか見つからなくて
何度も何度も往復してやっと見つけたら蕾
早かったのかな・・・



あきらめきれずに探してやっと見つけました。













Last updated  2021/06/25 09:19:52 PM
コメント(4) | コメントを書く
2021/06/19
3年ほど前にこの花の存在を知り、出会いたいと思っていました。
最近になって房総にも咲くことがわかり
この日、初めて花探しを始めたところでしたが
見つけることができて感激しました。







シタキソウ(舌切草)
名前の由来は不明とのこと
千葉県以西の太平洋側に咲く
園芸種のマダガスカルジャスミンと似ていて
甘く爽やかな香りが漂います。



探しながら歩いていると白い花が目に飛び込んできて
もしかして、これがシタキソウ?
こんなに早く見つかるなんて・・
思ってもみませんでした。



出会えた喜びに浸りながら歩いていると
路肩に1台の車が止まっていて
ご夫婦が戻ってくるところでした。
この先に咲き始めの花があるんですよと
親切に案内していただいて
花の名前だけは知っていた初めての花「カギカズラ」でした。
シタキソウを見つけた話をすると
咲いているけど高い木の上で・・
道路脇に咲いていましたよ。

別れた後、戻りながら確かめると、高い木に絡みついたシタキソウが
テイカカズラが絡みついているのだろうと
確かめもしないでパスした2ケ所でした。

そういえば、お住いの地名を言っていたけど
もしかしたら
ブログ​「花とキノコの山日記」 
のピテカン・カッパさんではなかったかな?と
帰宅してからコメントを入れてみたらやっぱりそうでした。
何年か前に2回ほどお会いしたことがありましたが、ごあいさつしただけでしたので
記憶が薄れていました。



上、4枚の画像は教えていただいた木に絡まっていたシタキソウ
ちょうど見ごろの花でした。
下4枚はhimekyonがみつけたシタキソウ、
ほとんど終わりかけだったのです。



花が終わるころは花弁が丸まってしまうんですね。



目の前にあったのに残念、
来年また見ることができれば咲き始めのもっときれいな花に出会いたいです。



スマホ画像
















Last updated  2021/06/19 11:08:30 PM
コメント(4) | コメントを書く
2021/06/03
イワタバコの咲く季節になりました。
この花は毛が多いケイワタバコです。


ケイワタバコ(毛岩煙草)
  大きな葉っぱがたばこの葉に似ているからが由来です。































Last updated  2021/06/03 10:48:17 PM
コメント(4) | コメントを書く
2021/05/24
実がなっているのを見るのは何度もありながら
花の時期に行ったことがなかった房総
咲きだしているころではと房総・養老渓谷へ行ってきました。



ハナミョウガ(花茗荷)
ミョウガとつくものに、ミョウガ、ヤブミョウガ、ハナミョウガがあります。
ミョウガはショウガ科でクリーム色の花が咲き、薬味などの食用になります。
ヤブミョウガは葉っぱがミョウガそっくりですが、ツユクサ科で白い花が咲き暗紫色の実がなります。
ハナミョウガはミョウガと同じくショウガ科ですが、赤い花が咲き、赤い実がなります。



なんとも不思議な花です。




























Last updated  2021/05/24 10:06:52 PM
コメント(4) | コメントを書く
2021/05/21
環境省絶滅危惧種に指定されているクサナギオゴケ
今年も咲いてくれました。



クサナギオゴケ(草薙尾苔)






















Last updated  2021/05/21 07:57:36 PM
コメント(6) | コメントを書く
2021/05/06
毎年のように花が終わって実になったオウレンを見ていて
もしかして、このオウレンはウスギオウレンではないかと
花の時期に見てみたいとずっと思っていましたが、数年がたっていました。



ウスギオウレン(薄黄黄蓮)
芹葉系のオウレンは花弁に見える長い萼片とへら状の花弁が白い花ですが、
ウスギオウレンは花が薄い黄緑色をしています。




両性花




両性花




雄花




雄花



雄花




両性花






両性花が咲き終わり、実になり始めていました。



花花花花花

以前、別の場所で撮ったコセリバオウレンです。葉の付き方は、同じ3回3出複葉です。













Last updated  2021/05/07 07:38:11 AM
コメント(6) | コメントを書く
2021/04/23
ヒメアマナ​の咲く地には他にも絶滅危惧種の花がありました。



ノウルシ(野漆)
環境省絶滅危惧ll類(VU)



ノウルシ




ノウルシ




トネハナヤスリ(利根花鑢)
環境省絶滅危惧lB類((EN)
花のようにみえますが、シダ植物で
花に見えるのは胞子嚢です。



トネハナヤスリ




ヒキノカサ(蛙の傘)
環境省絶滅危惧ll類(VU)
湿ったところに咲くことから蛙の傘に見立てたものが由来
ウマノアシガタを小さくしたような花




ヒキノカサ




ヒキノカサ




ヒキノカサ アマナ ジロボウエンゴサク




こちらは、絶滅危惧種ではありません。


アマナ(甘菜)




アマナ




アマナ




アマナ




ジロボウエンゴサク(次郎坊延胡索)




ムラサキケマン(紫華鬘)




ニョイスミレ(如意菫)/別名ツボスミレ(坪菫)




ノヂシャ(野萵苣)




ノヂシャ











Last updated  2021/04/23 07:27:35 PM
コメント(2) | コメントを書く
2021/04/22
ヒメアマナ(姫甘菜)
環境省絶滅危惧1B類(EN)


キバナノアマナは出会えていますが、ヒメアマナの存在を知ったのは数年前
その時は花は咲いていませんでしたが、その場所は自力では行けず、どこへ行けば出会えるのか
一昨年、ネット検索を頼りに探しに行ってみましたが出会うことができませんでした。
去年はコロナ禍で探しに行けず
今年、リベンジしました。




探しても探しても見つからず・・
あきらめて帰りかけた時、ふと目の前をみると咲いている
感動の一瞬でした。




















キバナノアマナ(黄花の甘菜)

こちらが今まで何度も見ているキバナノアマナ(黄花の甘菜)です
画像だけではほぼ変わりがないように見えますが
ヒメとつくようにヒメアマナは全体に小さな花です。










Last updated  2021/04/22 07:18:28 PM
コメント(5) | コメントを書く
2021/04/10
カラスノエンドウ、スズメノエンドウは、道端でよく見かけますが
なかなか見つけることができないのが、カスマグサ
今回見つけた場所には、カラスノエンドウ、スズメノエンドウといっしょにたくさん咲いていました。


カラスノエンドウ(烏野豌豆)/別名ヤハズエンドウ(矢筈豌豆)
烏の豌豆ではなく、烏野豌豆です。
豆さやが黒く熟すのをカラスのたとえたのがゆらいとか












スズメノエンドウ(雀野豌豆)
こちらも雀の豌豆ではなく、雀野豌豆です。
カラスノエンドウよりも小さいから、カラスに対してスズメが由来とか














カスマグサ(かす間草)
カラスノエンドウとスズメノエンドウの間くらいの大きさから「か」と「す」の間が由来とか
命名者は、安易というか・・・


















カラスノエンドウ、スズメノエンドウ、カスマグサが写っています。













Last updated  2021/04/13 02:25:02 PM
コメント(2) | コメントを書く

全230件 (230件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 23 >


© Rakuten Group, Inc.