4680070 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

himekyonの部屋

全806件 (806件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 81 >

千葉の四季

2021/09/16
XML
カテゴリ:千葉の四季
今日は午後から用事があってお出かけ
帰りに先日の夕方様子を見に行ったら蕾だったヒガンバナのある所へ
寄り道してみたらほとんどが白いリコリスでした。
その後、公園を歩きながら帰宅
公園のあちらこちらにもヒガンバナが咲いていました。

道すがらのお宅の庭にはキンモクセイが咲きだしていました。
スマホ撮影

キンモクセイ(金木犀)















今日もヒガンバナをUPします

10日ほど前に蕾だったヒガンバナ
ほとんどが白いリコリスでした



















公園に咲いていたヒガンバナ



公園に咲いていた白いリコリス



紅白の花



















エンジェルトランペット







Last updated  2021/09/16 10:32:43 PM
コメント(2) | コメントを書く


2021/09/15
カテゴリ:千葉の四季



ヒガンバナ(彼岸花)/別名 マンジュシャゲ(曼殊沙華)
秋のお彼岸のころに咲くからが由来

先日、寄り道して探したヒガンバナ、やっと芽が出始めたところでしたが
今日は、別の場所で、


















しろいリコリス

白いリコリス






近くにタマスダレがさいていました。

タマスダレ(玉簾)




タマスダレ










Last updated  2021/09/26 08:34:13 AM
コメント(2) | コメントを書く
2021/09/08
カテゴリ:千葉の四季
気温が急に下がったからとはいえ
ヒガンバナもまだ蕾
しかし、なぜか柿の実が色づいていました。


会社近くの町工場の敷地にある柿の木
一個だけでなくたくさん色づいていました。
早くありません?
冬になって、野鳥さんたちが柿の実を食べに来るのは見ていましたが
この時期はまったく気にも留めていませんでした。







カリン(花梨)の実



カリン



ボケボケですが、ブラシノキの返り咲き
先日ブログ友さんがブラシノキの花を載せていたので
近くの工場の敷地にも咲いていたのを思い出し撮ってみようと思ったのですが
スマホのピントが合いませんでした。



スイカズラ(吸葛 忍冬)は咲残り










Last updated  2021/09/08 10:41:30 PM
コメント(5) | コメントを書く
2021/09/07
カテゴリ:千葉の四季
急に寒くなったので、もしかして彼岸花が咲いていればと仕事の帰りに寄り道してみたけど・・
やっぱり、ヒガンバナは彼岸のころですかね



全くピントが合いません







彼岸の頃に咲くから彼岸花と言われいます。
やっぱり彼岸の頃になるかしら






Last updated  2021/09/07 09:32:25 PM
コメント(6) | コメントを書く
2021/09/01
カテゴリ:千葉の四季
今日から9月、年末までの残りの月を数えた方が早いくらいにあっという間の月日です。
長雨だったり、猛暑だったり・・・
でも今日は猛暑から一転、10月頃の気温とか、長袖着ていても寒いくらいでした。
こんな天気でも植物たちは、季節を忘れてはいませんね。
2日前、用事があって隣の市に住む同僚の家に行き、帰りは公園に寄ったりしながら歩いて帰りました。(ゆっくり歩いで25分でした。)



ツルボ(蔓穂)
公園にはツルボがさ咲きだしていました。
もともと夏の終わり頃から咲き出しますが、やはり秋を感じます。







リコリス
赤い彼岸花はまだですが白というかクリーム色の彼岸花の仲間のリコリスが咲いていました。






彼岸花で有名な埼玉県の巾着田、去年はコロナ禍で公開中止のため、
花の咲く前に全てを刈り取ってしまったそうですが、
今年も中止で、刈り取ってしまうそうです。
人間のために花を咲かすことができないなんて悲しいことですね。








Last updated  2021/09/01 08:29:22 PM
コメント(8) | コメントを書く
2021/08/14
カテゴリ:千葉の四季
先日 愛犬himeのお墓参りの帰りに自然公園に寄り道
お目当てはキツネノカミソリ
去年もお墓参りの帰りに寄り道していますが
今年は、雑草に埋もれて群生の写真を撮ることができませんでした。


キツネノカミソリ(狐の剃刀)













去年の群生
今年は雑草に埋もれていました。






モミジの枝にメジロ
梅の花の時期に見かけますが、
緑の中にいるのもかわいい











気の早いモミジが紅葉していました。







Last updated  2021/08/14 10:33:58 PM
コメント(4) | コメントを書く
2021/07/16
カテゴリ:千葉の四季
内浦山県民の森主催のハイキングに参加
県民の森から往復10キロ
麻綿原高原(まめんばらこうげん)にある妙法生寺(あじさい寺)
昭和36年から日本の紫陽花だけを植え始めて2万株に

ほかにも出会った花たちや生き物を

妙法生寺境内の日本紫陽花



タマアジサイ(玉紫陽花)



タマアジサイ



クサアジサイ(草紫陽花)



クサアジサイ



ヤマユリ(山百合)



ヤマユリ



ヤマユリ



ヤマユリの蕾



キカラスウリ(黄烏瓜)



ナツノタムラソウ(夏の田村草)?



ナツノタムラソウ?



ハンショウヅル(半鐘蔓)の実



ヤマホタルブクロ(山蛍袋)



ハナニガナ(花苦菜)?
花びらの枚数からだとニガナではないと思うのですが



コナスビ(小茄子)



ダイコンソウ(大根草)



オニドコロ(鬼野老)



ヒメヒオウギズイセン(姫檜扇水仙)



ヤブカンゾウ(藪甘草)



ヒメヤブラン(姫藪蘭)
蘭ではありません



ノアザミ(野薊)



アオカラムシ(青苧麻)?



ススキ(薄 芒)
早くも穂がでていました。



カギカズラ(鉤葛)の実
先月訪れた時は花が咲いていましたが、実になっています。



クロモジ(黒文字)の実



サンカクヅル(三角蔓)かなと思ったけどちょっと違うかな?
不明



不明



ノブドウ(野葡萄)



ハギ(萩)の仲間
種類が多いので特定できません。



ネムノキ(合歓の木)



ネムノキ



タマゴタケ(玉子茸)
毒々しい赤だけど、これは食用になります。



シロオニタケ(白鬼茸)?
毒キノコですね



名前はわかりません、
毒キノコだと思います。



クロアゲハ(黒揚羽)
たぶん




ツバメシジミ(燕蜆)



ツバメシジミ



ヒメハルゼミ(姫春蝉)の抜け殻



ツバメ(燕)
先月は管理センターの右側の壁の巣が子育てが終わり
今度は左側に作って子育て真っ最中



モリアオガエル(森青蛙)のオタマジャクシ




アボガドの実
ご住職が種から育てたアボガドに実がなったそうです。



アボガド




スイレン(睡蓮)
お釈迦様の蓮華



スイレン










Last updated  2021/07/16 11:42:59 PM
コメント(1) | コメントを書く
2021/07/15
カテゴリ:千葉の四季
一昨日、乗鞍~上高地から帰ってきたばかりですが
今日は、房総・内浦山県民の森主催の麻綿原(まめんばら)アジサイハイキングに参加してきました。
鴨川市内浦山県民の森から林道奥谷(おくやつ)線を、大多喜町(おおたきまち)麻綿原高原にある
妙法生寺(みょうほうしょうじ)通称「アジサイ寺」まで、
往復10キロのアスファルトの林道を参加者14人と歩きました。


県民の森までは、鴨川市のコミュニティバスを予約しなくてはなりませんが
前日、県民の森のスタッフさんから電話があり、
安房小湊駅まで迎えに来てくださいました。

地元、近隣の市町村からの参加者ばかりで、遠方からの参加者はひとりだけでした。

千葉県に半世紀以上も住んでいるのに、
麻綿原高原はあじさいがきれい、そしてヤマビルが多いということだけは知っていましたが
訪れたことはありませんでした。





歩くのが遅いhimekyon、アスファルトの道は好きではなく、
地元の方たちは歩くのが速くてまったく追いつきません。























標高161mの県民の森を10時にスタートして標高340mの妙法生寺までの
標高差179mを2時間かけてお昼に到着




車で先に移動していた別のスタッフさんから味噌汁と麦茶をいただき、
ご住職からは、日蓮上人の誕生時に鯛が舞い踊ったという
鯛の浦ゆかりの鯛せんべいと境内で採れた梅を漬けた梅干しをいただきました。
(梅は落ちたものは使わず、枝から収穫した梅だけを使ったそうです)







妙法生寺











おとなしいワンコ


眠かったのか目がトロ~ん



寝ちゃいました



人生の階段






ぼけ封じぼっくり観音



ぼけ封じぼっくり観音


水掛水神明神









昭和26年に当時の住職が廃寺を再興して、日本古来の紫陽花を植えて
今は2万株に増えているそうです。






天拝壇六角堂
日蓮上人が朝日に向かって「南無妙法蓮華経」のお題目を初めて唱えた場所だそうです。



















彼方には海が見えますが、画像には写っていません。












天照大神のお社



天拝園からの景色



千葉には山がないといいますが、見渡す限り山ばかり・・
































下山する前に
ご住職からお釈迦様の誕生から入滅までの法話をいただきました。
ご住職の弟さんは、東京大学でインド哲学、仏教学を教えている蓑輪顕量教授だそうです。




下山時、2人がリタイア、先行入りしていた車で下山
下りはますます速足になり、もう1人がリタイヤ
最後尾を走っていた車で下山、
やや健脚向きとの案内がありましたが、平坦な道を歩くと思っていたようです。
先頭集団は、近隣市町村の歩こう会の会員のようで
ひたすら歩くのが生きがいみたいなおばさまたち
himekyonはまわりの景色や花を探したりするのが好き
みんなそれぞれ楽しみ方が違います。
やっぱり、団体行動が好きではないhimekyonかな?
それでもなんとかついていけるうちは
ほぼ毎月、イベントがあるようなのでまた参加してみようかなと

帰りも駅まで送っていただき楽しめた1日でした。













Last updated  2021/07/16 12:07:39 AM
コメント(4) | コメントを書く
2021/06/30
カテゴリ:千葉の四季


ツバメの子育て

























モリアオガエルの卵塊




防火水槽の上の木の枝にモリアオガエルの卵塊があります。



モリアオガエル(森青蛙)



モリアオガエルのオタマジャクシ



ヒメハルゼミ(姫春蝉)の抜け殻
南方系の蝉で、茨城県、新潟県、千葉県の一部で発見された小さな蝉
先日、上越・火打山で出会ったのはエゾハルゼミの抜け殻でヒメハルゼミよりも大きな蝉
ほかに中間のハルゼミがいるようです。



イトトンボ



サシバ?
遠すぎてボケボケですぐに飛んで行ってしまいました。
撮りたかった!








Last updated  2021/06/30 07:00:07 PM
コメント(4) | コメントを書く
2021/06/29
カテゴリ:千葉の四季
シタキソウを探していて出会った花


オオカモメヅル(大鴎蔓)
コバノカモメヅルに対してなのか葉っぱが大きいのが由来なのかな?
花はコバノカモメヅルのほうが大きいです。



オオカモメヅル



ケイワタバコ(毛岩煙草)
咲き終わりでしたがかろうじて花が残っていました。



ケイワタバコ
ヤマビルが多いところなので、道路わきの草むらでも入ることを躊躇して
花を下から撮れませんでした。



ネジバナ(捩花)/モジズリ(文字摺)
日本の野生蘭です。



ネジバナ



ネジバナ



ネジバナ



マメヅタ(豆蔦)
シダの仲間ですが、
蘭のマメヅタランに出会いたいです・・・



キハギ(木萩)



キハギ



キハギ



コマツナギ(駒繋ぎ)



コマツナギ



ムラサキシキブ(紫式部)



ムラサキシキブ



ムラサキシキブ



テイカカズラ(定家葛)



テイカカズラ



イボタノキ(水蝋の木)?



イボタノキ?



クマノミズキ(熊野水木)?



シラキ(白木)



アカメガシワ(赤芽柏・赤芽槲)



スイカズラ(吸葛・忍冬)



サルトリイバラ(猿捕茨)



サルトリイバラ



サルトリイバラ



ゴンズイ(権萃)



ハゼノキ(櫨の木・黄櫨の木)の紅葉






























































Last updated  2021/06/29 07:27:10 PM
コメント(4) | コメントを書く

全806件 (806件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 81 >


© Rakuten Group, Inc.