3774471 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

himekyonの部屋

全38件 (38件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

南アルプス

2014/10/17
XML
カテゴリ:南アルプス
8月10日

ブログ友・86netさんと早朝に出かけた花探し

夏は数えきれないお花が咲き乱れる花の山

さすがにこの時期にもなるとお花の数も少なくなっています








写真: DSC_0591


シラネセンキュウ(白根川芎)?

葉っぱの出方がどうの、葉っぱの付き方がどうの、花の咲き方がどうの・・・

花が好きなhimekyonですが、性格が大雑把で勉強が大嫌い・・・

それなら、見てきれいならそれでいいじゃないって言われそうだけど・・

でもわかるとうれしい~

という勝手なhimekyonでもあります
















写真: DSC_0585


これは?

似た花にミヤマトウキ、ホソバハナウドというのがあるそうですが















写真: DSC_0458


これは?

















写真: DSC_0457


これは?


















写真: DSC_0442




これは?
















写真: DSC_0455


これは?

これでもかこれでもかのお花でした


















写真: DSC_0593カノツメソウ


多分、カノツメソウ(鹿の爪草)






















写真: DSC_0640カノツメソウ


カノツメソウ?



















写真: DSC_0590ゴマナ


ゴマナ(胡麻菜)




















写真: DSC_0504カニコウモリ


カニコウモリ(蟹蝙蝠)





















写真: DSC_0490


オクモミジハグマ(奥紅葉白熊)

















写真: DSC_0497


オクモミジハグマ


















写真: DSC_0502-1タカネフタバラン


タカネフタバラン(高嶺二葉蘭)
















写真: DSC_0546


タカネフタバラン

















写真: DSC_0454


ヤマハハコ(山母子)

















写真: DSC_0486


ヤマハハコ















写真: DSC_0604タニソバ



タニソバ(谷蕎麦)?

















写真: DSC_0713シロヨメナ


シロヨメナ(白嫁菜)








写真: DSC_0722


フユノハナワラビ(冬の花蕨)

羊歯の仲間で蕨ではありません、

胞子嚢が蕨ににているからが由来です











写真: DSC_0450


オオバショウマ(大葉升麻)

















写真: DSC_0446


オオバショウマ















写真: DSC_0645


サラシナショウマ(更科升麻)?それともイヌショウマ(犬升麻)?















写真: DSC_0686ガンクビソウ


ガンクビソウ(雁首草)












写真: DSC_0334


アキノキリンソウ(秋の麒麟草)















写真: DSC_0687ヤクシソウ


ヤクシソウ(薬師草)

ブレちゃいました















写真: DSC_0724キンミズヒキ


キンミズヒキ(金水引)














写真: DSC_0647ヤマニガナ


ヤマニガナ(山苦菜)?













写真: DSC_0453


コウゾリナ(顔剃菜)












写真: DSC_0587


キツリフネ(黄釣舟)













写真: DSC_0589


キツリフネ











季節を変えてまた行きたいところです







(完)



















Last updated  2014/10/18 02:48:11 AM
コメント(10) | コメントを書く


2014/10/16
カテゴリ:南アルプス
9月10日

ブログ友・86netさんと早朝から出かけた花探し

夏に比べると少なくなっていましたが、それでもたくさんの花に出逢えました。

この時期は実になっているものも多かったです







写真: DSC_0534




ツバメオモト(燕万年青)の実

この実の色からツバメを連想してつけられました










写真: DSC_0689クルマバツクバネソウ


クルマバツクバネソウ(車葉衝羽根草)の実

羽子板で衝く 追羽根に似ているのが由来です









写真: DSC_0506ザリコミ


ザリコミの赤い実

カエデの葉っぱに似ているけど、赤い実が成るわけないし・・

モミジイチゴは黄色い実で初夏のころだし・・

思いつくまま検索して見つけました

スグリの仲間のようです

ザり(砂利)コミ(グミ・茱萸)からが由来だそうです










写真: DSC_0512タケシマラン


タケシマラン(竹縞蘭)の実

蘭と付いても蘭の仲間ではありませんが、かわいい小さな花がこんなに大きな実になるんですね。













写真: DSC_0508マイヅルソウ


マイヅルソウ(舞鶴草)の実

ふかふかの苔の上に











写真: DSC_0510マイヅルソウ


マイヅルソウの実










写真: DSC_0682タニタデ


タニタデ(谷蓼)の実

かわいい水玉のようです

この仲間は同じような実になりますね









写真: DSC_0678タニタデ


タニタデの実








写真: DSC_0623ムカゴイラクサ


ムカゴイラクサ(珠芽刺草)の実

珠芽だけをみるとヤマノイモの零余子みたいです

でも刺草と書くくらいですので棘が凄い

同じムカゴイラクサ属のミヤマイラクサは

東北ではアイコといって 山菜の女王だそうです

もしかしたら、以前秋田の森吉山へ行ったときに泊まったのは熊鍋と山菜尽くしの宿でした。

いろいろ説明されたけどわからずに食べたかもしれません







写真: DSC_0711ウメガサソウ


ウメガサソウ(梅笠草) も実になっています







写真: DSC_0710ウメガサソウ


ウメガサソウの実










写真: DSC_0345


これは何の種?

蘭系だと思いますが・・









写真: DSC_0538


これも蘭の仲間の種だと思うけど・・・

どこかでみたことがあるような気がするのですが、思い出せません









写真: DSC_0514キソチドリ


キソチドリ(木曽千鳥)の種だと思うけど











写真: DSC_0523


こちらもキソチドリかな











Last updated  2014/10/16 07:48:31 PM
コメント(4) | コメントを書く
2014/10/15
カテゴリ:南アルプス
9月10日

86netさんと早朝からでかけた花探し







写真: DSC_0406コウシンヤマハッカ


コウシンヤマハッカ(甲信山薄荷)













写真: DSC_0402コウシンヤマハッカ


コウシンヤマハッカ










写真: DSC_0346コウシンヤマハッカ


コウシンヤマハッカ

葉っぱの先が亀のしっぽのようになってるカメバヒキオコシに似ていますが、

山梨・長野地方にはしっぽがないものがあります。

薄荷の名前がついていても薄荷の臭い、味はしないそうです。











写真: DSC_0439


コウシンヤマハッカ群生











写真: DSC_0441


コウシンヤマハッカの白花もありました












写真: DSC_0347クサボタン


クサボタン(草牡丹)











写真: DSC_0410レイジンソウ


レイジンソウ(伶人草)










写真: DSC_0570












写真: DSC_0449


レイジンソウ













写真: DSC_0600


レイジンソウ












写真: DSC_0317


ホウオウシャジン(鳳凰沙参)と教えていただいたけど

イワシャジン(岩沙参)というかたもいました

ホウオウシャジンはイワシャジンの高山型で
 
鳳凰三山の山塊にだけ咲く花だそうですのでイワシャジンかもしれません
 
バスの中から









写真: DSC_0462


ソバナ(岨菜)











写真: DSC_0445トネアザミ


トネアザミ(利根薊)/タイアザミ?

この地には、ホウキアザミというのがあるようですが









写真: DSC_0708フジアザミ


フジアザミ(富士薊)











写真: DSC_0456


オヤマボクチ(雄山火口)













写真: DSC_0485

ノコンギク(野紺菊)













写真: DSC_0571


クロクモソウ(黒雲草)

撮るのが難しくて何枚も何枚も

クロクモソウ特集みたいになっちゃいました









写真: DSC_0557


クロクモソウ(黒雲草)











写真: DSC_0474


クロクモソウ(黒雲草)











写真: DSC_0472


クロクモソウ

















写真: DSC_0577















写真: DSC_0477












写真: DSC_0567














写真: DSC_0556


クロクモソウ











写真: DSC_0602ジャコウソウ



ジャコウソウ(麝香草)

一輪だけ咲き残っていました。

葉を揉むと麝香のような香りがするからが由来ですが、以前香りはしませんでした。

今回は、葉を揉むのを忘れた









写真: DSC_0603


ジャコウソウ












写真: DSC_0609アカバナ



イワアカバナ(岩赤花)











写真: DSC_0608アカバナ


イワアカバナ








写真: DSC_0723


リンドウ(竜胆)

一株だけみつけました













写真: DSC_0595


トモエシオガマ(巴塩竃)










写真: DSC_0599


トモエシオガマ










写真: DSC_0598


トモエシオガマ










写真: DSC_0597


トモエシオガマ












写真: DSC_0517セリバシオガマ


エゾシオガマ(蝦夷塩竃)

咲き残りがありました











写真: DSC_0518セリバシオガマ


エゾシオガマ















Last updated  2014/10/15 06:43:24 PM
コメント(8) | コメントを書く
2014/04/09
カテゴリ:南アルプス
3月26日

86netさんのお誘いで、セツブンソウとフクジュソウをみに行ってきました。毎年のように秩父に見に行ってい

ましたが、2年ほど前に山梨県にも咲くということを知り、今回実現しました。

帰りはいつも温泉に立ち寄ってくださいます。86netさんの住む北杜市は温泉の宝庫で、毎回違う温泉を案

内してくださいます。今回は「むかわの湯」でした。どの温泉もいいお湯です。

天気予報が1日ずれて、お昼ごろ雨になりましたが、戻るころには止んで、夕方には夕焼けも少しみることがで

きました。







写真: DSC_0192





小淵沢の駅から八ヶ岳







写真: DSC_0199







電線が邪魔ですが、赤岳が赤く染まっています。










写真: DSC_0205









写真: DSC_0211









甲斐駒ヶ岳が黒い雲の中から姿を見せてくれました









~~~~~~プレゼントプレゼントプレゼントプレゼントプレゼントプレゼント~~~~~~







車で案内していただいた上にお昼のお蕎麦もごちそうになり、温泉も

そのうえ、帰りにはたくさんのお土産までいただいてしまい

うれしいやら、申し訳ないやらです








写真: DSC_0218





キゥイは、86netさんの家で採れたもの

籠はお知り合いの方がアケビの蔓で編んだものだそうです









写真: DSC_0219









八ヶ岳南麗にある有名なパイのお店だそうです









写真: DSC_0221 写真: DSC_0223












写真: DSC_0217








松の古木にだるまの彫刻

86netさんのお知り合いの方が彫られたそうです








86netさん、本当にありがとうございました。












Last updated  2014/04/09 07:30:30 PM
コメント(10) | コメントを書く
2014/04/08
カテゴリ:南アルプス
3月26日

日蓮宗の身延山から七面山への参詣で賑わった赤沢宿




写真: DSC_0067






ミツマタ(三椏)が咲き出していました









写真: DSC_0060











写真: DSC_0078





関東で桜の開花宣言が出た日

赤沢宿は梅が満開になりました。







写真: DSC_0076









写真: DSC_0177







黄梅







写真: DSC_0074







フキノトウは花が開いていました





写真: DSC_0043カテンソウ






カテンソウ(花点草)

蕾も大きくなってきました







写真: DSC_0130








カキドオシ(垣通し)







写真: DSC_0075








タチツボスミレ(立坪菫)?

まもなく咲き出すことでしょう




写真: DSC_0155






コスミレ(小菫)?でしょうか

マクロレンズではなかったので近くで撮れませんでした





写真: DSC_0147






ワサビ(山葵)

赤沢宿を流れる沢水に育っていました






写真: DSC_0149







ワサビの花




写真: DSC_0165








イワヒバ(岩檜葉)

花ではありませんが、石垣についていました













Last updated  2014/04/08 10:12:44 PM
コメント(10) | コメントを書く
2014/04/07
カテゴリ:南アルプス
3月26日


日蓮宗信仰の参詣で賑わった赤沢宿




写真: DSC_0119



妙福寺脇の枝垂桜

行ったときは固いつぼみでしたが

4月7日開花しているようです





写真: DSC_0055




枝垂桜の根元はうろになり、皮一枚で

風雪に耐えています。




写真: DSC_0052





妙福寺本堂

真言宗だった寺が改宗して日蓮宗に








写真: DSC_0053




妙福寺





写真: DSC_0122





自動車道ができて、身延山から七面山へは車の移動ができるようになり

赤沢宿を利用する人が減って

9軒あった講中宿も廃業して今は1軒のみ

町おこしのためにかつての往還を石畳の整備をして

下水道を完備しています










写真: DSC_0153




「宿の駅・清水屋」さんの写真を撮り忘れています。左上が清水屋さん

廃業した宿「清水屋」さんの建物を改築して観光案内所、休憩所として利用できます





写真: DSC_0179




案内の「まどか」さんが赤沢宿の情報発信をしています。

お若い美人の娘さんです。

今回、いろいろと案内していただきました





写真: DSC_0180










写真: DSC_0182







ごたつがあり、懐かしい風景に教習を感じます。





写真: DSC_0191





暗くなってしまいましたが1階部分です



写真: DSC_0184




2階部分






 
写真: DSC_0151




そば処 武藏屋さん



平日は予約制(5人から)

大雪で外へ出られない日も逢ったそうで

お休みしていたようですが、無事再開できたようです



 
写真: DSC_0144




おいしいお蕎麦セット

86netさんにごちそうになってしまいました。

てんぷらは、今年お初のフキノトウがありました。

ほのかな苦味が春を感じました

ごはんには、粟が入っていました。










Last updated  2014/04/08 01:02:57 AM
コメント(6) | コメントを書く
2014/04/06
カテゴリ:南アルプス
3月27日

ブログ友86netさんのお誘いで早春のお花を見に行ってきました。

その後、身延山信仰で賑わった赤沢宿を見学しました




写真: DSC_0037





標高500m~600mの急峻な地に建つ赤沢宿

江戸時代から盛んになった、日蓮宗信仰の信徒の講中が、身延山久遠寺から奥ノ院を目指し、

赤沢宿に下って1泊し、翌日、霊山七面山をお参りしたそうです。






写真: DSC_0187






生まれたときから、地元に住むという男性から話をお聞きしました。

講中最盛期の明治時代には、40軒の集落に、講中宿が9軒あったと言われています








写真: DSC_0158






道路の発達により、身延山久遠寺まで車で行き、お参りのあと、七面山登山口まで車で移動してお参りができる

ようになり、赤沢宿を利用することが少なくなり、

現在も営業を続けているのは、「江戸屋」さん1軒のみだそうです







写真: DSC_0157






最盛期の時は、1日で1000人からの信徒が詣で、宿だけでも足りず、民家にも分散して泊まったそうです。

泊まるというよりも3交代制にして、数時間仮眠させて出発させ、また次の人を仮眠させて送り出すというほど

賑わったそうです。

今回は、お会いすることができませんでしたが、「江戸屋」のおかみさんは、夜中からせっせとおにぎりを作り

続けたという当時の話をしてくださるそうです。







写真: DSC_0152









霊山・七面山
天気予報が1日ずれてお天気がイマイチです、山頂部分がみえません








写真: DSC_0167






大阪屋(廃業)

立派な構えの建物ですが、「歴史的建造物保存地区」では
勝手に壊すこともできず、
直すのもお金がかかることで、かなり傷んでいる部分がありました







写真: DSC_0170






大阪屋

軒にかかる講中札を「まねき」というそうです






写真: DSC_0188











大阪屋

















写真: DSC_0172









写真: DSC_0173











写真: DSC_0175






写真: DSC_0186




写真: DSC_0120














写真: DSC_0124











写真: DSC_0041














写真: DSC_0121















写真: DSC_0046














写真: DSC_0048












写真: DSC_0051














写真: DSC_0047














 写真: DSC_0050






写真: DSC_0126









写真: DSC_0127









写真: DSC_0141













写真: DSC_0141














写真: DSC_0164










写真: DSC_0163













写真: DSC_0162









寝ぼけて途中で消してしまいました

文字は後日入れます












Last updated  2014/04/07 07:02:54 AM
コメント(16) | コメントを書く
2014/03/28
カテゴリ:南アルプス
3月27日

ブログ友86netさんからお誘いいただいて、山梨へお花を見に行ってきました

急に春めいて、花は終わっているかと心配しましたが、セツブンソウとフクジュソウを見ることができました。

2週間前に86netさんが、行かれた時には、やっと芽生えて花が咲きだしたところだったそうですが

さすがに福寿草は茎が伸びてしまいました。でもお花はきれいに咲いていました。






写真: DSC_0068








写真: DSC_0111







写真: DSC_0096







写真: DSC_0094










写真: DSC_0022













写真: DSC_0028





写真: DSC_0079









写真: DSC_0089











写真: DSC_0101








写真: DSC_0093







写真: DSC_0085







追記:夕べは、「下書き」をクリックすると「ログイン」画面になって、文字入れができずに画像のみの日記に

なりました。ディスクトップの画像も変わってしまい、なにか狐につままれたようです。。。










Last updated  2014/03/29 11:58:43 PM
コメント(12) | コメントを書く
2014/03/27
カテゴリ:南アルプス
ブログ友86netさんのお誘いでお花見へ

2日続きの早起きで、86netさんが運転してくださる中、うとうとと居眠りをしてしまったhimekyonです

2週間前に、見に行かれたときは、2月の大雪のあとで、雪の下からやっと咲き出したところだったそうですが

ここのところ、一気に春めいて、咲き終わっているのではと危惧していましたが、

かわいいお花たちに出会うことができて、感激の1日になりました



写真: DSC_0015





セツブンソウとフクジュソウが足の踏み場もないほどに咲いて感激です





写真: DSC_0018



セツブンソウ(節分草)
節分のころに咲くことからが由来です
花が終わると種になり、初夏のころまでには結実して地上から姿を消して休眠してしまいます
スプリング・エフェメラル(春の妖精)と言われるお花です





写真: DSC_0032




花びらのように見えるのは萼片
通常は5枚ですが6枚あります
黄色く見えるのが花びらで先端が蜜腺になっています
ピントが合わずボケボケですね





写真: DSC_0011



セツブンソウは、針のような芽がでて
4年から7年ぐらいかかりようやく花が開きます





写真: DSC_0010












写真: DSC_0009











写真: DSC_0021











写真: DSC_0033










写真: DSC_0029









写真: DSC_0026










写真: DSC_0035












写真: DSC_0013










写真: DSC_0003











写真: DSC_0001











写真: DSC_0017












写真: DSC_0005














写真: DSC_0004













写真: DSC_0025














Last updated  2014/03/29 08:34:28 PM
コメント(16) | コメントを書く
2013/09/25
カテゴリ:南アルプス
9月17日

台風一過の青空のもと、ブログ友86netさんのお誘いでお花探しにでかけました。
今回は、○吉さんともご一緒しました。



写真: DSC_0125

アサギマダラ(浅葱斑)
優雅に舞うアサギマダラに出会えるとは思ってもいませんでした。
前日の台風にもめげなかったのね












写真: DSC_0129アサギマダラ

アサギマダラ
上昇気流に載って2000キロも先の南の島に渡るという
小さな体にこの薄い翅のどこにその力があるのだろうか、とても不思議です
そろそろ渡る準備でしょうか












写真: DSC_0065イケマの実

イケマの実
有毒植物で、アサギマダラの食草になっています。


アサギマダラは、有毒植物を食べることで毒を体に取り込み、鮮やかな色で毒があることをアピールして身を守りますが、雪の降るこの山にイケマがいたるところにあってアサギマダラがいるということはここで卵を産むということでしょうか


ネットで調べていたら、今年羽化した蝶が秋に南に渡り、南からは子孫が渡ってくるとか












写真: DSC_0149














写真: DSC_0153トビナナフシ

トビナナフシというそうです
初めて見ました。目がかわいい~でもこっちを睨んでいるのかな?











写真: DSC_0067

ヌメリスギタケモドキ?
86netさんに教えていただきましたが名前違ったかな?
柳の木に生えるキノコで食用になるそうです。
上矢印
86netさんからコメントいただきました。ヌメリスギタケモドキは一般的に
ヤナギタケと言っているそうです。









 DSC_0068

ヌメリスギタケモドキ?
この大きさが食べごろだそうです












DSC_0027

ホコリタケの仲間












DSC_0130

サルナシ(猿梨)
キウィフルーツの原種と言われていて、味も同じだそうです












DSC_0083

エビガライチゴ(海老殻苺)別名/ウラジロイチゴ
海老の殻のような色をしているからが由来、そういえば伊勢海老の感じはこんなかな?
裏白は葉っぱの裏が白いからで、実は食べられますが、食べたことはありません







いよいよ野生蘭探し
みつかるといいな~










Last updated  2013/09/26 08:47:02 AM
コメント(14) | コメントを書く

全38件 (38件中 1-10件目)

1 2 3 4 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.