2016/07/29

入笠山に咲く花3 (完)

(4)
カテゴリ:入笠山の四季
7月もまもなく終わりですが、7月半ばに訪れた入笠山


入笠山マナスル山荘新館から
入笠山からの夜明け
入笠山マナスル山荘新館天体ドームから
入笠湿原に咲く花 ノハナショウブ
入笠山に咲く木の花と実
入笠山に咲く花1
入笠山に咲く花2



入笠に咲いていた花の続きです。

端境期とはいえ、結構咲いていましたね。

 
 写真: DSC_4054
 
 
ヤナギラン(柳蘭)
 
蘭の仲間ではありません。
 
葉っぱがヤナギの葉、花が蘭の花に似ているかだそうな
 
 
写真: DSC_4053
 
 
 
 写真: DSC_4063
 
 
 写真: DSC_4072
 
ヤナギランと(四葉鵯) 
 
 
 
写真: DSC_4058
 
咲き残りのアヤメ(菖蒲・綾目) 
 
 
写真: DSC_4068
 
シモツケソウ(下野草)
 
 写真: DSC_4057-1
 
シモツケソウとコオニユリ
 
 
写真: DSC_4050-1 
 
 
 シモツケソウは草
 
シモツケは木、なぜかシモツケを撮り忘れていました。
 
 
 
 
 写真: DSC_4073
 
 
クガイソウ(九蓋草)
 
葉が段々に付くからが由来です。
 
 
 写真: DSC_4064
 
 
これはなんだ
 
花の周りに葉っぱの数と同じくらい花穂が付いている~
 
 
写真: DSC_3955-1 
 
 
ミドリヒョウモン? or ウラギンヒョウモン? 
 
 
 
 
 写真: DSC_3956-1
 
 
 
写真: DSC_3936 
 
 
 写真: DSC_3935
 
 
 
写真: DSC_3981
 
 ウツボグサ(靭草)
 
 
写真: DSC_3913 
 
 コバギボウシ(小葉擬宝珠)
 
写真: DSC_3907
 
 
チダケサシ(乳茸刺)
 
乳茸を採ってこの茎に刺して持ち帰ったからが由来ですが
 
 
 写真: DSC_3909
 
 
 写真: DSC_3902-1
 
 ノアザミ(野薊)
 
 
 
 
 写真: DSC_3895-1
 
ミゾソバ(溝蕎麦)
 
 
 
 
 
 写真: DSC_3880-1
 
ハクサンフウロ(白山風露)
 
 
 
 
 写真: DSC_3884-1
 
 
 
写真: DSC_3951
 
 
 写真: DSC_3954
 
 
クルマバナ(車花)
 
咲きはじめでした。
 
 
 
 写真: DSC_3946
 
 
ケナツノタムラソウ(毛夏の田村草)だったかな
 
 
 写真: DSC_3947
 
 
写真: DSC_4026-1
 
 
 
 
 
 写真: DSC_3882-1
 
 
エゾカワラナデシコ(蝦夷河原撫子)
 
この標高だと蝦夷だったかと・・花が開いていないので見分けがつきません。
 
 
 写真: DSC_4052
 
 多分、エゾカワラナデシコ
 
ほんの30分ほど、雨が降り、迂闊にもサブザックに雨具を入れ忘れたため濡れてしまいました。 
 
雨に濡れて遠いので確認ができませんが、花と花の隙間が少ないのと
 
花の中心が赤っぽく見えるのは、赤い毛が生えているからではないかと
 
 
写真: DSC_4044
 
 
オニルリソウ(鬼瑠璃草)
 
 
 
 写真: DSC_4046
 
 
写真: DSC_3700-1
 
クサフジ(草藤)
 
 
写真: DSC_3696-1
 
 
スジグロシロチョウ(筋黒白蝶)?
 
 黒いのは蛾?名前がわかりません。
 
 
 
 
 写真: DSC_3697-1
 
 
コチャバネセセリ(小茶羽挵)?
 
 
 
 
 
 写真: DSC_4037-1
 
ハリブキ(針蕗)
 
赤い実になっていました。
 
 
 
 
 
写真: DSC_4019
 
 ここでUターンしました。
 

仕事の関係でいつもは平日ですが、今回初めて土日の連休になりました。

しかし、日曜日は夜、アルバイトをしているので間に合うように帰らねばならず、

ゆっくりと花を見ながらとはいかず、いつものコースを途中で引き返しました。
 
それでも、帰りはお泊りしたブログ友・スアロキンさんご夫妻経営のマナスル山荘新館

ご主人・山さんが下に用事があるということで車で温泉まで送っていただき

温泉でゆっくりと汗を流して帰宅することができました。
 
 
 
スアロキンさんご夫妻に感謝
 
ありがとうございました。
 
今度は天の川の見られる時にお邪魔したいと思います。
 
 
 
(完)
 
 
 
 





TWITTER

Last updated  2016/07/29 07:41:19 PM
コメント(4) | コメントを書く