624198 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ひねもす庵

隠岐武良祭風流

隠岐武良祭風流~おきむらまつりふうりゅう~

西郷港から1日3本のバスで、島後を縦断し、中村へ行きました。

鎌倉時代にその起源があるという、隠岐武良祭を観るためです。

1193年、佐々木定綱が視察した際に、この地域の穀物の実りが悪かったため、
本国滋賀県観音寺から日神月神を勧請し、日神を八王寺神社に、
月神を現在の一乃森神社に奉斉して、月日の祭りを始めたといいます。

祭り当日は、二つの神社から行列が会所に集い、神相撲や流鏑馬が奉納されます。
観光客のあまりいない、地元の方のための素朴な祭りでした。



中村バス
バス時刻表

○印は夏休み以外運休。












葉っぱをくわえて
祭り行列

葉っぱをくわえてます。
余計なことをしゃべらないようにとか。











松ノ木
中央に松ノ木

行列は、この松ノ木の周りを3回半回ります。

















神相撲
神相撲

少年たちの神相撲が奉納される。
御神体は右側の月神がヤタガラス、
左側の日神がウサギ。










おてもやん
おてもやんな青年たち・流鏑馬

坊主頭に真っ赤な頬紅、紅いおべべの青年たち。
3頭の馬に乗って現れ、ずっと流してましたが、
流鏑馬本番になったら別の引き手が現れました。
矢は外れて、民家直撃。
ビール片手に中から見てたおじさんがビックリ。








帰っていく
帰っていく

奉納が終わると、二手に別れて
それぞれの神社へ帰っていきました。
昔は、5日もかけて行ったものだと、
お墓参りをかねて帰省しているという
方が教えてくれました。








中村の海
中村の海

お囃子の音だけが、いつまでも響いていました。















Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.