624063 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ひねもす庵

全740件 (740件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 74 >

2020年02月19日
XML
カテゴリ:
「​熱源」
川越宗一 著
文藝春秋
2019年8月

---

ロシアと日本に翻弄されながらも、誇りを持って生きた樺太アイヌとポーランド人の物語。

主人公ヤヨマネクフやピウスツキ、金田一京助他、実在の人物が登場する、
事実を元にしたフィクション。

生き生きとして面白かったので、どこまでが史実か知りたくなりました。








最終更新日  2020年02月19日 23時13分35秒
コメント(0) | コメントを書く


2020年01月31日
カテゴリ:
チタタㇷ゚も載ってます。

こどもの頃、あまり外食をしない家だったのですが、
なぜか近所のアイヌ料理店へ連れて行ってもらったことがあります。
メニューは覚えていませんが・・・

その後、店は火事で焼けて閉店してしまいました。







最終更新日  2020年01月31日 22時30分38秒
コメント(0) | コメントを書く
2020年01月30日
カテゴリ:
「​断片的なものの社会学」
岸政彦 著
朝日出版社
2015年5月

---

とても濃い、人々の語り。
新世界の路上のギター弾きや、巨乳マニアのお話が忘れられないですわ。








最終更新日  2020年01月30日 22時39分22秒
コメント(0) | コメントを書く
2020年01月24日
カテゴリ:






最終更新日  2020年01月24日 22時39分28秒
コメント(0) | コメントを書く
2020年01月11日
カテゴリ:
お正月にまとめ読み。

むっちゃ面白かったですわ~
ドラマもよかったですね。







最終更新日  2020年01月11日 22時42分39秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年12月28日
カテゴリ:
「三体」
劉慈欣 著, 大森望[他] 訳
早川書房
2019年7月

---

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
物理学者の父を文化大革命で惨殺され、人類に絶望した中国人エリート科学者・葉文潔(イエ・ウェンジエ)。
失意の日々を過ごす彼女は、ある日、巨大パラボラアンテナを備える謎めいた軍事基地にスカウトされる。

---

ファースト・コンタクトの話。
三部作の第一作。

私的に今年の小説ベスト3に入る面白さ。
早く続きを読みたいものです。
日本語版は来年発売予定。








最終更新日  2019年12月28日 20時55分39秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年12月11日
カテゴリ:
「新・四字熟語」
(幻冬舎よしもと文庫)
又吉直樹, 田中象雨 著
幻冬舎
2015年1月

---
【目次】(「BOOK」データベースより)
神様嘔吐(かみさまおうと)
馬面猫舌(うまづらねこじた)
夕焼左折(ゆうやけさせつ)
編曲過剰(へんきょくかじょう)
白服伽哩(しろふくかりー)
爆裂血族(ばくれつけつぞく)
構内抱擁(こうないほうよう)
日常主演(にちじょうしゅえん)
無駄目撃(むだもくげき)
恋文炎上(こいぶみえんじょう)〔ほか〕

---

「鈴虫炒飯」の改題。
幻冬舎サイト








最終更新日  2019年12月11日 23時02分48秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年12月01日
カテゴリ:
​「ビッグ・クエスチョン 〈人類の難問〉に答えよう」
スティーヴン・ホーキング 著
NHK出版
2019年3月

---

【内容情報】(出版社より)

人類の未来に挑む、最後の書き下ろし!
天才理論物理学者ホーキング博士が生涯追い求めていたもの、
それは誰にも解き明かされていない究極の問の答え(ビッグ・クエスチョン)だった。
「人類は地球に住み続けるべきか?」「AIは人間を超えるか?」など10の難問への見解に加え、
死の直前まで書き続けた未来を生きる人々への熱いメッセージ。


〈10のビッグ・クエスチョン〉
1 神は存在するのか?
2 宇宙はどのように始まったのか?
3 宇宙には人間のほかにも知的生命が存在するのか?
4 未来を予言することはできるのか?
5 ブラックホールの内部には何があるのか?
6 タイムトラベルは可能なのか?
7 人間は地球で生きていくべきなのか?
8 宇宙に植民地を建設するべきなのか?
9 人工知能は人間より賢くなるのか?
10 より良い未来のために何ができるのか?

---

難しいお話をかみくだいてユーモアまじりに解説してくれてました。
もっと聞きたかったですね。
合掌。







最終更新日  2019年12月01日 21時48分45秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年11月28日
カテゴリ:
「​カキフライが無いなら来なかった」
(幻冬舎文庫)
せきしろ×又吉直樹
幻冬舎
2013年10月

---

2人の自由律俳句集。
表題作は、又吉さんのもの。

「転んだ彼女を見て少し嫌いになる」は、
真心ブラザーズの「ハナゲ」が頭の中に流れましたよ。
あれはほのぼのしてますが。

「独りだから静電気を無視する」もいい絵ですね。








最終更新日  2019年11月28日 21時56分04秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年10月22日
カテゴリ:
早見和真 著
角川春樹事務所
2019年7月

主人公もバカすぎて。








最終更新日  2019年10月22日 22時28分45秒
コメント(0) | コメントを書く

全740件 (740件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 74 >

PR

カレンダー

カテゴリ

カテゴリ未分類

(517)

島・旅

(424)

(54)

巨木

(22)

妖怪

(124)

イベント

(106)

散歩

(102)

(740)

映画

(100)

テレビ

(262)

音楽

(330)

食物

(863)

日常

(673)

お気に入りブログ

きみの ために う… 幻泉館 主人さん

ランブリング・ローズ 穴沢ジョージさん

キイちゃん、ありが… うるとびーずさん

あやしいふるほんや… はるる!さん
Dario piccolo Kijiさん

フリーページ

キーワードサーチ

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.