2104714 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

新発想ビジネスヒントフォーラムWEB2.0

2006年09月19日
XML
米国産遺伝子組み換え大豆、作付けの9割に
 世界最大の大豆、トウモロコシ産地である米国で遺伝子組み換え作物の
作付比率が上昇している。大豆は9割に迫り、トウモロコシも6割を上回った。
農作業が省力化できるほか収穫量も上がるため、農家が次々と切り替えた。
日本では消費者の抵抗が強く、中小食品メーカーを中心に原料の調達先を
米国以外に拡大している。

米産の大豆とトウモロコシは9月後半から11月に収穫期を迎える。米農務省
のまとめでは今年の大豆の作付面積約3031万ヘクタールのうち89%が遺伝子
組み換え品。6年前(54%)に比べ21ポイント増えた。トウモロコシも25%
から61%へと36ポイント拡大した。 (16:29)







まもなくこの怖さを思い知ることなるだろう。
↑クリックで根拠資料へ




遺伝子組み換え穀物の登場の一番の目的は、なんのことはない「農薬」の
節約なのだ。除草薬を山ほど売ってきたアメリカのメーカーが、これからも
うんと儲けられるように考えたビジネスなのだ。主眼となっているのは、除草
薬剤の耐性で、7割以上の目的が設定されている。そして、怖いことに穀物
そのものに殺虫性を持たそうという目論みがある。これが3割を占めている。
ざっくりといって、そういう理解を願いたい。

その証拠に、もっとも遺伝子組み換え穀物に関心の高いメーカーは、たとえば
モンサント社などだけれども、農薬でしこたま儲けてきた企業だ。そこが自社
の農薬をずっとパーマネントに製造できるようにと、自社の農薬の耐性を穀物
に与えようなどと目論みしている。とんでもない天を恐れぬ所業である。

立前上では、農薬の消費規模を減らし投与回数も減るなどとうるわしいことを
言う。言うのは勝手だが、そうは上手く行くものか。種苗・農薬・使用権料と
加えてオイシイのが特許料で、穀物は安くなるどころか高値に誘導されるのだ。

アメリカが思いつくことで、請求書をスルっとまわせる国、決まっているじゃないか。
日本である。すなわち豆腐、しょうゆ、油、スナック菓子、大豆タンパク、はては
コーンスターチ。とにかくありとあらゆる種類の食品となってわれわれに見えない
課金収入を投網でかけて来るつもりなのだ。






9月の米穀物需給、トウモロコシ生産量過去2番目の高水準推定
 【シカゴ支局】米農務省は12日に発表した9月の穀物需給で、今年収穫分の
米産トウモロコシの生産量は111億1400万ブッシェル(前月比1億3800万ブッシェル増)
と、市場予想を上回る過去2番目の高水準になる見通しを示した。また、大豆の生産量
も30億9300万ブッシェル(同1億6500万ブッシェル増)と、過去2番目の高水準を推定した。

 トウモロコシの推定期末在庫量は、輸出増を受け前月比下方修正した。このため、
生産増見通しにもかかわらず、10%を切ると需給逼迫(ひっぱく)を示すとみられる
期末在庫率(期末在庫量を総需要で割った数字)は、前月の10.4%から10.2%に減少した。
大豆の期末在庫率は17.4%と前月の15%から増えた。





吉野家の牛丼だって、油断できない。牛が喰らう穀物飼料。家畜の餌として、
この遺伝子組み換え穀物は大量に使われる。

いうまでもなく、安全性はまったく保障のかぎりではなく調べられてなぞいない。

いや、牛どころか哺乳類でもスケールの小さいネズミでは、遺伝子組み換えの
ジャガイモを食べたネズミでの実験に恐ろしい結果が出ている。なんと脳を含む
臓器の重量が小さかったり、ご想像どうり免疫力が著しく低下したりという結果
が出ている。


ネズミもさることながら。これら遺伝子組換え穀物の帯びる殺虫性が、まさかとは
思われた茎から根から本来ならば極めて大切な土壌中の微生物やミミズまでもを
減らすというレポートまである。(オレゴン州立大学1995)

ことは、アメリカばかりではない。フランス比較無脊椎神経生物学研究所での実験
によれば、遺伝子組換えを施したナタネの花に集まりその蜜を吸ったミツバチの
寿命がほぼ半分になり、花の芳香を嗅ぎ分ける昆虫本来にそなわった能力が愕然
とするのだが、半分に激減したというのだ。(New Scientist,Aug.16,1997)


酷い話だが、これら遺伝子組換え穀物を捕食したアブラムシをさらに食物連鎖で
上層から捕食することになるてんとう虫の寿命が滅殺しているというのである。
(New Scientist,1997)

しかも、その組換え遺伝子DNAが恐ろしい。自律的に動き出して、動物の
胎内で消化吸収されずに動き出すようなのだ。大腸菌のDNAをなんとネズミに食べ
させた後での調査を実行したところ、、本来ならば消化液で消化されているべき
はずのDNAが、消化されずに腸壁から体内へ吸収されてしまったことが判明する。
これは、確かドイツでの実証だったと思う。(イエナ大学 独)


日本は1998年の統計で、輸入大豆は500万トン以上もの輸入を行っている。その
うちアメリカのものは、400万トン近くほぼ75%だった。この90%がすでに
遺伝子組換え大豆だと宣言されたのだ
。この恐ろしさが分かるだろうか。










最終更新日  2006年09月20日 16時51分29秒
コメント(3) | コメントを書く
[神よ、御照覧あれ!] カテゴリの最新記事

PR

プロフィール


シャルドネ。

バックナンバー

コメント新着

 シャルドネ。@ Re:映像使用の件について(11/08) yoshihito61さんへ そのYoutube動画は、…

フリーページ

サイド自由欄

設定されていません。

カレンダー

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.