295299 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

私の歌詞ブログ

PR

X

プロフィール


You_you。

カレンダー

バックナンバー

カテゴリ

日記/記事の投稿

コメント新着

You_you。@ Re[1]:ヒプノシスマイク 中王区ドラマCD(09/18) 14くんの幸せを願うさんへ こんばんは! …
14くんの幸せを願う@ Re:ヒプノシスマイク 中王区ドラマCD(09/18) テキスト化ありがとうございます!! いま…

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2021.05.14
XML
カテゴリ:考察
名探偵コナン 世良真純の涙の意味とは?

単行本の77巻の真純ちゃんのセリフで

世良:「・・・・・・(やっぱボク・・・悪い子だな・・・)」とコナンくんと蘭ちゃんを見て何か思いながら涙を流していましたよね

まるでコナンくんや蘭ちゃんを裏切るような行為をした(これからする)という雰囲気です

実際はコナンくんと蘭ちゃんを見て年齢的に過去の当時の真純ちゃん=コナンと兄の赤井さん=蘭と重ね合わせて過去の兄との間の出来事を思い出していたのでしょうね

今回はそのヒントとなりそうなところを探してみました

一つ目は「事件の事相談するなら工藤新一だろ?」と工藤新一の話題を出したり「じゃあ今から電話してみるのはどうだ? 」とコナンくんがいるそばで蘭ちゃんに新一くんへ電話をかけるよう仕向けたり

コナンくんの蝶ネクタイをわざと指摘したり蘭ちゃんに"コナンが新一だよ"と気づかせようとコナンくんにうまく話を誘導させて意地悪していましたね

蘭にはバレることはなかったけれど沖矢さんにはバレてしまいました
そもそも沖矢さんは確証がないだけでコナンくんの正体に薄々気付いていたと思います

「霧隠才蔵」のヒントを出してからトイレから出てくるコナンくんが工藤新一の声で蘭ちゃんに電話してるのを見て納得したと思います

それ以降は特に真純ちゃんが「悪い子」に当たる新しい行動はしていません

やはり同じ話の中で思い当たる行動があるはずです

そこで推測はできそうなシーンを探してみました

(1):なぜ「悪い子」なのか?



まず真純ちゃんは単行本の77巻でコナン=新一の秘密を上手く探ろうとしていたのではなくかなり確信に近い状態である可能性がありました

真純ちゃんのわざとらしい一連の行為は単純に自分がコナンくんの秘密を知りたいだけでなくコナンくんの周囲の人に秘密を疑わせるように仕向けるのではないでしょうか?
だからその意地悪に対して真純ちゃんは「悪い子」と言ったのでしょう

やっぱということから初めてのことではなくこれよりも過去に真純ちゃんは同じような悪戯をしていたのでは無いでしょうか?

⚪バラそうとしているというよりはバレないのをいいことにからかっているようにも見えますし

沖矢さんにコナンが新一だとバレてしまった際の真純ちゃんはコナンくんの事を何か思うところがあるような含みのある表情で見つめていました
蘭ちゃんがコナンくんに「コナンくんだよね~」と疑いをかける場面でも同様の表情をしながらコナンくんを見てるようにも見えました

また蘭ちゃんがコナンくんを手当てする仲の良さを見て同じような顔で見ていました
つまり真純ちゃんの涙の理由はコナンくんの蘭ちゃんへの言動ではないでしょうか?

最後にコナンくんと蘭ちゃんを見て思わず涙したことから真純ちゃんはコナンくん(魔法使い)に憧れに近い好意を持っているのではないでしょうか?

だからこそ「やっぱ」と言っているのは過去にも自分自身が嫌になってしまうような行動をしてしまったことがあるのだと思います

・例えば長兄である赤井秀一と宮野明美の仲の良さそうなところを見てその邪魔をしてしまったとか
・真純ちゃんはコナンくんと蘭ちゃんと過去に出会っているので過去に2人へ何か別の意地悪をした事があるのでしょうか?

(2):赤井秀一と宮野明美?



なぜコナンくんと蘭ちゃんがそのターゲットになったのかについてですが
単純に赤井さんと明美ちゃんの関係に対して嫉妬したことがあり過去の自分の関係と重ね合わせてしまったとも考えられます

真純ちゃんはコナンくんを単なる過去に出ったことがある顔見知りではなく人としても気に入っています

なので”恋のライバル”という可能性もあります
ただ修学旅行編の後を見ると真純ちゃんはコナンくん(幼少期の新一)が好きなのであって高校生の工藤新一を好きという訳では無いと思います
コナンくんに対しては頬を染めていますが新一くんに対してはそこまで関心が強い感じではありませんでした

この時は工藤新一として登場したことにより解毒薬の存在やその方法に気を取られていたからという事も考えられます
ここも魔法使いだという理由に繋がりそうですね!

また仮に赤井関連であれば黒の組織に潜入していた諸星大(赤井秀一)と交際していた宮野明美は赤井さんが自分からFBIから来たNOCであることを告げる前からその事を知って付き合っていました

明美ちゃんは赤井さんのことを本気で好きだったから見抜くことができたのかなと思います
つまり赤井さんが明美ちゃんに本音を隠し通すことができなかったのではなく明美ちゃんがただの一般女性だと思っていたから油断していたんでしょう
実はかなりのスペックの高さを持っていた
そして明美ちゃんが分かっていても聞かなかったのは優しさと偽りの恋人関係が終わりを迎えてしまうからでしょう

また明美ちゃんが赤井さんの嘘をどうやって見抜いたのかというのはまだ明かされていませんが
劇場版・名探偵コナン「天国へのカウントダウン」では机の上に医学に関する参考書がたくさんあったことから妹の志保に劣らず優秀だったのでしょう

このことから兄の赤井さんことが大好きだった真純ちゃんが二人の仲が良さそうな所を偶然見かけてその関係を引き裂こうとしたい気持ちもあったのかもしれませんね
血が繋がっているとはいえ一回り近く年の差がありますし
父親がいなくなって笑わなくなった兄を笑顔にしたいと思うくらい好きだったはずです

今回のコナンくんや蘭ちゃんに対して行ったいじわるのように過去に赤井さんがFBIであるとバレるようなことを明美ちゃんの前で話したりしたことがあったのかもしれませんね

しかし明美ちゃんも下っ端とはいえ黒の組織の一員ですので組織内の噂などで知っただけかもしれませんね

・わかるのは真純ちゃんは「やっぱり」と自覚していること
・コナンくんと蘭ちゃんを見て言っているので二人がきっかけだというくらいです

またメアリーさんの登場によりメアリーさんと真純ちゃんはコナンくんに対して何か行動を起こそうとしているようですしそこに関係しているかもしれません

(3):真純ちゃんはコナンくん=新一と知っている



・単行本の73巻の世良真純の初登場回では「このボウヤと同じ…探偵だよ」と言ってますが初対面なのにすでにコナンが探偵だと知ってました

・毛利探偵事務所を訪れて小五郎のおっちゃんに「いつも(事件の時は)そばに…あの江戸川コナンくんがいたんだよね?」と聞いており「コナンくんがいる時に…たっぷり聞かせてもらうよ!」と言っている

・また単行本の76巻では蘭ちゃんが真純ちゃんに「コナンくんも新一と一緒でホームズが大好きで…」と発言した際は
内心で真純ちゃんは「知ってるさ…ず~っと前からな…」と言ってました

・ちなみにさざ波シリーズでは「全然笑わない人」と「ずっと前から知っている」の伏線が回収されました
「ずっと前から知っている」はそのまま真純ちゃんと新一くんの過去の出会いの伏線ですが
「全然笑わない人」も新一くんが赤井さんを笑わせたエピソードでの伏線でした

どちらも同じ話で出てきた内容ですし真純ちゃんがこのセリフを言った理由が明かされると思いますので楽しみに待ちたいと思います♪
















最終更新日  2021.06.14 09:10:09
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.