393452 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

私の考察と歌詞ブログ

PR

X

プロフィール


You_you。

カレンダー

バックナンバー

カテゴリ

日記/記事の投稿

コメント新着

You_you。@ Re[1]:ヒプノシスマイク 中王区ドラマCD(09/18) 14くんの幸せを願うさんへ こんばんは! …
14くんの幸せを願う@ Re:ヒプノシスマイク 中王区ドラマCD(09/18) テキスト化ありがとうございます!! いま…

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2021.07.28
XML
カテゴリ:感想
竜とそばかすの姫

※現在公開中の龍とそばかすの姫の内容のネタバレを含んでいますのでまだ見ていない方やネタバレが嫌な方は見ないでください※




龍とそばかすの姫見てきました!!
初めてIMAXという高画質高音質の映画で見てきました
映像の中に引き込まれるような躍動感とクリアな音響で見られたのかなと思います♪

ただ4DXと同様に少し画面酔いしてしまったので酔いやすい方は酔い止めを飲んだ方がいいかもしれません!※


美女と野獣とラプンツェルのオマージュとサマーウォーズのクジラが出てきて感動しました

その男の子の声なき苦しみと助けが痛いほど分かります
あの悲痛な叫びは本当に周りの大人やお友達が気付いてあげて欲しいなと思います

助けを求める子供たちの声を大人がどんな形でも強行突破だとしても何かが起こる前に最悪の事態になる前に救ってあげて欲しいと思います

誰にも頼れなくて耐えてる人がいる
皆が幸せな訳では無いことを知っていて欲しいです

⚪スタッフさんにディズニーの作品に携わった方がいるようで
美女と野獣のベ○と同じように髪を一つに束ねていたりフードを被って野獣と出会う(会いに行く)所もそうですし

舞踏会のシーンやお城の内装も似ているなと思っていました!

○ルも明るく振舞っていますが今一歩踏み込むことをせず壁のある女の子ですし
野獣もまた人を信じられず拒絶していたから暴力的だった訳ですし
野獣の薔薇の呪いは魔女がかけた呪いであり彼の命です

結構知らない方もおられますが実は野獣の薔薇の花びらは散っているのでベル(ブラ○アンロ○ズ)は間に合っていません
しかし呪いをかけた魔女が改心した(真実の愛に目覚めた)と認めたことで解いてくれたんですよね

⚪また最後の主人公の女の子がありのままの姿で歌を披露する時に皆で歌ってる描写ですが
あそこは○プンツェ○の灯が飛ぶシーンなのかなと思いました

あの希望の光は自然と涙が出るほど感動しました
ラ○ン○ェルは自分の殻に籠ってる・部屋にこもっている(親によって何かされてる)お話になっていると個人的には思っていますし
終盤に出てくる男の子たちも女の子もラプ○ツ○ルと同じように一歩踏み出して立ち向かっていくお話だと思いました

どちらも好きな作品なのでオマージュだとしてもサプライズ演出らしくて良かったなと思います

⚪また終盤の主人公の女の子が似たような境遇で苦しんでいる彼らに向けて歌うことで
あの時母親がなぜあのような行動を取ったのかを理解したんだと思います

また父親もまたあれが理想的だなと思います
子供が困ってる時や何かを伝えたい時に背中を押してくれる
ただ見守ってくれるそれが父親の愛だと思います

全然会話が無くてもしっかり子供のことを見てるんだと思いました

この映画は片親の人や過干渉、ネグレクトの人にはかなり響いたのでは無いかと言う内容でした

内容が薄と感じた人はまだ幸せなのか両親(家庭)がちゃんといるからかもしれません
鈍感で気付いていない人や無意識に正義を振りかざしてる人かもしれません
賛否両論はあると思いますが私は十分に伝わる内容だったのではないかなと思います

劇中歌の"歌よ"や"U"はドレスや背景など含めて綺麗で耳に残りましたし掴みも良かったと思います
仮面をつけたら自由に好きに歌える人や勇気を貰える事もありますので気持ちいいなと思いました!

もしも今幸せな人はいつ親が亡くなるか分かりませんので大事にして欲しいです
親はいつまでも生きていませんからいて当たり前が突然なくなる事もあります

良かれと思って助けた相手に心無い一言を投げかける人もいます
子犬や子供が川や海に流される事故が多発します
事故の理由でも雨による河川の増水だけでなく
ぬかるんだ足場の悪いところで滑ってしまったり
いきなり足がつった(足がつってびっくりしてしまった時)
危険生物を足で踏んでしまった時など様々な理由があります

助けに行って亡くなったとしてもポジティブな言葉よりもネガティブな言葉の方が大きいんです
たった一人のネガティブ発言の方がポジティブな声より届きやすいものです
そういうことも伝えているのかなと個人的には思いました






最終更新日  2021.07.30 09:43:52



© Rakuten Group, Inc.