2020.04.29

ヒプノシスマイク シナリオライアー

カテゴリ:考察
ヒプノシスマイク 考察

久しぶりのヒプノシスマイク考察になります

今回はその中でもFling Posseの夢野幻太郎「シナリオライアー」についての考察になります

(1):Fling Posse
まずはFling Posseのメンバーの名前のモチーフ(モデル)になった人を簡単に紹介します。

⚪夢野幻太郎は夢野久作から名前から来ていることは間違いありません。
「ドグラ・マグラ」が有名で本人もこの作品を最後に亡くなられました
夢野久作は幻想小説や推理小説も著者にしている事も有名なので

⚪有栖川帝統は有栖川有栖という作家をモチーフにしており
「アリスの謎シリーズ」の推理小説が有名で中でも「スイスの時計の謎」は特に人気がありますね

⚪飴村乱数は飴村行という作家がモチーフになっており
「粘膜シリーズ」が有名です
粘膜シリーズも推理小説なのですが趣向が少し苦手な事が多いのでマニアックな小説に近いのかもしれませんね!

(2):シナリオライアー

幻太郎のシナリオライアーって太宰治さんと人間失格の葉蔵がモチーフじゃないかって聴きながら思いました

小生が生まれたのは遠い雪国の寒い帳に=太宰治さんは青森県の生まれ
とある老夫婦だった=幼少期は乳母や叔母に育てられている

「欲しい物なんてない」=太宰治さんの代表作の一つである人間失格の葉蔵も同じ「欲しいものなんてない」っていう台詞がある

こんな嫌われ者になんの用があるのか、こんなひねくれ者になんの得があるのか=友達なんていらないけれど本当は友達や愛してくれる人が欲しかった太宰治さん

友だちになろうよと言ったのは檀一雄さん、織田作之助さん、坂口安吾さん、をはじめとする人物だと思います。

檀一雄さんは「走れメロス」のモデルになった人と言われており太宰治とも仲が良かったと言われています。
走れメロスの「ディオニス王(ディアニス)は太宰治自身の事」で人間不信な太宰治さんがディアニス王として登場しています

織田作之助さん、坂口安吾さん、太宰治さんは同じ派閥の「無頼派」でした

太宰治さんが亡くなった際、坂口安吾さんは激怒(怒った)程、彼の書物は面白くもっと読みたいと思っていた一人でした。

嘘ですけど=これは人間失格の主人公・葉蔵の性格を表している
子供の時から気が弱く、本心を悟られまいと道化を演じるところから来ている。
夢野幻太郎も葉蔵も経緯こそ違うもののやはり自分の事を知られる事を好んでいませんでしたよね、

この事から夢野幻太郎の「シナリオライアー」は太宰治と「人間失格の葉蔵」から来ていると考えています。





TWITTER

最終更新日  2020.04.29 20:15:25
コメント(0) | コメントを書く