2021.04.21

名探偵コナン 緋色の弾丸 ※ネタバレ注意

カテゴリ:感想
緋色の弾丸

※緋色の弾丸などのネタバレ含まれますのでご注意ください※



(1):冒頭の曲



冒頭シーンで流れたハーモニカの曲は「ウィリアム・テル」というオペラの序曲でした
ウィリアム・テルの序曲って運動会の徒競走とかにかけられるBGMでフィナーレの盛り上がるところは皆さんも聞いた事あると思います

ウィリアム・テルは弓の名手として有名な人物であり悪徳領主に「極限状態で息子の頭の上にあるリンゴを射落とせ」という無理難題を突き出されたけれど見事にそれを達成させるという逸話があります

※よくアメリカの大道芸などの見世物として目隠ししてナイフ投げなどやってるのを観てそう解釈されたりします

映画の中盤で狙撃対象が全く見えいない中
一歩間違えばリニアの中にいる対象者以外の人物に当たってしまうという極限状態での長距離狙撃を成功させた赤井さんを暗示させているのかなと思いました

テルは失敗した時用にもう1本矢を持っているので手持ちの矢は二本あります
まず一つ目の弾丸は赤井秀一とコナンくんで犯人を射殺させる赤井さんと例え犯人でも死なせないコナンくんとの対比のために失敗させます
二つ目の弾丸は赤井秀一と羽田秀吉のことで犯人を殺す弾丸は失敗しても秀吉がいるから犯人を逃すことが無く生きて捕まえられる全面的な信頼のそれぞれを指してるのかなと思いました

また射殺しようとする赤井さんと射殺させないコナンくんの対比もありそうですね


また使っている楽器がハーモニカというのもオシャレですよね♪

今回使用されていたハーモニカはフリーリードと呼ばれており
枠の中で薄片が自由に振動してリードの長さ・厚さ等を調整して調律しています
リードの物理的性状で音程と音色が決まるので旋律を演奏するには多数のリードを複数並べて用いることで演奏者は息を吹き込む穴をずらして出したい音に息を吸ったり吐いたりする仕組みとなっています

これとよく似ている楽器の一つがアコーディオンで実は赤井さんが得意な楽器です
JUSTICE+のSDBではアメリカでバイトをしていた時に演奏していたそうです

またこのオペラは大団円で終わりますので落とし込みまでしっかりしていました!

他にも被弾で見て思ったのが映画内の至る所に歴代映画作品に関係のある人物が散りばめられていました

パーティー会場のモニターに映し出されたスポンサーの一覧の中に岩井紗世子検事とジョンハン・チェン氏がいました

(2):感想



メアリーのあの子は誰の事だったのでしょうか?

最後に沖矢さん=FBIと認識していたけど赤井秀一は死んだことになってるので気付いて無さそうであること

おい小僧と言って「大事な要人を失うところ〜」のセリフは大人同士の会話に聞こえました

MI6はあの男性の用心棒だったということと沖矢さんの背後を取ったのは流石メアリーさんと思いました

また今回で格闘シーンはメアリー>赤井さん>世良の強さになっていることも判明しました

メアリーに関しては赤井さんはメアリーと気付いた感じがしました

またMI6はボディーガードをする事もあることも判明しましたので若狭先生とメアリーさんは会ったことがある可能性や所属してた説も少しあるのかなと思います

またCIAもボディーガードをすることがあるらしく日本の公安や機動隊も要人もボディーガードをすることがあるようです

今回なにか物足りないなと思ったのはメインテーマが無いので初見で見ると盛り上がりに欠けて物足りなさを感じます

小五郎のおっちゃんがよかったです!
お味噌汁零してもちゃんとごめんなさいが出来たり蘭とコナンの心配をしてくれるおっちゃんは相変わらずカッコよかったです!

そして認証保護システムを利用しているジョディ捜査官が犯人に対して毅然とした返答をしていたのがカッコよかったです!

今作品は女性陣がとにかくカッコよかったです





TWITTER

最終更新日  2021.05.03 21:56:25
コメント(0) | コメントを書く