021661 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

hippy "m" 若夏

PR

全23件 (23件中 1-10件目)

1 2 3 >

January 15, 2010
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
091217_magentarainbow.jpg

明けましておめでとうございます☆
って、もう1月も半ばですね(笑)

昨年中もあちらこちらで皆さまに大変お世話になりました。
お陰さまで、ドラゴンテイルにがっつりと乗っていた土星先生とのワークも何とかその期間を終え、次のステージへのシフトを迎えつつある気配の、今日この頃。

本年も引き続き、何とぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m

さてさて。今年初めての新月を迎えたから、という訳でもないのですが、年明け早々、大仰な表題を掲げてみました。小学生の夏休みに作った計画表が全く機能しなかった(笑)トラウマから、計画を全うできないくらいなら、計画なんて立てない方がマシ!というのが長年のモットーだったのですが。。。去年末に、fortune healerとして旗揚げして早7年目に突入したこともあり、今年こそ、計画を全うできないという恐れに立ち向かってみよう、と意を新たにしているのです。

そんな年頭の所信表明の意を込めて。

1月 ・宙星祝屋 星解きカードを再軌道に乗せる。
2月 ・節明けの2月7日に、サロン 宙星祝屋< sorahogi-ya > 開業。
   ・2010年度、個人セッション開始。小田原 横浜 Tian 東京 Cathedrale その他
3月 ・占星術クラス卒業生対象の「星解きカード」ワークショップを開始。
4月 ・宙星祝屋 シャーマナイト販売サイト、本格始動。
   ・関西方面での個人セッション開始。   
5月 ・占星術クラス、開講。
10月 ・海外でのワークショップ共同開催。

その他
<前半期目標>
 ・ホームページ、大幅リニューアル
 ・hmw's ドラゴンヘッド別・スピリチュアルメッセージ、再開
 ・星解きカードをベースにした星術クラスを企画、開講。
<年内目標>
 ・星解きカード印刷の外部発注(出版も視野に!)
 ・星解き/星術関連の執筆
 ・個人セッション、50名。

頑張ろうっ!

================

ところで、冒頭の画像は去年の年末に撮ったもの。
オフィスのデスクの前に階段のフェンスがあるのですが、そのフェンスに、デスクのサイドボードに生息しているハーブアロマティカスの鉢に気まぐれで挿した小さなポインテッドクリスタルから発射されていたレインボービーム(笑)を発見したのです。

実は一昨年の丁度同じ頃、

081208_magentarainbow.jpg

こんな写真が撮れて萌え萌えだったのですが(笑)、なんか、あの時よりも光の、それも赤やマジェンタ色の強さが凄まじさを増している感じ??

そういえば、つい一昨日だったか、仕事の打ち合わせがあり午前中から横浜に出かけたのですが、横浜駅を降りてふと目にやった紫外線テスター(携帯ストラップなのです。)が、夏場よりも濃い紫色になっていてびっくり!この時期は1年の中でも比較的日差しが柔らかいと記憶していたのですが、何故?!

打ち合わせ終了後、屋外に出たら、まるで真夏のように空が青くて、浮かんでいる雲もまるで夏模様。あまりの鮮やかさに素直に感動してしまいましたが、これも異常気象と関係あるのか、はたまた何か素敵で美しいことへの兆しなのか?!

とにかく、何かが変わりつつあることは、確かなようです。ドキドキきらきら

個人的にはネイタルチャートの天王星の正反対でトランジットの天王星ががっつりとオポジション中。プログレスの太陽は、去年の年末に30年ぶりにかに座からしし座に移動して。厭が応にも、人生半ばの大きな変化の暗示がプンプン(笑)

そう考えると去年までの訳2年半の土星先生滞在は、わたしにとっては大浄化=新しいステージへの準備期間の年月だったのかなぁ、と。

去年を振り返ると、記憶に残る限りでは何十年ぶりかに「1年が早かった~!」というのが正直な感想で、このまま日々が加速していってしまうのではないかと、のんびりペースが得意なわたしは密かに戦々恐々としていたりもしますが(笑)、焦らず騒がず。終わってみれば、大きなステップアップをきちんと形に残せた!と思える、豊かな1年にできたらなぁ、と考えています。

今年もどこかで皆さんとお会いできるのを、楽しみにしておりますハート






Last updated  January 16, 2010 03:40:32 AM


September 25, 2005
カテゴリ:synchronicity puzzling
箱根神社が九頭龍を祀っていることは、前々から小耳に挟んでいた。
あたしの友人からも、何人かご縁があって招かれた、という話を
聞いていた。が、あたしは、箱根に足を運ぶことはあっても、
箱根神社に辿り着くことなく、芦ノ湖の周辺をあちこち訪れて
終わっていた。

それがこのタイミングで急に家族揃って行くことになり、ついに
あたしの所にも召集令が来たような、そんな気分だった。
ひょっとしたら、近所の菅原神社で、諏訪大明神のお手伝いを
させて頂いたこととも関係あるのかもしれないな、と思った。
それまで、あたしは自分が特に龍と関係あるなんて感じた
ことも、指摘されたこともなかったから。

お邪魔します、のご挨拶をして鳥居をくぐって、階段を上がり、
ご本殿からお参り。そして、いよいよ九頭龍のご神殿に。
下調べをしていなくて何も知らなかったのだけれど、
ご神殿は比較的最近移設されたばかりのようで、まだ
ぴかぴかと新しかった。

あたしは、諏訪大明神のお手伝いをした時に手にしていた
ハーキマーダイアモンドを握り、ご挨拶をする。うーん。
お返事がない様子。。。とりあえず、ご神殿に光を送って、
また数日後に来ます、その時はよろしくお願いします、
とご報告。

そう言えば、うちは、旦那もふたごのちび達も辰年生まれ、
龍が3人。旦那もちび達も、九星で調べると、九紫火星!!
ひょっとして、この人達が九頭龍さんにも関係あるのかなぁ、なんて。
しかも、後で分かったことだけれど、ご神殿が移設されたのは
ちび達が生まれた2000年のことだった。わぁお。

お参りを終えて、ご神殿をしげしげと眺めていたら、
はたと気が付いた。あ゛ーっ、ツノがあるー!!
ご神殿のてっぺんに、あたしが諏訪大明神のお手伝いを
した時に見せてもらった、龍のシンボルの角が立っていたのだ。
むひょぉ、シンボリズム、面白い~♪♪

もう一度ご本殿に戻ると、薄曇りの空、雲が一瞬切れて、
太陽の日差しがさーっと射す。お、おっけぃの印だ(^ー^
とりあえず、今日のここでのお仕事は終了して良さそう♪

それからちび達にお守りだ、御神籤だ、なんて買い与え、
旦那はお札を買い求め、あたしは御神籤と龍神さまに
纏わる本を購入。ちび達には内緒で、あたしだけ、もう
ひとつ、別種類の御神籤を引いてみた。

大吉~☆

  ひそみ居し ふちの龍らも時を得て
  雲井に登る かげのめでたさ

うぉ、また龍が出てきた(笑

なになに?

  何事も末の見込みがある
  改めかえてよい運です
  意志強く驕り高ぶる事なく信心すれば
  龍の風や雲を得て天に昇るように出世します
  辛抱が第一です

ほっほぉん。 改め変えるのが良い時なのね?
やっぱり書き換え時なんだわ、こりゃ。。。

神社をあとにして、湖畔の駐車場に戻る。
途中で、カラスが一羽、大きな木に飛んできた。
見ると、二羽並んで留まっている。お、お印?
よくよく目を凝らしてみたら、ちょっと離れた
枝に、カラスがちょこんともう一羽。

多分、下準備はおっけぃね、でも離れているから、
まだちゃんと全部は終わっていない、ってこと
かなぁ~。 まさちゃんと来る時に、残りの
お仕事をすることになるのだろう、と判断。

メールでまさちゃんに経過を報告してみると、
何だか旦那に変なものがくっついているから、
それを取り除いて、とのこと。 (^^;
先を歩く旦那をみてみると、もわもわぁ~んと
黒い煙幕のようなものがあたしに襲いかかる
ように立ちこめてくる。

なんだよー、邪魔されたくない、ってか?

変なものは、確かについているらしかった(笑
せっかくの家族のドライブ。流れが変わって妙な事に
なるのも口惜しいので、取りあえず、応急処置的に、
その煙幕を晴らして、光を入れる。

*****

時間はすっかりお昼時。さて、持ってきたお弁当を
どこで食べよう?と、いうことになり。ちょっと気になって
いた、箱根ガラスの森美術館を提案してみる。旦那が夏休みを
取れなくて、ほとんど出掛けることが出来なかったちび達が、
夏休み中に見ていた教育テレビの番組で、番組のキャラクター達が
夏休み特番でロケをしていた先が、ガラスの森のような気が
したのだ。

あたしも行ったことはないから確信は持てなかったのだけど、
きっとあの場所に連れて行ったら、ちび達も喜ぶだろうなぁ、
と思い、道の所々に小さく出ている看板だけを頼りに
行ってみた。

あたしは、ガラスの森、という名前から、広~い森を
想像していたのだけれど、着いてみたら、どうも思ったより
こじんまりしている(笑 っていうか、館内は飲食物持ち込み
禁止ってなってるぢゃん(TT) ガラスのオブジェに囲まれた
木陰で楽しくランチ♪なんて思い描いていたので、拍子抜け。

事情を知った旦那も、お腹がすいているのも手伝って、
急に機嫌悪くなってくるし(ーー; <ちぇ、さっきの
変なヤツ、やっぱりまだ本体は残っているんだなぁ、、、
なんて思いつつ、機転を効かせて、館の前の広場の
テラス席に、さっさとちび達とお弁当をセッティング。

わはは。人目なんて気にしない、気にしない(笑
これで、またどこか別の場所に移動、なんて流れになったら、
腹ぺこ旦那の機嫌が最悪になってしまう。えーい、お腹を
満たしてしまうのだー!!

一段落ついて、あたしは一服しに、ちょっと離れた喫煙所へ。
そこから建物をしげしげと眺めていたら、看板が目に入って
来た。

  "甦る、太陽王の願い"

へ? 何? 甦る? 
太陽王?! マヤ? インカ? 

南米にご縁があったらしいあたしは、思わぬキャッチフレーズに
クラクラと眩暈を起こしそうになる。 呼ばれたのか。。。

ちび達もお弁当を食べ終え、入館料が意外とお高めだったので
一瞬入るのを躊躇するも、ちび達はもうすっかりその気に
なっているし、旦那もお腹がいっぱいになって落ち着いた
ようで(笑、内心諦めていたのに、入館する流れに。らっきぃ~♪

入ってみて理解したのだけれど、太陽王とは、南米の古代文明とは
関係がなく(笑、フランスの国王、ルイ14世のことだった。
何だよー、びっくりしたなぁ。人騒がせなっ。
って、きっとあのタイトルを見た瞬間、こんな反応を示す
人も、常識的な世界にはそうはいないんだろう(笑

エントランスをくぐると、とても素敵な空間が広がっていた。
隅々まで気を配られていて、スタッフさん達の教育も徹底されて
いる感じがひしひしと伝わってくる。居心地がいいのだ。
膨大なベネチアングラスのコレクションの数々も圧巻だった。
敷地内には、オープンテラスの、気持ちのよいレストランも
あって、そこでちび達におやつにケーキを注文して、
あたしは白ワインを頂いてくつろいだ(^ー^

来るまでは一番気乗りがしていなかった旦那も、すっかり
この場所が気に入ってしまったようで、あたしも嬉しかった。
めでたし、めでたし。

*****

芦ノ湖、龍、甦る太陽。

この日拾ったキーワード。

さてさて、まさちゃんと合流する日は、何が起こるのやら!






Last updated  September 25, 2005 06:05:50 PM
September 20, 2005
カテゴリ:synchronicity puzzling
沖縄行脚中のまさちゃんが、携帯が壊れた!
というあたしを気遣って、沖縄から電話を
くれたのが、つい先々週のこと。沖縄入りする前の、
まさちゃんのワークショップに参加できずに、
mauiでお別れして以来のまさちゃんとの再会のチャンスを
逃してしまっていたあたしは、その電話で、今度東京に
戻るのいつ~?と何気なく聞いたのだった。

あと数日後かな、あ、そう言えば箱根に行くことに
なったんだよー、とまさちゃん。

え?箱根?いつ行くのー? もしよかったらあたしも
一緒に行かせてもらえないかな?!

まさちゃんのことだ。ただ観光に箱根に行くなんて
ことはまず無くて(笑 きっと行ったら何かどデカイ
お仕事を一緒にすることになるに違いない、とは
承知しつつ、フィールドワークに参加する心構えで
頼んでみたあたし。どうやらまさちゃんと車で同行する
方が一緒だということらしく、OK出たらまた連絡するね、
との返事をもらった。

予定は14日。13日にガオ!の原稿の〆切が入っていて、
15日には幼稚園の運動会の係りの集まりがある。
丁度ぽっこり間だけ空いている!とはいえ、キツキツの
スケジュールだから、最悪、今回はまたまさちゃんに
会えるチャンスを見送ることも覚悟しつつ、楽しみに
待っていた。

その後、まさちゃんが先方に話を通してくれて、
まさちゃんサイドのゲートは開かれた。あとはあたしが
ちゃんと準備を整えられるかどうかにかかっている。
どうか家族みんなのスケジュールの歯車がばっちり
かみ合いますように。それからは祈るような毎日だった。

そして、思わぬ形であたしの下準備が段階を経て始まった。

始まりは11日。その日の朝、今日はみんなでお弁当を
持って出掛けよう、と、いつもの如く、唐突に言い出した
旦那。その鶴の一声で、みんなワラワラと支度を始める。
下のちび達はお手伝いまではまだ心許ないから、自分達の
着替えの支度をさせ、ぴよ子とあたしと旦那の3人で、
お弁当の支度に取り掛かる。

できたお弁当を車に積んで、出発する。

で、どこに行こうか? と旦那。

へ?さっき仙石原のススキを見に行く、って言わなかった?

まだ決めてない。

でたー(笑 旦那はいつも気分で動くのだ(^^;
もうこうなったら、あたしはおうしの月モードから
5hふたごの太陽モードに切り替えるしかない。つまり
何が起きても柔軟に対処できるように、不動宮モードから
柔軟宮モードにスイッチを切り替えておくのだ。でないと
不動宮をほとんど持たない旦那と、家庭では不動宮の
おうしモード前回のあたしでは全然テンポが合わずに、
ギクシャクしてしまうから。

とりあえず道もすいているし、箱根方面に行ってみよう、
と流れに任せてバイパスから高速に乗る。日曜日だと
いうのに、箱根方面は本当にすいていた。

そう言えば、箱根にまだ行ったことない神社あったよね、
龍がいるとかいうところ。と旦那が切り出す。

な、なんで突然そんなこと言い出すんだ?!と内心
びっくりしながら、あー、箱根神社のこと?と答える。

それで結局箱根神社に向かうことに。 何故だ。。。
数日後にまさちゃん達と行くことになっている、まさに
その神社に、何故急にこの人は行きたがるんだ?!
あたしはその時点ではまだ、数日後に箱根神社に行くかも
しれないことを旦那に伝えていなかったのである。

そしてあたしは、何か旦那と一緒に、下準備をしておかなきゃ
いけない事があるらしいことを悟ったのだった。






Last updated  September 20, 2005 04:18:46 PM
September 6, 2005
カテゴリ:hippy strange dayz
何かが出たがっているよぉな。

あの日記を書いたのは、3ヶ月前。
何だか、既に自分が書いてるとは思えない
今のあたしがいてちょっとたまげる。
思えば遠くに来たもんだ、ってな感じ(笑

あの玉をお迎えしたのは、janeannに会いにいく直前だったよなぁ。

maui前のあたしとmaui後のあたしでは、多分、大きく
何かが変わったのだけれど、自分じゃ上手くは説明
できないのだけれど。

でも、maui後の流れは、脈々と今に繋がってる、と、
そんなことを痛感している今日この頃。というより、
mauiでのjaneannのワークがまだ続いている、という感じ。

こうも綺麗に流れというものは続くものだなんて、
夢にも思っていなかったけれど、先日参加した濱田葉子さんの
クリスタルワークのWSで、明らかにmauiの日々から
ワークは繋がっていたことを痛感した。

画像のクリスタルは、葉子さんのWSの時にあたしが
ピックアップした、それはそれはデカいクリスタルさん。
といっても、世の中には腰を抜かすくらい大きなクリスタルが
あって、一度だけ1mくらいあるクリスタルに恐る恐る触ったことが
あったけれど、それを抜かしては、ちゃんと一緒にワークした
中では初めてのサイズ。高さは30cmくらいあったんじゃないかな?!

そして驚いたことに、あたしの作ったグリッドを
リーディングしてくれた葉子さんに、

これが本当のわかちゃんなんだよね。

ときっぱりと言い切られてしまったのだった。

え、えーーーーーーっ?
あたし、こんなにデカいのっ?! 

ほんとに、反っくり返るくらい仰け反って驚いた。仰天した。

いや、確かにあたしは自分を過小評価する癖あります。
あと、あまりにも自分を特別な存在だと信じていたかった
若気の至りの日々があって、その反動といいますか、
ある年齢を越えた頃から、逆に自分が非常につまらない
人間に思えて、はったりをかますのをぱたりとやめた
過去もある。

それ以来、ただただ、フツーの人間として生きてきた
つもりだった。いや、フツーには決して今でもなれて
いなくて、それは諦めたんだけど(笑、なんというか、
別にあたしなんて特別な人間じゃないし、特別な人なら
周りにゴロゴロいるし、あたしが前に出ることないから
ほどほどでいいや、みたいな、そんな感覚でいた。

でもね、たまぁに、そんな自分に違和感を感じていた
ことも、正直あった。なんというか、本当の自分を
飼い殺しにしているような。

けど、それは、若気の至りの頃、今思えば冷や汗もんの
恥っかきな事たくさんやってきた自分への戒めの意味もあった。
調子に乗ってるんじゃないわよ、あたし。もう大人なんだから
ほどほどにしておかないと、痛い目に遭うわよ、的な。

自分の本当の大きさを認識するのって、難しい。
以前からそう思うことが度々あった。例えば、お店で
試着しようと思った服が全然着られるサイズじゃなかった
ことに、試着室の中で初めて気づいたりとかね(笑
そんな時、あー、自己認識って、難しいよなぁ、って。

今よりかなり痩せていた学生時代は、自分が小太りしていて
イヤだと思ってた。標準体重な筈なのに、なんで周りの
みんなはあんなに痩せているんだろう、って。
でも、そんな自分だって、今写真なんかで見ると、十分
痩せている部類に入る体型をしてる。

ほんっと、自己認識って、いい加減なもんだよね。
そして、それだけ、難しいものなのだ、ってことなんだよね。。。

とにかく、こんなデカいものを、自分でも気づかない
ふりして隠し持っていたんだもん。そりゃ、訳の分からない
"なんか"も出たがる。出たいという衝動も起きるのが自然というもの(笑

そしてこの大きさの自分を、戸惑いながらもクリスタルさんを
鏡に再認識しながら、あー、なるほどなぁ、としみじみした
ことがあった。

janeannのワークショップ最終日、全行程の最後に、参加者が
それぞれの感想をjaneannとシェアする時間があった。

あたしはその時、

このワークショップに参加して、今まで、自分はちっぽけで、
どこかの天高き所に、偉大なる誰かがいたり、あたしなんかには
遙か及ばない偉大なる先生がいるんだ、ってずっと思っていたけど、
本当はそんなものは必要ないんだ、って分かった。あたしが知りたかった
ことは、一緒に参加した友人たちや、自然、全てのものが答えてくれた
から。

今までは、ちっぽけな自分が何かをやる為には、天のいと高き者に
お伺いを立てて、お願いして、許可を得なくちゃいけない、って
思っていたけど、この旅を通して、こんなあたしでも一人の高貴な
存在なんだ、って分かった。誰かに許可をもらうんじゃなくて、
自分が決意を表明すれば、そこに道が拓けていくんだ、って。

だから、これからは周りのみんなに感謝する時に、自分にも
ありがとう、って感謝の気持ちを忘れないようにします。

って、そんなことを英語で伝えたのだった。

高貴なあたし、っていうのは、"precious"っていう単語を
使ったのだけれど。その時のあたしの中の自分のイメージは、
ちっぽけだけどpreciousな存在、というものだった。

あれから4ヶ月経って、やっと本当の自分像が分かった
気がする。あたし、ちっぽけじゃないらしい←重さの話じゃなく(笑

ちっぽけでいたい願望があったけど、それももうやめた。
等身大の自分をきちんと認識していないと、きっとどこかに
歪みが出る。いや、きっと今まで歪んでいたのだと思う。
きっとそのことで沢山の弊害があったんだと思う。

自分では気づかなかったその歪みが、きっとこの先少しずつ
明らかになってくるのだろう。焦らずゆっくり、ひとつずつ
クリアにして行こうと思う。

辿り着く先がどこなのか、今のあたしにはまだ見えないけど(笑
ゆっくりゆっくり、何度も螺旋階段をぐるぐると廻りながら、
何度も何度も同じ地点を通過して、それでも少しずつ、少しずつ、
確実に上を目指していこう。

***

みんなに感謝。

がんばっているよね<あたし(^^*






Last updated  September 7, 2005 12:58:35 AM
カテゴリ:hippy strange dayz
表にもupしたけど、そもそもはこちらで愚痴った
内容だったので、こちらでもご報告(笑

***

toughでroughな日々。
夕べも旦那と丁々発止の争論を繰り広げる。
いや、ただの喧嘩だけどさ(苦笑

あたし達の喧嘩は聖書に出てくるバベルの塔の崩壊のようだ。
一度喧嘩になると、本当に言語が使い物にならなくなる。
言葉の使い方、定義付けが全然違うのが露呈する。お互い
相手の言葉を変な風に意訳して、誤解の応酬。それで余計に
収支が付かなくなってしまう。最悪な喧嘩だ。1ミリも発展的、
建設的じゃない。<これって、子供の喧嘩と一緒じゃんね、今思った(笑

それで、結局、きっとどちらも意図していないのに、
傷の付け合いになってしまい、神経衰弱。ひどく消耗する。
昨日もそんな夜だった。

最後の最後に、旦那の卑屈で投げやりな捨て台詞を吐かれ、
そのまま立ち去られたから、そんな態度にやり切れなくなって、
今まであたしが頑張ってきたことは何だったんだろう?という
思いを内に秘め(←それを素直に伝えればいいんだろうね)、
追いかけて行って、今の台詞はなに?!と詰め寄った。
しれ~っとされて終わってしまった。

情けなくて悔しくて。
食べてもらえなかった夕食を片づけながら、泣けてきた。
独りまたオフィスに戻って、号泣した。久々に号泣した。
しばらく一人で泣いて、泣きやんで、それから何か本でも
読もうと思ったけど、起きているのがイヤで、そのまま
明かりを消して床に転がった。

明日の朝、このまま目覚めなければいいのに。そう願った。
せめて、どうかこのまま正気じゃなくなっていますように。と。
最悪だ。昔のあたしに逆戻りじゃん、って思いながら、何度も
そう願った。下らないけど、命を絶つことも真剣に考えた。
けど、子供達のショックを考えたら、とてもそんなことは
できなかった。

きっと、こんなことをぐるぐると考えていたら、あたしの
周りには、変なものがいっぱい集まって来ちゃうんだろうなぁ、
って思いながら、どうしても前向きな気持ちに切り替えたく
なかった。ドロドロとした自分の感情の中に埋もれていたかった。

目を閉じていたら、暗闇の中で、何かのゲートが開いた気がした。
何だろう? 黒い、奇妙なゲート。UFOみたいでもあるけど、
ちょっと有機的な感じもある。ゲートというより、口みたい。
じっと見ていると、吸引力が働いている。んー。 あそこに
入っていったら、何が起きるんだろう?

身を任せてみようと思ったけど、一応チェックしてみた。

"あなたは光の存在ですか?" "yes"

あれ? 何となく不気味だけど、"yes"なんだ?!

こういうチェックは3回入れるのがお約束。もう一度同じ
質問をしてみると、その黒いエネルギーは"yes"と言って
いるんだけど、違う場所から"no"の声が聞こえる。

あ。あたし、何かに引っかけられているのかも。
そう思って、意識を高い所に上げて、きちんと
over soul levelに繋がってみる。

それから改めて2~3度チェックしてみるけど、やはり"no"の声を
掻き消すように、その口を広げた闇のエネルギーは"yes"と
答えるのを止めなかった。ふぅ。あたしは一体何を呼んで
しまったのだろう。

さすがに我ながら気まずくなって、そんな得体の知れない
妙なものと押し問答をしていても仕方がないので、立ち去って
もらうことにした。

"無条件の愛の光の世界に属さないものは、ここから立ち去りなさい"

これを心の中で三度唱える。約束通り、ソレは気配を消した。

それで少し正気を取り戻したけど、やはり祈る気持ちには
なれなかった。 けれどせめて、きっと今のあたし達の
ゴタゴタで密かに胸を痛めているだろう上の子ぴよこを
ヒーリングしたいと思い、ぴよこのエネルギーを観てみる。
案の定、なんだか、赤くて長い剣のようなものが見えた。

けれど、それは観たことのなかった物体で、あたしはどう
処理して良いのか分からず、over soul に聞いてみる。
どうやら抜き取ればいいらしかったので、そっと引き抜いた。
そしてすかさずラファエルさんを呼んでみた。

ラファエルさんのヒーリングエネルギーである、緑色を
イメージしてぴよこに重ねてみる。すると、エメラルド
グリーンをした光のようなものが、ぴよこに覆い被さった。
そのシルエットは天使の羽のようで、あぁ、と安心した。

本当は、頼まれもしないのに勝手に人のエネルギーを
いじったりするものじゃないと思う。だから旦那の
エネルギーだって、むやみといじったりしないでいる。
でも、子供はね。母性愛に溢れた母のような愛情を
素直に注げないあたしの、これがせめてもの償いなのかも
しれない。

そして眠りについた。

なんか、夢を見ていたのだけれど、内容は忘れてしまった。

けど、ひとつだけ覚えていたのは、誰か知人が、自分で
確定申告をしたんだ、と報告しに来てくれたこと。
そうだよねー、そういうの、得意だもんねー、と
あたしは感心していたのだった。

朝起きて、そっか、あれは多分、今年は少しは収入も
あったんだから、ちゃんとまた確定申告を始めておいた
方がいいよ、って誰かが教えに来てくれたんだと思った(笑

朝のばたばたが落ち着いて、一人、オフィスのデスクの
前に座って、また昨日の旦那とのやり取りを考えていた。
どうして、こんな最悪な結果になってしまったのだろう。
そんな風になって欲しくない、と祈るような気持ちで
あれこれサポートしてきたつもりだった。でも、結局それが
旦那の自尊心まで踏みにじってしまったということなのか。
あの時、あそこまで旦那の為にと、手助けをしたのが
間違っていたのだろうか。。。

すると、突然、言葉がひとつ降ってきた。

"みんな、今が自分の最善。"

はっとした。

そうだ。みんな、今が最善なんだよね。
誰も、間違った道なんて歩いていない。
その人その人にとっての、最善の道を歩いてる。
例えそれがあたしから見て、或いは誰かがあたしを
見て、間違った道に見えても、本当はその人にとって、
あたしにとって、間違った道なんて、ない。

そう気づいた時、ぐるぐると渦を巻いていた今朝までの
わだかまりが、やんわりと解けていくのを感じた。

あたしの範疇で旦那の今を推し量るのをやめよう。
そう思った。やっと、怒りから解放された。
心配を手放すことができた。批判をひとつ、無くす
ことができた。

きっと、これが、自分を信じて答えを待つ、という
ことなんだろう、と思った。

***

多分、昨日の日記を読んで胸を痛めてくれた人も
いると思うので。

(^-^* ありがとう、何とか乗り越えました♪






Last updated  September 6, 2005 01:02:09 PM
September 5, 2005
カテゴリ:hippy strange dayz
英語でいう、depressedという表現がぴったりくるような。
胸が押しつぶされるような、そんな感覚。

大したことがあった訳じゃない。 ただ、時々ある、
旦那とのcommunication breakdownってヤツだ。

おとといの夕方、突然起きた。

***

仕事が忙しいといって、夏休みを取らずに夏が終わってしまった
旦那が、もう一度海に行こう、と、先週も行ってきた湯河原の海に
行くことになっていた。

台風は来てるし、新月前だから大潮だし、波、大きいかもねぇ、
なんて言いながら行ってみたら、本当に波が大きかった(笑
それでも、上の子ぴよこは、ボディボードに夢中だから、
大きな波を怖がることもなく、嬉々として海に突進していく。
下のちび達も、浮き輪を付けて、波にもまれて大はしゃぎ。

親は冷や冷やしながら、子供たちから目を離す訳にも
いかず、泳ぐ間もなく、油断しているとわらわらと
散らばっていってしまう子供達をずっと監視していた。

ところが、そうこうしている間に、どんどん潮が満ちてきて、
用意したビーチパラソルのある辺りまで迫ってくる勢い。
それで旦那と申し合わせて、一度荷物を後退させることに。

ところが、その後退したその場所にしばらく座って、
砂遊びをしている子供達を見守っていたら、ボディボード遊びに
戻っていったぴよこの後ろから、今までの中でも特に大きい
波が押し寄せてくるのが見える。

ぴよこは足の着く辺りで遊んでいたとはいえ、一瞬ひやりと
して、旦那がぴよこの様子を見に、立って見にいったのを
あたしも内心冷や冷やしながら見守っていた。結局ぴよこは
ちゃんと波をこなして、全然大丈夫だったのだけれど、
その直後に、あたしが座っていた辺りを波が襲ってきて
しまい、結局持ってきていた荷物がずぶ濡れに(泣

旦那が機転をきかせてくれて、流れて行ってしまった
みんなのサンダルを全部拾い集めてきてくれて、何とか
無事に済んだのだけれど。 なんと、その大きい波が
水面に突如現れるまで、メールを打とうと、携帯を
握ったままになっていた左手が、気づいたら打ち寄せた
波に漬かってしまっていて(汗

それでも気づいて、メールを慌てて保存しておいたは
いいけれど、結局その後、液晶画面が表示されなくなって
しまったのです。。。

げー、まじで? PCに続いて、携帯までも?!
それに、今朝届いて読み始めたばかりだった
"天上のシンフォニー"という本まで、波にやられて
砂まみれ。この本がもたらす変化って、こういう事?!
などと内心苦笑してしまう。 湯河原の砂は、鉄分が多いのか、
黒光りする程黒くて、しかもめちゃめちゃ粒子が細かいので、
払っても払っても、簡単には落ちてくれず。
携帯のジョグダイヤルの中にも入り込んでしまうし、
本のページにも入り込んでしまうし、で大変だった。

***

そんなこんなで、あたしは少し焦った。明けた週の
金曜には、久々に生保の占いイベントのお仕事に
行く予定になっているし、火曜日には月1で開催される、
ぴよこの小学校の運営委員会にも出席しなくてはならない。
だいたいいつも、携帯電話で業務連絡のやり取りを
しているというのに、携帯がないと非常にまずいぞー!と。

最悪、メモリーが復元されなくてもいいから、とにかく
新しい携帯を早急に用意しておかないと、とその日、
夕飯を済ませてから、みんなで携帯ショップに駆けつけた。

が。本当のアクシデントはそこで勃発。
元々、自分の買い物には付き合わせるくせに、人の買い物に
付き合うのが嫌いな旦那。人混みが嫌いな上に、音や光にも
敏感、そしてその日は海帰りということで、多分疲れて
いたのもあるのだろう。家電ショップでしばらく一緒に
携帯を眺めていたのだけれど、いきなりどこかに消えて
しまい、ずっと戻って来ないなぁ、と思いきや、戻って
きたら、なんだか変。

どこに行っていたの?と聞いても、ずっといたよ、と
しょーもない嘘を付く。 始まったよ、と内心ため息をついた
あたし。 でも、そんなの問い詰めても仕方ないから、
気にせずに、もう一度各機種の性能を比べながら、
やはり最初に選んだものが良さそう、と判断する。

最大の悲劇は、あたしが今契約している携帯電話会社の
機種が、以前に比べて激減してしまった上に、デザインが
非常に大人しく、つまらなくなってしまっていた事なの
だけれど、その中で唯一、まぁ、これならいいかな、と
思っていた機種が、まだ比較的新しく出たばかりのもの
らしく、値段があまり下がっていなかったのだった。

それでも、波に漬かってしまった以前の携帯はもう
2年以上継続して使っていたから、価格的には一番安く
買い換えられる範囲だったから、これでいいかなぁ、と
旦那に相談したのだけれど、買い換えに行こう、と
切り出してくれた当の旦那が納得してくれず。

終いにはデカいため息までつく始末(ーー;

そのため息に切れたあたしは、もういいよ、とつかつかと
店を出て、それで結局携帯電話を買い換えることもできず、
むろん、以前の携帯電話は事切れてしまったままで。
事態は最悪のまんま、幕を下ろしてしまったのだった。

ちくしょー、あたしがもっと自分で稼げていたらなぁ、
と、また自分で自分が悔しくて、情けなくなる。旦那には
そんなつもりは毛頭ないのかもしれないけれど、お金で力関係を
コントロールされているみたいで、滅茶苦茶気分が悪い。

一昔前なら、躊躇せず手が出せた値段だったのに。
台所事情が悪化してしまって、建て直し中の今、なかなか
決断するのは大変なのはあたしも重々承知の上。けれど、
今よりもっとキツかった去年、旦那が携帯を買い換えると
言った時には、仕事上、格好悪い携帯持たせるのは忍びないから、
と、かなり思い切った値段の携帯を買うのを承諾したと
いうのに。

ちぇ。

旦那の不機嫌なため息ひとつで右往左往してしまうあたしもあたしだ。

ちぇ。

***

それで思い出した。先日、濱田葉子さんのクリスタルワークの
ワークショップ
に参加した時に、あたしが自分で誰かを監視役に
立てているようだ、という、思わぬリーディング結果が出て
きたこと。 その後、色々と思い起こしていくうちに、
あたしは、自分が立てた最大の監視役は、旦那だったんじゃないか、
と思い当たってしまったのだ。

そう。旦那と出会ったのはかれこれ15年くらい前。
当時のあたしは、まだまだ自分がわかっていなかった。
そりゃね、20才前後の、まだ社会にも出ていない頃の
あたしだもん、今のあたしに比べれば、ひよっこも同然で。

その後働きだしたけれど、結局貯金もほとんど作らないまま
数年経ち、結婚に至って。結婚後も何年かは働くつもりで
いたのに、すとんと子供を授かって、そのまま社会から
引退してしまった。そのまま、旦那の収入に頼って生きて
きたあたし。

当初は、本当にそんな自分が惨めで、自分のお金が欲しい、
って心底思っていたけど、子育てに追われたここ数年は
もう、そんなことすら考える余裕もなかった。

未だによく二人で出掛けるし、夫婦仲は良いと思うけど、
喧嘩は派手だから、その間も、離婚する、しない、なんて
話は一度ならず出た。けど、その度に、自分が自立して
いない事を思い知らされて。今のあたしが飛び出した
ところで、どーなるのよ、と、非常に消極的な理由で、
別れることを諦めたり。いや、惚れた弱みが一番
大きいんだけどね(笑

でも、あんまりだー!!

もう、どうにかしたい、この理不尽な関係を!!!

こんな風になってしまったのは、あたしも責任がある。
それは百も承知。だから、自分で関係を改善するか、
切るしかない。そう思っていた矢先の、今回の喧嘩だった。

昨日は一日、ほとんど口もきかず、目を合わせることもなく。
あたしはほとんど食事も取らずに、独りオフィスに籠もって
日がな一日読書をしていた。

今朝起きたら、気持ちが悪い。 イヤな気が体内に籠もって
しまったのだろうか。。

仕方なく、自分でヒーリングをしてみることにした。

床に横になって、静かに自分をクリアにしてみる。
全然別件の、気になるコードを一つみつけ、切らせてもらう。
(コードというより、昔のテレックスの紙みたいな、
幅の広いペラペラとしたものだった(笑))

でも、旦那との間のコードを探してみるけど、見えない。

気になって、旦那のエネルギーを見てみたら、なんと
旦那の右脇腹の所に、あたしがすっぽり入っていた。

うがぁ。 あたしは旦那の胎児だったのかっ!
そこまで依存してしまっていたのかっ!
ひょっとしてそれで旦那は旦那で辛くなってしまっていたのか?!

仰天したのが、その、右脇腹、という場所だった。
それはまだ旦那と付き合いだした当初のこと。
一緒に寝ていた時に、あたしが旦那の脇に潜り込んで、
ここがあたしの居場所だったんだぁ~、って感じて
自分の故郷を見つけたような、そんな安堵感に包まれた
まさにその場所だったからだ。

10数年前のエネルギーが、まだそこに残っていたなんて。。。

でも、もうあたしも旦那もあの頃の自分たちとは違う。
新しい関係を作るためにも、ちゃんとこれをクリアに
しなきゃ、と、あたしは旦那のその部分から自分を
取り出した。

リボーン?

昨日が新月。
新月の前後と合わせた3日間って、新月パワーが
一番強いと言われる日々。結果的には、その新月の
エネルギーを借りて、生まれ出させてもらっちゃった(^^;

おとめの新月。

あたし以上に柔軟宮の効いてる旦那と、
太陽、水星、火星が柔軟宮のあたし。

なんか、この新月にヤられた感じが否めず。

ぐぅ。

とりあえず、少しずつ気持ちの悪さは落ち着いてきた。
今後の流れは、あれこれ考えず、やることやって、
身を任せてみよう。

QACの藤波直子さんの所からも、ご無事の出産、という
ニュースが飛び込んできたしなぁ。。。

目出度い、目出度い、という事で綺麗に終わりたいものです(^ー^






Last updated  September 5, 2005 01:20:06 PM
August 26, 2005
カテゴリ:synchronicity puzzling
昨日は、まさちゃんの呼びかけで、台風に癒しのエネルギーを送るワーク
してみた。

そのことは、表のブログに書いてみたのだけれど、別に深い瞑想に入る
訳でもなく、ただ、台風通過中、思いついた時に時々、大好きな
虹の光のエネルギーを送って、台風さん、よろしく~、がんばれ~♪
ってエールを送っただけだったんだけど、びっくり。

今朝、起きたら、どうもフラフラと眩暈がして、調子悪いから
少し静かに座って瞑想してみたら、にょろにょろとコードが
出てきて、それを辿って行ったら、なんと通過していった台風に
繋がっていたのでした(笑 慌ててコードを切らせて頂いたら、
切った瞬間に落ち着きとバランスを取り戻したので、へぇ!!
人って、思ったより簡単に繋がってしまうのねぇ、としみじみと
実感したのでした。

みなさん、悪い念を送ったりしちゃいけませんよ、本当に
届いちゃうんだから!! そして、悪い念を送っている
コードで相手と繋がっちゃうんだから、相手だけが不幸に
なるなんて、あり得ないんだからー!!

でも、これは、悪い念だけじゃなくって。相手を思うあまり
心配のエネルギーコードで繋がったり、相手を振り返らせたい
あまりに、束縛のエネルギーコードで繋がったり、子供を思う
あまり、過保護なエネルギーコードで繋がってしまったり。
そういう無意識のコードが、知らず知らずに相手にも、自分にも
影響を及ぼしていることが、よくあるみたい。もちろん、自分から
出したコードだけじゃなく、相手からも知らず知らずのうちに
コードが繋がっていたりして(^^; 

みなさんも気を付けましょうね。 エネルギーはいつもクリアな
状態にしておくのが基本だから。 まだエネルギーワークの
世界を知らなかったほんの数ヶ月前のあたしのお腹には、
ぐっさりとナイフが突き刺さっていたそうです、ロミロミ
マッサージを受けた時に教えて頂きました(泣

***

ところで、ブログを読んでくれたまさちゃんから連絡が
入り、別件で話し込んでいたら、そうだ!鎌倉に置き忘れが
ある、って言われたの、と教えてもらい。

まさちゃんによると、先日、なんかよく分からないままに
鎌倉に出掛けていったあたしが、自分の使命をよく把握
できないまま、とりあえず、八幡さまにご挨拶と意思表示を、
と思い、ちび達や友人も連れていた手前、本当はきっと
何かやらなきゃいけないことがあるんだろうなぁ、と
思いつつ、帰ってきてしまった時に、実はあたしの霊体は
そのまま、そこに残ってしまったのだとか。。。

それでかぁ、と一昨日、夜更かしして眠りについた明け方に
いきなり魑魅魍魎に襲われたことや、今回も台風にずるずると
引きずられてしまったことが腑に落ちる。

このままだと、周りはグングン動いていく中で、あたしだけ
取り残されて、エネルギー的な歪みができてしまうから、と、
まさちゃんが遠隔操作でメンテナンスをしてくれる。
どうも、源氏のエネルギーも絡んでいるらしく、まさに
まさちゃんのプロジェクトにもかぶっていたらしい。

一体あたしは何をしようとしていたんだ?!(笑

メンテナンスをしながら、ちゃんと高次のエネルギーと
繋がっていないと、変な龍神に使われちゃうこともあるから、
気を付けてね、とアドバイスをもらう。どうやら、上と
繋がるゲートが詰まってしまっていたらしい(^^;
子供を産んでよかったね、しっかりgroundingできたんだから、
って言ってもらえたのが、せめてもの救いだったけど、うぅむ、
気をつけなきゃなぁ。下手したら家族も巻き込んじゃうもんね(汗

細かい調整はすべてまさちゃんが引き受けてくれつつ、
自分で届かない部分のエネルギーをクリアにする為に、
珠を使う方法を伝授してもらい、あっという間に一掃。
最後に必要のないコードを切る時に、天使に手伝ってもらって、
と言われ、最初はミカエルさんを呼んで、と言われたのだけれど、
あれ?ザカエルと繋がってる?と急にまさちゃん。

ザカエルさんって、ザキエルっていう天使さんかなぁ?
あたし、エンジェルカード引くと、よく出てくるの~。
と聞いてみる。 どんぴしゃり。 実は昨日、ある事を
聞いてみたくて、久々にエンジェルカードを何枚か
引いたのだけれど、ぽんっと飛び出したカードが
またしてもザキエルさんだった、ということがあった
ばかりだったし、なんだか可笑しかった(^^*

それでどうやら、ザキエルさんとご縁があることが分かり、
ミカエルさんではなくて、ザキエルさんにお手伝いをして頂いて、
無事終了。思わず、ふぅ~、っと安堵のため息がこぼれた(笑

***

見えない世界と繋がる能力が拓いてからというもの、
なんだかやる事が増えた気がする。形として現れないから
指し示すことができなくてもどかしいのだけれど、
コツコツと、地味に取り組ませて頂いています。
これってひょっとしてあたしにとっては、他者からの
評価を求めて生きることを辞めるためのワークなのかもなぁ~。

ありがとう。






Last updated  August 26, 2005 06:17:11 PM
August 24, 2005
カテゴリ:synchronicity puzzling
先日の龍神さまの日の写真を、もうひとつのブログに
アップしました。

こちらは一日分に一枚しか画像を載せられないみたい
なので。。。

よろしかったら覗いてみてくださいね(^^*

one fine day






Last updated  August 24, 2005 01:09:10 PM
August 21, 2005
カテゴリ:synchronicity puzzling
part 2からの続き。

***

ほどなく、SOSへの応答メールが届く。


  龍神を使うのよ~

  お願いしてみて

  こっちも光送ります。
  
  写真のでかい方に頼んでみて


え、龍神さんにお願いするの~?
大丈夫かな、うまくできるかなぁ。。。
うーむ。でも、さっきの赤いエネルギーを、
確かに自分ひとりでどうにかできる程、今の
あたしはまだまだエネルギー的に熟練していないし。
パワー的にも無理だろう。

でも、見てしまった以上、知らないふりはできないし、
見せて頂いたということは、そこに何かやるべきこと、
自分にできることがある、ということだと思うから。。。

思い切って龍神さんのエネルギーをお借りしてみる
ことにする。

先ほど、龍神さまを祠に上げさせて頂いた時に握って
いたherkimerを、もう一度手に握り、目を閉じて
龍神さまを呼んでみる。やっと上に戻って来られたばかりで
お疲れのところ、大変申し訳ないのだけれど、力を貸して
ください、とお願いしながら。

すると、あっという間に龍神さまが現れる。
そして、すぐさま、さっき見えた、地上に溜まってしまって
いる赤いエネルギーをぐるぐると囲んで、ぐんぐんと光の元に
導いて上げて行ってくださる様子。

これには本当に驚いて、そして感激してしまった。
きっともう長いこと、人間の欲望が元で、自分の居場所を
他の存在に奪われ、地中深く閉じ籠もっていらしたのだろうに、
やっと元の場所に戻ってこられたその状況で、またしても
自分を追いやった人間の勝手な祈りを聞き届けて、動いて
下さるなんて!!!

あまりの出来事に、大きな愛を感じて、涙が滲んできてしまう。

そして、あたしは泣きながら、龍神さまのお手伝いをさせて頂いた。
赤いエネルギーの集合体に、どうぞ軽やかになってオーバソールの
元にお上がり下さい、と祈りながら光を送ったのでした。

***

やがて、エネルギーの集合体は白いエネルギーに変わり、
光の世界にとけ込んでいき、龍神さまもいつの間にか
姿を消していました。

あぁ、終わったんだなぁ、とわかり、over soulに確認を
とって、感謝の祈りと共に、儀式を終了する。

今起きたことをまさちゃんに報告すると、こうやって、
お願いすればちゃんと助けてくれるのだから、みんな独りじゃ
ないんだよ、と教えてくれた。

あたし独りの力では、あんなにどえらいエネルギーには
とても太刀打ちできなかったけど、こうやってお願いすれば
ご加護があるんだなぁ、って理解した。そう言えば、前に
エネルギーワーク中にまさちゃんに、"ペレを呼んで。
ペレの力を借りてみて。"とアドバイスもらったことがあった。
あの時は、え?何故ペレの女神をこんな時に?!と思ったの
だけれど、こうして自分の意志で自分が何かを起こそうと
思った時に、自分でどなたかの力添えをお願いする、という
流れになって、初めてあの時のまさちゃんのアドバイスの
神髄を理解できた気がする。

ありがとう。
この世の全て、みんなに感謝、
ありがとう。

***

ところで、終わってから気づいたことがあった。
まず、herkimerさんのエネルギーが、とても強くなった
気がしたこと。龍神さまに助けて頂いていた時に握って
いたら、今までに感じたことがないくらい、強靱さを
感じたのだった。

丁度西の空に日が傾き始めたので、その太陽と一緒に
herkimerさんの写真を撮ってみる。2~3枚ほどだけど、
明らかに今まで見せてくれたのとは違う、力強い光を
映し出してくれていた。

さらに、あまりにもエネルギーに満ちた空だったから、
その不思議な感じを記念に写しておこう、と思って
空を撮影していたら、またファインダーに妙なものが
見えるのに気が付く。

え?! ともう一度空を見上げると、なんとそこには
龍が浮かんでいたのです!!! うわぁ、今日は本当に
龍神さんの一日だったんだぁ~♪♪ と喜んでいたら
更に驚いたことに、その数分後、龍神さんは、大きな
白い鳩に姿を変えていたのでした。 なんだかもう、
神懸かりとしか思えない。。。(^^;

***

そしてこれは後日気が付いたのだけれど、あたしの持って
いるherkimerを暗がりで見ていた時に、あ!!と思った
ことがある。それはherkimerの形。小さなDT。これを
シルエットで捉えると、あの日、祠の前で初めて龍神さまの
エネルギー体を見た時と同じ、菱形だったのだ!!!

あたしが夢の中でDTからmessageをもらったあの日の朝、
記憶に残ったmessageも、give & take, what goes around
comes around。つまり、因果応報。

きっと、龍神さまを祠に戻して差し上げたことで、その後
土地の汚れを浄化する時に、龍神さまが力を貸して下さる
ことになったんだなぁ、って。

なんだか不思議な一日だった。
そして最後に思い出した、その一日の始まりの吉兆。
二羽の白鷺が飛んでいった東の空の方向に、龍神さまが
いらっしゃる菅原神社があるのです。。。

でかい、でかい、シンクロニシティの起きた夏休みの一日でした。






Last updated  August 21, 2005 01:59:47 PM
August 18, 2005
カテゴリ:synchronicity puzzling
part 1からの続き。

***

日差しは強かったけれど、用意したビーチパラソルが心地よい
日陰を作ってくれるし、波も穏やかで、もう、最高の海日和♪♪
前日はまだなんだかザワザワしていたのに、はっきりとエネルギーが
シフトしたのを感じる。こんな日が誕生日だなんて、さすがに
まさちゃんだよなぁ、と思いながら祝メールを入れたりしつつ、
しばらくのんびりと綺麗なエネルギーを満喫してから、
グリッドを組んで、いつものようにフォトセッション。

並べた石達は、皆しっかりとした強い意志を感じる子たちばかり。
今のあたしには、このエネルギーが必要なんだなぁ、なんて
改めて思う。

しばらくしてからまさちゃんから返事が来る。
今、地元の海にいるよー♪ と、海の画像を写メールする。

海にいるシチュエーションをちょっと自慢したかった(笑
だけなのに、意外なメールが返ってくる。

  なんかいるよでかい方がp(^^)q

  すごーい良いとこだね。

  そこの近くに神社あるの?

えっ?! 何が見えるのだ、まさちゃん!?

あまりの唐突な展開に動転しながらも、近所にある
いくつかの神社を思い浮かべながら、あたしの好きな
小さな八幡さまのことを伝えてみる。

そこじゃないみたい、もっと近い所にある神社、とまさちゃん。

れれれ、あたしはそんなに足繁く通ってはいないけど、
確かにもう少し海に近い所に、もうひとつ神社がある。
天満宮だけど。

どうやら、そこの神社が関係あるらしい。
だけど、菅原の道真さんの神社だよ。。。?!

すると、

  菅原って龍神と宇宙人だからね ハハハ~。

  大事なのは その海と土地を繋げるパイプを
  光に代えないといけないみたい。
  o(^-^)o頑張れ~

  -----

  こっちにも 菅原さん行けときたので
  天満宮行ってくるよ~(笑)

ひぇ~。道真さんって竜神なの?宇宙人なの?
。。。ってか、あたし、また何かお仕事するんですか?みたいな(笑

いや、笑い事じゃない。思い出したのだ。前日の夜、久々に
旦那と二人で食事に出て、馴染みのバーに梯子して、そこで
色んなことを語っていたのだけれど、旦那の話を聞きながら
maui以降、強く感じていたあたしの思いを旦那に打ち明けて
いたのだった。

"最近、あたしがここの地に嫁いできた事の意味とか、
考えるんだよねぇ、なんか役割があるんじゃないか、って。
何だろうねぇ、ここで占い師としてお店を構えた方が
いいのかなぁ~?"

"うーん。中里が縄文人と弥生人が初めて文化交流して一緒に
共同で暮らし始めた土地じゃない? だから、何か繋いで
行くんだろうね。それは実際にあるモノとかじゃなくてもさ。
時間とか空間みたいなものっていうか。"

旦那はスピリチュアル系の語彙を持っていない人だけど、
すごくスピリチュアルな感覚を持っているよなぁ、と、
こういう時にはっとさせられる。その夜も、あたしが
何となく感じていたことを、ちゃんと言葉にしてくれたのだった。

そんな前振りがあって、翌日のまさちゃんからのメール。
うわ、さっそくお役目果たすことになっちゃったらしい。

それでも尚、年に一度、お正月に行くか行かないかの
天神さまの所に、行こうかどうしたものかと、隣にいた
姪っ子ちゃんに話を振ってみると、看護学校を受験する前に
ご祈願に行ったきり、まだお礼参りに行っていないと言う。

ひぇー、行かなくちゃだめじゃん!!
→結局、行かなきゃいけないらしいあたし(笑

そしてまさちゃんからまたメール。

   subject  -天の白龍だ-

  なんか 今日動かすよ(^^) ハーキマーもっていこっと。
  ではまた

え?! ハーキマー?ハーキマーなわけ?!
なんで、そんな、申し合わせたみたいに。あたしも今朝
やっとDTのエネルギーの意味を理解して、そうしたら
ハーキマーちゃんが戻ってきてくれたばっかりだよ。。。?!
と、内心ドギマギしながら、とにかくいったんちび達を連れて
家に帰って、お姑さんに預けることにした。

そして姪っ子ちゃんと、コンビニで軽食を買って食べながら
天満宮に向かう。

トンネルをくぐって見えてきた菅原神社は、そう言われて
みれば、なんとなく幽玄な、奥ゆかしい感じもあり(笑
でも、考えたら、前回来たのはあたしがシフトする前だ。
感じ方が変わるのも当たり前かもなぁ、なんて思いながら、
とりあえずご本堂にお参りする。

あまりにも久々に参拝したので、きちんと名乗って、
こっちに引っ越ししてきた経緯、これからの所存なんかを
表明して、よろしくお見守りください、などと、祈っておく。

いつもはご本堂を参拝したら御神籤を買って、それで
帰ってきてしまうのだけれど、シーズンじゃないからなのか、
御神籤も置いてないし、なんとなく拍子抜けしつつ、でも
その拍子抜けした感じを埋めるかのように、いつもより
ゆっくりじっくりと辺りを観察してみる。

厄落としの茅の輪があったので、くぐって進むと、
小さな看板が目に入る。

  ←諏訪大明神

案内板だ。ご本堂の脇の小道を行くように矢印が向いている。
姪っ子ちゃんに行ったことあるか聞いてみると、ないけど、
そう言えばあっちの方になんか祀ってあった気がする、とのこと。

大明神なんていう物々しい響き。何者だろう?!
そんな物々しい方が裏側に祀ってある感じが、なんとなく
気掛かりだったんだけど、恐る恐る歩き出す。蝶々が飛んでくる。
あ、お遣いが来てくれた、大丈夫かも、と思う。

それにしても本当に裏側だよなぁ、あんまり日も入らない。

と、小さな祠が目に入ってきた。
げげっ、龍神さまだぁ!!!

仰天しながら、それでも丁寧にお参りをする。

そしてゆっくりまた表に回って、あれこれ敷地内を
散策してまわる。何だろう、ここは、何だろう、ここは。
何か情報はないかなぁ、と探してみたら、境内の入り口に
ちゃんと能書きが書いてあった。読んで更にびっくりする。


昔、この辺り一帯を諏訪の森って呼んでいて、諏訪社が先にあった
のだそうだ。つまり、先ほど裏手にいらした大明神さまの方が
先に祀られていた、ということらしい。道真さんを祀ったのは
その後のことになるのだが、その縁起が、なんと海だったのだ!!!


  "正暦五年(西紀九九四年)六月晦日の黄昏時納涼せんと
  海岸に里人が集うと…奇なる木船が汀に漂い来りて
  束帯せる一貴人が錦の袖にて招き給う。里人は之を招じて
  麦飯に麦粉をかけて饗す…其の夜里人の夢枕に貴人現れて
  告げて曰く、「京の菅神を崇敬せば幸多からん」
  目覚むれば貴人の姿はなく菅公の肖像一躯(現存の神像)
  残れりよって之を御神体として神社を創建せり"

!!!

なんてこと!
国府津の海、龍神さま、道真さん、これでみんな繋がる。。。!!!

慌ててまさちゃんにメールを入れると、

  げげげー やっぱり富士じゃん。

  複雑なのを 太陽の龍神の指示で繋ぎ直し浄めてね。よろしく~。
 そっちは天と地がそろったのね(^^)

えー?諏訪が富士?! なんだかよく分からないけども(笑
でも、確か以前、まさちゃんにこの辺り一帯の、弥生人と縄文人の
経緯の話をした時にもまさちゃんが、富士山だねぇ、と言って、
あたしに富士山のエネルギーを繋ぐようアドバイスくれていたのだった。

むひょっ、あの時のワーク、まだ仕事が残っていたんだ(^^;

しばらく呆然とベンチに座って姪っ子ちゃんと休んでみたの
だけれど、ちょっとごめん、仕事してくる、ここで待ってて、
と彼女を残し、もう一度龍神さまのところにお伺いを立てる。

over soulと繋がるゲートを開いて、お仕事を始める。
何となく気になったので、胸元に下げたポーチから
持ってきていたherkimerさんを、合わせた両手に挟み持つ。
しばらくすると、最初に十文字が見えた。それがゆっくり
くる~っと回転すると、エネルギーの流れが見えてきた。
これを修正するんだろうな、と思っていると、左後ろから
斜めに強いエネルギーの流れが来る。お、これかぁ、と
意識しながら、最初に見えた流れと繋ぐ。

そして、富士山のエネルギーを意識しながら、今繋ぎ直した
流れを富士山へと飛ばす。繋がったみたい。

まず、over soulに確認してみる。大丈夫ですか?yes
大丈夫ですか?yes 大丈夫ですか? yes。
おっけぃ、over soulさんからは終了の合図。

一応、目の前にいらっしゃる大明神さまにもお伺いを立てておこう。

大丈夫ですか? 。。。
大丈夫ですか? 。。。
大丈夫ですか? 。。。

あれ?!  返事がないよ。。。?!

これってひょっとして、前にまさちゃんのブログで
読んだことあるヤツかな? と、まさちゃんが、時々
本来祀られてあるはずの神さまと、別の存在がそこに
入り込んでいることがある、と書いていたのを思い出し、
よくよく祠をリーディングしてみる。

もやもやんと黒い幕がかかっている感じ。
あやぁ、こりゃ誰か他の存在が乗っ取っているな。
over soulに確認をとりながら、プスっと穴を空けて
ガス抜きをしてみる。抜いたエネルギーを光に上げて、
もう一度チューニングしてみる。

下にいらっしゃるみたい。
意識をぐんぐん下に向けていく。
あ、角だ!! 龍神さま!!
それから菱形が見えた。どうやら、この角と菱形の
組み合わせが龍神さまのエネルギーを表しているみたい。

それで龍神さまに、どうぞ祠にお戻り下さい、と
お伝えして、上がってきて頂く。菱形のエネルギーが
ゆっくりと螺旋を描くように上がってくる。光を送る。
祠の高さまで上がって、ぽこっと祠に納まった。

ほっ。
もう一度over soulに確認してみる。おっけぃ。
今度こそ、本当に大丈夫そうだ。
安心して、何度も振り返ってお辞儀をしつつ、
姪っ子ちゃんの待つベンチまで戻る。

携帯鳴ってたよ~、と教えてくれる。
ん、ありがと(^^ と、携帯に目をやると、
着歴と、メール着信。まさちゃんからだ。


  諏訪がやられてて本来の役割をはたせて無いので
  浄め繋げ直して下さい。

うわっ、これ今、あたしがやって来た事だっ!!
慌ててまさちゃんに電話して事情を説明しておく。

  わかった、流れを変えたから、調整するね。

と、何やらお仕事をして頂く気配。目を閉じて
一緒にエネルギーリーディングする。ある瞬間から
虹が見える。これはあたしの中では、成功したよ、
というサインだ。

  後は今繋ぎ直したエネルギーをもう一度海に
  繋げて戻して終わりだね!

はぁい。

お待たせしました、ごめんね、と姪っ子ちゃんに
お詫びしつつ、何が起きていたのかを説明しながら
家路に戻る。 こんな話をしてもちっとも動じない
姪っ子ちゃんはさすがうお座だな、と感心するんだな(^ー^
親戚だけど血縁はない、弱冠19才の若人と通じ合えるのも嬉しい(笑

国道に出たところで、最後のひと仕事。
立ち止まって、先ほどのエネルギーを、国道の向こうにある
海に繋ぐ。

終了~☆

と思いたかったのだけれど、この時、意外なものを
目撃してしまったあたしは、見てしまったものに
途方にくれて、家に戻った直後から頸部の左側がズキズキと
痛くなったり、肩が痛くなったりするしで、軽くパニックに
陥って、まさちゃんにSOSメール。



今、帰り道にエネルギーを海に繋いで、それはできたんだけど、
地表に赤い強いエネルギーが溜ってて(T^T)

この辺り一帯、空襲にあってるらしく、あと霊感ある人に前に
言われて調べたんだけど、それ以前にもいつだか何とか時代の
合戦で土地に大量の血が流れたらしいの。それかなぁ?って
思ったんだけど、姪っ子ちゃん連れて道端に立ち止まって
だったから、その場では対処できなかった…

まぁ、天下の東海道沿いだからね、色々あるんだとは思うんだけど(^^;
お盆っていうのもあるのかな?どうすればいいと思う?

***

続く。

















































Last updated  August 19, 2005 04:46:40 AM

全23件 (23件中 1-10件目)

1 2 3 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.