021646 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

hippy "m" 若夏

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


hippymarilyn

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

Viagra@ Viagra Viagra, &lt;a href=&quot; <small> <a …
Cialis@ Cialis Viagra, &lt;a href=&quot; <small> <a …
Cialis@ Cialis Viagra, &lt;a href=&quot; <small> <a …
Cialis@ Cialis Viagra, &lt;a href=&quot; <small> <a …
Propecia@ Propecia Propecia, &lt;a href=&quot; <small> <…

Freepage List

September 25, 2005
XML
カテゴリ:synchronicity puzzling
箱根神社が九頭龍を祀っていることは、前々から小耳に挟んでいた。
あたしの友人からも、何人かご縁があって招かれた、という話を
聞いていた。が、あたしは、箱根に足を運ぶことはあっても、
箱根神社に辿り着くことなく、芦ノ湖の周辺をあちこち訪れて
終わっていた。

それがこのタイミングで急に家族揃って行くことになり、ついに
あたしの所にも召集令が来たような、そんな気分だった。
ひょっとしたら、近所の菅原神社で、諏訪大明神のお手伝いを
させて頂いたこととも関係あるのかもしれないな、と思った。
それまで、あたしは自分が特に龍と関係あるなんて感じた
ことも、指摘されたこともなかったから。

お邪魔します、のご挨拶をして鳥居をくぐって、階段を上がり、
ご本殿からお参り。そして、いよいよ九頭龍のご神殿に。
下調べをしていなくて何も知らなかったのだけれど、
ご神殿は比較的最近移設されたばかりのようで、まだ
ぴかぴかと新しかった。

あたしは、諏訪大明神のお手伝いをした時に手にしていた
ハーキマーダイアモンドを握り、ご挨拶をする。うーん。
お返事がない様子。。。とりあえず、ご神殿に光を送って、
また数日後に来ます、その時はよろしくお願いします、
とご報告。

そう言えば、うちは、旦那もふたごのちび達も辰年生まれ、
龍が3人。旦那もちび達も、九星で調べると、九紫火星!!
ひょっとして、この人達が九頭龍さんにも関係あるのかなぁ、なんて。
しかも、後で分かったことだけれど、ご神殿が移設されたのは
ちび達が生まれた2000年のことだった。わぁお。

お参りを終えて、ご神殿をしげしげと眺めていたら、
はたと気が付いた。あ゛ーっ、ツノがあるー!!
ご神殿のてっぺんに、あたしが諏訪大明神のお手伝いを
した時に見せてもらった、龍のシンボルの角が立っていたのだ。
むひょぉ、シンボリズム、面白い~♪♪

もう一度ご本殿に戻ると、薄曇りの空、雲が一瞬切れて、
太陽の日差しがさーっと射す。お、おっけぃの印だ(^ー^
とりあえず、今日のここでのお仕事は終了して良さそう♪

それからちび達にお守りだ、御神籤だ、なんて買い与え、
旦那はお札を買い求め、あたしは御神籤と龍神さまに
纏わる本を購入。ちび達には内緒で、あたしだけ、もう
ひとつ、別種類の御神籤を引いてみた。

大吉~☆

  ひそみ居し ふちの龍らも時を得て
  雲井に登る かげのめでたさ

うぉ、また龍が出てきた(笑

なになに?

  何事も末の見込みがある
  改めかえてよい運です
  意志強く驕り高ぶる事なく信心すれば
  龍の風や雲を得て天に昇るように出世します
  辛抱が第一です

ほっほぉん。 改め変えるのが良い時なのね?
やっぱり書き換え時なんだわ、こりゃ。。。

神社をあとにして、湖畔の駐車場に戻る。
途中で、カラスが一羽、大きな木に飛んできた。
見ると、二羽並んで留まっている。お、お印?
よくよく目を凝らしてみたら、ちょっと離れた
枝に、カラスがちょこんともう一羽。

多分、下準備はおっけぃね、でも離れているから、
まだちゃんと全部は終わっていない、ってこと
かなぁ~。 まさちゃんと来る時に、残りの
お仕事をすることになるのだろう、と判断。

メールでまさちゃんに経過を報告してみると、
何だか旦那に変なものがくっついているから、
それを取り除いて、とのこと。 (^^;
先を歩く旦那をみてみると、もわもわぁ~んと
黒い煙幕のようなものがあたしに襲いかかる
ように立ちこめてくる。

なんだよー、邪魔されたくない、ってか?

変なものは、確かについているらしかった(笑
せっかくの家族のドライブ。流れが変わって妙な事に
なるのも口惜しいので、取りあえず、応急処置的に、
その煙幕を晴らして、光を入れる。

*****

時間はすっかりお昼時。さて、持ってきたお弁当を
どこで食べよう?と、いうことになり。ちょっと気になって
いた、箱根ガラスの森美術館を提案してみる。旦那が夏休みを
取れなくて、ほとんど出掛けることが出来なかったちび達が、
夏休み中に見ていた教育テレビの番組で、番組のキャラクター達が
夏休み特番でロケをしていた先が、ガラスの森のような気が
したのだ。

あたしも行ったことはないから確信は持てなかったのだけど、
きっとあの場所に連れて行ったら、ちび達も喜ぶだろうなぁ、
と思い、道の所々に小さく出ている看板だけを頼りに
行ってみた。

あたしは、ガラスの森、という名前から、広~い森を
想像していたのだけれど、着いてみたら、どうも思ったより
こじんまりしている(笑 っていうか、館内は飲食物持ち込み
禁止ってなってるぢゃん(TT) ガラスのオブジェに囲まれた
木陰で楽しくランチ♪なんて思い描いていたので、拍子抜け。

事情を知った旦那も、お腹がすいているのも手伝って、
急に機嫌悪くなってくるし(ーー; <ちぇ、さっきの
変なヤツ、やっぱりまだ本体は残っているんだなぁ、、、
なんて思いつつ、機転を効かせて、館の前の広場の
テラス席に、さっさとちび達とお弁当をセッティング。

わはは。人目なんて気にしない、気にしない(笑
これで、またどこか別の場所に移動、なんて流れになったら、
腹ぺこ旦那の機嫌が最悪になってしまう。えーい、お腹を
満たしてしまうのだー!!

一段落ついて、あたしは一服しに、ちょっと離れた喫煙所へ。
そこから建物をしげしげと眺めていたら、看板が目に入って
来た。

  "甦る、太陽王の願い"

へ? 何? 甦る? 
太陽王?! マヤ? インカ? 

南米にご縁があったらしいあたしは、思わぬキャッチフレーズに
クラクラと眩暈を起こしそうになる。 呼ばれたのか。。。

ちび達もお弁当を食べ終え、入館料が意外とお高めだったので
一瞬入るのを躊躇するも、ちび達はもうすっかりその気に
なっているし、旦那もお腹がいっぱいになって落ち着いた
ようで(笑、内心諦めていたのに、入館する流れに。らっきぃ~♪

入ってみて理解したのだけれど、太陽王とは、南米の古代文明とは
関係がなく(笑、フランスの国王、ルイ14世のことだった。
何だよー、びっくりしたなぁ。人騒がせなっ。
って、きっとあのタイトルを見た瞬間、こんな反応を示す
人も、常識的な世界にはそうはいないんだろう(笑

エントランスをくぐると、とても素敵な空間が広がっていた。
隅々まで気を配られていて、スタッフさん達の教育も徹底されて
いる感じがひしひしと伝わってくる。居心地がいいのだ。
膨大なベネチアングラスのコレクションの数々も圧巻だった。
敷地内には、オープンテラスの、気持ちのよいレストランも
あって、そこでちび達におやつにケーキを注文して、
あたしは白ワインを頂いてくつろいだ(^ー^

来るまでは一番気乗りがしていなかった旦那も、すっかり
この場所が気に入ってしまったようで、あたしも嬉しかった。
めでたし、めでたし。

*****

芦ノ湖、龍、甦る太陽。

この日拾ったキーワード。

さてさて、まさちゃんと合流する日は、何が起こるのやら!






Last updated  September 25, 2005 06:05:50 PM
[synchronicity puzzling] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.