3237577 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

カフェ・ヒラカワ店主軽薄

2008.11.02
XML
カテゴリ:ヒラカワの日常
秋の気配が濃厚になってきた。
音楽が必要だということで、
インターネットから四枚のアルバムを購入。
大人買いである。
Ann Sally
Bei Xu
Sophie Milman
Noon
どうも、この手のジャズ・ボーカルに弱い。
ノラ・ジョーンズから、
プリシラ・アンに行って
また、アン・サリーに帰ってくる。
上の四人はどれもよいが
なかでもNoonにしびれる。
こんな500マイルを聞いたことがない。

大人買いついでに、
車の中に産卵(おお、誤変換だが、これはこれで感じが出ている)
しているCDを整理する。
朝の弱い光のなかで、
Noonを聞きながら
裸のCDのジャケットをつくったり、
コンピュータの中で、
落語と音楽を選り分けたりしながら
半日を過ごす。
枯葉の庭を掃き清め、水雑巾で床を拭き掃除して
縁側で一服したような気分である。
不景気と、個人的な諸々で
片付かなかった気持ちが片付いていく。
気持ちを片付けるには、身の回りを片付ける必要があるということだ。

バジリコの安藤さんと約束した原稿は一向に進まない。
途中まで書いたのだが、全部捨てることにする。
アメリカの覇権と急激な衰退と、それに伴う市場原理主義の
落魄について、今それらを批判的に検証する気持ちが沸いてこない。
メディアの風向きが市場主義礼賛から批判へと変わってしまったのである。
メディアの追い風の中に自分の立ち位置を定めることは
恥ずかしくてできないのである。

リーマンショック以後、多くの会社が一夜にして
その価値を減じたのだとメディアは報道している。
確かに、株価は急落し、不動産や債権の資産も急激に減じている。
しかし、ほんとうは価値は一夜にして消失するようなものではない。
もともと、価値のないものを価値と呼んでいたのである。
昨日の会社と、今日の会社はほとんど同じである。
急激に価値が減ずるなどということはありえない。
総資産額や、株価の変化というものは、もし会社が売買されるとした場合の
価格が変化したということであって、
価値が変化したわけではあるまい。
価格が価値を象徴できるのは需給メカニズムが働く場所においてだけである。
会社の価値とは、労働者、経営者、家族、関係会社、商品購入者といった
関係者総体あるいは個々と会社との関係の異名なのであって、
価格が変化したからといって容易に変わりうるものではない。
それは、無名の画家の描いた一枚の絵と同じである。
その絵から切実な何かを感受できるものにとっては、
何ものにも換えがたい価値だが、
画商にとっては無名の一枚は、価格のつかないガラクタに過ぎない。

インターバンク取引が無くなり、証券の値がつかなくなる。
失われたのは極度に膨張した信用であり、急激な信用収縮が起きている
とも説明される。
しかし、もともと信用などなかったというべきであり、
欲得づくの信憑が市場を支配していただけなのである。
もし、信用している人物が何らかの過失を犯して
収監されたとしても、信用している友人は見捨てることはあるまい。
信用を担保しているのは、彼の身分や、財産ではなく、
時間の中で培われた信用そのものだからだ。

だからもし、変わったものがあるとするならば
それは価値そのもではなく価値観であり、
信用という見えない資産ではなく、信憑の対象である。
そして、もしそこに考察すべき問題があるとするならば、
何故ひとは一夜にして崩れ去るような価値観に支配され
何故ひとはかくも脆い信憑に帰依してしまうのかという
ことだろう。
そのことを知るためには、今行われているような
金融や経済の分析はほとんど役に立たない。
俺は、そのような難問の前で
もう一年も立ち往生しているという訳である。







最終更新日  2008.11.04 16:25:50
コメント(9) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.