3210415 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

カフェ・ヒラカワ店主軽薄

2017.09.29
XML
カテゴリ:ヒラカワの日常
極右対極右の対決で、リベラルは蚊帳の外のような外観を呈している
選挙で、うんざり感満載なのだが・・・。
想像力を巡らせて、今回の選挙を別の角度から観てみると、こんな光景が浮かんでくる。

今回のような政権選択の選挙には、表のプレイヤーと、裏のプレイヤー(台本書き)がいる。
表のプレイヤーは、政策や政治的信念で、自らの立ち位置を語るのだろうが、裏のプレイヤーにとっては政策も信念も二義的、戦術的な問題に過ぎず、もっぱら政局を動かすための仕掛けをすることに奔走する。場合によっては、ひとりの政治家がそのどちらも兼ねて、役割を使い分けるので、テレビや新聞だけ見ていてもよくわからないことが多い。

わたしの見立てでは、今回の選挙結果は、第一幕で、その後第二幕としての大連立のような仕掛けを考えている人間が必ずいるだろう思う。

そこで問題となるのが、民進党は金と組織を何とバーターしたのかということである。
民進党にとって、自殺行為に等しいようにしか見えないような、身売り行為である。
しかし、裏のプレイヤーから観れば、これはいくつかある選択肢の一つでしかないのかもしれない。
可能性として考えられるのは、前原首班指名である。
民進党は、前原総理大臣という密約と、民進党の資産をバーターした。

 まったくの、思い付きなのだが、そうでも考えなければ、組織と金をまるごと差し出すようなバーゲンに釣り合う「実」が思い浮かばない。
ただ、政治の世界は、騙し合いと権謀術数が、主義主張や正義の背後で蠢く世界でもある。
取引したつもりが、騙されていたということも考えられるけれど。

では、誰に投票すればよいのか。
それはまた別問題である。






最終更新日  2017.09.29 14:45:46
コメント(1) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.