頑張れ!サンフレ!

フリーページ

2003年02月24日
XML
カテゴリ:サッカー
サンフレッチェのサポートマガジン「SIGUMA CLUB」
(紫熊倶楽部)の2003.2月号に、セザール・サンパイオ選手の移籍にまつわる経緯が書かれていた。
あのビッグネームが、J2に降格したチームに来てくれた理由を知って感動した。
 以下は記事の抜粋です。

 昨シーズン、サンパイオは降格争いを続けている関係上、自然と
広島に注目するようになった。終盤戦の試合をビデオで見るにつ け、彼の広島に対する見方は変わった。
さらに、自らが出場停止のため、テレビ観戦となった柏対広島の直接対決を見て、サンパイオはますます広島に好感を持った。
森崎兄弟をはじめとする若い選手の可能性も強く感じた。
このチームはいい。どうしてこの位置にいるのか。サンパイオは不思議だった。そしていつしか、広島でプレイしている自分を想像するようになった。という。
 シーズン後、サンパイオは柏との契約を解消した。
運動量とスピードが衰えたとはいえ、彼の経験・技術は一級品。
J1のチームからオファーが舞い込んだ。その状況の中で、広島もまた手を挙げた。小野監督のいう補強ポイント「CBとボランチを同時に出来る人材」からすれば、これ以上の選手はいなかったからだ。
 しかし、関係者の展望は暗かった。J1の各クラブの条件は明らかに広島より上。カテゴリーが同じならばまだ勝負のしようはあるが...。
それでも、織田強化部長は諦めなかった。そして代理人と交渉の上サンパイオとも面談した。広島がどれほどサンパイオを必要としているかを訴えた。
そこでサンパイオは次のようにコメントした、と言う。
 

“お金の問題じゃない。僕は、プレイしたい場所でプレイしたい。
そこは、広島なんだ。広島には、ビジョンがある。
J2にとどまるつもりではなく、J1に上がってその後優勝をめざす、というビジョンがある。
僕は、そういうチームで働きたい。
それに、僕の経験を日本の若者たちに伝えたい、という想いもある。
広島には、多くの素晴らしい若い選手達がいる。彼らと一緒にプレイしたいんだ。”

 こうして、サンパイオの広島でのプレイが確定した。繰り返すが、広島のオファーした金額は、他のクラブとは比較にならない。
しかし、それでもサンパイオが広島を選んだのは、サンパイオ自身の意志だったのだ。

サンフレサポなら、涙ボロボロだね。
ありがとう、セザール・サンパイオ。必ずJ1に復帰しよう。
そして、リカルド。君はいい。最高の補強だった。
チーム、サポ一丸となって1年でJ1に復帰しよう。







最終更新日  2003年02月24日 22時20分48秒
コメント(3) | コメントを書く


PR

X

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


77cm

お気に入りブログ

foot001 foot001さん
セレッソ大阪サポー… CEREZO20さん
ペンギン日和DIARY gu-pinさん
free superman 浦飯KUNさん
くつろぎかふぇ 太一.さん

コメント新着

 どぴゅ@ みんなホントにオナ鑑だけなの? 相互オナって約束だったけど、いざとなる…
 らめ仙人@ 初セッ○ス大成功!! 例のミドリさん、初めて会ったのに、僕の…
 リナ@ 今日は苺ぱんちゅ http://kuri.backblack.net/adb753d/ 今…
 まさーしー@ なんぞコレなんぞぉ!! ぬオォォーーー!! w(゜д゜;w(゜д゜)w…
 通な俺@ 愛 液ごちそうたまでしたw http://hiru.kamerock.net/ep1r2wf/ フ○…

© Rakuten Group, Inc.