2020年07月06日

東京都知事選挙・・小池氏圧勝!

(3)
テーマ:選挙!(377)
カテゴリ:政治・経済
昨日の7月5日が投票日だった東京都知事選挙ですが、現職の小池百合子氏が他の候補を寄せ付けず圧勝しました。



小池氏の得票は366万票あまりで、次点の宇都宮健児氏が84万票あまりだったので、得票が一けた違います。

今回の選挙は、新型コロナウイルス感染の影響がある、いわば有事の際の選挙ということになりました。

新型コロナウイルス感染対策について、これまでの小池氏の対応は優れて素晴らしいものであったとはいえないと思いますが、それでもアベノマスクよりはマシだったかと思います。

新型コロナウイルス感染がなく平和な時であれば、弁護士の宇都宮氏という選択肢もあったかもしれませんが、有事の際に弁護士で良いのかということもあったと思います。

しかも宇都宮氏は73歳と高齢で、コロナウイルス対策などで激務の都知事業務を全うできるかという懸念もありました。

では、65万票余りを獲得した若い山本太郎氏(45歳)はどうかといえば、この人は東京オリンピック・パラリンピックを中止することを公約に掲げていました。

たしかに、新型コロナウイルス感染の影響で、来年の開催は難しいかもしれませんが、東京都都民だけでなく日本中が楽しみにしている東京オリンピック・パラリンピックを中止にするというのはどうかと思います。

東京オリンピック・パラリンピックは中止になる可能性がかなりありますが、だからといって、これまで鍛錬してきたアスリートたち、開催を励みにして頑張っている国民のことをもう少し忖度しても良かったのではないかと思います。

さて、当選した小池氏ですが、新型コロナウイルス感染をどのようにして抑え込むかその手腕が試されます。





TWITTER

最終更新日  2020年07月06日 18時17分59秒
コメント(3) | コメントを書く