039949 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Happy!? 毎日楽しく楽しく美しく

PR

Rakuten Card

Calendar

Archives

2020.04
2020.03
2020.02
2020.01
2019.12

Recent Posts

Category

Favorite Blog

多拠点介護生活はな… 麦88さん

1985年は全盛期 Lemon♪さん

読んだ本のページ数… あんずの日記さん

エチオピア 絶景の… みみも0805さん

chez moi 日記… だらんちょろんさん

Profile


ひー2299

2008.01.16
XML
カテゴリ:美容・健康

この季節は、肌や手がすぐに乾燥しやすく困りますよね。
あと乾燥に気がつきにくい『かかと』

乾燥してガサガサに荒れていませんか?
ひどくなるとひび割れを起こしちゃうようです。
かかとの乾燥について書かれているのを見つけたので、ここに抜粋してみました。

なぜ、かかとのひび割れが生じるのでしょうか・・・
その原因は、皮膚の乾燥に加え、外的刺激が大きいとそうです。
私たちの全体重を支えているかかとは、常にかなりの圧力がかかっています。そのため、かかとの角質層は、外的刺激から体の内部を守ろうとして、ほかの皮膚と比べて厚い状態になりやすいそうです。
そして、角質層が厚くなりすぎると、体内から浸透してくる水分が外側まで行き届かなくなり、表面が乾燥して硬くもろくなって、ひび割れが生じてくるとのこと。

ひび割れを加速させる外的刺激は・・・
・サイズが合わない靴を履くことによる刺激。(かかとがいつも以上に圧迫されるため、ひび割れしやすくなるそうです)
・体のバランスが悪く、特定の部位に負担がかかっている状態。
・夏場以外にもサンダルやミュールなど、かかとの開いた靴を履いていたり、暖房やホットカーペットを使うことによるかかとの乾燥。

かかとのひび割れを直すには・・・
保湿が重要とされていますが、角質層が厚くなってしまった状態では、いくら保湿ケアを行ってもその成分は浸透していかないとのこと。
保湿の前に、まずは、角質を取り除くことから始めるのがよいそうです。その際は、皮膚が柔らかくなった状態で行うのがポイント。湯船にゆっくりとつかって、かかとの皮膚を十分に柔らかくしてから、軽石やかかと用ヤスリなどを使って無理せず落とすことをおすすめします。そして、入浴後、たっぷりと水分を含んでいるうちに、保湿クリームなどを塗って、その上に靴下を履くとより効果的とのこと。

手や顔だけでなく、かかとの乾燥にも気を配って、こまめに角質を落とす習慣をつけるなど、ひび割れが悪化しないように早めのケアを心がけたいものですねスマイル

  

  







Last updated  2012.04.07 06:56:31
コメント(0) | コメントを書く
[美容・健康] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.