891347 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

浦和レッズを語る あらいぐま珈琲3号店 -

PR

Profile


らすかる小団長

Favorite Blog

フィッシング詐欺? New! 七詩さん

コロナの為の規制が… niconicotomoさん

Cosa Facciamo? mahowさん
晴れた日にも 曇っ… 赤い花手まりさん
~たれゆくままに~ あお0831さん

Free Space

Category

Archives

Oct , 2020
Sep , 2020
Aug , 2020
Jul , 2020
Jun , 2020

Freepage List

May 17, 2008
XML
都築の怒り、岡田主審の判定、サポ同士の乱闘。。。

今日の試合は試合以外のことが多すぎて後味の悪い試合だった。

一つだけ。
ガンバ大阪が試合前に出した弾幕は、
「WE are gamba はもう言わないよ」
なんのことかと思ったが、これはレッズサポに対する挑発だったようだ。

よくみると、言わないよの後ろにう○この絵が書いてあったようだ。

鹿島にしろ、ガンバにしろ、どうして浦サポを挑発したがるのだろう。
こういうレベルの高い一戦のため、選手を鼓舞するためにのみ応援はあると思っている。

せっかくのサポの想いがこもった大旗デビューの日、
非常に後味が悪い。


さて試合の内容だが、

一言で言えば、完全にガンバにしてやられた。

なんと、先発メンバーから、遠藤と安田を外してきたのだ。
FWを3人使い、レッズを混乱させた。
上から見ていても、ガンバはどんなフォーメーションなのかわからなかった。

レッズは遠藤と安田のケアを中心に守備を組み立てていただろう。

案の定、これが功を奏す。
ガンバのいつものようなダイナミックな攻撃はまったくなかったものの、コーナーキックやマーク受け渡しのミスから2点を奪われてしまう。

それ以外の時間は素早い攻撃で圧倒的にレッズがボールを支配し、何本もサイドからクロスがあがっていた。ん?

外側に大きく開いた暢久や相馬にはマークが甘かったため、いつもの試合よりもパスが通った
(ん?ん?)が、危険なゾーン(DFの後ろ)までドリブル突破はなかなかできず、センタリングも精度が悪く危険な場面を演出するまでにはいかなかった。ん?

どこかで見た光景だと思ったら、川崎戦でうちが使った戦術ではないか・・・。
これはやられる・・・と思っていたら、やはり、前半あれだけシュートを打ちながら点をとることはできなかった。
しかも、前半の終了間際に点を奪われた際に、レッズの選手がきれてしまってイエローをもらってしまう。

この状況からゲルトはどのように立て直すだろう。そう思って後半が始まる。

後半、ガンバはなかなかピッチに現れなかった。
そして開始早々わざとラフプレーをしているように見えた。
梅崎が倒され、闘莉王が倒された。そして自分たちはちょっとしたきっかけでおおげさに転げまわる。

レッズの選手が次第にいらいらしてくるのがわかる。。。
冷静になってくれ。。。

だが選手の一部がいらいらするものの、闘莉王は冷静だった。
ゴール前で得たフリーキック。
梅崎に闘莉王が何かささやく。
そして、ゴール前のホリに位置を指示する。
梅崎が蹴る。
ホリがガンバの壁を押してコースをつくる。
梅崎のキックはゴールの反対のすみにつきささる。
(これまでハイボールはすべて失敗してしまっていたので直接シュートに切り替えたのだろう)

この1点は非常に評価できる。
冷静になって得点をとった。これは進歩した点だと思う。

ところが、ガンバ(西野)は上手だった。
なんと、遠藤と安田を投入!!
対面する細貝と山田がへとへとでマークできなくなってからの総攻撃の幕開けだった。

このあとのレッズは防戦一方。
ガンバの攻撃も一気に分厚くなり、いつものサイドからの早くダイナミックな攻撃が何十にも押し寄せる。
レッズのDF陣も正確な読みや、身体を張ったプレーでなんとかふせぐ。

ゲルトは安田対策のために、山田を下げて啓太を投入。
細貝を右サイドにして安田を封じ、啓太に遠藤を封じさせる作戦。

だがへとへとの細貝と元気一杯の安田では分が悪く、完全に抜かれないものの押されてしまう。何よりも細貝の攻撃力が封じられる。遠藤に対する啓太の方は見ていて気の毒な出来だった。

そして、一瞬の隙から、ノーマークになった遠藤からミドルシュートを決められて、ジエンド。

その後、高原に替えてエスクデロを投入。堀之内に替えて岡野を投入するも、コーナーからの1点を返すに留まる。

ガンバは水本を投入して楽々の逃げ切りを果たした。



今日の敗因は、レッズの弱点を研究しつくしてきたところだ。
前半死んだふりで相手を疲労させるところなんて、いつもこちらがやっているのだから、調子にのって攻めこんでしまっては駄目だったのだ。
おかしいな・・・って早く気がつくべきだった。

なぜなら、相馬や山田にマークつかない分、ガンバは真ん中をがちがちに固めていたのだ。いつもの攻め方(闘莉王の空中戦)はすべて対策されていたのだ。ガンバあっぱれ。

でももし前半0-0だったら試合はわからなかった。
ガンバもそういう予定ではなかっただろうか。
前半の不用意な2失点はレッズの悪いくせである一瞬の気の緩みだ。


上記が試合の顛末だが、試合内容は拮抗してレベルが高く面白かった。
スタジアムから見ると、本当にせまいエリアに全員のフィールドプレーヤーが入ってしまっていることが多かった。
両チームともラインの統制がきちんとできていたように思う。

そして西野の作戦にゲルトはきちんと対策をうてていたと思う。
ただ不幸だったのは、ゲルトが送り出した選手が本調子とはほど遠い出来だったことだ。
(永井がいないのは非常に大きかった・・・)

エスクデロはU-23の代表がまずいのではないかというひどい出来だった。

敗因をもう一つ挙げるとしたら、エジミウソンのシュート決定率の悪さとボールコントロールのまずさだろう・・・。


ただ、まったく悪い印象はない。
中断後に向けてレッズが抱える課題を、ガンバがあぶりだしてくれたいい試合だったと思っている。

また選手のハートの熱さは全然さめていない。
特に都築のガッツは胸をうった。


最後のサポ同士の乱闘だけが後味悪い。

たくさんのサポが関わった大きな旗が披露された
big旗

ガンバサポのまわりにレッズサポ

マスコミではレッズサポが悪者にされているが、
ガンバサポは、挑発のためにペットボトルを数十個南ゴール裏のレッズサポの席に
投げ込んだのだ。
南側のゴール裏といえば、家族連れが多い席。
ガンバサポが投げたペットボトルは子どもに当たり、
血を流したという話・・・
soudou




読んで頂きありがとうございます。よろしければクリックをお願い致します。
人気blogランキングへ
にほんブログ村 浦和レッズへ

あらいぐま珈琲3号店 -浦和レッズ






Last updated  May 17, 2008 10:57:47 PM
コメント(8) | コメントを書く
[サッカー 浦和レッズ] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.